伝統芸能を今に伝える『和力』映像をクラウドファンディングで実現!

伝統芸能を今に伝える「和力」を、映像を通じて多くの人に知ってほしい

各地域に伝承される芸能と演奏者の個性を融合させることをめざす「和力」の舞台を映像化することでより多くの人に知っていただくため、プロモーションビデオと公演のライブDVDの制作をします。

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、目標金額2,000,000円を達成し、2015年6月5日23:59に終了しました。

コレクター
114
現在までに集まった金額
2,116,000
残り日数
0

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、目標金額2,000,000円を達成し、2015年6月5日23:59に終了しました。

Middle?1421222035

Presenter
加藤木 照公 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

Middle?1421222035

PRESENTER
加藤木 照公

和力主宰者である加藤木朗の父 WARIKI 松戸事務所主宰 1963年 わらび座入座 1983年 退座 2005年 WARIKI 松戸事務所を設立

真新しい神楽殿で映える鶏舞

vol. 10 2015-02-27 0

和力は、2月14日に千葉県の松戸神社にて「神楽奉納」を執り行いました。 

130年ぶりに完成した神楽殿は、本殿の真向かいに建てられています。 神楽殿での奉納を神様に観てもらう位置取りなのでしょう。

 地元商店街様が企画された「街コン」ご参加者や地域の皆様の良縁成就を祈念し、和力「神楽奉納」が始まりました。「だんじり囃子」「獅子舞」「篠笛」「津軽三味線」などを上演しましたが、特に神楽殿での「鶏舞」が印象的でした。 和力の舞台を屋外で観る機会はそう多くはありません。 真新しい神楽殿での鶏舞は、ひときわ映える舞となっておりました。

 和力の評判を聞いて来場された米国のご婦人は、獅子にご自身の頭をかまれて、ご満悦の様子でお帰りになりました。

鶏 舞

天照大神が天岩戸におかくれになったために、世の中が真っ暗闇になってしまった。夜明けを呼び込む鶏の舞で、明るさを取り戻そうと祈ったのが鶏舞の起源だといわれています。 加藤木 朗が舞うのは、青森県田子町に伝わる鶏舞。

松戸神社

 旧水戸街道 松戸宿に祀られる神社。 130年ぶりに神楽殿が新築され、その落成記念に和力が招かれました。

アップデート一覧に戻る

リターンを選ぶ

  • 3000

    3000円リターン

    • 加藤木朗からのお礼の手紙
    • 2015年06月 にお届け予定です。
    • 27人が応援しています。
  • 10000

    10000円リターン

    • 加藤木朗からのお礼の手紙
    • 映像のエンドロールに個人名(1名分)の掲載(*ご希望でない方はその旨お知らせください)
    • プロモーションビデオ(非売品、特典映像つき)
    • 2015年07月 にお届け予定です。
    • 54人が応援しています。
  • 30000

    30000円リターン

    • 加藤木朗からのお礼の手紙
    • 映像のエンドロールに個人名(1名分)の掲載(*ご希望でない方はその旨お知らせください)
    • プロモーションビデオ(非売品、特典映像つき)
    • 今回製作する公演ライブDVD(販売用DVD)
    • 2015年07月 にお届け予定です。
    • 16人が応援しています。
  • 50000

    50000円リターン

    • 加藤木朗からのお礼の手紙
    • 映像のエンドロールにお名前の掲載(個人名2名分または団体名1つ分。希望されない場合お知らせください)
    • プロモーションビデオ(非売品、特典映像つき)2個
    • 今回製作する公演ライブDVD(販売用DVD)
    • 2015年07月 にお届け予定です。
    • 17人が応援しています。