岡元雄作監督 長編映画『きみはなにも悪くないよ』をクラウドファンディングで実現!

岡元雄作監督による長編映画『きみはなにも悪くないよ』への製作上映支援プロジェクト!

  • 東京都
  • 映画

岡元雄作監督による長編作品『きみはなにも悪くないよ』の製作にあたり、制作費、国内外の映画祭エントリーのための字幕制作、さらに単独上映への活動資金を支援するプロジェクトです。

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、目標金額1,000,000円を達成し、2017年7月31日23:59に終了しました。

コレクター
39
現在までに集まった金額
616,500
残り日数
0

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、目標金額1,000,000円を達成し、2017年7月31日23:59に終了しました。

Middle?1433751151

Presenter
市橋浩治 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

Middle?1433751151

PRESENTER
市橋浩治

東京・五反田で俳優や映画監督養成のスクール「ENBUゼミナール」(http://enbuzemi.co.jp)代表しています。 毎週、小劇場中心の芝居や邦画中心に映画を観ています。 そして、舞台や映画のプロデュース、CMやTV番組製作などもやっておりますので、何か映像制作全般の企画ございましたら是非ともお声掛けください。 最近は日本ドローアカデミー(http://drone-a.com/)にてドローンパイロット養成も手掛けております。

このプロジェクトについて

岡元雄作監督による長編作品『きみはなにも悪くないよ』の製作にあたり、制作費、国内外の映画祭エントリーのための字幕制作、さらに単独上映への活動資金を支援するプロジェクトです。

『きみはなにも悪くないよ』特報映像をアップいたしました!

岡元雄作監督、ただいま本編絶賛編集中ではありますが、多くの皆様に『きみはなにも悪くないよ』の作品について知ってもらいたく、特報映像を作っていただきました!
岡元監督曰く「どこまで見せるかは悩んだんですが、そもそものテーマになってる部分はやはりちゃんと見せるべきだと思い作りました!」との事。
特報なのにかなり切り込んだ映像も盛り込んでおります。もしかしたら重いテーマの映画と思われるかもしれません。
でも、この作品は「愛について考えさせられる」映画なのです。下の監督メッセージにも書いてありますが「どんな子供にも罪はなく、愛が必要である」が監督の想いなのです。
是非、特報映像ご覧くださいませ!そして、クラウドファンディングへのご支援、ご声援お願いします!

岡元雄作監督の長編作品をシネマプロジェクトにて製作

ENBUゼミナール主催の 「シネマプロジェクト」第7弾作品として、今回、岡元雄作監督による『きみはなにも悪くないよ』を製作いたします!
岡元雄作監督はこれまで国内・外の映画祭にてグランプリなど各賞を受賞しており、今回シネマプロジェクトにて長編作品に挑みます!

「私の本当の父は、母をレイプした人でした」
岡元監督が400人以上の被害が出た実際の麻酔レイプ事件から着想し、オリジナルで書き下ろした作品です。重いテーマ、設定かもしれませんが、愛について深く考える映画企画です。

主演には『HiGH&LOW THE』や『鈴木先生』など映画やドラマで大活躍中の 工藤綾乃さんを迎え、俳優としてゆってぃさんにも出演いただきます!

映画『きみはなにも悪くないよ』

監督・脚本・編集:岡元雄作|撮影:植原雄太|照明:河原宗平 穂苅慶人|録音:宋晋瑞|助監督:山本屋 歩|ヘアメイク:谷中美穂|美術:野中茂樹|音楽:田中マコト|プロデューサー:市橋浩治
出演:工藤綾乃 菊田望 久場寿幸 黒住尚生 斎藤友香莉 佐渡未来 白岡優 相馬絵美 高野詠 藤村拓矢 水沢有礼 ムッチー水原 山口友和 牧野耕治 中村美乃莉 松山ここの ゆってぃ

【コンセプト】
「私の本当の父は、母をレイプした人でした」
400人以上の被害が出た実際の麻酔レイプ事件から着想。
自分が気付かずに憎い相手の子供を産まされていたら、その子供を愛することが出来るのか。また、愛を受けずに育った子は母の愛に気付く事が出来るのか。母と子の復讐と愛を探す物語。

【ストーリー・企画意図】
 私は3歳の子供がいる母親。夫とも良好で郊外にマイホームを買ったばかり。良くある幸せな家庭。しかしある昼下がり、関わることもない警察から電話がある。夫が何かしたかと頭に過ぎるが、思わぬ事に私の証拠確認をしてほしいとの事だった。
 そこで衝撃の事実を知る。証拠と言って見せられた映像には、施術台に乗っている自分らしき人がいた。しかし顔は鮮明ではなく分からない。死んだ様に動かず寝ている自分に、医師が身体を触り始めた。映像を止めて下さいと警察に言うが、本人確認と言われ無抵抗にレイプされる自分の映像を最後まで見せられた。
 聞くに4年前の映像と言う。私にも思い当たる節があった。その時期、結婚式のエステの一環として美容整形外科でほうれい線を消す処置をしたのだった。当時も顔の処置で全身麻酔をする必要があるのか疑問には思っていた。ふともう一つの疑問が浮かぶ。4年前と言えば我が子を妊娠した時だ。まさかそんな事があるだろうか。恐ろしい考えを振り払う様に、子供と夫の待つ暖かい家に帰宅するのであった。

 実際に起きた美容整形外科レイプ事件から着想を得て企画しました。美を望む女性を眠らせて、レイプすると言う極悪非道な事件です。全身麻酔なので患者には全く意識はなく、その為発覚が遅れ多くの方が被害に遭いました。その被害者は400人にも及ぶと言う。
 実際に妊娠した方がいたかは分かりませんが、もし気付かずに夫の子供だと思い出産していたら、とても怖いことです。愛して産んだ子が、意識なくレイプされた犯人の子供だったとしたら。母親側の視点と、17年後の娘の視点から描いた、復讐と親子の愛の話です。良い意味で問題作にしたいと思います。

岡元雄作監督からのメッセージ

【監督プロフィール】

岡元雄作 Yusaku Okamoto
1980年新潟県生まれ。株式会社アストロサンドウィッチ・ピクチャーズ代表取締役。CM・映画・MV・CS番組・ドラマ・VP等をディレクション。
代表作に、田畑智子 (『たたら侍』『舞妓はレディ』等)・山中崇(『寄生獣』『深夜食堂』等)主演の初長編映画『Music Of My Life』(今秋公開)、升毅(『八重子のハミング』等)・朝加真由美(『かぐらめ』等)主演で山形国際ムービーフェスティバル2015グランプリや海外映画祭でも受賞の『不旋律のソナタ』、岡本夏美 主演・ダチョウ倶楽部の上島竜兵他も出演のショートショートフィルムフェスティバル2016のオープニングを飾った『HANA』、ショートショートフィルムフェスティバル2012の音楽部門グランプリのクラムボンのミュージックビデオ『Bubble』、海外8カ国で上映された『揺れるスカート』、『流騒』等。その他国内外多数の映画祭でグランプリを受賞。

ASTROSANDWICH PICTURES INC.  http://astrosandwich.com/

デモリール(3min)

  【受賞歴】
・ショートショート フィルムフェスティバル2012
ミュージックShort部門 クリエイティブアワード受賞
・Cinema on the Bayou Film Festival(アメリカ) 特別賞受賞(LE TRAIN BLEU AWARD)
・東葛映画際2012 グランプリ
・山形国際ムービーフェスティバル2015 グランプリ
・山形国際ムービーフェスティバル2012 準グランプリ・最優秀俳優賞
・八王子ShortFilm映画祭2013 グランプリ
・第1回丹後映像フェスティバル グランプリ
・第4回ひめじ国際短編映画祭 準グランプリ
・第5回 エディロールビデオフェスティバル ストーリー部門 グランプリ
・ショートショート フィルムフェスティバル2012 & 2014 & 2015 JAPAN部門 ノミネート
・SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2012 & 2015 ノミネート
その他、ベルリン、フランス、オランダ、アメリカ、台湾等の海外映画祭でも多数招待上映

【メッセージ】
初めまして、映画『きみはなにも悪くないよ』 監督の岡元雄作です。
今回シネマプロジェクトで制作するに当たって、何の企画をやるか凄く悩みました。せっかく自由な土俵で作らせてもらえるので、商業では中々難しそうな企画をやりたいと思い、本企画を選びました。 実は10年くらい暖めていた企画で、いつか絶対世に出したいと思っていたのでこのタイミングで制作する事が出来て嬉しいです。
この400人に及ぶ麻酔レイプ事件を初めて知った時は、嫌悪感と共に激しい憤りを感じました。事件そのものについてもですが、何がってこんな凄惨な事件なのに、殆ど周りに広まっていないからです。400人ですよ。1日1人の被害者としても1年以上かかります。ということは数年も常習的に行っていたと言うことです。そこで僕はただならぬ使命を感じました。これを世に出して、問題提起しないと、と。
しかしながら事件を映画にするとなると、一番強いのはドキュメンタリーです。フィクションでやる意味があるのかと考えた時に、事件を描くのではなく、被害を受けた被害者の末路を描くことで逆に事件を浮き彫りにすることが出来るのではないかと思いました。なので、あくまで事件は”着想”であり、物語自体は完全なるフィクションです。
自分の子供だと思って3年間大事に育ててきた子供が、レイプ犯の子だと分かったらあなたなら愛せますか?
子供を愛せない親、親から愛されなかった子供。この事件が連鎖的に母から子に影響を及ぼして行きます。
本作を語る上で徹底的な取材をしました。なぜ母の愛情が必要なのか、愛情を受けずに育った子供はどうなるのか。テーマを探る旅を続けて、やっと一つのメッセージに行き当たりました。そのテーマとは「どんな子供にも罪はなく、愛が必要である」、です。
自分が親から愛されていなかった場合、自分の子供も愛する事が出来ないと心理学的に証明されています。これは親から子に連鎖する物で、自分の親から遊んで貰わなかった人は自分の子供ともどうやって遊べばいいか分からず、また親から虐待を受けていた人は自分の子供にも虐待をしてしまうといいます。
子供は良くも悪くも愛に左右されて育ちます。愛情が足りない子供は歪み、心を閉ざし、反抗的になったり、障害まで出る事もあります。全ては子供に罪はなく、親の愛情によるものなのです。
本作を観て、自分の子供に愛情を与えて欲しいと思います。また自分を育ててくれた親を愛おしく思い、何より自分自身を愛して欲しいです。あなたが良く育ったのは両親のおかげであり、あなたに多大な愛情を与えたはずですから。凄惨な事件をモチーフとして、この親子の愛を描きます。
かなり重い映画になることは間違いありません。しかしながら観客に訴える力は強いはずです。この事件を広める為にも、ぜひ皆さんの力をお貸し下さい。どうぞ宜しくお願い致します。

『きみはなにも悪くないよ』監督 岡元雄作

【岡元監督過去作品】

『Music Of My Life』 (今秋公開)
田畑智子 ・山中崇主演

『不旋律のソナタ』
升 毅・朝加真由美主演
山形国際ムービーフェスティバル2015 グランプリ受賞
Cinema on the Bayou Film Festival(アメリカ)特別賞受賞(LE TRAIN BLEU AWARD)
第2回八王子映画祭 準グランプリ

『HANA』
岡本夏美主演

『揺れるスカート』
第21回TOKYO月イチ映画祭 グランプリ受賞

『流騒』

『メリーゴーラウンド』
東葛映画際2012 グランプリ
第7回 山形国際ムービーフェスティバル2011 審査員特別賞受賞
第5回ひめじ国際短編映画祭 観客賞

キャスト

工藤綾乃
1996年生、宮崎県出身。 オスカープロモーション所属。2009年8月「第12回全日本国民的美少女コンテスト」 グランプリ/モデル部門賞、W受賞。2010年みやざき大使就任。趣味:ジャズダンス、モダンバレエ。主な出演歴【映画】『鈴木先生』(2013) 『空の境界』(2013) 『HiGH&LOW THE MOVIE』(2016) 【TV】「鈴木先生」(2011) 「13歳のハローワーク」(2012) 「リミット」(2013) 「シンデレラデート」(2014) 「戦う!書店ガール」(2015)「HiGH&LOW」(2015/16) 「孤独のグルメ season6」(2017)

菊田望
1987年1月18日生まれ。愛知県出身。Eja9(いいじゃナイン)所属。趣味は和装。特技は絶叫系。高校演劇から芝居を始め、学生時代は小劇場の舞台で経験を積んだ。現在はドラマや映画等の映像分野で活動している。
事務所HP  http://eja9.net/
Twitter  https://twitter.com/kiku_non

久場寿幸
1986年生まれ。沖縄県出身。株式会社ミュージックバンカー所属。趣味 散歩、音楽鑑賞・演奏。これまで舞台を中心にナレーション、VP、CM等出演。今回ご縁がありこのシネマプロジェクトに参加しました。映画としての映像作品は初出演になります。よろしくお願いします。

黒住尚生
1993年7月12日生まれ。大阪府東大阪市出身。舞台や映像で活動している。NAVERまとめ「期待のU30演劇人」に掲載され、これまで柿喰う客「たまらんファウスト」、時間堂「衝突と分裂、あるいは融合」、さしすせそズのミュージックビデオ「どす恋物語」「WEEKEND」「O.P.P」などに出演。今年撮影した短編映画などの待機作がある。

斎藤友香莉
福島県出身。筑波大学在学中。大学生活で演劇や映像制作に触れ、役者の道を志す。本作で映画初出演。今後も映像作品を中心に、役者として活躍の場を広げていきたいと考えている。ヒラタオフィス新人部フラッシュアップ所属。

佐渡未来
新潟県新潟市出身。ドラッグストア、IT企業の会社員を経て、女優業をスタートさせる。高校時代からバンドのボーカルをやっていたこともあり、現在は自ら立ち上げたロックミクスチャーバンド「Future Is MyName」のボーカルを務める傍ら、ラジオパーソナリティ、イベントMC、女優など様々なジャンルで活動している。これまでに2枚のCDをリリース。どちらも全国発売中。
https://www.facebook.com/FutureIsMyName/

白岡優
1984年3月22日生まれ。山口県出身。フラッシュアップ所属。CM、広告、舞台などで俳優・モデルとして活躍。特技は社交ダンス、趣味はラーメン食べ歩き。【CM】トリスハイボール・カーセンサー・キノコのホクト【広告】住友不動産・JT・大宮サンパレスGLANTZ【ドラマ】タイムスクープハンター「踊れ!あすへのステップ」・鍵のかかった部屋SP・アンフェアthe specialダブル·ミーニング〜連鎖【映画】横道世之介【MV】best partner「今のままで」・コージコナー「一二三」

相馬絵美
1986年3月22日生まれ。青森県出身。8月より児童養護施設へ贈る家族を題材にした作品で長編映画初主演を控えている。作曲家林ゆうきとの間に子供がおり、一児の母でもある。

高野詠
6月17日生まれ。宮城県出身。役者とライター。好きなもの:映画、音楽、照明、旅行、珈琲、直線的なもの。目標:生涯を通して幅広い表現力を培って行くこと。今後は撮影待機中映画と、寺山修司記念館の開館20周年を記念して上演される、幻想市街劇「田園に死す」三沢篇へ出演予定。今回、感性が素敵な岡元監督と素晴らしいキャストの皆さんとご一緒することができ、とても幸せです。小さくても、作品に花を添えられるように頑張ります。

藤村拓矢
大阪府出身。声優に憧れ上京し、様々な経験を経て今は舞台、映画、ドラマ、声優業などマルチに活動中。【映画】「あなたに逢いたい」、「チャンスの神様」、「あやしい彼女」2017年公開予定作品、「この神様きまぐれです」【舞台】 猫の手シアター「一念発起」、演劇爆心地GZ「副指令の異常な愛情」、Yプロジェクト企画「地獄門」、劇団新世界「ひかり」【TVCM】「キング・オブ・クラッシュ」、「和風ペヤングソースヤキソバ」【ドラマCD】「ブカツドー~新聞部編~」、「GKP~学園孔雀パニック~」

水沢有礼
兵庫県生まれ。26歳で上京。舞台を中心に女優活動を始める。結婚と出産を経て、ママモデルとしてCMで活躍中。今回、長編映画初出演となる。全労済、小林製薬、りらくる、CM放映中。

ムッチー水原
2月2日生まれ。在日コリアン3世。フリーにて活動中。舞台:ラフカット公演、新宿芸能社公演、THE SHAMPOO HAT公演等、短編映画:『RAKUGAKI』『Mobius』等、好きな映画『百円の恋』『暖簾』『グエムル -漢江の怪物-』。2020年韓国映画に出演予定。

山口友和
希楽星所属。普段はTV、CMを中心に活動。自主映画にも積極的に参加している。【主な出演作】映画:「イタズラなkiss プロポーズ編」溝口稔監督、「御手洗薫の愛と死」両沢和幸監督、「テイク8」上田慎一郎監督 等。ドラマ:「事件18」「警部補杉山真太郎」「ナースのお仕事再会編」等。CM:「ネスレ ウェルネスアンバサダー」「JAバンク」「ブリジストン」等。
沢山の人にこの映画を観てもらえる様に皆さんの力をお貸しください。よろしくお願いいたします。

ゆってぃ
お笑いピン芸人。1977年、東京都杉並区生まれ。 プロダクション人力舎所属。養成所スクールJCA卒業後、1996年デビュー。お笑いライブや営業、バラエティ番組を中心に活動する中、FC東京のサポーターとしてTOKYO MX「FC東京!魂」にレギュラー出演中。お笑い芸人のかたわら、パーティーバンドTOKYO FRIDAY NIGHTのボーカルとしても活動中。

募集するお金の使い道

▶現在、撮影準備中ですが、6月26日より撮影が始まります。撮影場所として病院、オフィス、バッティングセンターなどを予定しており、ロケーション費用がかなりかかる見込です。

▶また、カラコレ、音楽、MAといったポストプロダクション行程仕上げについても拘りたいと思っております。

▶完成させた作品を出来る限り多くの人に観てもらうためには、やはり字幕製作や宣伝費・配給費等の資金が必要になります。シネマプロジェクトとしてのイベント上映は11月に予定していますが、それ以外に単独での公開出来る劇場や、国内外での映画祭への出品にチャレンジし、積極的に機会を増やしていきます。

▶現在の撮影、ポストプロダクション、映画祭へのエントリーなど下記のようなプロジェクト予算およびスケジュールを予定しております。温かいご支援をお待ちしております。今回のプロジェクトが目標金額を超えた場合には、スタッフへの還元や単独劇場公開へ向けての活動資金などに使わせていただきたいと思います。

【映画製作合計予算】1,900,000円
※上記予算の内、今プロジェクトにて1,000,000円を目指します。

人件費
・スタッフ/キャスト:900,000円
撮影費用
・ロケーション費:250,000円
・食事:100,000円
・車輌費:100,000円
・交通費:50,000円
・小道具・衣装:50,000円
ポスト・プロダクション費用
・音楽:100,000円
・整音:100,000円
映画祭エントリー費用
・英語字幕翻訳:150,000円
上映宣伝費用
・チラシ作成:100,000円

【制作スケジュール】
6月26日 クランクイン、7日間撮影予定  
7月上旬 編集作業開始、7月末までに粗編集終了
8月末~ カラコレ、整音、アフレコ修正作業
10月   映画完成
10月中旬 関係者試写会実施
11月中旬~ シネマプロジェクトイベント上映(新宿K's cinema予定)

特典について

▶限定公開の制作日記
コレクター限定の制作日記が読めます!

▶映画上映チケット
シネマプロジェクトとしての上映チケットを差し上げます!
※新宿K's cinemaにて11月の2週間の中で他作品と一緒にイベント上映を開催する予定です。
※上記シネマプロジェクトイベント上映のみで使用できるチケットとなります。他の劇場や単独上映では使用できません事ご了承ください。

▶DVDプレゼント
完成した作品オリジナルDVDをプレゼントいたします!

▶監督サイン入りポスターをプレゼント
11月イベント上映用のポスターを監督サイン入りでプレゼントいたします!

▶監督サイン入り台本プレゼント
撮影用台本を監督サイン入りでプレゼントいたします!

▶撮影現場へご招待!
オフィスシーンでの撮影現場へご招待いたします!
※こちらは6月24日までにチケットお申込いただいた方限定となります。オフィスシーンでの見学(日程・場所調整中)を予定しており、希望の方にはエキストラとして出演いただけます。
※天候や撮影スケジュールによっては実施が困難になる可能性がございます事、ご了承ください。

▶公式上映前の関係者試写会と打上げへご招待
関係者向けの試写会と打上げへご招待させていただきます!

▶エンドクレジットにサポーターとしてお名前を掲載
本編エンドクレジットにサポーターとしてお名前を掲載させていただきます!

▶エンドクレジット、ポスター、チラシに特別協賛もしくはアソシエイトプロデューサーとしてお名前を掲載
本編エンドクレジット、ポスター、チラシに会社名または個人名を特別協賛またはアソシエイトプロデューサーとして掲載させていただきます!個人の場合にはアソシエイトプロデューサーとして映画祭などへ参加もできます。

想定されるリスクとチャレンジ

この企画に携わった方々のためにも、映画祭での上映や単独劇場公開を実現させ、出来る限り多くの方に観てもらいたいと思っております。
是非、このプロジェクトに賛同いただいた皆さんの協力をお願いします。
シネマプロジェクトとして『きみはなにも悪くないよ』の映画製作や上映は、ENBUゼミナールが責任をもって行います。 ただし、映画祭へのエントリー結果やプロジェクト以外の単独公開などは約束されたものではありません。

最後に

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございます。
これまでWebCMやPVを一緒に手掛けてきた岡元雄作監督とシネマプロジェクト作品を制作できること、本当に嬉しく思っています。
ほんの少しのお力添えでも構いませんので、どうかよろしくお願いいたします!

プロデューサー市橋浩治

リターンを選ぶ

  • 500

    コレクター制作日記が読めます!

    • コレクター制作日記が読めます!
    • 2017年06月 にお届け予定です。
    • 5人が応援しています。
  • 3000

    上映チケットを1枚プレゼント!

    • 映画上映チケットを1枚差し上げます。
    • コレクター制作日記が読めます!
    • 2017年11月 にお届け予定です。
    • 11人が応援しています。
  • 5000

    上映チケットを2枚プレゼント!

    • 映画上映チケットを2枚差し上げます!
    • コレクター制作日記が読めます!
    • 2017年11月 にお届け予定です。
    • 6人が応援しています。
  • 10000

    ペア上映チケットと完成作品オリジナルDVDをプレゼント!

    • 完成作品DVDをオリジナルパッケージでプレゼントいたします!
    • 映画上映チケットを2枚差し上げます!
    • コレクター制作日記が読めます!
    • 2017年12月 にお届け予定です。
    • 10人が応援しています。
  • 残り30枚

    15000

    監督サイン入りポスターとDVDをプレゼント!

    • 11月イベント上映用のポスターを監督サイン入りでプレゼントいたします!
    • 完成作品DVDをオリジナルパッケージでプレゼントいたします!
    • 映画上映チケットを2枚差し上げます!
    • コレクター制作日記が読めます!
    • 2017年12月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り28枚

    20000

    監督サイン入り台本とDVDをプレゼント!

    • 撮影用台本を監督サイン入りでプレゼントいたします!
    • 完成作品DVDをオリジナルパッケージでプレゼントいたします!
    • 映画上映チケットを2枚差し上げます!
    • コレクター制作日記が読めます!
    • 2017年12月 にお届け予定です。
    • 2人が応援しています。
  • 残り18枚

    30000

    撮影現場と公式上映前の関係者試写会&打上げにご招待!

    • オフィスシーン(日程・場所未定)の撮影現場へご招待! ※6/24までにチケットお申込の方限定。
    • 関係者向けの試写会と打上げへご招待させていただきます!
    • 撮影用台本を監督サイン入りでプレゼントいたします!
    • 完成作品DVDをオリジナルパッケージでプレゼントいたします!
    • 映画上映チケットを2枚差し上げます!
    • コレクター制作日記が読めます!
    • 2017年12月 にお届け予定です。
    • 2人が応援しています。
  • 残り19枚

    50000

    エンドクレジットにサポーターとしてご掲載!

    • 本編エンドクレジットにサポーターとしてお名前を掲載させていただきます!
    • オフィスシーン(日程・場所未定)の撮影現場へご招待! ※6/24までにチケットお申込の方限定。
    • 関係者向けの試写会と打上げへご招待させていただきます!
    • 撮影用台本を監督サイン入りでプレゼントいたします!
    • 11月イベント上映用のポスターを監督サイン入りでプレゼントいたします!
    • 完成作品DVDをオリジナルパッケージでプレゼントいたします!
    • 映画上映チケットを2枚差し上げます!
    • コレクター制作日記が読めます!
    • 2017年12月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 残り6枚

    150000

    エンドクレジット、ポスター、チラシに特別協賛もしくはアソシエイトプロデューサーとしてお名前を掲載

    • エンドクレジット、ポスター、チラシに特別協賛もしくはアソシエイトプロデューサーとしてお名前を掲載。
    • オフィスシーン(日程・場所未定)の撮影現場へご招待! ※6/24までにチケットお申込の方限定。
    • 関係者向けの試写会と打上げへご招待させていただきます!
    • 撮影用台本を監督サイン入りでプレゼントいたします!
    • 11月イベント上映用のポスターを監督サイン入りでプレゼントいたします!
    • 完成作品DVDをオリジナルパッケージでプレゼントいたします!
    • 映画上映チケットを2枚差し上げます!
    • コレクター制作日記が読めます!
    • 2017年12月 にお届け予定です。
    • 2人が応援しています。