カンボジア農村部に暮らす10,000人の子どもたちに夢ある映画を届ける事をクラウドファンディングで実現!

カンボジア農村部に暮らす子どもたちに、映画のチケットを贈りませんか? ―映画で夢の種まきをー

  • その他・海外
  • 映画

悲劇の時代に一度、映画文化が滅びた国カンボジア。
かつて映写技師をしていたカンボジア人サロンさんたちと一緒に、
農村部に暮らす10,000人の子どもたちに夢ある映画を届けたい!

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、目標金額1,100,000円を達成し、2016年1月15日23:59に終了しました。

コレクター
159
現在までに集まった金額
1,368,627
残り日数
0

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、目標金額1,100,000円を達成し、2016年1月15日23:59に終了しました。

Middle 1500228115

Presenter
NPO法人World Theater Project プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

https://worldtheater-pj.net/

現地駐在員の声:僕がここにいる理由

vol. 2 2015-12-17 0

この連載では、カンボジアのひとりでも多くの子どもたちに映画を届けるために、大学を休学し現地で奮闘している副代表フライパンの声をお届けします。

--------------------

今、カンボジアでこんなことやっています。

CATiCで副代表をしております、フライパンこと山下龍彦です。

まず初めに、今回のクラウドファンディングにてご支援してくださっている方、本当にありがとうございます。

皆さまのご支援のおかげで、私たちはカンボジアの子どもたちに映画を届けることができています。

私はいま、カンボジアで生活しています。(現在一時帰国中です)

日本を出発してから、あっという間に3ヶ月が経とうとしています。

現在、今までCATiCが3年間継続して行ってきた移動映画館を農村部に作る活動を、カンボジア人に技術を教え、最終的にはカンボジア人だけで映画を定期的に子どもたちに届けられる環境を作るために、日々カンボジア人と共に生活をしながら奮闘しています。

あっという間の3ヶ月でしたが、最初は上映機材の使い方を知らなかったカンボジア人スタッフが、カンボジア人だけで上映準備をできるようになり、今ではカンボジア人だけでの上映ができるようになりました。

しかし、カンボジアという異国の地で文化の違うカンボジア人と行っていると全てがうまくいくわけではありません。というより、ほとんどのことが自分の常識どおりには進みません。当たり前のこととわかってはいるけど、なかなかそのことを自分の中で消化することはとても難しいです。時間通りに行くことは当たり前のようにありません。30分遅刻ならまだいい方です。スケジュールも建てたはいいものの、すぐに彼らの都合で崩壊します。でもそんなときに怒っても仕方ない。遅刻するなら、遅刻を加味して時間設定をしたらいいし、スケジュール通り行かないなら、スケジュールをたてた時にカンボジア人にメリットを伝えたり、1日のうちに何度も確認をしたりすればいい。

何事にも、ポジティブな視点を持つことの大切さを学んだ気がしています。

しかし、カンボジア人と本気で向き合っていると彼らの態度も変わってきました。遅刻が20分になり、15分になり……(それでも遅刻しますが。)

カンボジア人に何度も、僕らがなぜカンボジアで映画を上映しているのかを伝え続けたことによって、上映前の子どもたちへの挨拶、上映後の報告の仕方を覚え、時には彼らから改善案を提示してくるようになりました。

僕がカンボジアに来たのには、こんな想いがあります。

「カンボジアのより多くの子どもたちに映画に触れる機会を作りたい。」

そのことを考えた時、1年大学を休学し、カンボジアでカンボジア人とともにカンボジアの子どもたちに映画を届けることに本気で取り組む選択に迷いはありませんでした。

CATiCという団体ができてから3年が経ち、今までは日本から年に数回カンボジアへ渡航し上映会を開催し、約2000人以上の子どもたちに映画を届けてきましたが、カンボジアの人口の約40%を占める子どもたちのことを考えた時、この2000人という数はまだまだ少なく、また、こうしている間に子どもたちは日々成長しています。より多くのカンボジアの子どもたちに、継続的に映画を届けるためには、メンバーが駐在することは不可欠であり、そして最終的にはカンボジア人スタッフという存在が不可欠になると考えています。

自分の駐在は、カンボジア人スタッフがカンボジア現地で子どもたちに継続的に映画を届けられる環境を作ることがゴールです。

そして、より多くのカンボジアの子どもたちに映画を届けられたら、カンボジアの子どもたちが映画を観て、少しでも夢を持つことの大切さ、そして未来を切り開くきっかけを感じてくれたらと思っています。

東南アジアの中でも後発国と言われるカンボジアが、将来もっともっとカンボジアらしさを保持しながら、魅力的な国になると、そう信じて活動しています。

アップデート一覧に戻る

リターンを選ぶ

  • 1800

    夢の種まき参加権

    • 特典A:映画配達人と子どもたちからのサンクスムービー
    • 2016年03月 にお届け予定です。
    • 50人が応援しています。
  • 3000

    審査員権

    • 特典A:映画配達人と子どもたちからのサンクスムービー
    • 特典B:ノミネート作品への投票権
    • 2016年04月 にお届け予定です。
    • 55人が応援しています。
  • 10000

    大感謝祭参加権

    • 特典A:映画配達人と子どもたちからのサンクスムービー
    • 特典B:ノミネート作品への投票権
    • 特典C:現地駐在員・山下龍彦の特別報告会にご招待
    • 2016年10月 にお届け予定です。
    • 46人が応援しています。
  • 30000

    推薦権

    • 特典A:映画配達人と子どもたちからのサンクスムービー
    • 特典B:ノミネート作品への投票権
    • 特典C:現地駐在員・山下龍彦の特別報告会にご招待
    • 特典D:上映作品推薦権利
    • 2016年10月 にお届け予定です。
    • 2人が応援しています。
  • 50000

    エンドロールに登場権

    • 特典A:映画配達人と子どもたちからのサンクスムービー
    • 特典B:ノミネート作品への投票権
    • 特典C:現地駐在員・山下龍彦の特別報告会にご招待
    • 特典D:上映作品推薦権利
    • 特典E:子どもたちに伝えたいメッセージをエンドロールで流します
    • 2016年10月 にお届け予定です。
    • 2人が応援しています。
  • 100000

    いつも映画配達人と一緒権

    • 特典A:映画配達人と子どもたちからのサンクスムービー
    • 特典B:ノミネート作品への投票権
    • 特典C:現地駐在員・山下龍彦の特別報告会にご招待
    • 特典D:上映作品推薦権利
    • 特典E:子どもたちに伝えたいメッセージをエンドロールで流します
    • 特典F:映画配達人のユニフォームにメッセージと記名&ユニフォームプレゼント
    • 2016年10月 にお届け予定です。
    • 4人が応援しています。
  • 300000

    映画配達人体験権

    • 特典A:映画配達人と子どもたちからのサンクスムービー
    • 特典B:ノミネート作品への投票権
    • 特典C:現地駐在員・山下龍彦の特別報告会にご招待
    • 特典D:上映作品推薦権利
    • 特典E:子どもたちに伝えたいメッセージをエンドロールで流します
    • 特典F:映画配達人のユニフォームにメッセージと記名&ユニフォームプレゼント
    • 特典G:映画配達人が乗るトゥクトゥクの看板にお名前を入れます(企業ロゴ等可)
    • 特典H:映画配達人体験権
    • 2016年10月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 1000000

    映画一本丸ごとスポンサー権

    • 特典A:映画配達人と子どもたちからのサンクスムービー
    • 特典B:ノミネート作品への投票権
    • 特典C:現地駐在員・山下龍彦の特別報告会にご招待
    • 特典D:上映作品推薦権利
    • 特典E:子どもたちに伝えたいメッセージをエンドロールで流します
    • 特典F:映画配達人のユニフォームにメッセージと記名&ユニフォームプレゼント
    • 特典G:映画配達人が乗るトゥクトゥクの看板にお名前を入れます(企業ロゴ等可)
    • 特典H:映画配達人体験権
    • 特典I:子どもたちに観せたい映画をクメール語に吹替えてカンボジアに届けます
    • 2016年10月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。