ふるいちやすし監督『千年の糸姫』をクラウドファンディングで実現!

モナコ国際映画祭で2年連続受賞という快挙を達成した、ふるいちやすし監督が贈る次回作「千年の糸姫」の支援者を募集中!

  • 東京プチ・シネ協会
  • 映画
  • 群馬県
447b018d 28d6 4602 8958 daa0157ab73c ▶ 再生
  • コレクター
    24人
  • 合計金額
    306,000円
  • 残り
    0日

目標金額は4,500,000円です。

FUNDED

このプロジェクトは、2015年9月14日23:59に終了しました。

このプロジェクトについて

世界に愛された「彩~aja」「艶〜The color of love」に続く、長編映画「千年の糸姫」の制作費、映画祭への出品費用をご支援ください!!

はじめに

『千年の糸姫』は平和への祈りです。
何故争いが起こるのか?ということよりも、何故争いは終わらないのか?という視点から
一つの答えを見つけ、それをドラマの中に奥ゆかしく忍び込ませ、世界の映画祭、特に韓国、中国、その他のイスラエルやパレスチナ等の紛争の当事国での上映を目指します。
映画なんて微力です。すぐに世の中を変えられるようなものではない。ただ、政治にはできない事、ただ夢と思いを自由に描き、それを数十年続くメッセージとして人の心に留めておく事ができると信じてます。その人が隣人や子供に伝え、いつかそれを理解する人が臨界に達した時、いや、その前に世界は燃え尽きてしまうかもしれない、それでもその種を蒔き続ける事がアートの、映画の使命なのではないかと考えています。

『千年の糸姫』について

1)プロット

山あいの小さな町に住む女の子「糸」は、かつてこの地を納め、非業の死を遂げこの地を奪われた糸姫の生まれ代わり。死の間際、糸姫がかけた呪いを千年の時を経て今もこの地に残る仇の宇津家に果たそうと、一族の夫々の生まれ代わりが集まりだすが、その中には千年糸姫に仕え、慕い、呪いという修羅の道から救おうとする者もいる。当の糸はまだ覚醒しておらず、自分の運命にも気づかないまま、仇の生まれ変わりである宇津輝昭に引き付けられていく自分に戸惑う。何も知らない輝昭はやがて糸に思いを寄せるが、千年のその日、ついに糸姫が降臨し、糸が覚醒する。


<舞台となる山間部にある小さな町-群馬県甘楽郡下仁田町->

2)主な登場人物

・糸(糸姫)…千年の時を経てこの世に生まれてきた糸姫の生まれ変わりだが、本人はそれに気づかず、時々自分を支配する不思議な感覚に戸惑いながら生きている。同居する源吾からは酷いDVを受けながらも逃げ出そうという考えは特になく、小さな弁当屋で働きながら重い日々を送っていたが、そこに客として訪れた宇津輝昭になぜか強く心が惹かれ、近づいてゆく。

・宇津輝昭…かつては町の大地主である宇津家の一人息子。千年続く名家でありながら、現在は最後に残った屋敷で母親と二人で暮らし、小さな店舗で古物商を営む若社長。古物商とは言え、特に積極的な商売をする訳でもなく、屋敷の蔵にある物を売り崩して細々のんびり暮らしている。千年前にこの土地を糸姫の一族から奪い、宇津家の開祖となった宇津輝昭の生まれ変わりではあるが、本人にそんな自覚は全くない。

・源吾…糸の同居人。千年前、糸姫に仕えた武将の生まれ変わりで覚醒済み。糸に対する暴力は復讐の為に糸の中に甦ろうとする糸姫を抑え込む手立て。運命のいたずらで輝昭に近づく糸に焦り、その暴力はエスカレートしてゆく。

・茜…輝昭の古物店の店員。かつて糸姫に仕えた陰陽師の生まれ変わりで覚醒済み。現在も幾らかの霊能力を持ち、糸が輝昭に近づく為の手引きをする。

“プチ・シネ”スタイルで行う本作の制作スタイルに注目ください!

1)ふるいち作品の真髄である“映像美”を実現するデジタルムービー表現術

ふるいち作品といえばやはり世界の映画人を魅了した“映像美”。昨今の撮影・編集機材の進化によってコンパクトながらもメジャー映画をも凌駕する映像の美しさを、低予算で制作することが可能となりました。機材もスタッフも少数精鋭というチーム体制だからこそできるのが、スピーディで自由な撮り回しができること。これはふるいちやすし監督が撮影監督として加わった映画「さかなかみ」(浜野安宏監督/2014年公開)でも活かされ、高い評価を受けました。

得意とするのは、ロケーションを活かし在るがままの物、在るがままの姿を正確に確実に写し撮ること。心に映る映像を具現化する作業だからこそ、自分が正しいと思うトーンを大判センサーとクラシックレンズの選択によって表現します。

2)キャストの演技力を高めてこそ、魅力的な作品へと昇華する

作品を作っていくなかで、自分自身のチカラだけではどうしようもできないこと、それはキャストの演技。映画の世界ではじっくりと稽古をする時間をとらないことが通例で、顔合わせを含めても数日程度です。しかしこれで本当に役者が役を完全に把握するだろうか、作品を成り立たせるために監督の想いを全てキャストに伝えることはできるだろうか。クランクイン前にじっくりと稽古を行い、キャストの持つチカラを引き出して、より魅力的な映画に仕上げたい。その気持ちが2012年のモナコ国際映画祭で最優秀新人賞(主演:笠原千尋)をいただき結実しました。


<モナコ国際映画祭の授賞式にて。主演・笠原千尋とふるいち監督>

●演技のクオリティを大切にしたいからこそ、熱の入る演技指導!


<じっくりと考えさせてキャストの殻を破る。ふるいち監督の演技指導は常に熱がある>

3)ロケ地 群馬県甘楽郡下仁田町

「千年の糸姫」という作品を温めていた3年の間に、監督自らがロケ地を探し、その中で運命的に辿り着いたのが下仁田町です。特に心を惹かれたのが町のスケール感とそれを取り巻く独特な形をした山々、さらには素晴らしい祭があるという点です。何度かロケハンで訪れる内に、地元商工会をはじめ、様々な地元の方々がこの映画に興味を持って下さり、惜しみない協力を注いで下さるようになりました。500年続く旧家、100年続く旅館など、歴史的にも貴重なロケーションをあっと言う間にご紹介していただけるのも、地元のみなさんのご協力があっての事。きっとこの作品にはスタジオセットでは到底ありえない重厚感が生まれるはずです。クランクイン予定日はこの町の祭の日、当然リアルな本物の祭の中で撮影は始まります。


<何度も足を運んでいる群馬県甘楽郡下仁田町。町のいたるところに発見がある>

スケジュールについて

本作は2015年10月にクランクインし、2016年春頃に完成披露試写会を予定、その後映画祭へエントリーすることを計画しておます。詳細、変更等については追って報告致します。

・2015年6月~  キャストワークショップ開催。キャスト選考
・2015年10月  クランクイン
・2015年11月  クランクアップ
・2016年春   完成。完成披露試写会。国際映画祭へエントリー

特典について

詳細は本ページ右側をご覧ください。本作は2,000円からご支援が可能ですので、ご興味いただけましたらクラウドファンディングに参加いただければ幸いです。

1)ふるいちやすし監督からサンクスメール
監督からお礼のメールをお送りさせていただきます。

2)コレクター限定のUPDATEを共有
MotionGalleryのコレクター限定UPDATEのご利用が可能となります。

3)オリジナルサウンドトラック進呈(ダウンロード方式)
ふるいちやすし監督自ら作成した劇中BGMをダウンロードいただけます。

4)エンドロールにお名前掲載(希望者のみ)
エンドロールにお名前を掲載します。200,000円以上のご支援者様は集団型のテロップではなく、おひとりずつ名前がわかるよう掲載します。

5)監督&キャストからのメッセージ動画閲覧権
監督&キャストからお礼のメッセージを動画にて閲覧いただけます。

6)期間限定!作品(試写版)をWEBで公開!!
期間限定とはなりますが、WEB上で作品をご覧いただけます。試写版となりますので、完成版とは一部異なります。

7)完成披露試写会へ参加(都内を予定)
完成披露試写会にご参加いただけます。(交通費等はご負担願います)

8)完成披露試写会にて監督&キャストとの握手権(上映後を予定)
上映後に監督&キャストと握手できます。

9)デジタルパンフレット進呈(ダウンロード方式)
映画の内容がわかるパンフレットをダウンロードしていただけます。

10)監督&キャストのサイン入り台本進呈
記念品として貴重なサイン入り台本を進呈致します。

11)完成披露試写会にて監督&キャストと写真撮影権(希望者のみ)
握手だけでは物足りない方へ、記念に残る監督&キャストとの写真撮影を行います。(カメラはご持参ください)

12)特製!写真付きディプロマを進呈
この映画にご支援いただき、また完成したことを証明する写真付きのディプロマ(証明書)をお送りいたします。

13)あなただけの監督&キャストからのメッセージ動画閲覧権
ご支援いただいた感謝を込めて、特製のメッセージ動画を閲覧いただけます。

14)クランクアップ後の打ち上げに参加(都内を予定)
撮影後に行われる打ち上げに参加いただけます。(交通費等はご負担願います)

15)謝恩会に参加(都内を予定)
完成後に行われる謝恩会に参加いただけます。(交通費等はご負担願います)

16)撮影中のロケ地見学
撮影現場をご覧いただけるロケ地見学権です。(交通費等はご負担願います。また撮影の進行上、細かいアテンドはできませんのでご了承ください)

想定されるリスクとチャレンジ

現在はまだ制作資金の調達、ロケ地との交渉、キャストの選考などを行っている段階です。2015年10月にクランクイン、2016年4月を目標に完成披露試写会を開催、その後は映画祭への出品を計画しております。
大きく作品内容が変わることはありませんが、スケジュールが前後する可能性があります。やはり大きな要素として資金が集まらなければ撮影が遅れてしまい、完成予定も遅れてしまいます。ですので何卒クラウドファンディングでのご支援を理解いただければ幸いです。
以上の事情をご理解頂ければ幸いです。支援者のみなさまには、その都度途中経過をご報告致します。

<資金の用途>
① キャスト費・・・・・・・・・・・・・・・・80万円
② プリプロ・撮影費・・・・・・・・・・・・・140万円
③ ポストプロダクション費・・・・・・・・・・80万円
④ 美術費・・・・・・・・・・・・・・・・・・50万円
⑤ 諸雑費・・・・・・・・・・・・・・・・・・50万円
⑥ 映画祭出品費(翻訳作業等)・・・・・・・・50万円
※現時点での概算です。進行内容により内訳の変動がありますこと、何卒ご了承ください。

最後に 観てほしいのは平和を願う世界の人たち

興行成績を狙うのであれば、そもそもこの作品を企画しなかったと思います。それよりも私がこの作品を通じて伝えたいのは世界平和。脚本を執筆するにあたり国内はもちろんですが世界の人たちに向けた作品に仕上げたい気持ちから作品の世界観を練りました。だからこそ映画祭に出品し、多くの国の方々に観ていただく必要があります。私が過去に海外の映画祭で受けた海外クリエイター、出資者のインディペンデント映画への要望のひとつは、その国の文化やアイデンティティを表現することではないかと感じています。


<キービジュアルとなるのは『お祭り』。リアルを追求するため実際の祭りを撮影する>

監督プロフィール

1959年 京都出身

監督、脚本、撮影、編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。

形に囚われない「今」のスタイルで映像作品を数多く発表し続けている。

出演者も含めたった6人で作り上げた『彩~aja』が2012年モナコ国際映画祭にて「最優秀ストーリー賞」「最優秀撮影監督賞」「最優秀音楽賞」「最優秀新人賞(主演=笠原千尋)」の4つの賞を受賞。翌2013年のモナコ国際映画祭でも『艶〜The color of love』で「最優秀アートフィルム賞」を受賞。その他、『サイコロコロリン』(スキップシティ国際Dシネマ映画祭入選作品)や『紫陽花』『気持ち玉』『無言歌』など。

また、作曲家としては数多くのサウンドトラック、CM、アーティストへの楽曲提供などが有り、『UA/紅い花』『麻痺/Karena Karen』『あなたを思う/長野浩子』などの評価が高い。

撮影監督、音楽監督を務めた長編映画「さかなかみ(監督:浜野安宏)」でも大きな評価を得、常に独自の映像表現術を追求し、撮影から上映までの規模をコンパクトにすることによって血の通った、むしろ上質な映画作りを実現させる「プチ・シネ」というスタイルを提唱し、ProNews(http://www.pronews.jp/column/yasushi-furuichi)での連載コラム「東京プチ・シネ協会」、ビデオSALON(玄光社)での連載「Lonesome Videoの流儀」などで気を吐き続けている。

また著作にデジタル一眼レフカメラを使った撮影術について綴った『映画のようなデジタルムービー表現術 』(玄光社)がある。


<『彩~aja』。2012年モナコ国際映画祭にて4つの賞を受賞>


<『艶~The color of love』2013年にもモナコ国際映画祭で受賞し、日本人初となる2年連続受賞達成>

もっと読む
コレクター
24人
現在までに集まった金額
306,000円
目標金額は4,500,000円です。
残り
0日

FUNDED

このプロジェクトは、2015年9月14日23:59に終了しました。

リターンを選んで応援する

  • 2,000円

    • ふるいちやすし監督からサンクスメール
    • コレクター限定のUPDATEを共有
    • 3人
    • お届け予定:2015年10月
  • 5,000円

    • ふるいちやすし監督からサンクスメール
    • コレクター限定のUPDATEを共有
    • オリジナルサウンドトラック進呈(ダウンロード方式)
    • 3人
    • お届け予定:2016年08月
  • 10,000円

    • ふるいちやすし監督からサンクスメール
    • コレクター限定のUPDATEを共有
    • オリジナルサウンドトラック進呈(ダウンロード方式)
    • エンドロールにお名前掲載(希望者のみ)
    • 監督&キャストからのメッセージ動画閲覧権
    • 期間限定!作品(試写版)をWEBで公開!!
    • 15人
    • お届け予定:2016年08月
  • 30,000円

    • ふるいちやすし監督からサンクスメール
    • コレクター限定のUPDATEを共有
    • オリジナルサウンドトラック進呈(ダウンロード方式)
    • エンドロールにお名前掲載(希望者のみ)
    • 監督&キャストからのメッセージ動画閲覧権
    • 期間限定!作品(試写版)をWEBで公開!!
    • 完成披露試写会へ参加(都内を予定)
    • 完成披露試写会にて監督&キャストとの握手権(上映後を予定)
    • デジタルパンフレット進呈(ダウンロード方式)
    • 1人
    • お届け予定:2016年08月
  • 50,000円

    • ふるいちやすし監督からサンクスメール
    • コレクター限定のUPDATEを共有
    • オリジナルサウンドトラック進呈(ダウンロード方式)
    • エンドロールにお名前掲載(希望者のみ)
    • 期間限定!作品(試写版)をWEBで公開!!
    • 監督&キャストからのメッセージ動画閲覧権
    • 完成披露試写会へ参加(都内を予定)
    • 完成披露試写会にて監督&キャストとの握手権(上映後を予定)
    • デジタルパンフレット進呈(ダウンロード方式)
    • 監督&キャストのサイン入り台本進呈
    • 2人
    • お届け予定:2016年08月
  • 100,000円

    • ふるいちやすし監督からサンクスメール
    • コレクター限定のUPDATEを共有
    • オリジナルサウンドトラック進呈(ダウンロード方式)
    • エンドロールにお名前掲載(希望者のみ)
    • 監督&キャストからのメッセージ動画閲覧権
    • 期間限定!作品(試写版)をWEBで公開!!
    • 完成披露試写会へ参加(都内を予定)
    • 完成披露試写会にて監督&キャストとの握手権(上映後を予定)
    • デジタルパンフレット進呈(ダウンロード方式)
    • 監督&キャストのサイン入り台本進呈
    • 特製!写真付きディプロマを進呈
    • あなただけの監督&キャストからのメッセージ動画閲覧権
    • 0人
    • お届け予定:2016年08月
  • 200,000円

    • ふるいちやすし監督からサンクスメール
    • コレクター限定のUPDATEを共有
    • オリジナルサウンドトラック進呈(ダウンロード方式)
    • 特別枠でエンドロールにお名前掲載(希望者のみ)
    • 監督&キャストからのメッセージ動画閲覧権
    • 期間限定!作品(試写版)をWEBで公開!!
    • 完成披露試写会へ参加(都内を予定)
    • 完成披露試写会にて監督&キャストとの握手権(上映後を予定)
    • デジタルパンフレット進呈(ダウンロード方式)
    • 監督&キャストのサイン入り台本進呈
    • 完成披露試写会にて監督&キャストと写真撮影権(希望者のみ)
    • 特製!写真付きディプロマを進呈
    • あなただけの監督&キャストからのメッセージ動画閲覧権
    • クランクアップ後の打ち上げに参加(都内を予定)
    • 0人
    • お届け予定:2016年08月
  • 500,000円

    • ふるいちやすし監督からサンクスメール
    • コレクター限定のUPDATEを共有
    • オリジナルサウンドトラック進呈(ダウンロード方式)
    • 特別枠でエンドロールにお名前掲載(希望者のみ)
    • 監督&キャストからのメッセージ動画閲覧権
    • 期間限定!作品(試写版)をWEBで公開!!
    • 完成披露試写会へ参加(都内を予定)
    • 完成披露試写会にて監督&キャストとの握手権(上映後を予定)
    • デジタルパンフレット進呈(ダウンロード方式)
    • 監督&キャストのサイン入り台本進呈
    • 完成披露試写会にて監督&キャストと写真撮影権(希望者のみ)
    • 特製!写真付きディプロマを進呈
    • あなただけの監督&キャストからのメッセージ動画閲覧権
    • クランクアップ後の打ち上げに参加(都内を予定)
    • 謝恩会に参加(都内を予定)
    • 撮影中のロケ地見学
    • 0人
    • お届け予定:2016年08月

プレゼンター

Middle?1433208539

東京プチ・シネ協会

  • 東京都

東京プチ・シネ協会とは単に一本の映画を作る製作委員会とは違い、映画文化を下支えし、作品やクリエイターの畑になるようなミドルバジェットの映画界を構築すべく、様々な活動を行う団体です。 私たちが「プチ・シネ」と名付けたミドルバジェット(1,000万円前後)の映画こそ、様々なチャレンジや素晴らしい作品が生まれる土壌になると考えています。 また作品向上と同時にスポンサー、ファンド、配給、上映、広報、宣伝、しいては観客の意識向上やシステム等、全ての面で新しい風を吹き込み、新しい文化レンジを構築する事が目標です。 「千年の糸姫」を通じて、プチ・シネ文化の創造の第一歩となる事をめざしています。

質問や意見をメールする