伝統芸能を今に伝える『和力』映像をクラウドファンディングで実現!

伝統芸能を今に伝える「和力」を、映像を通じて多くの人に知ってほしい

  • 千葉県
  • 音楽

各地域に伝承される芸能と演奏者の個性を融合させることをめざす「和力」の舞台を映像化することでより多くの人に知っていただくため、プロモーションビデオと公演のライブDVDの制作をします。

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、目標金額2,000,000円を達成し、2015年6月5日23:59に終了しました。

コレクター
114
現在までに集まった金額
2,116,000
残り日数
0

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、目標金額2,000,000円を達成し、2015年6月5日23:59に終了しました。

Middle?1421222035

Presenter
加藤木 照公 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

Middle?1421222035

PRESENTER
加藤木 照公

和力主宰者である加藤木朗の父 WARIKI 松戸事務所主宰 1963年 わらび座入座 1983年 退座 2005年 WARIKI 松戸事務所を設立

シェア・拡散をお願いします。 再演のむずかしさ『山どうじ浜どうじ』

vol. 13 2015-03-22 0

【収録シリーズ2】新潟県巻おやこ劇場『山どうじ浜どうじ』

阿智村訪問から1ヶ月後、撮影クルーが次にむかったのは新潟県の『巻おやこ劇場』でした。

『おやこ劇場』は親子で舞台芸術を鑑賞し、色々な活動を通して子どもたちの感性を豊かに育てることを目的としたサークル団体として、全国各地で活動されていますが、『巻おやこ劇場』では「設立20周年を記念して会員みずからが舞台の出演者になる」という企画をされ、作・演出を依頼したのが加藤木 朗(一般社団法人 和力 理事)でした。

出演者は50人で、地元の民話をもとにした壮大な舞台『山どうじ浜どうじ』が前年秋(13年)に完成し、一日限定で上演されました。

今回の舞台は、前年に鑑賞されたお客さまからリクエストが多々寄せられ、奮起した会員さんの熱意で再演が決まりました。加藤木 朗は月に一度、巻に訪れて演技指導させていただき、出演者の皆さんは、与えられた課題を一年かけて稽古されました。

加藤木 朗は、自分の経験上で、前回と同じ台本では観客と演技者の両方がダレると感じていました。自分で把握出来、一年かけて乗り越えなければならない課題が必要でした。

本番を迎えた巻の舞台。
第1部 和力公演
第2部『山どうじ浜どうじ』

山と海を守っていた山どうじと浜どうじが仲違いをして、故郷が荒れてきます。その間隙をぬって魔物が棲むようになり、ウミガメのお母さんは卵を、カラスのお母さんは七つの子をさらわれてしまう。 やがて山どうじと浜どうじは仲直りをし、力を合わせて魔物を退治する、という物語。

劇の終盤。
舞台の上では平和になった故郷に山と海の住人たちが集まって大団円を迎えようとしています。 一方、客席の暗闇の中では、「カラスの赤ちゃんは?」と隣にいるお母さんに訊いている幼い声がきこえました。笑顔を取りもどしたその輪の中に、さらわれたカラスの赤ちゃんがいないのです。 きっと、息をころして物語の行方を見つめていたのかもしれません。
まるでその声に応えるかのように、舞台ではカラスの赤ちゃんもウミガメの卵たちも親の元に戻り『山どうじ 浜どうじ』の幕が下ろされたのでした。

アップデート一覧に戻る

リターンを選ぶ

  • 3000

    3000円リターン

    • 加藤木朗からのお礼の手紙
    • 2015年06月 にお届け予定です。
    • 27人が応援しています。
  • 10000

    10000円リターン

    • 加藤木朗からのお礼の手紙
    • 映像のエンドロールに個人名(1名分)の掲載(*ご希望でない方はその旨お知らせください)
    • プロモーションビデオ(非売品、特典映像つき)
    • 2015年07月 にお届け予定です。
    • 54人が応援しています。
  • 30000

    30000円リターン

    • 加藤木朗からのお礼の手紙
    • 映像のエンドロールに個人名(1名分)の掲載(*ご希望でない方はその旨お知らせください)
    • プロモーションビデオ(非売品、特典映像つき)
    • 今回製作する公演ライブDVD(販売用DVD)
    • 2015年07月 にお届け予定です。
    • 16人が応援しています。
  • 50000

    50000円リターン

    • 加藤木朗からのお礼の手紙
    • 映像のエンドロールにお名前の掲載(個人名2名分または団体名1つ分。希望されない場合お知らせください)
    • プロモーションビデオ(非売品、特典映像つき)2個
    • 今回製作する公演ライブDVD(販売用DVD)
    • 2015年07月 にお届け予定です。
    • 17人が応援しています。