facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

街の社交場「スナック 水中」をクラウドファンディングで実現!

これからの街の社交場「スナック 水中」を作りたい!
初心者から顔なじみまで、飲んで歌って語る夜

時代が変わっても変わらずに、しかし着実に衰退している街の社交場・スナック。個人化が進む世の中で、住人も旅人も、初心者も顔なじみも、混ざり合って愉しめる「夜の拠点」を、一緒に作りませんか?

コレクター
120
現在までに集まった金額
1,332,295
残り日数
34
目標金額 1,700,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2022年2月21日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトを応援

目標金額 1,700,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2022年2月21日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

Presenter
スナック水中 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

■スナック水中:東京・国立市の半地下にある9坪の小さなスナック。老舗の「すなっく・せつこ」から引き継ぎ、2022年3月に「スナック水中」として生まれ変わります。住人も旅人も、初心者も顔なじみも、混ざり合って愉しめる夜の拠点です。■坂根千里:水中のママ。源氏名(ニックネーム)はちり。国立市に住み、一橋大学を今年の春卒業予定。国立市観光まちづくり協会理事。3年前に学生サークルを立ち上げ、国立市内に「ゲストハウスここたまや」をオープン。多くの方にご支援をいただき、これまで2,000名近くのゲストを迎えてきました。

このプロジェクトについて

時代が変わっても変わらずに、しかし着実に衰退している街の社交場・スナック。個人化が進む世の中で、住人も旅人も、初心者も顔なじみも、混ざり合って愉しめる「夜の拠点」を、一緒に作りませんか?

こんにちは。「ちり」と申します。
スナックでの源氏名(ニックネーム)が「ちり」で、本名は坂根千里(さかね・ちさと)と言います。

東京・国立市に暮らし、一橋大学に通う23歳。今年3月卒業予定です。
大学生の顔以外に、国立市の観光まちづくり協会の理事もしております。
3年前に学生サークルを立ち上げ、国立市内に「ゲストハウスここたまや」をオープン。
多くの方にご支援をいただき、これまで2,000名近くのゲストを迎えてきました。
そんなゲストハウスから歩いてすぐの近所に、9坪の小さなスナックがあります。

しかし、コロナ禍の影響もあり、「すなっく・せつこ」が2021年12月をもって閉業。

そのお店を「スナック水中」という新しい場所に変化させながら引き継ぎたい。
これからの街にとって必要な社交場のあり方を模索したい。
そう思い、新卒ながらスナックのママになることを決意。
そして今回、クラウドファンディングに挑戦することにしました。

そもそも「スナック」とは何でしょう?
中が見えない、場末感がある、強そうなママがいる...少し怪しいイメージでしょうか。

スナックは、1964年に誕生したと言われています。
東京オリンピック開催を機に風俗浄化運動が起こり、深夜営業が厳しくなりました。
その取締りをかいくぐるために軽食(スナック)を出したことがきっかけで、
その名のとおり「スナックバー」が誕生しました。

またスナックは、当時の女性のスタートアップという見方もできます。
小資本で開業可能で、運転費用も抑えられたビジネスモデル。
女性たち、とりわけ様々な事情から自分で稼ぐ必要がある女性たちが
個性や得意を生かして一国一城の主となり、経営を成り立たせていました。
そうしてスナックは全国でコンビニ以上の軒数があると言われるまで広がりました。

時は流れ、多くの女性も働く時代。そして多様な稼ぎ方・働き方があります。
昭和の象徴のようなスナックは、担い手や客の高齢化、飲食嗜好の変化、不景気の影響で衰退傾向に。
その一方で、最近は日替わりママや昼スナックなど、新しいスタイルを取り入れた「ニュースナック」も登場しています。

3年前、ゲストハウスでお世話になっていた地元の人に連れられ、
足を踏み入れた「すなっく・せつこ」は、私にとって初めてのスナック体験でした。

「なんだか珍しい子が来たわね」と言って迎え入れてくれた、ふわふわパーマのママ。

「なんだここは…」

騒がしく混沌としながらも、ママによって調整された不思議な場。
すっかりその場に揉まれ、ついには知らないおじさまと平成の曲でデュエットを歌うはめに。
入店から2時間、衝撃続きで呆然としている私にママはさらにこう言い放ちます。

「あなた来週から働かない? なんかニコニコしているからさ…」
「ええええ! いやいやいや…」

そう言いつつ、この場所に興味を持ってしまったが最後。
私はそのまま働き始めることになるのでした。
そこからますますスナックの面白さに引き込まれ、大学の後輩二人もスナックへ誘い込んでしまいます。
彼女たちもまた、出勤日でない日にもお店に足を運び、「すなっく・せつこ」がノレンを降ろす12月末までスタッフとして働き続けることに。
すっかり私(たち)はスナックにはまる、いわゆる「スナ女」になってしまいました。

この現象は何なのでしょう?

就職や結婚、家族…ますます多様になる生き方。それに対してますますぼやける自分の将来像。
SNSで日々誰かと比較するような感覚もあいまって、
「こうありたい」と理想を掲げては現実に直面して萎えてしまったり、
「こうありたい」がいつの間にか「こうあるべき」と縛る鎖になっていたり。

少し真面目で浮き沈みのある若者が抱いている、誰に相談したらいいかわからないような悩みや不安。
それをこの場は、軽く明るくしてくれる力があります。
照れながらもカラオケを歌い、だんだん自分がオープンになってしまう場。
隣の人と「しょうもないね」って言って笑い合い、情けない自分を認めて許せてしまうような場所です。

最初は戸惑いを隠せなかったこの場の「混沌・想定外」を、面白く感じている自分たちがいました。
世の中にはAIによってパーソナライズされたサービスが増えています。
自分の傾向に合わせて最適な情報が手に入るサービスや、私にとって心地よい話し相手になってくれる会話アプリなど。

そんなAIが自分にオススメしてくれるサービスに慣れ、偶発的な出会いをあまり経験してこなかった私たちにとって、混沌や想定外であふれている対人コミュニケーションが新鮮に感じられたのです。
気の利いた最適な返事なんて、もちろんしてくれません。
だけど、目の前で、全く考えてもいなかったような対話が生まれる原初的な人や場を、本当は渇望しているのかもしれないと思うのです。

私が実現したいのは、地域に愛される昔ながらの社交場を引き継ぎながら、若者や初心者でもドキドキしながら中に入れる、新しいスナックの形です。

私が愛したスナックは、とはいえ年齢高めの男性向けに設計された場
たまたま従業員(チーママ)という立場から関わりを持てた私が、お客さんの立場で同じようにこの場に通えたかといえば、実際そんなことはなかったでしょう。
これまでのスナック(内外装、メニュー、音楽、会計システムなど)を見直して、浮き沈みのある私たちの世代も共に漂えるような場所にしたい。
それは、クローズドが強みな場末のスナックの良さを残しつつ、若者世代にも価値を生み出せる場への挑戦でもあります。

そして、もうひとつ。
「スナック水中」を通して、国立市や多摩エリアに若者が住むことがもっとアリになるように貢献したいという思いがあります。
多摩エリアの多くの市町村で、大学生以上ファミリー未満の25-35歳の人口流出が懸念されています

見えない将来に対して浮き沈みをするこの世代が、暮らす街で少しでも気持ちが軽くなるように。
「スナック水中」がきっかけで、地域に馴染んでいくように。
そのような貢献ができればと思っています。

今回のクラウドファンディングで集まった資金は、店舗の内外装費に充てます。
※集まった金額の10%はクラウドファンディング事業者の手数料として控除されます。

内外装費(150万円)
1.愉しい夜を垣間見できる外装
お店の顔である外装。
店内が全く見えない現在の外装は、お店を訪れたことがない人にとって大きなハードルでした。
外を気にせずくつろいでいただける現在の役割を残しつつ、外から中が覗けるようにします。
その他、看板やライトの設置費用が含まれます。

2.国立の夜に漂う内装
「国立の夜を愉しむ」にふさわしい、国立に馴染みのある本やレコードを置きます。
それに伴い、店舗レイアウトを変更するための費用が含まれます。

さらに資金が集まれば、以下のことにも挑戦します!

今後の活動費:街の人や企業とのコラボ
前店舗のせつこママをはじめ、街で出会ってきた人にも一日ママ・パパとして参加していただきたい!また、地域の野菜やお酒とのコラボレーションも企画予定です。

今後の活動費:スタジオブース
興味はあっても怪しさが勝って行きづらいスナック。
スナック初心者や遠くに住んでいる人も、まずはスマホ越しから参加できる動画の発信をします。
スナック店内をスタジオブースに見立てて営業時間外に配信したり、街のスタジオとしてみなさんに利用していただけるように整備します。

他にも、スナックのオープンに以下の資金が必要です。
これらの経費は、自己資金・銀行融資・助成金より賄います。

修繕費・設備費(100万円)
24年間営業し続けた現在の店舗は修繕が必要な部分があります。
水道管の修繕や、トイレの改装。
まだまだ先の見えない現在の情勢に合わせて新たに換気扇を導入し、
安心してご来店いただけるよう空調設備を整えます。

■HP整備費(50万円)
■備品購入費(50万円)
■店舗賃貸にかかる諸経費(50万円)
■運転資金準備金(130万円)
など...

プロジェクトを支援していただいた金額にあわせて、リターンをご用意しています。

■サンクスレター
感謝の気持ちを込めて、サンクスレターをお送りします。

■水中オリジナルステッカー
「スナック 水中」ロゴ入りのステッカーです。

■カラオケチケット
1枚につきカラオケ1曲(200円相当)を無料で歌えるチケットを5枚綴りでプレゼントします。
※チケットは譲渡可能です。

■ドリンクチケット
ビール、焼酎、看板商品の採れたてミントのモヒート、話題のノンアルコールカクテル等。
ドリンク(600円〜)をどれでもグラス1杯分、無料で提供します。
※チケットは譲渡可能です。

■ご支援者限定オープニングパーティーご招待
プレオープン期間の2月後半からオープン期間の3月にかけて、一足早く「スナック 水中」にご招待。
オープンを記念して小さなパーティーを開催します。
これからの事業内容、企画過程、予定しているメニューなどを大公開します!
今後のイベント情報も優先してご連絡いたします。
※ご来場いただけるのはご本人様限りとなります。
※人数に合わせて複数日程開催し、密になりすぎないよう工夫します。
※感染症の拡大状況に合わせて日程を変更する場合があります。
※開催日に予定が合わない場合は、ドリンクチケット1枚+カラオケチケット5曲分に
ご来店時に変更いただけます。

■スナック水中・舞台裏を公開します(オンラインスナック)
オンラインの参加者限定。ZOOMでオンラインスナックを行います!
開催時期は、2〜3月に複数回開催いたします。
店内のツアーや開業に至るまでの経緯などをお話しさせていただきます。
少ない人数だからお話しできること...ございます。
なかなかお店に足を運びづらい方にもおすすめです。
※開催日のうち何度でもご参加いただけます。
※開催日は決定次第メールにてご連絡いたします。
※開催日に予定が合わない場合は、個別で日程を調整しオンラインスナックを開催いたします。

■ボトルキープ1瓶プレゼント
スナックにキープできるボトル(720ml)1瓶をご来店時にプレゼントいたします!
・キンミヤ、JINRO(甲類焼酎):3,000円〜
・サントリー角、いいちこ(麦)、黒霧島(芋):4,000円〜

■貸切宴会ご優待券
お店を貸し切り、お仲間と宴会場としてご利用いただける券。
その際に使っていただける割引券もついています。
内容:カラオケ歌い放題、飲み物、簡単なお食事またはケータリング
予算:お一人様3500円〜(内容によって価格は変動します)

■チャージ無料(1ヶ月間)
・ご本人様のチャージ(席料)が、1ヶ月間無料!
※チャージは通常1,000円。最大で20,000円相当です。
※有効期限は、本会員証のお届け日から2022年8月31日までの間に使用を開始し、使用開始日から起算して1ヶ月間です。

■1年間チャージ無料(ご本人様とお連れ様1名)
・ご本人様とご来店時にお連れの方1名(合計2名)のチャージ(席料)が、1年間無料!
※チャージは通常1,000円。
※有効期限は、本会員証のお届け日から2022年8月31日までの間に使用を開始し、使用開始日から起算して1年間です。

■お花でお祝い!応援コース について
・店内用の生花(お名前入り)を飾らせていただきます
・ドリンクチケット(3枚)
・サンクスレター
・ステッカー
※店内に生花をどうしても飾りたいのですが、予算的に二の足を踏んでいます...サポートしていただけると嬉しいです!
※遠方の方にもおすすめです。ドリンクチケットは有効期限なし。首を長くしてお待ちしております。

今回はAll-inというファンディング形式を選択しています。
すでに「スナック 水中」は2022年2月完成、3月からの本オープンに向けて動いていますので、設定された目標金額にファンディングの結果が満たない場合でも、「スナック 水中」の完成とオープン、ならびにリターンの履行は必ず行います。

■想定されるリスク
新型コロナの感染状況により、開店日及びオープニングパーティーの開催を延期する可能性がございます。
その場合は、ご支援いただいた皆様にご連絡し、延期日をお伝えいたします。

■チャレンジ
予想困難な状況での開業にはリスクが伴います。
そのリスクを踏まえ、多くの方からご支援をいただきながら、1年間準備を行ってきました。
・自己資金、銀行融資、助成金による資金調達
・就職をやめ、本事業にコミットすること

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。
私は「スナック 水中」を通して、人と人とが時に少しずつ迷惑をかけながらも、許し合い、癒し合えるリアルな場所を作りたい。これからの時代により必要な、地域の社交場の形を模索したい。

そして、それは地域や経済の発展につながるはずだと確信しています。

このプロジェクトに参加して、一緒にそのような場をつくってみませんか?
みなさんと「スナック 水中」でお会いできることを楽しみにしています!

リターンを選ぶ

  • 5000

    ちょい飲み!応援コース

    • ドリンクチケット2枚
    • 水中オリジナルステッカー
    • サンクスレター
    • 2022年02月 にお届け予定です。
    • 54人が応援しています。
  • 5000

    オンラインで!応援コース

    • スナック水中・舞台裏を公開します(オンラインスナック)
    • 水中オリジナルステッカー
    • サンクスレター
    • 2022年02月 にお届け予定です。
    • 6人が応援しています。
  • 10000

    ボトルキープ!応援コース

    • ボトルキープ1瓶プレゼント(キンミヤ または JINRO)
    • ご支援者限定オープニングパーティーご招待
    • 水中オリジナルステッカー
    • サンクスレター
    • 2022年03月 にお届け予定です。
    • 34人が応援しています。
  • 10000

    お花でお祝い!応援コース

    • 店内に生花(お名前入り)を飾らせていただきます
    • スナック水中・舞台裏を公開します(オンラインスナック)
    • ドリンクチケット3枚
    • 水中オリジナルステッカー
    • サンクスレター
    • 2022年03月 にお届け予定です。
    • 15人が応援しています。
  • 30000

    飲んで歌って!応援コース

    • ボトルキープ1瓶プレゼント(ウイスキー角・いいちこ・黒霧島)
    • ドリンクチケット3枚
    • カラオケチケット(5曲分)
    • ご支援者限定オープニングパーティーご招待
    • 水中オリジナルステッカー
    • サンクスレター
    • 2022年03月 にお届け予定です。
    • 5人が応援しています。
  • 残り4枚

    50000

    仲間と一緒に!応援コース

    • 貸切宴会7,000円分ご優待
    • ボトルキープ1瓶プレゼント(ウイスキー角・いいちこ・黒霧島)
    • ドリンクチケット3枚
    • カラオケチケット(10曲分)
    • ご支援者限定オープニングパーティーご招待
    • 水中オリジナルステッカー
    • サンクスレター
    • 2022年03月 にお届け予定です。
    • 6人が応援しています。
  • 残り7枚

    100000

    たのしみ放題!応援コース

    • チャージ無料(1ヶ月間)
    • 貸切宴会10,000円分ご優待
    • ボトルキープ1瓶プレゼント(ウイスキー角・いいちこ・黒霧島)
    • ドリンクチケット5枚
    • カラオケチケット(5曲分)
    • ご支援者限定オープニングパーティーご招待
    • 水中オリジナルステッカー
    • サンクスレター
    • 2022年03月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り7枚

    150000

    通い放題!応援コース

    • 1年間チャージ無料(ご本人様とお連れ様1名分)
    • ご支援者限定オープニングパーティーご招待
    • 水中オリジナルステッカー
    • サンクスレター
    • 2022年02月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。