facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

プロ冒険家・阿部雅龍の巡礼旅を食べて応援!をクラウドファンディングで実現!

プロ冒険家・阿部雅龍の巡礼旅を食べて応援。
旅先からお土産発送します。

人類初の南極冒険の誓いを立てる国内巡礼旅"Walk of the Wish"期間は2月下旬から6月下旬。
四国・東北を中心にプロの冒険家の阿部が日本を行脚します。
旅先で買うお土産か直筆の絵葉書を各地から発送します。

FUNDED

このプロジェクトは、目標金額100,000円を達成し、2020年2月17日23:59に終了しました。

コレクター
25
現在までに集まった金額
752,000
残り日数
0

FUNDED

このプロジェクトは、目標金額100,000円を達成し、2020年2月17日23:59に終了しました。

Presenter
阿部 雅龍 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

PRESENTER
阿部 雅龍

プロ冒険家・人力車夫・夢を追う男 1982年生まれ。秋田県出身。秋田大学在校中から冒険活動を開始。 100年前の同郷の探検家白瀬矗南極探検隊長の足跡を伸ばしての人類未踏破ルートでの南極点徒歩到達を目指す。 21歳より冒険活動を開始。基本的なテーマは単独と人力。著書に学校推薦図書『次の夢への一歩』角川書店がある。 資金稼ぎとトレーニングを兼ねて浅草で人力車業を営む。人力車を引いて国内を周り、2017年には 旧国68箇所の一宮を人力車を引いて6400km巡拝。 2019年1月17日。日本初メスナールートによる南極点単独徒歩到達(918km)を達成。 2019年3月板橋区民栄誉賞受賞。

このプロジェクトについて

人類初の南極冒険の誓いを立てる国内巡礼旅"Walk of the Wish"期間は2月下旬から6月下旬。
四国・東北を中心にプロの冒険家の阿部が日本を行脚します。
旅先で買うお土産か直筆の絵葉書を各地から発送します。

各地の「食」を楽しんで、阿部の巡礼旅を応援!

人類初の南極冒険の誓いを立てる為、四国・東北を中心にプロの冒険家の阿部が日本を国内巡礼します。2020年2月から6月にかけての巡礼にかかる資金を各地の名物を食べることでパトロンになりませんか?

どれ位の支援になるかの試算は、下段の”いくらの支援金になるかの試算”の欄より


2019年1月。日本人初のルートで南極点に単独徒歩で到達。

こんにちは、阿部雅龍です。プロの冒険家と呼ばれる生き方をしています。

21歳の大学生の時に冒険を始め、現在37歳ですが、就職したことは一度もなく、冒険することで生活してきました。単独(チームで仲間の力を頼るのでなく独りで挑み)・人力(自分の肉体の力だけで冒険をする。エンジンなどの機械はもちろん、犬ぞりなど動物の力も使わない)という過酷なスタイルで、自転車で南米大陸を縦断、自作イカダでアマゾン川下り、南極点に徒歩で到達など、世界を冒険してきました。

今年11月には、人類初のルートを開拓しての南極冒険にチャレンジします。冒険の詳細→https://motion-gallery.net/projects/beyond_legend

その誓いを立てるために「Walk for the Wish」と名付けたトレーニングを兼ねた巡礼旅をしています。第1弾として昨年末には札幌から日本最北端宗谷岬まで50キロのソリを引いて400キロ歩き、最北端の初日の出に誓いを立ててきました→NHKが密着した映像

そして今回、第2弾と第3弾の巡礼旅を応援してくださる方を募集しています。阿部から送られてくる直筆の絵葉書か各地の美味しいお土産を楽しみながら、この「巡礼兼トレーニング」にかかる活動資金を応援しませんか?

巡礼先では、パトロンの皆さまのご多幸と、震災や台風の被災地の復興も、お祈りしてきます。

Walk for the Wish プロジェクトの目的

●南極冒険の実現の誓いを立てる巡礼
●11月の南極冒険に向けた実践トレーニング
●徒歩から見える日本の魅力を再発見し発信する
●震災と台風の被害にあったが美しい地元みちのくに興味を持ってもらうキッカケを作る

2月から6月の4ヶ月間で行う巡礼旅の概要。

【2月下旬から4月上旬】
四国お遍路1,400km

【4月下旬~6月上旬】
みちのく潮風トレイル1,025km(三陸海岸自然歩道)

応援いただいた資金は、上記2つの巡礼旅(遠征)にかかる費用に使用します。 (収支は応援いただいた方にメールにてお送りします)

リターン内容

お土産や絵葉書の準備、発送作業などの全てを、阿部が一人で旅をしながら行うため、時間の限界を考えて、《合計40人まで》コレクターを募集します。これが限界です・・・。

●月5,000円コース月に2回(最大20人) 
旅先で購入する絵葉書に手書きの近況メッセージを入れてお届けします。

●月11,500円コース
月に1回(最大10人)2,500円相当の現地のお土産をお届けします(送料込)

●月23,000円コース(阿部を全力応援)
月に2回(最大10人)2,500円相当の現地のお土産をお届けします(送料込)

※お土産は道の駅や直売所から送ります。内容は阿部にお任せ。基本的にナマモノは送りません(どうしても食べて欲しい物があったときにはお送りするかも…)。たまに上記内容に加えて、ミニプレゼントも付いてくるかも…?

割高に感じる方もいるかもしれませんが、差額が支援金になりますので、応援の気持ちとともに、ご支援いただければうれしいです

いくらの支援金になるかの試算(月単位)

月5,000円コース
支援額4,074円=5,000-サイト手数料500-(絵葉書代150×2)-(切手代63×2)
月11,500円コース
支援額6,500円=11,500-サイト手数料1,000-お土産代2,500-送料1,500
月23,000万コース
支援額13,000円=23,000-サイト手数料2,000-(お土産代2,500×2)-(送料1,500×2)
最高支援額見込み(申し込みが一杯になった場合)
24万8,832円=(4,074×20+6,500×10+13,000×10)-消費税10%27,648

最高支援額見込み(申し込みが一杯になった場合)24万8,832円=(4,074×20+6,500×10+13,000×10)-消費税10%27,648

合計で99万5,328円が4ヶ月巡礼旅の「純支援なります(4ヶ月の収支は巡礼終了後にメールにて報告します。余剰の資金がもしあった場合に、全額を以降の南極冒険に向けた活動資金に回します)

各旅の概要

うるう年逆打ちお遍路八十八ヶ所と高野山
言わずとしれた1200年の歴史を持つ巡礼路。八十八ヶ所を参り、最後は高野山奥の院の弘法大師にお会いして誓いをお伝えします。2020年はうるう年。うるう年に逆打ち(逆周り)すると功徳が高いとされ、また弘法大師に逢えると言われています。
手段:テントや衣服を積んだバックパックを背負って歩く。衣服は基本白装束。

スケジュール(予定)
期間:50日間 距離:約1300km
2020年2月20日 第88番札所大窪寺(香川県さぬき市)からスタート

第1番札所 霊山寺(徳島県鳴門市)

徳島-和歌山間をフェリー移動

2020年3月10日 高野山奥の院で弘法大師にお会いしてゴール

東北のお遍路 みちのく潮風トレイル

2019年6月9日に全線開通となったばかりの自然歩道。東北のお遍路とも呼ばれている。スタートとゴールの直ぐ近くに神社があり、南極の誓いを神前でお伝えしてから歩く巡礼の旅。
東北震災と台風19号で被害を受けた箇所も数多くある。その現状を伝えるだけでなく、トレイルの美しさを伝えることで、お遍路のように数多くの人が地元みちのくを訪れるきっかけになって欲しい。
手段:テントや衣服を積んだバックパックを背負って歩く。

スケジュール(予定)
期間:40日間 距離:1025km
2020年4月26日 トレイル起点・福島県相馬市松川浦スタート
相馬市相馬中村神社 正式参拝

2020年6月4日 八戸市蕪島神社 正式参拝
トレイル終点・青森県八戸市蕪島ゴール

みちのく潮風トレイルとは?
青森県八戸市の蕪島から福島県相馬市の松川浦までの三陸沿岸を1本の自然歩道でつなぐ「みちのく潮風トレイル」(総延長1,025 km)が2019年6月9日に全線開通となったばかり。
環境省が東日本大震災の復興支援として進めてきた「グリーン復興プロジェクト」の一つで、青森、岩手、宮城、福島の4県28市町村の既存の道を繋いだルートで設定されており、日本最長のトレイル(自然歩道)。美しいロングトレイルとしての魅力があるばかりでなく、津波の痕跡といった自然の脅威も感じられ、2019年の台風19号で開通ばかりにも関わらず多数の被害を受けました。
環境省みちのく潮風トレイルホームページ:http://tohoku.env.go.jp/mct/

阿部は2012年3月に岩手県宮古地区を環境省モニターとしてトレイル歩いた経験があります。また過去には北米大陸をロッキー山脈沿いに縦貫するロングトレイルを6000km以上歩いており、元々は日本人トップクラスのロングトレイル踏破者でもありました。
被災の様子を歩いて伝えるだけでなく、東北の美しさを伝え知ってもらい、地元みちのくに興味を持ってもらい、お遍路のように多くの人に訪れて貰えるきっカケにしたいです。

想定されるリスクとチャレンジ

例え支援が集まらないとしても巡礼旅のチャレンジは実施します。

考えらえれるお土産の例。

阿部が現地で「いいな!」と思ったものを選んでお送りするので、以下のものになるとは限りません

四国編
徳島 祖谷そばや徳島ラーメン

愛媛 柑橘類やじゃこ天


高知 かつおやかつお節のような加工品


香川 さぬきうどんや骨付鳥


東北編

三陸海岸 ウニの瓶詰め

三陸海岸 牡蠣の加工品

盛岡冷麺

各地のとれたて野菜

三陸のとれたてワカメ

宮城の笹かまぼこ

秋田 稲庭うどん

三陸海岸ホヤの瓶詰め

などなど。

メジャーなものから、地域で発見した土地ならではの食材まで、阿部本人が選んで、産地直送でお送りします。

最後に。

人類初の南極冒険につながるこのプロジェクトを、楽しく食べることで応援よろしくお願います。是非に。
全国から絵葉書とお土産をあなたの元へ送りたいです!!

リターンを選ぶ

  • 残り3枚

    20000

    月当り5,000円。月に2回。旅先で購入した絵葉書に近況を書いて送ります

    • 月に2回。旅先で購入した絵葉書に近況を書いて送ります
    • 2020年02月 にお届け予定です。
    • 17人が応援しています。
  • 残り2枚

    46000

    月当り11,500円。月に1回。2,500円相当の現地のお土産を送ります

    • 月に1回。2,500円相当の現地のお土産を送ります
    • 2020年02月 にお届け予定です。
    • 8人が応援しています。
  • 残り10枚

    92000

    月当り23,000円。阿部雅龍を全力応援。月に2回。2,500円相当の現地のお土産を送ります

    • 月に2回。2,500円相当の現地のお土産を送ります
    • 2020年02月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。