日本初のドキュメンタリーカルチャー誌『neoneo』創刊!をクラウドファンディングで実現!

登録数3000を越えるメルマガが一新、日本初のドキュメンタリーカルチャー誌「neoneo」創刊!

  • 東京都

「ドキュメンタリー映画の最前線」を掲げ、前身となる『neo』を含めると実に11年にわたって配信を続けてきたメールマガジン『neoneo』(編集長=伏屋博雄、映画プロデューサー)が、この春一新します。これまでのメルマガに代えて、紙雑誌+ウェブサイトで、より幅広く、より深く、映画を中心に写真や演劇、美術など、あらゆる領域で多彩な実りを見せる現在のドキュメンタリーの世界に分け入ります。

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、2012年12月30日00:00に終了しました。

コレクター
36
現在までに集まった金額
170,500
残り日数
0

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、2012年12月30日00:00に終了しました。

Neoneo ac

Presenter
neoneo編集室 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

Neoneo ac

PRESENTER
neoneo編集室

代表・編集長:伏屋博雄(映画プロデューサー)。1960年代末より小川プロで活躍後、小川紳介の死後93年より製作会社ネットワーク・フィルムズ(のちビジュアルトラックス)を設立、気鋭の作家たちの作品をプロデュースする。2001年にメールマガジン『neo』を創刊、その後2003年に『neoneo』となり現在に至る。リニューアルに際し、編集主幹に萩野亮(映画批評)、また編集委員会として、大澤一生(映画プロデューサー)、金子遊(映像作家、批評家)、佐藤寛朗(テレビ番組制作)、中村のり子(上映シリーズ「場外シネマ」主宰)、若木康輔(構成作家、ライター)が参加。

やや現状報告

vol. 2 2012-05-29 0

コレクターの皆様、このページにお立ち寄りのみなさま、こんばんは。neoneo編集部では現在、創刊号の準備にとりかかっております!

レイアウトを決め、図版を取り寄せ、原稿をまとめ……あたりまえのことなのですが実際やってみると、こんなに作業があるんだ、と一同で唖然としているところです。

ひとあし早くスタートしたWebはおかげさまで、少しずつですが読者の方を増やし、軌道に乗ってきたと言ってよいのではないかというところです。

創刊号で汗をかいている最中のメンバー、サイト構築で鬼神の働きを見せたメンバーの名前を出したいところですが、どうもそこらへんの塩梅がまだわかりません。

そう、ホントに塩梅がまだわからない。一から立ち上げって、こんなにメンドくさいの! が共通の正直な実感です。「これに関してはあそこに連絡すればいい」の、「あそこ」がまずもってわからないところから始めてしまいました。それがこんなに重たい、グルーミーな気分にするものとは。だから賛助会員になってくれた方をはじめ、作業の進め方をおしえてくれる方、アドバイスしてくれる方、連絡の仲介役などになってくれた方、誰もがかみさまみたいに思えました。実はまだ、わからないことを一つずつ埋める過程の途中です。なおかつ、今回初めて顔を合わせたメンバーが複数いて、お互いどこまで頼れるか、なども手探りだったりしました。

でも、とにかく、やりながら学んでいこう、ぜんぷ用意ができてから始めることにしたら、何年も先になる。いや、きっとやらないことになる。「僕はまず頭でちゃんと考えないと行動に移れない性質なんです」とふだんから小声でボヤく人間だった編集主幹(これぐらいは暴露していいでしょう)が、「始めることから始めた」のは、きわめて珍しい、かなりの大勝負です。その突然の闇雲な熱に、みんなで乗りました。

そのため、いたらぬところ、多々です。きびしいお叱りの言葉もあちこちでいただいております。なにより、まだ「最低限のやるべき実務をやれるようになる」のに精一杯で、「世間様に伝える」ところまで全体の意識が向くに至っていないのでは…と自省しております。

もう、ページの現在の数字を見てくださいましたら一目瞭然の通りです。

ひとりひとりが仕事のかたわらのneoneo参加だし、人手がまだまだ足りない、という現実の制約はあるのですが、我々の(実はかなりの)やる気を伝えるのが、とてもヘタクソなことが、現状の答えとして示されているのではないかと。

こういう私も…、あ、もうなんかヤダ、塩梅とか考えずに言っちゃう。編集部の若木です。この長い文章も、編集会議で確認する云々をスッ飛ばして、ひとりで勝手に書いております。文責・若木です。

で、こういう僕も、パソコンの作業だけはカンペン…とグズグズいやがり続けた、もったいつけていた者です。つげ義春の漫画の石を売るひとみたいに、河原でただ座りながら、クラウドファンディングって難しいなあ…と、ボンヤリしていました。

ついに最近、アップデートのやり方を教わりました。

1時間ほど前に、おそい晩メシをとろうとしたところで、あ、コレクターの数よりウォールの数のほうが多いなんて恥ずかしいからなあ…と、思っていたことのほうが恥ずかしいんだ!と気が付きました。

それで食事抜きで、この現状報告というか、なんというか、よくわからないものを書きました。これからも、書かせてもらいます。

アップデート一覧に戻る

リターンを選ぶ

  • 500

    500円リターン

    • コレクター限定のUpdateを共有します
    • 5人が応援しています。
  • 3000

    3000円リターン

    • コレクター限定のUpdateを共有します
    • 雑誌『neoneo』第1号をプレゼントします
    • 21人が応援しています。
  • 5000

    5000円リターン

    • コレクター限定のUpdateを共有します
    • 雑誌『neoneo』第1号、第2号をプレゼントします
    • 3人が応援しています。
  • 10000

    10000円リターン

    • コレクター限定のUpdateを共有します
    • 雑誌『neoneo』年間購読分(第1号~第4号)をプレゼントします
    • 年間賛助会員としてウェブサイトにお名前をクレジットします(ご希望の方)
    • 6人が応援しています。
  • 15000

    15000円リターン

    • コレクター限定のUpdateを共有します
    • 雑誌『neoneo』年間購読分(第1号~第4号)をプレゼントします
    • 年間賛助会員としてウェブサイトにお名前をクレジットします(ご希望の方)
    • neoneo編集室が選ぶ!おすすめドキュメンタリー映画DVD1枚をプレゼントします
    • 0人が応援しています。
  • 20000

    20000円リターン

    • コレクター限定のUpdateを共有します
    • 雑誌『neoneo』年間購読分(第1号~第4号)をプレゼントします
    • 年間賛助会員としてウェブサイトにお名前をクレジットします(ご希望の方)
    • neoneo編集室が主催するイべントのご招待券をプレゼントします
    • メールマガジン『neo』(2001-2003)全59号収録の特製CD-Rをプレゼントします
    • 0人が応援しています。
  • 30000

    30000円リターン

    • コレクター限定のUpdateを共有します
    • 雑誌『neoneo』年間購読分(第1号~第4号)をプレゼントします
    • 年間賛助会員としてウェブサイトにお名前をクレジットします(ご希望の方)
    • neoneo編集室が主催するイベントのご招待券をプレゼントします
    • メールマガジン『neo』(2001-2003)全59号収録の特製CD-Rをプレゼントします
    • neoneo編集室が選ぶ!おすすめドキュメンタリー映画DVD3枚をプレゼントします(個人の方)
    • neoneo編集室の喧々諤々の編集会議にご招待します(於・東京。個人の方)
    • ウェブサイトのメインページに一ヶ月間バナー広告を掲示します(団体・企業の方)
    • 1人が応援しています。
  • 50000

    50000円リターン

    • コレクター限定のUpdateを共有します
    • 雑誌『neoneo』年間購読分(第1号~第4号)をプレゼントします
    • 年間賛助会員としてウェブサイトにお名前をクレジットします(ご希望の方)
    • neoneo編集室が主催するイベントのご招待券をプレゼントします
    • メールマガジン『neo』(2001-2003)全59号収録の特製CD-Rをプレゼントします
    • neoneo編集室が選ぶ!おすすめドキュメンタリー映画DVD5枚をプレゼントします(個人の方)
    • neoneo編集室の喧々諤々の編集会議にくりかえしご招待します(於・東京。個人の方)
    • 雑誌『neoneo』裏表紙(一号分)にカラー広告を掲載します(団体・企業の方)
    • 0人が応援しています。
  • 100000

    100000円リターン

    • コレクター限定のUpdateを共有します
    • 雑誌『neoneo』年間購読分(第1号~第4号)をプレゼントします
    • 年間賛助会員としてウェブサイトにお名前をクレジットします(ご希望の方)
    • neoneo編集室が主催するイベントのご招待券をプレゼントします
    • メールマガジン『neo』(2001-2003)全59号収録の特製CD-Rをプレゼントします
    • neoneo編集室が選ぶ!おすすめドキュメンタリー映画DVD10枚をプレゼントします(個人の方)
    • neoneo編集室の喧々諤々の編集会議にくりかえしご招待します(於・東京。個人の方)
    • ウェブサイトのメインページに3カ月間バナー広告を掲示します(団体・企業の方)
    • 雑誌『neoneo』裏表紙(一号分)にカラー広告を掲載します(団体・企業の方)
    • 0人が応援しています。