三島由紀夫「劇団浪曼劇場」の舞台写真&データ本刊行をクラウドファンディングで実現!

三島由紀夫が最後まで演劇的感動と悦楽を追い求めた「劇団浪曼劇場」(1968~72)の舞台写真&データ本(日英表記)の刊行

  • 東京都

演劇人としても大きな足跡を残した三島由紀夫が最後に結成した劇団浪曼劇場(1968~72)の貴重な舞台写真&公演データ本を日本語と英語で刊行。『わが友ヒットラー』『サド侯爵夫人』『朱雀家の滅亡』等七千枚以上の写真から厳選!

NOT FUNDED

このプロジェクトは、2016年9月16日23:59に終了しました。

コレクター
34
現在までに集まった金額
341,500
残り日数
0

NOT FUNDED

このプロジェクトは、2016年9月16日23:59に終了しました。

Middle 1464748904

Presenter
緑林軒 小田切しん平 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

1955年愛知県生まれ。とある私大の文学部仏文科を卒業後、広告会社、テレビ番組制作会社、クラシック音楽事務所を経て、21世紀からライター業を開始。翻訳はフランス広告人の自伝、アメリカ映画業界の教科書、ヴェネツィアオペラの舞台裏を描いた歴史的風刺書、英国の照明デザイナーの自伝、ドイツの指揮者の評伝など。著書では、キャンピングカーでの東京放浪記、世界の街頭広告のビジュアル本、老犬介護の本など。編集ではバレエの写真集、フジロック本、オペラ本など。現在は脚本書きに挑戦中、その日常は各種専門業界誌の編集や執筆の仕事です。時々、色々なジャンルの企画実現のお手伝いなどもしております。

書を捨てよ!町に出よう!チラシをまこう!

vol. 6 2016-07-30 0

なんとかクラウドのシステムにも慣れて、まめにアップデートできるようになりました。

以前運営していたギャラリーの広報作戦でよく使っていたハガキサイズのチラシを作って、このクラウドのプロジェクトをアピールするかどうかを検討中です。ハガキチラシは、浸透力が強いことを実感していたメディア。写真ギャラリー、アートギャラリー、カフェなどに気軽に置いてもらえるわけで実に便利です。やっぱり印刷はネット発注になりますね。安い早いが最大のメリット。

チラシといえば、今人気のスポット「奥渋」にある映画配給会社アップリンク一階のチラシ置き場は、映画、イベント、写真、音楽などの各種チラシの宝庫です。入り口を入って、左にあるカフェバーとトイレに挟まれたとても狭い廊下空間なのですが、常時数えきれないチラシが並んでいます。

写真集「三島由紀夫と劇団浪曼劇場の記憶1968-1972」のA4チラシもとりあえず50枚ほど置いてもらうように届けてきました。

「書を捨てよ!町に出よう!」と書いた寺山修司ではないですが、「モニターを消せ!町へ出よう!」とばかり、アナログ感覚で動いている日々です。ぶらぶらしていると、こんな場所も発見できますよ。

アップデート一覧に戻る

リターンを選ぶ

  • 残り29枚

    500

    500円リターン

    • 限定アップデート
    • 2016年07月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 残り12枚

    3000

    3000円リターン

    • 限定アップデート
    • 書籍1冊を贈呈いたします
    • 2017年02月 にお届け予定です。
    • 18人が応援しています。
  • 残り245枚

    7000

    7000円リターン

    • 限定アップデート
    • 書籍1冊を贈呈いたします
    • 浪曼劇場写真 ポストカード5枚プレゼント
    • あとがきにお名前を掲載いたします。
    • 2017年02月 にお届け予定です。
    • 5人が応援しています。
  • 残り193枚

    10000

    10000円リターン

    • 限定アップデート
    • 書籍1冊を贈呈いたします
    • 浪曼劇場写真 ポストカード5枚プレゼント
    • 書籍にカメラマン齋藤征利氏のサイン入れ
    • あとがきにお名前を掲載いたします。
    • 2017年02月 にお届け予定です。
    • 7人が応援しています。
  • 残り97枚

    30000

    30000円リターン

    • 限定アップデート
    • 書籍1冊を贈呈いたします
    • 浪曼劇場写真 ポストカード5枚プレゼント
    • 書籍にカメラマン齋藤征利氏のサイン入れ
    • あとがきにお名前を掲載いたします。
    • 本に掲載の浪曼劇場の舞台写真で、ご希望の物を1点額装して、カメラマン齋藤氏のサイン付きでプレゼント
    • 2017年02月 にお届け予定です。
    • 3人が応援しています。