カナダの離島にある野生オルカ(シャチ)研究施設「オルカラボ」のドキュメンタリーをクラウドファンディングで実現!

カナダの離島にある野生オルカ(シャチ)研究施設「オルカラボ」のドキュメンタリーを制作したい

  • その他・海外
  • 映画

カナダのジョンストン海峡には毎年夏サケを追ってオルカ(シャチ)が集まります。野生オルカの調査のため毎年夏に各国からボランティアがやってきます。大自然に囲まれた研究所オルカラボのドキュメンタリーを制作します

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、2016年6月30日23:59に終了しました。

コレクター
34
現在までに集まった金額
607,200
残り日数
0

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、2016年6月30日23:59に終了しました。

Middle 1456650226

Presenter
オルカラボ・ジャパン プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

オルカラボ・ジャパン(旧オルカラボサポートソサエティ/OSS)は、ポール・スポング博士の活動を支援する非営利の市民組織です。毎年夏、カナダ・BC州の離島を拠点に野生オルカ(シャチ)の調査ボランティアをしています。

トドを襲うトランジェントのシャチ、そしてそこに現れたザトウクジラ(動画)

vol. 3 2016-06-26 0

こんにちは!

オルカラボボランティアのトモコです。

今回は、昨年わたくしが撮影(カメラのムービー機能で…)したある動画の紹介です。

※動画はいちばん最後にあります!




前回のアップデートでも説明したのですが、

わたしたちがボランティアしている「オルカラボ」のある海域では

魚を食べる「レジデント」と呼ばるシャチと、

哺乳類を襲って食べる「トランジェント」と呼ばれるシャチがいます。




レジデントとトランジェントは食文化も見た目も違う別の種類のシャチです。

でも同じ海域に住んでいるため、普段レジデントの調査をしているオルカラボでもトランジェントの姿を見ることができます。




この動画はある日、そんなトランジェントの群れがオルカラボ前でトド狩りを始めたときのものです。


この地域のトランジェントは哺乳類を溺死させてから食べます。

ターゲットを設定し、何頭ものシャチが代わる代わるその上に飛び乗って、水中に沈めようとします…。

トドはシャチより小さいので見えにくいですが、時々水面に浮かび上がる小さな茶色が今回ターゲットになっているトド。

数頭ががりで、執拗に沈めようとします。

それにしても、その身体能力の高さに見とれてしまいます…。

のんびり泳いでいるレジデントと違って、 トランジェントはやはりテレビ映えするんですよね。泣



最初は勢いよく逃げたり、息継ぎをしに水面にあがったりしていたトドも、時間がたつにつれ動きが弱まっていき…。

トランジェントのシャチにとってはこれが食事です。

いじめるためにトドを沈めようとしているわけじゃないんです。

群れが生き残るために、どうしても食べなきゃならない。

でも目の前で生き物が命を落とすのにはやはり抵抗がある…。

そう思っていたとき



ザトウクジラ登場!!

キュオオオオオッ!!

と、ものすごい呼吸音をあげて、1頭のザトウクジラが狩りの中に突っ込みました。

(動画では水上の音と、同時に録音していた水中マイクの音を合わせてありますので、水中で狩りをしながら鳴いているトランジェントの声と、水上のザトウクジラの呼吸音が同時に聞こえます)



なんという勇気…。

だってするどい歯を持ったトランジェントのシャチが6頭も暴れまわっているのです。

海の中の状況がわたしにはわかりませんが、水中では大きな生き物はそんなに機敏な動きはできないと思うんです。

しかしこのザトウクジラはあきらめませんでした。

狩りの中央に突っ込んで、通り抜けて、また方向を変えて狩りの中に突っ込んで…

何度も何度も、トドとトランジェントの間に割って入ろうとしました。




トランジェントは知らず知らずのうちに岸の方へと追いやられ…




気づいたらオルカラボ横の入江には、ものすごい数のトドが。

岩場に上陸して逃げれば自分は助かるのに、こういうときは全員海に入ってグループになるのです。

これほどの数のトドが集まっていたらさすがのトランジェントも攻撃をしかけることができません。

襲われていたトドは何とかこの群れの中に逃げ込むことができました。




ザトウクジラのおかげで、トドは生き延びました。

そしてトランジェントの群れは、お腹をすかせたまま北へと向かいました…。




トドにとってはいい話で、

トランジェントにとってはひどい話。

いろんな見方ができると思います




役目を終えたザトウクジラは普通の呼吸に戻って、向こう岸側にゆっくりと消え去りました。

ザトウクジラがどうしてこのようなことをするのかは解明されていません。

そして、すべてのザトウクジラがこのようなことをするわけでもないようです。

それぞれに個性があるのです。




野生動物は不思議で、面白いです。

これからも皆様に野生動物の魅力をお伝えするために、頑張ろうと思います!

アップデート一覧に戻る

リターンを選ぶ

  • 1000

    ハチドリ

    • コレクター限定アップデート
    • 2016年07月 にお届け予定です。
    • 7人が応援しています。
  • 5000

    アザラシ

    • コレクター限定アップデート
    • 現地にて撮影した写真使用オリジナルフォトポストカード12枚セット
    • 2016年12月 にお届け予定です。
    • 2人が応援しています。
  • 10000

    イルカ

    • コレクター限定アップデート
    • 現地にて撮影した写真使用オリジナルフォトポストカード12枚セット
    • 製作したドキュメンタリーDVD(初回限定版)をいち早くお届け
    • 2016年12月 にお届け予定です。
    • 15人が応援しています。
  • 20000

    オルカ

    • コレクター限定アップデート
    • 現地にて撮影した写真使用オリジナルフォトポストカード12枚セット
    • 製作したドキュメンタリーDVD(初回限定版)をいち早くお届け
    • オルカの音声を録音した出来立てオルカラボ2016 CDダウンロード
    • DVDブックレットにお名前記載
    • 2016年12月 にお届け予定です。
    • 5人が応援しています。
  • SOLDOUT

    30000

    ザトウクジラ

    • コレクター限定アップデート
    • 現地にて撮影した写真使用オリジナルフォトポストカード12枚セット
    • 製作したドキュメンタリーDVD(初回限定版)をいち早くお届け
    • オルカの音声を録音した出来立てオルカラボ2016 CDダウンロード
    • DVDブックレットにお名前記載
    • ポール・スポング博士からあなたへのオリジナルメッセージ付き映像特典
    • 2016年12月 にお届け予定です。
    • 5人が応援しています。