ビブリオバトルのチャンピオンベルトをクラウドファンディングで実現!

若手ビブリオバトルにチャンピオンベルトを作りたい!

  • 東京都
  • コミュニティ

こんにちは。若手ビブリオバトルの萬木俊哉です。このプロジェクトは、今最もアツい、読書を通じた競技「ビブリオバトル」に新しい流れを起こすため、チャンピオンベルトの導入を試みる企画です。

NOT FUNDED

このプロジェクトは、2014年10月3日23:59に終了しました。

コレクター
5
現在までに集まった金額
41,000
残り日数
0

NOT FUNDED

このプロジェクトは、2014年10月3日23:59に終了しました。

Picture?type=large

Presenter
ToshiyaYURUGI プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

Picture?type=large

PRESENTER
ToshiyaYURUGI

こんにちは。 若手ビブリオバトル所属の萬木俊哉です。 趣味は創作(小説・短歌)、プロレス、ビブリオバトル、TRPGなどです。 プロレスは実際に学生プロレスをやっていました。 ビブリオバトルを通してよりもっと多くの人々と交流したいと思っています。 よろしくお願いします。

ビブリオバトル問わず語り。そのに『なぜ本ではなく、人なのか』

vol. 3 2014-08-10 0


 こんにちは、若手ビブリオバトルの萬木です。先日、初めてのコレクター様が現れてくださいまして、非常にうれしく思った次第です。本当にありがとうございます。

 さて、今回お話ししようと思いますのは、「なぜ本ではなく、人なのか」という話題についてです。

 ビブリオバトルはそもそも、「人ではなく、本を表彰する」という点に特殊性があり、それが魅力の一つでもあります。ではなぜ今回、チャンピオンベルトという、人に批准を置いた象徴を選択するに至ったのか、それをお話ししようと思います。
 



 これは非常に単純で、しかし目を背けていたかもしれない問題で、そもそもビブリオバトルというのは人ではなく、本を表彰する、というのが原則になっています。実はこの、人ではなく本を表彰する、という着眼点がひとつの画期的なもので、それによって多くの人々が参加しやすくなっているのは事実です。

 しかし、思い起こしてみてください。数多くのビブリオバトルを、知り合い同士で、或いはビブリオバトルを通して知り合った人たち同士でやってきた、数を重ねて来た人々は特に、思い起こしてみてください。

 ビブリオバトル、実は、「よく勝つ人」が存在することに、気がつきませんか。

 ビブリオバトルという競技はその声を使って話して勝敗を付けるという性質上、「プレゼンのうまさではなく、その本が読みたくなったか」という正当な投票基準が、時として「プレゼンのうまさ」という基準と合致することがあります。

 また、「プレゼンのうまさ」という基準軸と並行して、「選んできた本」という軸も存在します。これもまた、その選ぶセンス、或いは読書歴などは、大きく「人」に由来するものなのです。

 そして加えて言える軸に、「投票するオーディエンスの層」というものもあります。これは言うまでもなく、「人」という存在にいかに訴えかけるか、共感を呼ぶか、という点に重きが置かれているのは確かです。

 この、「プレゼンのうまさ」という軸、「選んできた本」という軸、そして「オーディエンスの層」という軸、この三つが複合的に合わさって初めて、ビブリオバトルにおけるチャンプ本輩出へと繋がる、というのが、萬木のビブリオバトル歴からの見解です。

 そして加えて申し上げるに、この三つの軸いずれに対しても、「本」ではなく、「人」という存在が根付いているということが言えます。

 つまるところ、ビブリオバトルは、「本のための競技」ではなく、「本による、人のための競技」なのだと、私、萬木は考えます。

 あくまでもビブリオバトルという場は、「本を共有する場」ではなく、「人がコミュニケーションする場」という言い方も出来ると思います。

 ですので今回、私は、ビブリオバトル界隈で流通する、「人に対する栄冠」があればいいな、と考えるに至ったのです。

 (このベルトは学生プロレスをしていたころに私が持っていたベルトです。)

 いかがでしたでしょうか。ちょっと長々と話してしまいましたが、今回の、ある種ビブリオバトルの主軸をねじ曲げる、「人を表彰する」という事について設定した理由について、ご理解いただけましたでしょうか。

 次回は……「何故トロフィーなどではなく、チャンピオンベルトなのか」についてお話ししようかと思います。

 それでは、またお会いしましょう! 重ね重ね、ご支援賜りますようお願い申し上げます!

アップデート一覧に戻る

リターンを選ぶ

  • 1000

    若手ビブリオバトル観戦ご招待券

    • 初代若手ビブリオバトル王座決定ビブリオバトル観戦優先ご招待券
    • 2人が応援しています。
  • 3000

    記念写真付き観戦ご招待券

    • 初代若手ビブリオバトル王座決定ビブリオバトル観戦優先ご招待券
    • 初代チャンプより先にベルトを腰に巻いて記念撮影する権利
    • 1人が応援しています。
  • 残り9枚

    5000

    U-29チケット

    • 初代若手ビブリオバトル王座決定ビブリオバトル観戦優先ご招待券
    • 初代チャンプより先にベルトを腰に巻いて記念撮影する権利
    • 初代若手ビブリオバトルチャンプ決定ビブリオバトル予選への優先出場権(29歳以下限定チケット)
    • 1人が応援しています。
  • 残り10枚

    8000

    萬木俊哉個人誌付きご観戦チケット

    • 初代若手ビブリオバトル王座決定ビブリオバトル観戦優先ご招待券
    • 初代チャンプより先にベルトを腰に巻いて記念撮影する権利
    • 本企画プレゼンター萬木俊哉の個人作品集(小説・詩など375ページ)一冊付き
    • 0人が応援しています。
  • 残り10枚

    10000

    挑戦権

    • 初代若手ビブリオバトル王座決定ビブリオバトル観戦優先ご招待券
    • 初代チャンプより先にベルトを腰に巻いて記念撮影する権利
    • 次回(二代目決定戦)以降、ベルトへの挑戦権
    • 0人が応援しています。
  • 残り2枚

    10000

    U-29プレミアムチケット

    • 初代若手ビブリオバトル王座決定ビブリオバトル観戦優先ご招待券
    • 初代チャンプより先にベルトを腰に巻いて記念撮影する権利
    • 初代若手ビブリオバトルチャンプ決定ビブリオバトル本戦への優先出場権(29歳以下限定チケット)
    • 1人が応援しています。