facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

ジャンルを問わない舞踊家達の探求・実験・挑戦の場「なかのコンペ」継続をクラウドファンディングで実現!

ジャンルを問わない舞踊家達の探求・実験・挑戦の場「なかのコンペ」が第22回で初の中止!
次回以降も継続させたい!

毎年開催し、第22回になる筈だった今夏、初めて中止を余儀なくされました。このままでは次回に向けて必要な経費も覚束ず、継続開催自体が難しい状況です。「探求・実験・挑戦の場」を提供し続けていけますよう、どうかご支援ください。

コレクター
23
現在までに集まった金額
263,000
残り日数
2
目標金額 1,000,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2020年9月30日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトを応援

目標金額 1,000,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2020年9月30日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

Presenter
なかの洋舞連盟 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

1997年、東京都中野区に活動拠点を持つ現代舞踊の正田千鶴と児童舞踊・現代舞踊の賀来良江とが、ダンスの方法を探る研究と、連盟発足準備の為の「なかのの会」を経て同年「なかの洋舞連盟」を発足。それぞれ会長、副会長に就任(現副会長は中野真紀子)。「なかのZEROをダンスの場に!!」を掲げ、1999年に「第1回なかのダンスコンペティション」開催、以後、名称と内容を拡充し、現在は、創作・シニア・高校生・中学生・小学校高学年・小学校低学年の6部門を公開審査している。また、コンペ等のシミュレーションができる「なかのセミナーコンペティション」も開催している。

リターンを選ぶ

  • 3000

    ご支援1

    • お礼メール
    • なかの洋舞連盟ウェブサイトにお名前掲載(ご希望の方)
    • 2020年10月 にお届け予定です。
    • 2人が応援しています。
  • 5000

    ご支援2

    • お礼メール
    • 次回「なかのコンペ」にお一人ご招待 (2021年8月、於なかのZEROホールを想定)
    • なかの洋舞連盟ウェブサイトにお名前掲載(ご希望の方)
    • 2021年07月 にお届け予定です。
    • 4人が応援しています。
  • 10000

    ご支援3

    • お礼メール
    • 次回「なかのコンペ」にお二人ご招待 (2021年8月、於なかのZEROホールを想定)
    • なかの洋舞連盟ウェブサイトにお名前掲載(ご希望の方)
    • 2021年07月 にお届け予定です。
    • 12人が応援しています。
  • 15000

    ご支援4

    • お礼メール
    • 次回「なかのコンペ」にお三方ご招待 (2021年8月、於なかのZEROホールを想定)
    • なかの洋舞連盟ウェブサイトにお名前掲載(ご希望の方)
    • 2021年07月 にお届け予定です。
    • 5人が応援しています。