映画『追憶と消失』海外映画祭出品をクラウドファンディングで実現!

北朝鮮拉致問題をテーマにした、日米の製作陣による社会派映画『追憶と消失』海外映画祭出品支援プロジェクト

  • 東京都
  • 映画

南カリフォルニア大学映画学部の監督とニューヨーク大学芸術学部のプロデューサーによる、東京を舞台にした社会派中編映画です。
日本の俳優陣による日本語の映画を、世界の映画祭に出品するサポートしていただきたいです!

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、目標金額250,000円を達成し、2017年4月27日23:59に終了しました。

コレクター
27
現在までに集まった金額
115,100
残り日数
0

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、目標金額250,000円を達成し、2017年4月27日23:59に終了しました。

Middle 1478447257

Presenter
坪田 孝明 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

Middle 1478447257

PRESENTER
坪田 孝明

新潟県新潟市出身。日本人の父とアメリカ人の母を両親に持つ。 2008年に家族とともにハワイへ移住。英語の勉強の一環として洋画を多く見始めるようになり、この頃から映像制作に興味を持つ。 その後ニューヨークに移り住み、CUNYラガーディアコミュニティカレッジにて国際関係学を専攻。 卒業後、南カリフォルニア大学に編入し、映画学部にて映像製作を専攻。 2年間の休学中に日本のCG制作会社の「有限会社フィニット」にてVR企画に関わりつつ、「追憶と消失」を制作する。 2017年1月に復学。

リターンを選ぶ

  • 500

    監督からのお礼メッセージ

    • 監督からのお礼メッセージ
    • 2017年05月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 2000

    映画本編リンク配布

    • 監督からのお礼メッセージ
    • 映画本編リンク配布
    • 2017年05月 にお届け予定です。
    • 4人が応援しています。
  • 3000

    エンドクレジットへのお名前掲載

    • 監督からのお礼メッセージ
    • 映画本編リンク配布
    • エンドクレジットへのお名前掲載
    • 2017年05月 にお届け予定です。
    • 23人が応援しています。