facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

タンゴのダンスサロンを閉鎖の危機から守ろう!をクラウドファンディングで実現!

❤︎ BuenosAires MILONGAS AID ❤︎
タンゴのダンスサロンを閉鎖の危機から守ろう!

今、アルゼンチン・ブエノスアイレスのミロンガ(タンゴのダンスサロン)が閉鎖の危機に直面しています。コロナ収束後も世界中のタンゴ愛好家が再び社交場としてのタンゴを楽しめるよう、ミロンガへのサポートのお願いです。

コレクター
110
現在までに集まった金額
1,251,500
残り日数
63
目標金額 15,000,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2020年11月30日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトを応援

目標金額 15,000,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2020年11月30日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

Presenter
Jose Luis & Rika プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

PRESENTER
Jose Luis & Rika

タンゴのダンスカップル。タンゴ講師、ミロンガオーガナイザ。ブエノスアイレスを拠点に、日本、韓国、アメリカ、ヨーロッパなどにてツアーを行い、タンゴレッスンやミロンガを開催。2018年にはブエノスアイレスの往年のミロンゲーロ達のドキュメンタリー映画【MILONGUEROS 】を製作。 2019年からブエノスアイレス・フローレス地区にある伝統的なペドロ・エチャウエ・クラブにてミロンガ【Gente Amiga 】を主催。 文化としてのタンゴをブエノスアイレスから世界へ発信すべく活動を続けている。

このプロジェクトについて

今、アルゼンチン・ブエノスアイレスのミロンガ(タンゴのダンスサロン)が閉鎖の危機に直面しています。コロナ収束後も世界中のタンゴ愛好家が再び社交場としてのタンゴを楽しめるよう、ミロンガへのサポートのお願いです。

アルゼンチンで続く厳しい隔離令とミロンガの存続

コロナウィルスの影響により、アルゼンチンは3月20日から厳しい自宅隔離が現在でも続き、感染のピークが何時頃になるかもまだ不明な中、必要不可欠な業種以外はほぼ休業。元々経済的に不安定な国のため、仕事が出来ない国民への補償も十分ではありません。

そんな中、首都ブエノスアイレスだけでも約200軒存在する『ミロンガ』と呼ばれるタンゴのダンスサロンが存続の危機に陥っています。多くの人々がタンゴ音楽にのって抱擁しながら踊る、という文化活動であるミロンガは、まだまだ再開の目処が立たず、ミロンガの主催者達が心を痛めています。このままでは、コロナ感染拡大の被害が落ち着いてからも再開出来ないミロンガが多数出て来てしまう事は回避できません。

2009年にUNESCOの世界無形文化遺産に登録された『タンゴ』。『ミロンガ』はそのタンゴ音楽家やダンサーの活躍の場であり、ダンス愛好家の社交場、生きたタンゴ文化継承の場でもあります。 この『ミロンガ』が、世界的なコロナ禍の後にも生き延び、日本はもとより世界中から訪れるタンゴダンス愛好家達を、再び、素晴らしいタンゴ音楽と温かい抱擁で受け入れる事が出来るようサポートすることが目的です。

皆様から頂いたご支援はミロンガ主催者協会 AOM へ!
(AOM = Asociación de Organizadores de Milongas)

本プロジェクトで集まった資金は、プロジェクトに必要な経費を除いて、ブエノスアイレスのミロンガ主催者をメンバーとするミロンガ主催者協会【AOM】へ寄付する予定です。

この協会の大切な活動内容の一つ、それは、それぞれのミロンガが国の補助金を受け取れるようにする手続きを行うこと。その補助金がミロンガ開催の大きな手助けとなるのです。
本プロジェクトで集まった資金は、AOMの責任の元、AOMの運営資金や各ミロンガの再開資金等にあてられる事になっています。

ミロンガは、日本で言うところのいわゆる『3密』

1) 密閉空間のダンスフロア
2) 多数が集まる密集場所
3) 近づいて踊る密接場面

に見事に該当してしまっています。
隔離の続くアルゼンチンでも、再開の許可が下りるのは一番最後、すなわち、ミロンガの再開など、いつになるやら見当も付かないのが現状です。
従って、既に、存続の危機に瀕しているミロンガが存在するのですから、この先、まだ数ヶ月続くであろうと予想される隔離令により、閉鎖の窮地に陥るミロンガが、これからどんどん増えていくことは回避できません。

ブエノスアイレスに約200軒存在するミロンガが、出来るだけ多く生き残れますように。
そして、また人々を魅了するタンゴの社交場に活気が戻りますように。
プロジェクト・メンバーの、そんな熱い思いこもったプロジェクトなのです。

<AOM代表者からのメッセージ>

AOM代表者からのご挨拶映像です。
 * オマール・ビオラ(AOM設立者・サロン・カニング・ミロンガ主催者)
 * アナ・ボクッティ(協会メンバー・事務局)
 * フリオ・バッサン(AOMプレジデント)

<AOMの活動について>

AOMについて皆さんに理解していただきやすいように、設立・活動目的や活動内容などをまとめた映像です。是非ご覧ください!

1. AOM(ミロンガ主催者協会)とは

A O Mは非営利の市民団体で、ミロンガやプラクティカおよびタンゴ全般の活動への強化、普及、制度化、保護などを目的としています。
2003年、ミロンガ閉鎖の問題、ミロンガ活動の改善のためにそれぞれがお互いの経験を共有する必要性から、合計15人の男女主催者により設立されました。

AOM公式サイトはこちら⇨  AOM

2. 活動内容

■2004年:ミロンガの団結

ロックのライブハウスでの大火災事故の影響によりミロンガ活動が完全に閉鎖されたことを受け、閉鎖問題解決のため、AOMの呼びかけによりブエノスアイレスのほぼ全てのミロンガの一致団結が実現しました。

2006年:【法律 第2323/06号】

AOMの取り組みのおかげで、ミロンガの活動を認定・規制する【法律2323/06号】が制定されました。

2012年以降:

ブエノスアイレス以外の様々な州のミロンガがAOMに参加しています

2015- 2016年:
【ミロンガ振興法】成立 及び【BAMILONGA Institute】設立

AOMの大切な活動の一つ、それはブエノスアイレスの数々のミロンガが公的な助成金を受け取れるようにすること。助成金受け取りのためには、この助成金が公的予算として見積もられる必要があり、そのためにはブエノスアイレス市の公的組織 [ BAMILONGA Institute] が設立される必要があります。しかし、この組織が設立されるためには【ミロンガ振興法】という法律を成立させる必要があります。そこでAOMは以下のような手順で手続きを進めていきました。

【ミロンガ振興法】成立を求めるのための活動を行いました。この頃、ミロンガの閉鎖が相次いでいたこともあり、閉鎖反対と法律制定を求めるため、ブエノスアイレス市庁前の路上でミロンガを開催し、デモ活動を行いました。またAOM代表者達が市庁舎へ何度も足を運び、法律の成立のために掛け合ってきました。


⇧⇧2016年7月3日(金)ブエノスアイレス市庁前路上ミロンガの様子

2016年:

このように何年もかけて戦い続けて来た結果、とうとう非公式ミロンガの活動を促進する法律である【ブエノスアイレス市法律第 5735号(ミロンガ振興法)】の成立に至りました。
これによりブエノスアイレス市のミロンガに補助金を付与する事が出来る公的団体《BAMILONGA Institute 》が設立されました。
この《BAMILONGA Institute 》設立により、ミロンガ主催者が、ダンサー、ミュージシャン、歌手、ダンスカンパニー、DJ などに仕事を提供するための公的予算が組まれ、各ミロンガはそれを助成金として受け取ることが可能になり、ミロンガに関わるアーティスト達への給料として支払うことが出来る様になったのです。

⇧⇧⇧ブエノスアイレス市の公的組織《BAMILONGA Institute 》が発行しているフライヤー

■現在の活動:
COVID-19被害に苦しむタンゴ労働者へのAOMの支援活動

AOM はタンゴ労働者に対して初めて国勢調査を行うAFTT(タンゴ労働者連邦議会)の創設メンバーとして参加。また現在はタンゴの緊急事態を宣言する法案を作成する委員会にも出席しています。しかし、ブエノスアイレス市の文化大臣エンリケ・アボガドロ氏の法案作成に関する返事は無く、タンゴに対する特別緊急基金の提供も一切行われていません。
ミロンガは、3月20日からの、4ヵ月以上にわたる隔離令下で、一切の活動が出来ず、COVID-19被害を大きく被っていますが、このような緊急事態に対する公的援助も一切受けることが出来ない状況です。ミロンガ活動が再開できるようになるのは、全ての社会活動の最後であり、再開出来たとしても、段階的な適応が必要で、完全な再開までかなり時間がかかることは明らかです。また、ミロンガ再開にあたっても、健康・衛生規定の基準をクリアしなければなりません。しかし、健康・衛生規定さえ、まだタンゴ活動には設定されていないのが現状です。
以上の様な深刻な問題を考慮し、 AOMは下記のような調査を行いました。

<調査内容>
対  象:経済的困難にある全国のタンゴ労働者
調査目的:全国で調査対象者数を調査し、対象者への経済的支援等方法を見つけること。
調査期間:2020年3月21日〜29日
タンゴ労働者とは:
●ミロンガ、プラクティカ、フェスティバルの主催者
●プロデューサー
●ダンサー
●講師
●コレオグラファー
●タンゴ学校
●タンゴカンパニー
●ミュージシャン
●DJ

以上のような調査を踏まえて、現在、アルゼンチン全土に存在する、経済的困難に陥っているタンゴ労働者達への援助・協力のための活動を行っています。

このように、AOMはミロンガ、そしてタンゴ労働者を支援するための多種・多様な活動をしています。しかしこれまでの説明の通り、このコロナ緊急事態に対して公的な援助・補助はまだ一切降りていないのが現状です。
今回、プロジェクト・プレゼンター Jose Luis & Rika、そして在亜日本人タンゲーラスによるサポーターやアドバイザーの協力により、Motion Gallery上で立ち上げられた ミロンガ支援プロジェクト【Buenos Aires MILONGAS AID】。この画期的なプロジェクトは、今後のAOM運営、そしてブエノスアイレスの全てのミロンガ活動再開への、大きな支援となる事は間違いありません。この場をお借りして、プロジェクト・チームの皆さんに感謝の気持ちを送りたいと思います。
タンゴ、そしてミロンガを愛する日本の皆様、どうか、ブエノスアイレスの大切な文化であるミロンガを守るため、ご支援、ご協力をよろしくお願い致します。

AOM プレジデント フリオ・バッサン

支援金の使用目的について

いずれ訪れる『新しい日常』へ対応するため、 目標金額を1500万円に設定しています。
この目標金額から、Motion Gallery への決済手数料、プロジェクト立ち上げのための経費、リターンのための経費等を差し引いた、 約1300万円の使途の予定は以下のようになります。

1) AOM(ミロンガ主催者協会)の経費として

3月より一切のミロンガが閉鎖されているため、協会に加入しているミロンガからの会費の収入が一切途切れている中、協会の法的手続き等のために契約している弁護士や会計士への給料を支払うことができない状況です。また協会公式ホームページなどの維持費他、様々な経費が嵩んで来ています。このような、協会を維持するための経費として 年間約100万円が必要で、収入が一切無いと考えられる本年2020年、そしてミロンガ開催などがいつになるか全く不明であり、協会所属ミロンガからの会費収入も不可能であると予想される来年2021年、2年分の協会の年間経費として200万円を見積もっています。

2) ブエノスアイレス市内のAOM所属ミロンガへ分配

支援金額から上記1)を差し引いた金額:1300万円ー200万円=1100万円
は、ブエノスアイレスに存在するAOMに所属する約200軒のミロンガへ、再開資金として分配します。
すなわち、 1100万円 ➗ ミロンガ200軒=5,5万円
となり、ミロンガ1軒につき5,5万円の支援が出来ることになります。

ミロンガを開催するには、会場費、料理人、ウエイター、ウエイトレス、DJなど、様々な経費がかかり、 再開支援5,5万円は、再開時の全経費をカバーするまでには及びませんが、再開のための経費の一部を充足出来ることになります。

支援金が目標金額を超えた場合

今回のコロナウィルス被害を受けて、協会所属ミロンガが急増しており、今後もさらに増えていく可能性があります。
また、現在AOMは協会所属ミロンガ以外の、ブエノスアイレス市内及び市外のミロンガで、再開のための支援が必要なミロンガに対しても様々な支援活動を行っています。

目標金額を大幅に超える支援金が集まった場合には、協会所属ミロンガだけでなく、支援が必要な全てのミロンガ(アルゼンチン全土)へ分配します。

このような理由から、設定している目標金額以上の、出来るだけ多くの支援金を集めることにより、1軒でも多くのミロンガを支援したいと考えています。

支援金が目標金額に達さなかった場合

AOM 15〜20%、ミロンガへの分配80〜85% という割合を基本に、AOMでの協議により支援金を分配します。

支援金が使用される想定スケジュール

プロジェクト終了後の支援金の流れは以下のように予定しています。

■プロジェクト終了:2020年11月30日

■AOMへの資金引き渡し:2021年1月〜2月
 *日本からアルゼンチンへの送金となりますので、手続きの都合上、引き渡し時期が遅れる可能性があります。

■支援金配分・AOM公式ホームページ上で資金の使途を発表:2021年2〜3月

支援コースと特典について

本プロジェクトにご支援頂いた方へ、ささやかな気持ちを込めた特典をご用意しています。 
支援コース及びそれぞれのコースの特典内容は以下の通りです.
アルゼンチンのコロナウィルス感染被害による隔離等の状況により、特典のお渡しが遅れる可能性がございます。ご理解、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。

<愛を込めてサポート!コース>

愛を込めてのご支援 3000円〜
3,000円〜金額を選べますので3,000円以上の応援を頂ける方は「さらに支援する」にて金額をお選びください。

●素敵な感謝状をお送りします!(PDFデータ)

<がっつりサポート ¥10,000 コース>

●AOM公式ホームページに支援者として1年間お名前を掲載させて頂きます(任意)
●AOM所属ミロンガの1日フリーパス(PDFデータ)
●素敵な感謝状をお送りします!(PDFデータ)

<がっつりサポート ¥20,000 コース>

●プロジェクト・オリジナル・タンゴシューズバッグ
●AOM公式ホームページに支援者として1年間お名前を掲載させて頂きます(任意)
●AOM所属ミロンガの2日間フリーパス(PDFデータ)
●素敵な感謝状をお送りします!(PDFデータ)

<本気でサポート ¥30,000 コース>

●プロジェクト・オリジナルTシャツ(M / L サイズ)
●AOM公式ホームページに支援者として1年間お名前を掲載させて頂きます(任意)
●AOM所属ミロンガの3日間フリーパス
●素敵な感謝状をお送りします!(PDFデータ)

<本気でサポート¥40,000 コース>

●プロジェクト・オリジナルTシャツ(M / L サイズ)
●プロジェクト・オリジナル・タンゴシューズバッグ
●AOM公式ホームページに支援者として1年間お名前を掲載させて頂きます(任意)
●AOM所属ミロンガの4日間フリーパス
●素敵な感謝状をお送りします!(PDFデータ)

<ミロンガを救う!¥50,000〜 コース>

¥50,000〜のお好きな金額をご支援ください!

●プロジェクト・オリジナルTシャツ(M / L サイズ)2枚(色違い)
●プロジェクト・オリジナル・タンゴシューズバッグ 2個(色違い)
●AOM公式ホームページに支援者として1年間お名前を掲載させて頂きます(任意)
●AOM所属ミロンガの5日間フリーパス
●素敵な感謝状をお送りします!(PDFデータ)
●タンゴスタジオ経営者またはミロンガ主催者が支援者の場合の特別特典
 ー『2021年度のAOM名誉会員様』として無料会員登録
 ー AOM公式ホームページに名誉会員様としてミロンガ名もしくはスタジオ名を掲載
 ー名誉会員・表彰状をお送りします(PDFデータ)

リターンについて

各特典の詳細をこちらにご紹介します。

★素敵な感謝状 (PDF)
 プロジェクトチーム&AOMより感謝状をメールにて送らせて頂きます!

★AOM公式ホームページに支援者として1年間お名前を掲載(任意)
 AOM公式ホームページに一年間、任意で、プロジェクト支援者としてお名前を掲載させて頂きます。

★AOM所属ミロンガのフリーパス
 AOMに所属のミロンガへ入場出来るフリーパスをメールにて送らせて頂きます。
 各フリーパスを印刷の上ご持参頂くと、2023年12月31日までのお好きな日に、AOM所属ミロンガへの入場が無料となります。
 AOM所属ミロンガのリストはAOM公式ホームページにてご確認ください。
 AOM所属ミロンガリスト
 *1日フリーパス:1日中、幾つのミロンガでも入場無料です
 *2日間〜5日間フリーパス:最初のミロンガ入場日から2日間〜5日間、幾つのミロンガでも入場無料です

タンゴスタジオ経営者またはミロンガ主催者が支援者の場合の特典
ー『2021年度のAOM名誉会員』として無料で会員登録をさせて頂きます
ー AOM公式ホームページに名誉会員様としてミロンガ名もしくはスタジオ名を掲載(2021年内)
ーAOM発行の名誉会員・表彰状をお送りします(PDFデータ)

★プロジェクト・オリジナル・タンゴシューズバッグ
プロジェクト・オリジナルデザインのタンゴシューズ・バッグをプレゼントします!
 ※カラーはこちらでを選ばせて頂きます
 ※<ミロンガを救う!¥50,000〜コース>の場合は、色違い2枚でのプレゼントとなります。

プロジェクト・オリジナルTシャツ(M / L サイズ)
プロジェクト・オリジナルデザインのオリジナルTシャツをプレゼントします!
 ※支援コースをお選びいただく際に、Tシャツのサイズ(M / L サイズ)を選択してください
 ※カラーはこちらでを選ばせて頂きます
 ※<ミロンガを救う!¥50,000〜コース>の場合は、色違い2枚でのプレゼントとなります。Tシャツ2枚のご希望サイズをご指定ください。

予想されるリスクとチャレンジ

リスク:
アルゼンチンでは現在もコロナウィルス感染被害による自宅隔離、国境封鎖が続いており、様々な社会活動が中止されている状況です。
プロジェクト・プレゼンターのJose Luis & Rika はアルゼンチン在住のため、リターンの準備や発送等が大幅に遅れる可能性が考えられます。支援者の皆様へは出来る限り遅延状況を報告し、確実に特典をお届け出来るよう努めたいと思います。

チャレンジ:
アルゼンチンでコロナウィルス感染被害が収束しミロンガ再開が可能となった時、ブエノスアイレスのみならず、アルゼンチン全土の全てのミロンガが活動を再開し、継続して行けるよう支援したいと思います。
目標金額1500万円を超える支援金を集め、一つでも多くのミロンガを支援出来るよう、最大限の努力をして参ります!

ミロンガ支援プロジェクト・チームのご紹介

★プレゼンター【 Jose Luis & Rika 】

アルゼンチン人のホセ・ルイス、日本人のリカによるタンゴのダンスカップル。
タンゴ講師、ミロンガオーガナイザー。アルゼンチン・ブエノスアイレスを拠点に、日本、韓国、アメリカ、ヨーロッパなどにて、タンゴフェスティバルへの参加やタンゴレッスン、ミロンガを開催。

ブエノスアイレスの往年のミロンゲーロ達を主役にしたドキュメンタリー映画
『ミロンゲーロス 〜ブエノスアイレス、黄金のリズム 』を製作。各国のツアー先で上映会を開催している。( 2018年・アルゼンチン映画。監督:Rika Fukuda / 助監督:Jose Luis Ferraro )

2019年よりブエノスアイレス・フローレス地区にある伝統的なペドロ・エチャウエ・クラブにてミロンガ『 Milonga Gente Amiga 』 を主催。
自らがミロンガのオーガナイザーでもあるため、ブエノスアイレスに存在する数々のミロンガへの支援の必要性を認識、ミロンガ閉鎖の危機を何とか回避したいと考え、本プロジェクトの立ち上げに至る。
Jose Luis y Rika ホームページはこちら

<ブエノスアイレス出身の Jose Luis からのご挨拶>

ブエノスアイレスの文化の心であるタンゴの『ミロンガ』を支援して下さる日本の皆様へ、心から感謝を申し上げます。
この、世界的に悲惨な状況の中、タンゴを生業とする者にとっては、過去に類を見ない厳しい状況に陥っています。そのため、このような支援が必要とされているのです。
完全自宅隔離が始まってから4ヶ月以上が経ち、ミロンガは、経費ばかりが嵩み、収入は一切無いという状況です。ミロンガの経費というのは、例えば、サロン家賃、ウエイター、ウエイトレス、料理人、DJへの給料、など様々です。
ユネスコ世界無形文化遺産に指定されているタンゴが、我らが愛するミロンガで、そしてタンゴが生まれた街ブエノスアイレスで、これからも輝き続ける事が出来るよう、みんなで応援しましょう!
このプロジェクトを応援して下さる皆様、本当にありがとうございます。
この状況が過ぎ去った後には、是非、この街を、そしてミロンガを楽しみに、足をお運びください。僕たちの愛する街、ブエノスアイレスで皆さんをお待ちしています。

ホセ・ルイス・フェラーロ

★プロジェクト・サポーター

アルゼンチン・ブエノスアイレス在住の日本人タンゲーラ達が本プロジェクトのサポーター。
タンゴの魅力に引き寄せられ、地球の裏側にある異国の地、アルゼンチン・ブエノスアイレスに移り住んだ、勇気と魅力あふれる彼女達が、このミロンガ支援プロジェクトをサポートしてくれています。様々な視点からタンゴを愛する彼女達を少しでも身近に感じて頂くために、ブエノスアイレスでの活動や本プロジェクトに込めた応援メッセージなどをこちらにご紹介します。

♡ AKANE

タンゴ講師、ミロンゲーラ
2016年ブエノスアイレスにタンゴダンスの勉強のため留学し、2019年に現地で結婚・出産し、現在は一児の母。
タンゴ、コンテンポラリー、ヨガ、ピラティスによる身体の仕組みと、自分が踊るだけでなく講師としての指導方法を意識した勉強に励む。 2018年から「ブエノスアイレスからタンゴの楽しさやタンゴの魅力を伝える」をコンセプトに現地日本人女性のためのタンゴクラスを主宰。2020年7月にはブエノスアイレスとタンゴのWebマガジン「Aroma de BuenosAires」をOPEN。
現地在住ロコの海外サポートサイト「ロコタビ」では、ブエノスアイレスの人気No.1ロコとして5年間活動している。
詳細のプロフィールはこちらから ⇨  私の好きなBuenos Aires

♫応援メッセージ

「ブエノスアイレスのミロンガを守りたい!」 その想いは世界中のタンゲーロス(タンゴを愛する人)、ミロンゲーロス(ミロンガを愛する人)の願いです。 「ブエノスアイレスのタンゴ」は、ユネスコ世界無形文化遺産にも登録された素晴らしい文化です。2020年この全世界を巻き込んだ未曾有の事態に、世界最長のロックダウンとなったアルゼンチンでは、職を失う人も多く、明日の食にも困る人が増え、いつまで続くかわからないこの状況に経済はますます低迷しています。そしてミロンガが危機に瀕しています。 ブエノスアイレスのミロンガを知る人も、これからブエノスアイレスに行ってみたいと思っていた人も、タンゴの「ミロンガ」という文化を残すこの活動に、どうかご協力頂けないでしょうか。 世界史に刻まれる最悪の事態が収束したあと、ドキドキしながら初めてブエノスを訪れても、懐かしくこの地を再訪してもブエノスアイレスのミロンガは、きっとあなたを優しく温かくアブラッソ(抱擁)してくれるはずです。 タンゴとタンゴを踊るミロンガが、これからもずっとずっと続きますように。そして、諦めない想いと行動を率先して下さったJoseとリカさん、このプロジェクトを心から応援しています。

Chie Nakamura

2015年よりブエノスアイレスで暮らしています。日本では小鼓を打ったり、教えたりしていました。ミロンガの雰囲気を味わいたくて一度遊びに行ってから、タンゴを踊りたくなり、2018年よりクラスに通い始め、今に至ります。

♫応援メッセージ
タンゴの魅力を感じられる場所であるミロンガが存続していくためには、このプロジェクトが必要不可欠だと思います!

♡ Kaori Orita

タンゴ歌手。 現地でしか学べない Tango を歌いたいと2005年に渡亜。 老舗サロン・カニング等で歌い、研鑽を積んでいる。 ボエド・タンゴフェスティバル、ファイナリスト。 フローレス・タンゴフェスティバル、3位。 現地のアーティストを迎えてのインタビュー&音楽番組「Kaori の部屋」をスタート。タンゴの歌詞を知ってほしいと「超訳アルゼンチンタンゴ」を発信中。現在、クラウドファウンディングで応援頂きファーストアルバムを制作中。
youtubeチャンネル Orita Kaori

♫応援メッセージ
私の人生を常に豊かなものにし、心の琴線に触れ続けてくれている Tango。 ブエノスアイレスが生み育くんだ、この美しい文化の火が今、消えかけています。 世界中で Tango が踊られ愛されているとしても、この街でしか観れない Tango、聴けない Tango、感じられない Tango があります。 現地のタンゴ界は、私が想像していたような華やかなものでもなく、ダンサーやミュージシャン、オーガナイザー達は、この文化を守りながらささやかな暮らしをしてきました。それが今まさに脅かされています。 これまで私たちにたくさんの喜びと感動を与えてくれた Tango に恩返しのできる時だと思います。 何かできないかと毎日心を痛めていました。そんな中、こんな素晴らしいプロジェクトを立ち上げてくれた Jose y Rika さん、本当にありがとう!!!
是非、成功させて Tango の火をともに守り続けていきましょう!

♡ Kei Hasegawa


タンゴダンサー。 2015年からブエノスに在住。 主にブエノス市内のミロンガやイベントでのエキシビションを行いながらプライベート、グループレッスンを行う。 2019年よりEscuela Mundial de Tango GEにて講師。
Campeonato Tango Salón 2017にて優勝するなど数々の受賞歴を持つ。

♫応援メッセージ

ミロンガは、空間と時間そして音楽を皆と共にし、大きな抱擁の中で ”私自身の姿に戻れる場” であり、ダンサーとして”私のタンゴ、全てを一曲に懸ける場”です。
粋なミロンゲーロ達が織りなす、ブエノス・アイレスの美しい美しいミロンガ。
心から再開を願っています。

Hiroko Minamikawa

アルゼンチンの音楽学校EMPAに在学中。
2010年からオルケスタYOKOHAMAでタンゴを歌い始め、2014年14歳から毎年アルゼンチンへ短期留学。2019年からブエノスアイレスで生活を始める。2020年Semillero Tango Orquestaでギターを担当。 また、2019年よりタンゴダンスにもチャレンジ。ミロンガにもデビューし、ミロンゲーラへの道を歩き始めたばかりの若きミュージシャン。

♫応援メッセージ
タンゴは私の全て。 この素晴らしい文化を無くさない為にも、今が一番の頑張り時だと思うので、微力ながらお役にたてれば嬉しいです。
タンゴを守るため、私はあの日もらった勇気を返したい。 私の声がタンゴの為になるならば、いくらでも歌いましょう。

Naoko Hirai

ブエノス在住のミロンゲーラ 2006年より家族でアルゼンチンへ渡る。ブエノス在住14年 日本人のタンゴ愛好家の為の小さな宿Casa de Anaを営む(ブエノスでの生活の仕方やタンゴのクラス、ミロンガでの楽しみ方をサポートする) 主なタンゴ活動 : 2006年より約7年間 Maestro Daniel Lapadula の元、ブエノスアイレスの主なミロンガ、Niño Bien, Club Gricel, Porteño y Bailarínなどでアシスタント講師を務める。その後ミロンゲーロの深いアブラッソに魅せられ、多くのミロンゲーロと踊る事でタンゴを学ぶ。 よく通ったミロンガは、Niño Bien,El Beso,Cachirulo, Salón Canning, Club Gricel など 2015年Maestro Ricardo Maceirasのアシスタント講師を務める。 現在はプライベート やブエノス在住の日本人の為のクラスなどを持つ。

♫応援メッセージ
私のタンゴを育ててくれた ブエノスアイレスのミロンガが今、閉鎖の危機にあるなんて!!! 愛するミロンガを守る為、大切なミロンガの為に出来るだけのことをしたいと思い、このプロジェクトに賛同しサポーターをさせて頂くことになりました。 皆さん、どうぞお力添えを宜しくお願いします。 いつか安心して馴染みのミロンガへ戻り、懐かしい友とアブラッソ出来る日が来ることを願って!!!

Natsuki Nishihara

ブエノスアイレス在住、バンドネオン奏者。 22歳でバンドネオンを始め、アルゼンチンタンゴを求めて単身渡亜。 ブエノスアイレス市立ユースオーケストラ「オルケスタ・エスクエラ・デ・タンゴ」14期生。 現在、エスキーナ・オメロマンシをはじめとする数々のタンゲリア、ミロンガ等でバンドネオン奏者として活動する。
西原なつき公式ホームページ

♫応援メッセージ

アルゼンチンの大事なタンゴ文化の発信地であるミロンガ、私も普段からお仕事でお世話になっていた大切な場所です。消えて欲しくない沢山の歴史、ひとりひとりの思い出があります。ブエノスアイレスのタンゴを愛するひとりとして、このプロジェクトを応援します!

♡ Yuko Ono

タンゴ講師、ダンサーとして、2008年より東京にて活動開始。その後、京都、大阪、名古屋などでレッスン&ミロンガを主催。2015年にブエノスアイレスへ移り住む。2016年には『関西タンゴフェスティバル』にダンサー、講師、オーガナイザーの1人として参加。その後も日本一時帰国時は、各地にて活動。ブエノスアイレスでは、日々ミロンガへ通いつつ、アルゼンチン人へのグループレッスン&プライベートで教え、パーキンソン病患者向けのレッスンもアシスタント。
  Yukoの日本タンゴホームページはこちら

♫応援メッセージ

ミロンガは、アルゼンチンタンゴにとって根幹とも言える場。
音楽と生き生きとした人々のいろいろな想いが重なり絡まりハーモニーを織り成すタンゴの世界を、私はブエノスのミロンガでより強く体験しました。若いダンサーから年配の方々までみんなミロンガに集い、語り笑い飲み、そして踊る。ミロンガという空間は、人と音楽と場との一期一会の出会いであり、タンゴを愛するみんなにとって大切な場所です。ミロンガを守り存続させるために、皆さんの応援が必要です!よろしくお願いいたします。

♡ Tae Fujikawa

アルゼンチンタンゴ・ミロンガのある生活を求め2014年からブエノス・アイレスに住みつきました。そのミロンガが閉鎖されたとしたら、それはもうブエノス・アイレスがブエノス・アイレスでなくなるに等しいと思っています。世界遺産でもあるアルゼンチンタンゴを守るためにも皆さまのご協力お願いします。

♡Takayo Mitsumata

2016年1月に来亜。 タンゴを習い始め、その年の冬からはタンゴの歌も始める。
日本人向けのクラスにて練習を重ね、いろいろなミロンガに連れていって貰い、更にタンゴの魅力に惹きつけられる。 と同時に、歌のレッスンにも力を入れ、2020年3月にはレコ発のコンサートを行うことが出来た。

♫応援メッセージ
一歩入れば、そこは大人のワクワクが詰まった素敵な世界。人や音楽との出会いの場所でもあるので、一日でも早く、安全な再開を願っています。
タンゴを愛する全ての人の笑顔に、また会えますように。

♡ Sumiko Kuramitsu


2014年12月よりブエノスアイレス在住、セラピスト。週2でミロンガに通うミロンゲーラ。

♫応援メッセージ
ミロンガはわたしのブエノスアイレスそのものです。毎週会っていた仲間たちに会えない、タンゴに身体を委ねて踊れない、この日々はとても寂しい。 愛情あふれるオーガナイザー達、タンゴが染み込んだ歴史あるサロン、そして文化そのものであるミロンガを守り、また海外から沢山の人達がタンゴ誕生の聖地に戻って来ることを願い、この運動に賛同しています。皆さまも、応援をどうぞよろしくお願いします。


★プロジェクト・アドバイザー 

タンゴだけでなく、芸術の世界でのネットワークも広く、本プロジェクトをプロモートするMotion Gallery を紹介してくださったのもTeruyoさん。いつも、芸術関係の仕事で培った鋭い観点からの的確なアドバイスと心温まる応援を頂いている、とても頼りになる素敵なミロンゲーラの彼女に、今回のプロジェクトのアドバイザーをお願いしました。

♡ Teruyo Ichikawa

2013年から2020年にかけてタンゴ留学のため5度渡亜、延べ2年間ブエノスアイレスに滞在し、Maria Silvia Mucci y Juan Alfredo Alonso に師事。滞在中は連日、El Beso、Salon Caning、Cachiluro等々ミロンガに通いつめるミロンゲーラ。
ブエノスアイレスで出会ったRika Fukudaのドキュメンタリープロジェクトに感銘を受け、2018年製作「ミロンゲーロス - ブエノスアイレス黄金のリズム」上映会実行委員として参加。

♫応援メッセージ
ミロンガは私にとって、タンゴの学校、本場ブエノスアイレスのタンゴの実戦の場です。踊りだけでなく、社交場としてのミロンガのマナーを学び、タンゴを愛する友だち=ミロンゲーラ、ミロンゲーロと出会い、素晴らしい時間を過ごしたかけがえのない場です。コロナ感染の収束を祈ると共に、世界無形文化遺産・アルゼンチンタンゴを支えるミロンガのオーガナイザーの皆さんに、エールを送りたい気持ちでいっぱいです。

アルゼンチン・ブエノスアイレスの大切な文化『ミロンガ』を一緒にサポートしましょう!

 日本は歴史的にもタンゴと大変関わりが深い国。『世界で二番目にタンゴが好きな国民』とまで言われたほど。フランシスコ・カナロ、ダリエンソ、プグリエーセ楽団など数々の偉大なタンゴ楽団も来日しており、日本のタンゴブームのきっかけにもなりました。その後も伝説のタンゴショー『タンゴアルヘンティーノ』を初めとする、楽団・歌手・ダンサーという構成のタンゴショーにより多くのタンゴアーティストが来日して来ました。またタンゴダンスを指導するタンゴ講師も数多く来日し、様々な形でタンゴを日本人に伝えてきました。
 そして今では日本の各都市で『ミロンガ』が開催され、タンゴダンス愛好家達がブエノスアイレスの文化を心から楽しんでいます。また、多くのタンゴ愛好家たちがブエノスアイレスを訪れ、毎晩のように『ミロンガ』へ足を運び、タンゴ音楽とアブラッソ(抱擁)を通して、地元のタンゴ愛好家達と触れ合っています。
 タンゴが生まれた街ブエノスアイレスが、この素晴らしいタンゴダンスの文化を守り、引き続き世界へ発信していく事が出来るように、少しでも力になれたらという思いで立ち上げたブエノスアイレスのミロンガ支援プロジェクト
【 Buenos Aires MILONGAS AID 】(ブエノスアイレス・ミロンガ・エイド)
ご支援、ご協力のほど、どうぞよろしくお願い致します!

プロジェクト・プレゼンター  Jose Luis Ferraro & Rika Fukuda 
プロジェクトチーム 一同

リターンを選ぶ

  • 3000

    愛を込めてサポートコース 3000円〜

    • 感謝状(PDFデータ)
    • 2021年01月 にお届け予定です。
    • 42人が応援しています。
  • 10000

    がっつりサポートコース 10,000円

    • AOM公式ホームページに支援者として1年間お名前を掲載させて頂きます(任意)
    • OM所属ミロンガの1日フリーパス (PDFデータ)
    • 素敵な感謝状をお送りします!(PDFデータ)
    • 2021年01月 にお届け予定です。
    • 51人が応援しています。
  • 20000

    がっつりサポートコース 20,000円

    • プロジェクト・オリジナル・タンゴシューズバッグ
    • AOM公式ホームページに支援者として1年間お名前を掲載させて頂きます(任意)
    • AOM所属ミロンガの2日間フリーパス(PDFデータ)
    • 素敵な感謝状をお送りします!(PDFデータ)
    • 2021年05月 にお届け予定です。
    • 11人が応援しています。
  • 30000

    本気でサポートコース 30,000円

    • プロジェクト・オリジナルTシャツ(M / Lサイズ)
    • AOM公式ホームページに支援者として1年間お名前を掲載させて頂きます(任意)
    • AOM所属ミロンガの3日間フリーパス(PDFデータ)
    • 素敵な感謝状をお送りします!(PDFデータ)
    • 2021年05月 にお届け予定です。
    • 2人が応援しています。
  • 40000

    本気でサポートコース 40,000円

    • プロジェクト・オリジナルTシャツ(M / Lサイズ)
    • プロジェクト・オリジナル・タンゴシューズバッグ
    • AOM公式ホームページに支援者として1年間お名前を掲載させて頂きます(任意)
    • AOM所属ミロンガの4日間フリーパス(PDFデータ)
    • 素敵な感謝状をお送りします!(PDFデータ)
    • 2021年05月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 50000

    本気でサポートコース 50,000円〜(¥50,000以上のお好きな金額をご支援ください!)

    • AOM公式ホームページに支援者として1年間お名前を掲載させて頂きます(任意)
    • AOM所属ミロンガの5日間フリーパス(PDFデータ)
    • 素敵な感謝状をお送りします!(PDFデータ)
    • タンゴスタジオ経営者、ミロンガ主催者への特別特典
    • プロジェクト・オリジナルTシャツ(M / Lサイズ)2枚(色違い)
    • プロジェクト・オリジナル・タンゴシューズバッグ 2枚(色違い)
    • 2021年05月 にお届け予定です。
    • 4人が応援しています。