facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

大阪・肥後橋『はらいそsparkle』を #応援させて!をクラウドファンディングで実現!

大阪・肥後橋『はらいそsparkle』を #応援させて!
素材発想で作る独創的な「はらいそカレー」をこれからも食べたい!

大阪のスパイスカレー店「はらいそsparkle」を応援すべく、同店のファン有志が立ち上げたクラウドファンディングです。

コレクター
197
現在までに集まった金額
1,606,555
残り日数
16
目標金額 1,200,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2020年6月22日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトを応援

目標金額 1,200,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2020年6月22日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

Presenter
はらいそファン プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

店長と知り合って早12年超、あいつがまさかカレー屋になるなんて。

  • 東京都
  • 起案数 1
  • 応援数 0
  • Twitter (未設定)
  • フォロワー 0 人

このプロジェクトについて

大阪のスパイスカレー店「はらいそsparkle」を応援すべく、同店のファン有志が立ち上げたクラウドファンディングです。

大阪のスパイスカレー店「はらいそsparkle」が苦境を乗り越えられるよう応援!

大阪のスパイスカレー店「はらいそsparkle」TwitterInstagramFacebook)のいちファンの今井雄紀と申します。

週替わりカレーをたのしみに、毎週通う常連さんがたくさんいる「はらいそsparkle」。この名店のことを、東京に住み、半年に1回ぐらいしか来店できてないぼくが語るのはおこがましいのですが、店主であるジョルさん(以下、敬称略で失礼します)と10年来の友人という縁もあり、このたびクラウドファンディングを立ち上げました。

はらいそsparkleのロゴ

数年前、大阪でカレー屋をはじめると聴いたときは正直言って不安でした。ジョルのことは大好きですが、さすがにおいしくなければ通えないし、人に薦めるのも躊躇してしまいます。小心者なので、「大阪に来るたび気を遣わないといけなくなったらどうしよう」、「SNSで大阪来てるって言いにくくなるかもな……(寄ってないとばれる)」なんて心配をしていました。

お店が出来て半年。ようやく来訪がかないます。緊張しつつカウンターに座り、鯛だし×鯖キーマのあいがけカレー注文。おおぶりのあげたて唐揚げと、きれいに焼けた半熟の目玉やきがのった一皿が運ばれてきます。おいしそう……だけど、見た目と味はまた別の話です。スプーンを強くにぎり、鯛だし側からひとくち……!。今度は鯖キーマをひとくち……!!。めちゃくちゃおいしい……!!!

しかも、そのおいしさは今まで食べてきたどのカレーとも違いました。口に入れるごとに発見のある多層的かつ独創的な味の構成。あと引くスパイスの香り。からむ米。「うたがってごめん。めっちゃうまい」。顔を上げ、すぐに謝ったのを覚えています。本人が心底うれしそうに「ありがとう。広告の企画はまったく浮かばんかったけど、カレーの企画はいくらでも出るねん不思議やわ〜(彼は元コピーライター)」と笑っていたのが忘れられません。人間には向き不向きがあるんだということを、味覚を通して教えてもらいました。

はらいそsparkleのカレーの多様性は、メニュー名からも伝わってきます。

そこからはあっという間。「大阪に『はらいそsparkle』あり」と言われるようになるまで、長い時間はかかりませんでした。今やその人気は全国区。東京で間借り営業をするとなれば、瞬く間に行列のできる人気店になりました。

【ここが怖い】店主は、商売よりお客さん優先のタイプ!

しかし、どんなにおいしいカレーが作れても、お客さんが店まで来られなければどうしようもありません。

知名度も上がり、売上が安定したと思った矢先、新型コロナウイルスがお店を直撃。店舗経営も厳しい局面を迎えています。テイクアウト中心の営業で急場をしのいではいるものの、収益はガクッと落ちています。

そもそも、店主であるジョルは、商売がうまいほうではありません。利益よりも目の前の人の幸福を優先してしまうタイプです。朝、公設市場でいい素材を見つけるとこれを食べてもらいたくて、自分のカレーに仕立てたらどうなるか知りたくて、高くても買ってしまい、でもお客さんに悪いからと、お値段据え置きで出してしまうような人間です。

店主の写真

非効率的なところもあります。毎週新しいレシピにチャレンジするからいつまで経っても「手慣れる」ことがありません。準備に懲りすぎて開店が遅れるのはしょっちゅうだし、仕込みをミスって臨時休業になってしまうことすらあります。

でも、めちゃくちゃおいしいんです! 万が一なくなったら、大阪に行く楽しみがひとつ減ってしまいます。あのカレーが二度と食べられないなんて、そんなの耐えられません。

そう強く思い、本人に承諾を得て、このクラウドファンディングを立ち上げました。

ファンの方、食べてみたいと思った方、力を貸してください

肥後橋の「はらいそ」ファンの方。市内の「はらいそ」ファンの方。全国の「はらいそ」ファンの方。

まだ「はらいそ」を食べたことのないカレー好きのあなた、おいしいもの好きのあなた。

どなたにとっても、一大事です。

このスパイスの楽園がこのまま陽気に存在し続けるため、力を貸してください!

※はらいそsparkleさんに承諾をいただいたうえでクラウド・ファンディングを始めています。
※これはファンが立ち上げてお金がお店に入るという 「#応援させてプロジェクト」を利用してクラウドファンディングしています。

店主ジョルより

お久しぶりの方も初めましての方もこんにちは!ジョルです。(人によっては、ゲバラと呼ばれたり、サモハンと呼ばれたりしています)。大阪の肥後橋というところではらいそsparkleというカレー屋さんをやっております。

今回このコロナ禍で御多分に漏れず、うちの店も売上、客足が大きく落ち込み、なかなか明るい未来が見えない状況に陥っています。

ですが、こういう時だからこそ見えて来るものもあり、毎日の営業をしている時には忙殺されて考えることが出来なかった「この先店を続けていってやりたいこと」「自分がどういうお店にしていきたいのか、どうお客様と関わっていきたいのか?」という事がボンヤリとわかってきました。

今まで自分の中にあった「こうしておけばいい」「こんなことしてはいけない!」という縛りのようなものをかなぐり捨て、「これをしたい!」「こうなりたい!」という姿が見えてきました。

だからこそ、僕は今お店を終わらせたくありません。続けていきたい。もっとやりたいことをしたい。もっとお客さんにカレーや、はらいそsparkle、僕が持っているおもしろい、楽しいを提供したいという気持ちが強くなりました。

そんな時に、僕がサラリーマンをしていた時の同期が、声をかけてくれました。「こんなクラウドファンディングがあって、これならゲバラに負担をかけずに助ける事ができると思うねん。興味ある?」と。渡りに船とばかり飛びつかせてもらいました。

そのあとの展開は早く、同期がまた違う同期に声をかけてくれて、はらいそsparkle救済支援チームが立ち上がりました。みんな仕事をしながら、家族との時間もある中、昼、夜を問わず僕のために貴重な時間と頭を使ってくれました。もうそれだけで、僕は生まれてきた甲斐があったんじゃないかな?と思うほど感動しました。この思いを持ったからこそ、是非店を続けてお返しをしたいです。

今回のクラウドファンディングのリターンの内容は僕が描きたい未来の地続きにあります。「はらいそsparkleという店、カレー、出す料理、お酒、ジョルという人間と繋がってゆるいコミュニティを作りたい。サロンのような交流できる店にしていきたい」これが僕の実現したい店です。

この未来に共感できる方、僕のカレーを愛してくれる方、未来もカレーも知らんけど腐れ縁や助けてやるわ!って方。どなた様も、力を貸してください。モアベターなこの次の為に、ご協力何卒よろしくお願いします。

はらいそsparkle ジョル

店舗情報

はらいそsparkle
住所:大阪市西区江戸堀1-9-13 nexus higobashi2階にて営業中!(Googleマップ
・営業時間:
 Lunch/11:30〜15:00(L.O.14:45)
 Dinner/18:00〜22:00(L.O.21:30)※金曜のみ23時まで
・定休日:日曜日
・SNS:TwitterInstagramFacebook
※営業状況、週替わりメニューなどはSNSで常時アップしております。

リターン特典について

今回はあくまでファン主導でリターン設計させてもらいました。(もちろんジョルにすべて許可もらいました)

途中、ジョルからは「もっと豪華なリターンを用意したい」という言葉が何回も飛び出しましたが、今回はあくまで応援。少し控えめな、でもなるべくプレミアムなリターンを用意してもらいました。

応援のお礼にカレーをごちそうさせます!(3,000円、5,000円)

来店時にお好きなカレーを無料でたのしめるチケットを、お届けします。

義理堅いジョルです、チケットを提示すればきっと普段より丁寧にお礼を申し上げてくることと思います。ワンオペでテンパっていたらごめんなさい。

※一応、有効期限は2021年8月末日までと思っています。ご事情ある場合はお店にご相談ください。万が一店舗の運営等が行えなくなった場合の返金には応じかねますので、ご了承ください。

応援のお礼に自宅で楽しめるキットを送らせます!(5,000円)

ジョル考案のオリジナルレシピとそれに必要なスパイスをセットでお届けします。ご自宅でも作りやすく、けれど『はらいそ』らしさ溢れるレシピを考えてもらう予定です。ここはハードル上げておきますね!

お店のある大阪まではなかなか出向けない方にピッタリ。ご自宅で『はらいそsparkle』をお楽しみいただくチャンスです!

応援のお礼にオリジナルTシャツを送らせます!(8,000円)

Tシャツを今回限定仕様でお届けします。ファンの間で人気があるこのデザイン、前回販売した際は、なかなかのスピードで完売したそうです。

こんなデザインです。

今回はそのときより厚手でリッチなTシャツボディ(白)を採用。プリントは特色で仕上げてもらいます。そしてなんとこのTシャツ、着ていくとトッピングが一品、何度でも無料になります! 恥ずかしがらずに着てきてくださいね。

受注数確定後に製造予定なので、お手元に届くまでしばらくお待ちください。夏に間に合うと良いなあ。

応援のお礼にボトルキープしていただけます!(15,000円)

今回、満を持してボトルキープを始めてもらうことにしました!

『はらいそSparkle』のカレーって、巷では「居酒屋系スパイスカレー」と言われていまして、お酒にとても合うんです。

なにより本人がお酒をこよなく愛しています。最近は独自にブレンドしたスパイスを漬け込んだ「スパイスウォッカ」や「スパイスパインラム」なるものを開発したそうです。これはカレーに合わないワケがない!

今回はそんなジョル自身がカレーにあう銘柄(蒸留酒)をいくつかチョイスしますので、楽しみにしててください。(応援含めなので、市販価格5000円くらいのお酒をイメージしててください)

応援のお礼にカレーを作りに行かせます!(50,000円)

ジョルがあなたの元にカレーを作りに行きます。

ジョル自身は「なんでもやらせていただきます!」というテンショントーンなのですが、半日以下の拘束+公共の場での実施をベースにお考えください。どうしてもご自宅での調理希望などありましたら、事前にご相談ください。

10名程度の材料はジョルが用意します。移動にかかる実費はご負担お願いします。

※一応、有効期限は2021年8月末日までと思っています。ご事情ある場合はお店にご相談ください。

はらいそカレーを寸胴分、買い占めてください!(100,000円)

おとなの一発支援をお待ちしています。40人前のカレー権利です。
ボトルキープのカレー版と思ってください。
「先着40名に無料解放」なんて粋なふるまいもいかがでしょう?
そしたら40名からTwitterでお礼の言葉をつぶやいてもらいますね。
勿論、おひとりで回数券のように利用することもできますし、
お近くでお勤めであれば社食のように同僚と使うのも面白いですね。
今回の企画の目玉と言っても過言ではありません。
使い方のご相談から楽しんでもらえたらジョルも嬉しいはずです。

※一応、有効期限は2021年8月末日までと思っていますが、ご事情ある場合はお店にご相談ください。

「#応援させてプロジェクト」について

この「#応援させて」プロジェクトは、ファンが応援したいお店のためにクラウド・ファンディングを起ち上げるものです。

いま、緊急事態宣言による外出自粛により、多くのお店が切実に困っています。

そんな中、「なんとかお店に生き残って欲しい」「これからも美味しいものを食べさせてほしい」「また会いに行かせてほしい」という熱い想いを結集し、大好きなお店を「ファンの力」で応援しよう、この難局をなんとか乗り切ってもらおう、というプロジェクトが、この「#応援させて」になります。

あなたが大好きなあの店、あの場所、あの人を、少しずつでも、出来る範囲で応援しませんか?

レストランやバーだけでなく、旅館やホテル、ライブハウスや小劇場、ミニシアター、劇団やアーティスト、スポーツチーム、娯楽施設、小売店、農家、工場、企業など、いま本当に大変な人、店、場所はたくさんあると思います。

そして、あなたが応援したい人、店、場所もたくさんあると思います。

ぜひ、いっしょに応援しませんか?

そして、もしあなたがファンとして応援したい対象がある場合、ファン代表者となってクラウド・ファンディングを起ち上げてみませんか?

「ぜひ起ち上げたいけど、わたしがファン代表なんておこがましいかも」と思う方もいらっしゃるかもしれません。でも、緊急事態の今、そう思いついた人こそがファン代表でいいと思います。応援したい気持ち全開で、とりあえず始めてみませんか?

仕組みや登録はそんなに難しくありませんが、いくつかやっていただかないといけないことがあります。くわしくはリンク先をご覧ください。

「#応援させて特設サイト」→  http://www.ouensasete.life


※ 応援が間に合わず応援対象のお店などが閉店してしまう場合もあるかもしれませんが、その場合でも応援者に返金はせず、お金は「応援対象」に入ります。ご了承ください。
※※このプロジェクトは「応援」なので、リターンは少なめに設定されています。それもご了承ください。
※※※ 応援対象へは〆切の翌月末の入金になります。これは成立しなくてもお金がすべて入る「All in タイプ」のクラウド・ファンディングです。目標金額より少ないとしても、遥かにオーバーしたとしても、お金はお店に必ず入ります。

集まったお金について

この「#応援させて」は「#応援させて実行委員会」が推進しているプロジェクトですが、ここで集まった応援金は、MotionGalleryを通してすべて『はらいそsparkle』に支払われます。ファンや実行委員会にお金が流れることはありません。

※MotionGalleryの手数料はかかります。新型コロナウイルスの支援プログラムで5%にしていただいていますMotionGalleryさんありがとうございます!

応援してくださった貴重なお金は、お店の維持費などに使っていただく予定です。

ただ、私達ががんばって応援しても、この外出自粛の期間によってはお店が持たない場合も出てきます。その場合、応援してくださった方へのリターンが実行されない可能性があります。それはご了承ください。ちなみに、その場合でも、みなさまの応援金は確実に『はらいそsparkle』に届きます。

よろしくおねがいします。

リターンを選ぶ

  • 3000

    応援のお礼にカレーをごちそうさせます!

    • 来店時にカレーをごちそうさせます(1人前)
    • はらいそ特製ステッカー
    • 2020年08月 にお届け予定です。
    • 50人が応援しています。
  • 5000

    応援のお礼にカレーをごちそうさせます!

    • 来店時にカレーをごちそうさせます(2人前)
    • はらいそ特製ステッカー
    • 2020年08月 にお届け予定です。
    • 54人が応援しています。
  • SOLDOUT

    5000

    応援のお礼に自宅で楽しめるキットを送らせます!

    • はらいそ特製レシピ+スパイス2名分を郵送(国内のみ)
    • はらいそ特製ステッカー
    • 2020年08月 にお届け予定です。
    • 30人が応援しています。
  • 8000

    応援のお礼にオリジナルTシャツを送らせます!

    • はらいそオリジナルTシャツ(本文にて詳細ご確認ください)
    • はらいそ特製ステッカー
    • 2020年09月 にお届け予定です。
    • 48人が応援しています。
  • 残り10枚

    15000

    応援のお礼にボトルキープしていただけます!※普段やってません!

    • 今回限定!!ボトルキープ権(本文にて詳細ご確認ください)
    • はらいそ特製ステッカー
    • 2020年08月 にお届け予定です。
    • 10人が応援しています。
  • 残り1枚

    50000

    応援のお礼にカレーを作りに行かせます!

    • レンタル カレーつくる人(本文にて詳細ご確認ください)
    • はらいそ特製ステッカー
    • 2020年08月 にお届け予定です。
    • 4人が応援しています。
  • SOLDOUT

    100000

    はらいそカレーを寸胴分、買い占めてください!

    • 40人前のカレーを店でふるまえる権利(本文にて詳細ご確認ください)
    • はらいそ特製ステッカー
    • 2020年08月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。