facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

園田新監督の長編映画「消せない記憶」制作をクラウドファンディングで実現!

見上愛×兵頭功海 W主演!
園田新監督の長編映画「消せない記憶」制作支援プロジェクト

映画作家・園田新が函館港イルミナシオン映画祭・シナリオ大賞にて審査員奨励賞を受賞したオリジナル脚本「記憶代理人」を見上愛×兵頭功海のW主演で映画化。2021年内に完成し、2022年の映画祭出品と劇場公開を目指す。

コレクター
99
現在までに集まった金額
2,157,000
残り日数
68
目標金額 3,000,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2021年11月26日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトを応援

目標金額 3,000,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2021年11月26日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

Presenter
SHIN SONODA プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

PRESENTER
SHIN SONODA

立教大学法学部国際比較法学科卒。NY留学中に数本の短編映画を制作した後、2007年、脚本、監督から配給、宣伝まで自らトータルプロデュースした初長編作品『Wiz/Out』が渋谷ユーロスペースにて公開、スマッシュヒットを記録。函館港イルミナシオン映画祭・シナリオ大賞にて自身の長編映画用脚本が2作品連続受賞。(2009年『記憶代理人』審査員奨励賞、2011年『リアルファミリー』グランプリ受賞)2013年、釜山国際映画祭が主催するアジアの新進映画作家支援プログラム・AFAの監督として選抜される。2017年、新作長編映画「リバースダイアリー」を製作。

このプロジェクトについて

映画作家・園田新が函館港イルミナシオン映画祭・シナリオ大賞にて審査員奨励賞を受賞したオリジナル脚本「記憶代理人」を見上愛×兵頭功海のW主演で映画化。2021年内に完成し、2022年の映画祭出品と劇場公開を目指す。

はじめに

映画作家の園田新と申します。
前作「リバースダイアリー」に続きまして、クラウドファンディングを実施させていただきます。
2008年に本作「消せない記憶」の元となる企画、「記憶代理人」を立案してから、何度か映画化の話がありましたが、リーマンショックや東日本大震災など様々な悪い流れがあり、映画化が実現できずにおりました。それぞれ数年間の企画開発の日々が無駄になった時、その間一つも作品を発表できなかったことに大きな徒労感を感じました。

そこで私は、誰かにプロデュースしてもらうのではなく、自ら映画をプロデュースすることにしました。映画の作り方は変化しており、作家の創作への衝動をダイレクトにお客さんに届けることができる時代です。クラウドファンディングがそれを可能にしてくれたのです。監督をやりながらプロデューサーを兼任することは非常に大変ではありますが、私はこのスタイルでこれまで長編映画を2本、短編映画を2本製作しました。

2018年より映画化の準備を進め、本作「消せない記憶」の脚本を書き上げました。しかし、2020年から続くコロナ禍における世界的な映画制作の停滞に直面し、またも映画を作れない状況に追い込まれました。作らない理由を探すのは簡単でしたが、私には困難でも作る理由がありました。

どうせ作るなら、これまでやれなかったこと、新しいことに挑戦したい。
その思いから、ほぼ全ての役をオーディションにて配役することにしました。
5月に公募のオーディションを開催すると、非常に大きな反響をいただき、オーディションを通じて、素晴らしい俳優さんに沢山出会えました。

また、制作体制についても新しい挑戦をします。
私はこれまで海外の撮影スタッフを軸にクルーを編成してきたのですが、今回はコロナの影響で入国すらままなりません。勝手知ったるスタッフと映画が作れないという困難に直面しました。
困難は時に新たな道を開いてくれます。私は日本のスタッフとこの作品を作ることに決めました。

本作が目指すのは、「音楽」×「映像」=「感情」です。
路上ミュージシャンの音楽と映像が一体となって押し寄せ、大きな感情の波に包まれるような作品にします。コロナ禍での制作は困難が予想されますが、どうか完成まで見守っていただけますよう、お願い申し上げます。

プロジェクト概要

映画作家・園田新による本作の原案となる企画「記憶代理人」が、2008年にスキップシティ主催の企画コンペにて選出され、パイロット版を制作。2009年に脚本化し、函館港イルミナシオン映画祭にて、映画化への期待を込めた審査員奨励賞を受賞。その後、多数の映画化のオファーが届くも、映画化には至らなかった。
園田は10年以上に渡って脚本改訂を続け、当初の企画コンセプトは踏襲しながらも、全く新しい物語として映画「消せない記憶」の脚本を完成させた。

2021年5月より本格的な制作を開始し、出演者は広く公募オーディションにて選抜。2021年秋に撮影、年内に完成、2022年の映画祭出品と劇場公開を目指している。
5月14日より全国規模で行われたオーディションでは、1000名を超える応募の中から出演者を選抜。

W主演として、路上ミュージシャン・神崎優衣 役には、NHKドラマ「きれいのくに」などが話題となり、ドラマ・映画・MV・CMと幅広く活躍中の見上愛。
舞台俳優・西潤一役には、第1回「NEW CINEMA PROJECT」俳優部門にてグランプリを受賞、映画「五億円のじんせい」で俳優デビューを果たし、「騎士竜戦隊リュウソウジャー」をはじめ、ドラマ「ブラックシンデレラ」「DIVE!!」など作品が続く、若手注目株の兵頭功海がつとめる。
劇中歌および劇伴音楽をLucid And The Flowersの中里正幸が書き下ろす。

出演者

・神崎優衣(路上ミュージシャン)役

見上愛|AI MIKAMI

2000年10月26日生まれ、東京都出身。2019年に女優デビュー。MVにてSaji「ツバサ」、GENERATIONS from EXILE TRIBE「One in a Million-奇跡の夜に-」、TBS「恋はつづくよどこまでも」(レギュラー)に抜擢され以降ドラマ、映画、MV、CMと幅広く出演中。
今年はNHK「きれいのくに」(レギュラー)、ABEMA『箱庭のレミング』1作目「不純ないいね」で主演を務めるなど今注目の若手女優。今後の出演作にW主演映画「衝動」、映画「プリテンダーズ」の公開を控える。

【主な出演作】

【映画】
「衝動」W主演(2021) 土井笑生監督 アイ役
「プリテンダーズ」(2021) 熊坂出監督 仙道風子役
「キャラクター」(2021) 永井聡監督 山城綾役
「星の子」(2020) 大森立嗣監督 さなえ役

【ドラマ】
ABEMA『箱庭のレミング』主演「不純ないいね」(2021) 未映子役
NHK「きれいのくに」(2021)  凜役
MBS「ガールガンレディ」(2021) 北本レイ役
NTV「6 from HiGH&LOW THE WORST」(2020) 市川真歩役
TBS「恋は続くよどこまでも」(2020) 高津若菜役

【MV】
スキマスイッチ「スキマノハナタバ」~Smile Song Selection~」(2020)
崎山蒼志「Samidare」「Heaven」「Undulation」(2020-2021)
GENERATIONS from EXILE TRIBE「One in a Million-奇跡の夜に-」(2019)
Saji「ツバサ」(2019)

【公式サイト】https://www.watanabepro.co.jp/mypage/20000047/
【Twitter】@mikami_ai_
【Instagram】@mikami_ai_

・西潤一(舞台俳優)役

兵頭功海|KATSUMI HYODO

1998年4月15日生まれ、福岡県出身。2018年、GYAOとAmuseが映画制作に向けて共同実施したオーディション、第1回『NEW CINEMA PROJECT』の「出演者」 部門でグランプリを受賞し、そのプロジェクトの作品映画「五億円のじんせい」で俳優デビュー。その後、2019年に「騎士竜戦隊リュウソウジャー」にカナロ/リュウソウゴールド役で出演し注目を集め、2020年はLINEオリジナルドラマ「昔、好きだった人からLINEが届いた。」MBSドラマ特区「社内マリッジハニー」、ABEMAオリジナルドラマ「ブラックシンデレラ」(21)「DIVE!!」(21/TX)など話題作の出演が続き、今後の活躍に期待が集まる若手俳優。

【主な出演作】

【映画】
「五億円の人生」文晟豪監督 透役にて出演(2019)
「スーパー戦隊 MOVIE レンジャー2021」カナロ/リュウソウゴールド役(2021)
「魔進戦隊キラメイジャーVSリュウソウジャー」カナロ/リュウソウゴールド役(2021)

【ドラマ】
Abemaオリジナルドラマ「ブラックシンデレラ」 滝川隼人役にてレギュラー出演(2021)
テレビ東京「DIVE!!」ピンキー山田役にて準レギュラー出演(2021)
MBSドラマ特区「社内マリッジハニー」健太郎役にて出演(2020)
LINEドラマ「昔、好きだった人からLINEが届いた。」シロ役(2020)
テレビ朝日系戦隊シリーズ「騎士竜戦隊 リュウソウジャー」 カナロ/リュウソウゴールド(2019)                              

【公式サイト】artist.amuse.co.jp/artist/hyodo_katsumi
【Twitter】@hyodo_katsumi
【Twitte(STAFF)】@katsumi_hyodo
【Instagram】@katsumi_hyodo_official
【Weibo】: https://weibo.com/u/5324723127

・雨宮翠(プロデューサー)役

山本亜依|AI YAMAMOTO

1995年8月31日生まれ。三重県出身。
2016年に配信ドラマ「東京女子図鑑」で女優デビュー。
連続ドラマ「トドメの接吻」(NTV)で初のレギュラー出演を果たし、
映画「きみの鳥はうたえる」(三宅唱監督)でスクリーンデビューした。

【その他出演作】
映画「ドンテンタウン」(井上康平監督)みどり役
映画「アルム」(野本梢監督)クルミ役
映画「砂城楼子のつまらないお仕事」(秋武裕介監督)主演 砂城楼子役

【Twitter】@ai_yamamoto_bbh
【Instagram】@ai_yamamoto_bbh

・記憶代理人 役

八木拓海|TAKUMI YAGI

茨城県出身24歳。
国立北海道大学在学中の2020年にドラマ「24JAPAN」(テレビ朝日)木元広海役でデビュー。2021年ドラマ「君と世界が終わる日に」(日本テレビ)ではメインキャスト葛島俊役で出演。7月には「死んだあとにあげる花束よりも、生きているあなたに花束を。」(川上一輝演出)にて初舞台、主演をつとめる。今作がスクリーンデビューとなり、今後も2人芝居の舞台や映像作品の出演等が控えている。

【主な出演作】
テレビ朝日「24JAPAN 」(鈴木浩介監督)  レギュラー 木元広海役 
日本テレビ「君と世界が終わる日に」(菅原伸太郎監督)  メインキャスト 葛島俊役
舞台「死んだあとにあげる花束よりも、生きているあなたに花束を。」(川上一輝演出) 主演 太郎役
衣装デザイナー緒方晋企画「10qa100」 No.005
NegativePop 「COLA FLOAT」カメラマン野﨑慧嗣 

【公式サイト】http://abebe-next.com/act_yagi.html
【Instagram】@yagi_takumi1122

・丸山泉(花屋店長)役

山形美智子|MICHIKO YAMAGATA

1987年生まれ。大阪府出身。映画「UN NEUTRAL アンニュートラル」(2016年/的場政行監督)で映画デビュー。公開中の映画「Arc アーク」(石川慶監督)に出演している。

【主な出演作】
映画「天使のいる図書館」(2017年/ウエダアツシ監督)
映画「彼女がその名を知らない鳥たち」(2017/白石和彌監督)
映画「轢き逃げ-最高の最悪な日-」(2019/水谷豊監督)

【Twitter】@michikoyamagata
【Instagram】@michikodoor

・濱田学(宅配ドライバー)役

志波景介|KEISUKE SHIBA

1992年1月26日生まれ、大阪府出身。
2015年に映画「血まみれスケバンチェンソー」(山口ヒロキ監督/井上役)にてスクリーンデビュー。

【その他の出演作】
映画「青森さんちの祝日」(小池匠監督/青森美雪役)
映画「#平成最後映画『たとえば世界の終わり』」(加藤綾佳監督/拓郎役)
映画「元カレ2.0」(和泉直青監督/海和翼役)
日本テレビ「ハケンの品格」(6話・最終話/美原数也役)
日本テレビ「ゼロ 一獲千金ゲーム」(2話〜9話/菊池役)

【Twitter】@shibano_bano
【Instagram】@shiba_keisuke

・内藤聡(医師)役

光徳瞬 |SYUN KOUTOKU

愛知県出身。現在は、沖縄を拠点に、ドラマ・映画・TV-CMを中心に活動中。
最近では 2021年秋公開予定 園子温監督 映画「エッシャー通りの赤いポスト」に出演。
2021年に撮影を終えている長編映画にも出演し、2022年の公開を控えている。

【主な出演作】
映画「エッシャー通りの赤いポスト」園子温 監督
映画「小さな恋のうた」橋本光二郎 監督
琉球放送創立65周年記念番組 琉球歴史ドラマ  土田豪介 監督 3週連続ドラマ「尚円王」
琉球放送~オキナワノコワイハナシ2017~たかひろや 監督 「PHANTOM COLLECTOR」
琉球放送~オキナワノコワイハナシ2016~江口カン 監督 「デンパ」主演

【Twitter】@koutokusyun
【Instagram】@koutokus
【Facebook】光徳 瞬

・三枝奈緒(花屋の店員)役

白石優愛|YUA SHIRAISHI

2013年、NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」で女優デビュー。
2018年、初の主演映画「たまえのスーパーはらわた」(上田慎一郎監督)が
第10回沖縄国際映画祭で上映され注目を浴びる。
最近の出演作としては、映画「まともじゃないのは君も一緒」(前田弘二監督)、
「小説の神様」(久保茂昭監督)、「思い、思われ、ふり、ふられ」(三木孝浩監督)など。
自身のYouTubeチャンネルではギターの弾き語りも配信中。

【主な出演作】
NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」弥生役 2016年放送
テレビ東京系「ウルトラマンR/B」えりな役 2018年放送
映画「七つの会議」(福澤克雄監督)ねじ六・三沢奈々子の妹役 池井戸潤原作 2019年公開
映画「透子のセカイ」(曽根剛監督)繭美役 第22回上海国際映画祭にて上映 2019年公開

【Twitter】@yua_shiraishi
【Instagram】@yua_shiraishi
【YouTube】https://www.youtube.com/channel/UCfHkj6tGaonLzEvZtPQh15w

・矢島浩樹(花屋の店員)役

篠田諒RYO SHINODA

1996年9月1日生まれ、神奈川県出身。
幼い頃から身近に映画があり映画に慣れ親しむ。
高校時代に自分もこの世界に入りたいと思い役者を志す。
2016年、「大塚製薬カロリーメイトゼリー 夏フェス編」のCFに起用され、
短編映画「追憶ダンス」(2016年/土屋哲彦監督)では主演を務め、『FOXムービー短編映画祭2016』にて審査員特別俳優賞を受賞。
現在は、チャンネルNECO「ラーメン刑事」にレギュラー出演中。

【主な出演作】
映画「人狼ゲーム プリズンブレイク」(16/綾部真弥監督)
映画「武曲 MUKOKU」(17/熊切和嘉監督)
映画「ちはやふる-結び-」(18/小泉徳宏監督)
映画「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」(19/大森立嗣監督)
映画「Tokyo 2001/10/2122:32~22:41」(19/奥山大史監督)
映画「クローゼット」(20/進藤丈広監督)
NHK「アシガール」、KBC「福岡恋愛白書14 天神ラブソング」、NHK「シューカツ屋」

【所属事務所(ラ・セッテ)】http://lasette.net/

・宮沢速雄(舞台演出家)役

みやたに|MIYATANI

ビジネスマンのまま2018年から劇団SHOW&GO FESTIVALに見習いで入団して「劇」小劇場で初舞台。
2019年から「his」(今泉力哉監督)、「踊ってミタ」(飯塚俊充監督)を皮切りに映像作品にも出演。
最近では「息ができない」(冨樫森監督)、「アリスの住人」(澤佳一郎監督)などに参加。本作品がほぼ100本目。現役弁護士。

【主な出演作】
映画「宇宙人の画家」(保谷聖耀監督)
映画「歌舞伎町ヴァージンジャンプ」(小川北人監督)
映画「HANNORA」(明石和之監督)
映画「パレット」(松本動監督)
映画「劇場版ほんとうにあった怖い話2020」(天野裕充監督)
映画「リホーム」(瀧源裕仁・大坂健太監督)
舞台「転ぶなら、おでこからッ」下北沢OFFOFFシアター

【Instagram】https://instagram.com/miyatani0336/
【みやたにHP】https://selfnamedartist.wixsite.com/index

・坂東宏(西の上司)役

高川裕也|YUYA TAKAGAWA

1984年、無名塾に入塾。90年、NHK朝ドラ「凛凛と」のレギュラーで本格デビューする。以降、舞台・映像 双方を中心に活躍。また、2006年からテレビ東京「カンブリア宮殿」でナレーションを務める。

【主な出演作】
舞台「セールスマンの死」(無名塾)
舞台「アトレウス」(演劇集団 砂地)
映画「ソロモンの偽証」(成島出監督)
映画「ローリング」(冨永昌敬監督)
映画「ひかりのたび」(澤田サンダー監督)

【Twitter】@yytkgw
【blog】https://ameblo.jp/mojoplanet/

・是清監督(舞台演出家)役

関幸治|KOJI SEKI

演劇集団「Nの2乗」に10年在籍の後、春陽漁介の「劇団5454」旗揚げに参加。
現在は映画・ドラマなどの映像を中心に活動中。
2021年も映画「HOKUSAI」(橋本一監督)、映画「空白」(吉田恵輔監督)、
映画「エッシャー通りの赤いポスト」(園子温監督)など話題作に数々出演している。

【主な出演作】
映画「やりたいふたり」(谷口恒平監督) 主演
テレビ朝日「相棒17」第7話(橋本一演出)メインゲスト
日本テレビ「anone」第4話(水田伸生演出)メインゲスト
舞台「杏仁豆腐のココロ」(ボビー中西演出)主演 など多数。

【Twitter】@sseekkyy

・篠原恭子(施設職員)役

秋田ようこ|YOKO AKITA

栃木県出身。美容学校へ進学、就職後、24歳から俳優を志す。近年は映画を中心に活動中。「2020年東京。12人の役者たち」では、コロナ禍の3ヶ月間、自分自身を演じ自ら日々撮影を行った。

【主な出演作】
映画「2020年東京。12人の役者たち」(松本動監督)
映画「DISTANCE」(園田新監督)
映画「(Instrumental)」(宮坂一輝監督)
映画「地元ピース!幻想ドライビング」(木場明義監督)
映画「東京の恋人」(下社敦郎監督)
映画「泥」(成瀬都香監督)
映画「お嬢ちゃん」(二ノ宮隆太郎監督)

【Twitter】@yoko_0101 

その他の出演者(登場順 ※予定):
ゆかわたかし、古谷蓮、清水杏樹、江田來花、垣内健吾、佐々木ありさ、丸林孝太郎、元松あかね、髙橋祐美、西尾茉侑、アンディ本山、田村陸、岩永達也、早川みゆき、高尾美有、細川佳央、山下ケイジ、田中栄吾、オカモトジョージ、辻夏樹、三月達也、松木大輔、宇田川宰、鶴田翔 ほか

撮影に向けたコメント

■神崎優衣 役:見上愛

神崎優衣役を演じさせて頂きます、見上愛です。
脚本を読んだとき、私たちはいつだって、目に見えないものに頼ってばっかりなんだなと実感しました。
そしてこの作品には、そのことの危うさも、素晴らしさも、詰まっていると思います。
苦手意識のあった歌唱に挑戦するということで、緊張や不安もありますが、優衣ならそれすらも糧にして突き進んでいくだろうな、と。なので私も、優衣と共に葛藤しながらも成長していきたいです。
兵頭さんを初め、魅力的な皆様とご一緒出来ることに感謝しつつ、これからの撮影に臨みたいと思います。
皆様に作品をお届けできる日が楽しみです。

■西潤一 役:兵頭功海

映画『消せない記憶』西潤一役のワークショップオーディションがあると知り、台本を読みました。まずは、絶対にワークショップオーディションを受けたいと思いました。
難しい内容で、映画の主演でもあります。
映画が好きで、この仕事を始めた僕にとって、役者の道を進む上で、この作品が大きな壁になる気がしましたし、同時に必要だとも感じました。
そして、なぜかこの物語を読む事、西という人物に出会う事が初めてな気がしなかったんです。一度読んだだけで、西の心情や言葉がスッと入ってきた感覚があり、西は絶対に僕が演じる。大切に演じたいと強く思いました。
主演が決まったと連絡頂いた時はとにかく、本当に、嬉しかったです。
後は、個人的に母の誕生日に連絡が来たので少しは親孝行ができたのかなと思いました。

撮影はまだ先ですが、とにかく楽しみです。
内容的に苦しい部分もありますし、僕が生きてきて感じた事のない感情や、経験のない事が沢山ありますが、一つ一つ悩んで苦しんで、西潤一という人物に僕自身が、ゆっくりと深く浸っていきたいと思っています。

そして、お相手の神崎優衣役が見上愛さんと聞いて、以前から作品を見て知っていて、彼女にしかない、素敵な雰囲気を持った、素晴らしい役者さんだと思っていたので、一緒に作品を作れるということで、更に楽しみになりました。

最後に、皆さんに、良い映画を届けられるよう、西という役を全力で生きたいと思います。是非、楽しみにして頂ければと思います。

スタッフ

製作・脚本・監督・編集:園田新
共同プロデューサー:小島英雄
撮影監督:萩原脩
照明:堅木直之
録音:岡本洋平
美術:野中茂樹
ヘアメイク:atelier ism
スタイリスト:RYUSEI MORI
スチル:増田彩来
音楽:中里正幸(Lucid And The Flowers)
ティザーイメージイラスト:山口真理子
制作プロダクション:CiNEAST

支援金の用途

皆さんからご支援頂いたお金は本作の制作費の一部として大切に使わせていただきます。
目標額を上回った場合には更なるクオリティアップや、作品のプロモーションに使わせていただきます。

特典(リターン)について

  1. 完成披露試写会チケット(都内近郊にて開催・オンラインも選択可):3,000円
     本作をいち早くご覧いただけるチケットです。開催候補日にご都合が合わない場合は、劇場公開時の前売券と替えさせていただきます。舞台挨拶の登壇者は都合により変更になる場合がございます。
  2. ・完成披露試写会ペアチケット(都内近郊にて開催・オンラインも選択可):5,000円
     本作をいち早くご覧いただけるペアチケットです。開催候補日にご都合が合わない場合は、劇場公開時の前売券と替えさせていただきます。舞台挨拶の登壇者は都合により変更になる場合がございます。
  3. ・小説版「記憶代理人」(非売品・長編小説・PDFデータ):10,000円
     
    本作の原作となった「記憶代理人」の全5編からなる長編小説です。(本編とは設定が異なる箇所がございます)
  4. ・監督&出演者の直筆サイン入りポスター(劇場公開時のお渡し):20,000円
     B2ポスターにご希望の出演者のサインが入ります(3名まで)。特に希望のない方は園田新監督のサインとなります。
  5. ・エンドクレジットにお名前掲載(クラウドファンディング・サポーターとして ※希望者のみ):30,000円
     本編の最後に流れるエンドロールにお名前を掲載させていただきます。全国公開作品にご自身のお名前が流れます。
  6. ・監督&出演者の直筆サイン入りパンフレット(劇場公開時):50,000円
     本作の劇場用パンフレットにご希望の出演者のサインが入ります(3名まで)。特に希望のない方は園田新監督のサインとなります。
  7. ・ブルーレイディスクまたは本編視聴データ(劇場公開後のお渡し):75,000円
     通常ブルーレイや配信は劇場公開が終わってから半年ほど経過してからとなりますが、こちらの特典では劇場公開後すぐに、繰り返しご覧いただけます。
  8. ・監督&主演俳優の直筆サイン入り製本台本:100,000円
     実際に撮影現場で使用される台本にご希望の出演者のサインが入ります(3名まで)。特に希望のない方は園田新監督のサインとなります。
  9. ・クラウドファンド限定・写真家 増田彩来によるメイキングフォトアルバム(非売品・ハードカバー):200,000円
    新進の写真家・増田彩来が撮影風景を切り取る、出演者を中心とした限定メイキング写真集です。
  10. 「消せない記憶」ロケ地を巡るツアー:300,000円
    園田監督同行の上、撮影の裏話や記念撮影、キャストの飛び入り参加の可能性も。日程は後日調整させていただきます。
  11. ・アソシエイトプロデューサーとしてエンドクレジット & パンフレットお名前掲載:500,000円
    本編エンドロール後半の目立つ場所にアソシエイトプロデューサーの肩書でお名前を掲載します。パンフレットにもお名前を掲載させていただきます。

※各特典には下位の特典内容が含まれます。詳細は「リターン」欄にてご確認ください。

想定スケジュール

  • 2021年8月:クラウドファンド開始、プリプロダクション、リハーサル
  • 2021年9月下旬〜10月中旬:撮影
  • 2021年10月中旬〜12月:ポストプロダクション、編集、整音、カラーグレーディング
  • 2021年12月下旬:初号試写
  • 2022年1月〜:映画祭出品
  • 2022年夏:劇場公開
  • 2022年冬:DVDレンタル、配信

想定されるリスクとチャレンジ

・目標金額に達成しなかった場合でも、プロジェクトは実行され、集まったファンドは返金されません。
 集まった予算の中で、最大限のクオリティを目指して制作させていただきます。

・完成披露試写会や劇場公開の時期により、リターンのお渡し時期が前後する場合がございます。

最後に

最後までお読みいただきありがとうございます。
本作は、私の映画作家として今持てる全てを注ぎ込む勝負作となります。
純粋に面白い、心に響く映画を作ることに拘ります。
十数年に渡る執筆活動の末に書き上げた脚本と、オーディションで1000人もの俳優から選抜したキャストには絶対的な自信があります。
是非この作品のかけがえのない一部として、映画の完成の道のりを共有していただけますと幸いです。ご支援、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

>>「消せない記憶」公式サイト<<

スタッフプロフィール


音楽
中里正幸|MASAYUKI NAKAZATO

1990年生まれの音楽家。
自身がボーカル・ギター・ピアノを務めるロックバンド「Lucid And The Flowers」の活動のほか、「Un Son Doux」をはじめとした様々なアーティストのサポートや、映画・ドラマ・CMなどの楽曲の作詞作曲・編曲・演奏を手がけている。



製作・脚本・監督・編集
園田 新|SHIN SONODA

立教大学法学部国際比較法学科卒。大学在学中にニューヨークに留学し、映画づくりを学ぶ。テレビ番組のディレクターを経て、2007年、脚本、監督から配給、宣伝まで自らトータルプロデュースした初長編作品「Wiz/Out」が渋谷ユーロスペースにて公開、スマッシュヒットを記録。函館港イルミナシオン映画祭・シナリオ大賞にて自身の長編映画用脚本が2作品連続受賞。(2009年「記憶代理人」審査員奨励賞、2011年「リアルファミリー」グランプリ受賞)2013年、釜山国際映画祭が主催するアジアの新進映画作家支援プログラム・AFA(Asian Film Academy)の監督として選抜される。2017年、長編映画「リバースダイアリー」を製作し、最優秀作品賞を含む11の賞を獲得。2021年、長編映画「やり残したことがあるくらいが丁度良い」を製作。現在、最新長編映画「消せない記憶」を製作中。

【フィルモグラフィー】

2021 やり残したことがあるくらいが丁度良い / 60min
2020 DISTANCE / 22min
2017 リバースダイアリー / 99min / ユーロスペースほか全国劇場公開
2016 DEPARTURE / 17min
2013 BLACK MIRROR / 14min / 釜山国際映画祭にて上映
2007 Wiz/Out / 120min / ユーロスペースにて劇場公開

参考作品

リターンを選ぶ

  • 3000

    完成披露試写会チケット(都内近郊にて開催・オンライン視聴も選択可)

    • 完成披露試写会チケット(都内近郊にて開催・オンライン視聴も選択可)
    • 2021年12月 にお届け予定です。
    • 55人が応援しています。
  • 5000

    完成披露試写会ペアチケット(都内近郊にて開催・オンライン視聴も選択可)

    • 完成披露試写会ペアチケット(都内近郊にて開催・オンライン視聴も可)
    • 2021年12月 にお届け予定です。
    • 18人が応援しています。
  • 10000

    小説版「記憶代理人」(非売品・長編小説・電子書籍)

    • 完成披露試写会ペアチケット(都内近郊にて開催・オンライン視聴も可)
    • 小説版「記憶代理人」(非売品・長編小説・電子書籍)
    • 2021年12月 にお届け予定です。
    • 6人が応援しています。
  • 残り93枚

    20000

    監督 or 出演者の直筆サイン入りポスター(劇場公開時のお渡し)

    • 監督 & 出演者の直筆サイン入りポスター(劇場公開時のお渡し)
    • 完成披露試写会ペアチケット(都内近郊にて開催・オンライン視聴も可)
    • 小説版「記憶代理人」(非売品・長編小説・電子書籍)
    • 2022年07月 にお届け予定です。
    • 7人が応援しています。
  • 30000

    エンドクレジットにお名前掲載(クラウドファンディング・サポーターとして ※希望者のみ)

    • エンドクレジットにお名前掲載(クラウドファンディング・サポーターとして ※希望者のみ)
    • 完成披露試写会ペアチケット(都内近郊にて開催・オンライン視聴も可)
    • 小説版「記憶代理人」(非売品・長編小説・電子書籍)
    • 監督 & 出演者の直筆サイン入りポスター(劇場公開時のお渡し)
    • 2022年07月 にお届け予定です。
    • 4人が応援しています。
  • 残り94枚

    50000

    監督 or 出演者の直筆サイン入りパンフレット(劇場公開時のお渡し)

    • 監督 & 出演者の直筆サイン入りパンフレット(劇場公開時のお渡し)
    • 完成披露試写会ペアチケット(都内近郊にて開催・オンライン視聴も可)
    • 小説版「記憶代理人」(非売品・長編小説・電子書籍)
    • 監督 & 出演者の直筆サイン入りポスター(劇場公開時のお渡し)
    • エンドクレジットにお名前掲載(クラウドファンディング・サポーターとして ※希望者のみ)
    • 2022年07月 にお届け予定です。
    • 6人が応援しています。
  • 残り50枚

    75000

    ブルーレイディスクまたは本編視聴データ(劇場公開終了後のお渡し)

    • ブルーレイディスクまたは本編視聴データ(劇場公開終了後のお渡し)
    • 完成披露試写会ペアチケット(都内近郊にて開催・オンライン視聴も可)
    • 小説版「記憶代理人」(非売品・長編小説・電子書籍)
    • 監督 & 出演者の直筆サイン入りポスター(劇場公開時のお渡し)
    • エンドクレジットにお名前掲載(クラウドファンディング・サポーターとして ※希望者のみ)
    • 監督 & 出演者の直筆サイン入りパンフレット(劇場公開時のお渡し)
    • 2022年09月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り99枚

    100000

    監督 or 出演者の直筆サイン入り製本台本

    • 監督&出演者の直筆サイン入り製本台本
    • 完成披露試写会ペアチケット(都内近郊にて開催・オンライン視聴も可)
    • 小説版「記憶代理人」(非売品・長編小説・電子書籍)
    • 監督 & 出演者の直筆サイン入りポスター(劇場公開時のお渡し)
    • エンドクレジットにお名前掲載(クラウドファンディング・サポーターとして ※希望者のみ)
    • 監督 & 出演者の直筆サイン入りパンフレット(劇場公開時のお渡し)
    • ブルーレイディスクまたは本編視聴データ(劇場公開終了後のお渡し)
    • 2022年09月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 残り100枚

    200000

    クラウドファンド限定・写真家 増田彩来によるメイキングフォトアルバム(非売品・ハードカバー)

    • クラウドファンド限定・写真家・増田彩来によるメイキングフォトアルバム(非売品・ハードカバー)
    • 完成披露試写会ペアチケット(都内近郊にて開催・オンライン視聴も可)
    • 小説版「記憶代理人」(非売品・長編小説・電子書籍)
    • 監督 & 出演者の直筆サイン入りポスター(劇場公開時のお渡し)
    • エンドクレジットにお名前掲載(クラウドファンディング・サポーターとして ※希望者のみ)
    • 監督 & 出演者の直筆サイン入りパンフレット(劇場公開時のお渡し)
    • ブルーレイディスクまたは本編視聴データ(劇場公開終了後のお渡し)
    • 監督&出演者の直筆サイン入り製本台本
    • 2022年09月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り10枚

    300000

    「消せない記憶」ロケ地を巡るツアー

    • 「消せない記憶」ロケ地を巡るツアー
    • 完成披露試写会ペアチケット(都内近郊にて開催・オンライン視聴も可)
    • 小説版「記憶代理人」(非売品・長編小説・電子書籍)
    • 監督 & 出演者の直筆サイン入りポスター(劇場公開時のお渡し)
    • エンドクレジットにお名前掲載(クラウドファンディング・サポーターとして ※希望者のみ)
    • 監督 & 出演者の直筆サイン入りパンフレット(劇場公開時のお渡し)
    • ブルーレイディスクまたは本編視聴データ(劇場公開終了後のお渡し)
    • 監督&出演者の直筆サイン入り製本台本
    • クラウドファンド限定・写真家・増田彩来によるメイキングフォトアルバム(非売品・ハードカバー)
    • 2022年09月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り8枚

    500000

    アソシエイトプロデューサーとしてお名前掲載エンドクレジット&パンフレットお名前掲載

    • アソシエイトプロデューサーとしてエンドクレジット&パンフレットお名前掲載
    • 完成披露試写会ペアチケット(都内近郊にて開催・オンライン視聴も可)
    • 小説版「記憶代理人」(非売品・長編小説・電子書籍)
    • 監督 & 出演者の直筆サイン入りポスター(劇場公開時のお渡し)
    • エンドクレジットにお名前掲載(クラウドファンディング・サポーターとして ※希望者のみ)
    • 監督 & 出演者の直筆サイン入りパンフレット(劇場公開時のお渡し)
    • ブルーレイディスクまたは本編視聴データ(劇場公開終了後のお渡し)
    • 監督&出演者の直筆サイン入り製本台本
    • クラウドファンド限定・園田新監督が編集を手掛ける劇中歌ミュージックビデオ(限定配信)
    • クラウドファンド限定・写真家・増田彩来によるメイキングフォトアルバム(非売品・ハードカバー)
    • 「消せない記憶」ロケ地を巡るツアー
    • 2022年09月 にお届け予定です。
    • 2人が応援しています。