ドキュメンタリー映画「ラーメンヘッズ」世界展開をクラウドファンディングで実現!

日本のラーメン文化を世界へ! ドキュメンタリー映画「ラーメンヘッズ」世界展開へのご支援を!!

  • その他・海外
  • 映画

千葉・松戸発「キング・オブ・ラーメン」富田治と、日本が誇る恐るべきラーメン文化に長期密着したドキュメンタリー映画「ラーメンヘッズ」。世界をあっと言わせるチーム・ラーメンヘッズにご協力ください!

コレクター
17
現在までに集まった金額
404,500
残り日数
87
目標金額 3,000,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2018年1月15日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトを応援

目標金額 3,000,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2018年1月15日23:59までに集まった金額がファンディングされます。
Middle 1507359081

Presenter
チーム・ラーメンヘッズ プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

Middle 1507359081

PRESENTER
チーム・ラーメンヘッズ

千葉・松戸発「キング・オブ・ラーメン」富田治と、日本が誇る恐るべきラーメン文化に長期密着したドキュメンタリー映画「ラーメンヘッズ」。この映画を世界展開します。世界をあっと言わせるチーム・ラーメンヘッズにご協力ください! 【監督 重乃康紀/プロデューサー 大島 新/撮影 高橋秀典/編集 齋藤淳一/プロダクションマネージャー 望月馨/共同プロデューサー 鎌田雄介・神野敬久/音楽プロデューサー 中嶋尊史/企画・製作:ネツゲン】

このプロジェクトについて

千葉・松戸発「キング・オブ・ラーメン」富田治と、日本が誇る恐るべきラーメン文化に長期密着したドキュメンタリー映画「ラーメンヘッズ」。世界をあっと言わせるチーム・ラーメンヘッズにご協力ください!

愛すべき麺狂(=ヘッズ)たちの
異様なまでの熱情の記録

寿司じゃない、天ぷらでもない、食の世界遺産になった「和食」でもない。本当に世界で最も愛されている日本の食べもの…それはラーメン!
「ラーメンほど熱狂的な信者のいる食べものはない。そのラーメンバカたちを魅了するには、作り手もそれ以上のラーメンバカ(=ヘッズ)じゃないといけない」と語る、業界最高権威TRY大賞4連覇のキング・オブ・ラーメン富田治。

「中華蕎麦とみ田」店主、富田治

ラーメン好きをとりこにしてきた、とみ田名物つけ麺。

ラーメン日本一の秘密にどこまで迫れるのか。

そんな心配は杞憂に過ぎなかった。富田は惜しげもなくラーメン作りの詳細を見せてくれた。「企業秘密という店も多いが?」と問うと、「大したことやってないから見せられないだけなんですよ」ときっぱり。異常なまでのスープと麺へのこだわり、そして具材へのきめ細やかな配慮が、一つ一つ具体的に明らかになる。弟子たちへの厳しい叱咤、接客への細心の注意、休日のラーメン屋めぐりと、まるでラーメン修行僧のような富田の日々に取材班は密着する。驚いたことに、妻と3人の子どもたちとの外食も、まさかのラーメン屋だった!

そんな富田が、店の10周年を迎えるにあたって特別なイベントを企画した。神奈川ナンバー1の呼び声の高い「らぁ麺屋 飯田商店」の飯田将太と、ミシュランガイドでラーメン屋として初めて星を獲得した「Japanese Soba Noodles蔦」の大西祐貴とのコラボ。まさに、ラーメン界の“ビッグ3”の揃い踏みだ。1日限定200杯の夢のラーメン。3人はそれぞれが個性をぶつけ、一杯のラーメンを試行錯誤しながら作っていく。しかし腕に自信があり、自らの信念を持つ3人だけに、意見がぶつかることも…富田は絶対王者らしく、2人の良いところを取り入れながら、至高のラーメンを仕上げた。当日朝7時に配られる整理券を獲得するために並ぶひと、ひと、ひと…なんと前夜10時には200人が埋まってしまった! 翌朝、松戸の小さな店の厨房に3人のカリスマが並んだ。果たしてどんなラーメンが出来上がるのか…。

納得のいくまで議論を重ねるカリスマ3人

「中華蕎麦とみ田」と店に集まる熱狂的なお客さんたちの姿を、1年3か月にわたり長期取材。日本ラーメン界の象徴ともいえる7人の個性的なラーメン店主たちの活動も交え、知られざるラーメンの進化の歴史をひもときながら、現代日本のラーメン文化を鮮烈に描き出す。

海外の映画祭にて、驚きと称賛の声が続々!

映画「ラーメンヘッズ」は、2017年5月にトロントで開催された北米最大のドキュメンタリー映画祭「HOT DOCSカナディアン国際ドキュメンタリー映画祭」の正式招待作品としてワールドプレミア上映されました。日本の作品としては異例なことに、300人収容の映画館で4回上映され、そのすべてが満員に。近年ラーメンブームとも呼べる状況となっていたトロントの観客は、本場日本の驚異のラーメン文化を観て驚きと称賛の声を上げました。

日本のラーメンヘッズたちの日常を食い入るように見つめるトロントの観客
上映後、トロントの超満員の観客に挨拶する重乃監督と富田氏

さらに9月には、パリに代わる新しい食の都と言われるスペイン・バスク地方のサン・セバスティアン映画祭のキュリナリー(食)部門で公式上映され、重乃監督と富田治さんが現地に招待されました。上映の後は、富田さん自らが料理学校の学生たちとともに、夢のラーメンディナーを振る舞いました。スペインのグルマン(美食家)たちから「新しい宇宙体験だ!」と感激の声を頂戴しました。

スペインのサン・セバスティアン映画祭。富田氏の前掛けには恩師・山岸一雄氏の名前が
チケットは10分で完売。現地で仕入れた最高級素材を使い、麺だけでなく前菜やデザートも提供した
「なんて美味しいんだ!」「これは新しい宇宙体験だ!」など、絶賛の声が続々と

他にも海外の複数の映画祭から招待状が届いており、すでにニューヨークの国際セールスエージェンシーとは専属契約の話も進行しています。

待望の日本公開が決定

そしてこの度、待望の日本公開が決定! 2018年春、シネマート新宿、シネ・リーブル池袋ほかにて全国順次公開されます。

ラーメンヘッズ公式FB

実現したいこと

「日本のラーメン文化を世界に伝えたい!」という熱い思いからはじまったこのプロジェクトですが、自主製作映画として1年3か月に及ぶ長期取材を行い、映画祭出品のための英語版字幕をつけたところで、製作費が不足してきました。

いま、ニューヨークやトロント、ロンドンではラーメンブームが起きています。そんな時期だからこそ、是非とも北米やヨーロッパの海外主要都市での劇場公開を実現したいと考えています。加えて、来年春の日本公開についても、全国のラーメン好きのお客さんに観て頂けるよう、盛り上げていきたいと思っています。

募集している300万円は、国内外での宣伝および劇場公開関連費用に当てます。映画製作の最終仕上げを、是非応援してください!

リターンについての詳細

●チーム・ラーメンヘッズからのお礼メール
感謝の気持ちを込めてお礼メールをお送りします。

●映画前売り券
全国共通特別鑑賞券を公開前にお送りします。

●タイトルロゴ入り特製Tシャツ
「ラーメンヘッズ」タイトルロゴ入り特製Tシャツ(フリーサイズ)をお送りします。

●DVDプレゼント
特典映像付き私家版DVDを日本公開後にお送りします。

●お土産ラーメン
「とみ田」おみやげラーメンの「つけ麺 2食入り」をお送りします。
3月31日に冷蔵便にて発送いたします。なお、3月31日以降は到着日のご指定も承ります。ご希望日の10日前までに以下メールアドレス宛にお知らせください。 cf@ramenheads.com

●映画エンドロールにお名前掲載
映画の最後に「特別協力」としてお名前を掲載します(ペンネームも可ですが、公序良俗に反すると判断した場合は、掲載できない場合があります)。掲載するお名前をお教え下さい。

●「とみ田」のつけ麵用どんぶりプレゼント
「とみ田」の本店で使っているものと同じ、つけ麵用のどんぶりセット(有田焼)をお送りします。

●「とみ田」貸し切り プライベート・ラーメンパーティーにご招待
富田治トークショー付きのプライベート・ラーメンパーティーに、先着順18名様をご招待します。開催日は2018年3月31日(土)の18時~20時と、20時~22時の2回(入れ替え制)。場所は松戸の「とみ田 本店」です。「とみ田」に待たずに入れて、富田治さんと交流を深めながら、スペシャルラーメンディナーを楽しめます。不参加の場合は、2018年3月25日までに以下メールアドレス宛にお知らせください。 cf@ramenheads.com

想定されるリスクとチャレンジ

映画は現在、海外のセールス代理店との交渉の最中にあります。彼らの映画への熱い反応に大きな手応えを感じていますが、確実に海外で上映できる保証はありません。そうした状況にあるだけに、宣伝にも力を入れて、実現に向けて可能な限りの資金と労力を投入したいと考えています。また、もし早い段階で目標金額に達しましたら、日本国内でラーメン付き上映イベントの開催を企画していきたいと思います。支援者の皆さまには、国内外での映画の上映予定のご報告をしていくことをお約束します。

最後に

最後までお読みいただきありがとうございました。

この映画の企画の発端は、アメリカ人監督が撮ったドキュメンタリー映画「二郎は鮨の夢を見る」を観たことでした。日本一と言われる寿司の名店「すきやばし次郎」を追った秀作で、全米でドキュメンタリー映画としては異例のヒットを記録しました。しかし、映画の内容に感心する一方、若干の違和感も残りました。やはりアメリカ人監督の視点なだけに、日本人が感じる寿司の文化とは異なる解釈で描かれているという印象を持ったのです。食文化はもちろんですが、日本のドキュメンタリー製作者の力も、海外に引けをとらない素晴らしいものがあります。だからこそ、日本人の映像製作者の手で、日本が誇るラーメンという食文化を海外に伝えたいという思いを強くしました。この気持ちを、多くの人と共有し、実現していきたいと願っています。

全国の「ラーメンヘッズ」に恥じない「ドキュメンタリーヘッズ」として、一所懸命取り組んでいきます。ご賛同、どうぞよろしくお願い申し上げます。


<チーム・ラーメンヘッズ>

監督:重乃康紀
1965年生まれ。「情熱大陸」「課外授業ようこそ先輩」など数々のテレビドキュメンタリーを演出。「寿司職人 荒木水都弘」「そば職人 小高孝之」「割烹料理人 中東久人」「フランス料理シェフ アラン・パッサール」ら、超一流かつ職人気質の料理人の取材経験豊富。本作が劇場映画初監督作品。

プロデューサー:大島 新
1969年生まれ。「情熱大陸」「ザ・ノンフィクション」などを数多く演出・プロデュース。監督作品に「シアトリカル 唐十郎と劇団唐組の記録」「園子温という生きもの」。プロデュース作品に、探検家・関野吉晴氏の活動を追った「カレーライスを一から作る」など。映像製作会社ネツゲン代表。

撮影:高橋秀典 編集:齋藤淳一 プロダクションマネージャー:望月馨 共同プロデューサー:鎌田雄介・神野敬久 音楽プロデューサー:中嶋尊史

配給: ミッドシップ 企画・製作: ネツゲン

リターンを選ぶ

  • 3000

    前売り券と特製Tシャツプレゼント

    • 全国共通特別鑑賞券
    • チーム・ラーメンヘッズからのお礼メール
    • 「ラーメンヘッズ」タイトルロゴ入り特製Tシャツ(フリーサイズ)
    • 2018年01月 にお届け予定です。
    • 8人が応援しています。
  • 10000

    お土産ラーメンと私家版DVDプレゼント

    • 全国共通特別鑑賞券
    • チーム・ラーメンヘッズからのお礼メール
    • 「ラーメンヘッズ」タイトルロゴ入り特製Tシャツ(フリーサイズ)
    • 特典映像付き私家版DVD
    • 「とみ田」つけ麺(2食入り)
    • 2018年05月 にお届け予定です。
    • 5人が応援しています。
  • 30000

    映画エンドロールにお名前掲載

    • 全国共通特別鑑賞券
    • チーム・ラーメンヘッズからのお礼メール
    • 「ラーメンヘッズ」タイトルロゴ入り特製Tシャツ(フリーサイズ)
    • 特典映像付き私家版DVD
    • 「とみ田」つけ麺(2食入り)
    • 映画エンドロールにお名前掲載
    • 2018年05月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 50000

    「とみ田」つけ麺用どんぶりプレゼント

    • 全国共通特別鑑賞券
    • チーム・ラーメンヘッズからのお礼メール
    • 「ラーメンヘッズ」タイトルロゴ入り特製Tシャツ(フリーサイズ)
    • 特典映像付き私家版DVD
    • 「とみ田」つけ麺(2食入り)
    • 映画エンドロールにお名前掲載
    • 「とみ田」つけ麵用どんぶりプレゼント
    • 2018年05月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り15枚

    100000

    「とみ田」貸切 プライベートラーメンパーティにご招待

    • 全国共通特別鑑賞券
    • チーム・ラーメンヘッズからのお礼メール
    • 「ラーメンヘッズ」タイトルロゴ入り特製Tシャツ(フリーサイズ)
    • 特典映像付き私家版DVD
    • 「とみ田」つけ麺(2食入り)
    • 映画エンドロールにお名前掲載
    • 「とみ田」つけ麵用どんぶりプレゼント
    • 「とみ田」貸し切りプライベート・ラーメンパーティーにご招待
    • 2018年05月 にお届け予定です。
    • 3人が応援しています。