福島第一原発事故の「その後」を報じる写真レポート本をクラウドファンディングで実現!

福島第一原発事故の「その後」を報じる写真レポート本 日本語・英語で全世界にデジタル出版

福島第一原発事故 被災地と人々のその後をカメラとペンで取材し続けています。年4〜6回のフクシマ取材にかかる旅費や宿泊費、デジタル本制作のための編集者、デザイナー、英語校閲者への謝礼を寄付でまかないたいのです。

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、2017年6月30日23:59に終了しました。

コレクター
142
現在までに集まった金額
1,551,118
残り日数
0

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、2017年6月30日23:59に終了しました。

Middle 1492279327

Presenter
烏賀陽 弘道 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

Middle 1492279327

PRESENTER
烏賀陽 弘道

東京在住のフリーランス報道記者・写真家です。 1963年京都市生まれ。京都大学経済学部(世界経済論)卒業。朝日新聞社記者になる。 三重県津市、愛知県岡崎市、名古屋市で5年の新聞記者生活。 91年〜2001年まで『アエラ』編集部記者。同誌では音楽・映画などポピュラー文化のほか医療、オウム真理教、アメリカ大統領選挙などを取材。 98年〜99年:同誌記者としてニューヨークに駐在。 92〜94年:コロンビア大学修士課程に自費留学し、国際安全保障論(軍事学・核戦略)で修士課程を修了。国際関係論修士。 2003年:早期定年退職してフリーになる。 著作はこれまでに17冊。

リターンを選ぶ

  • 3000

    フレンド

    • 筆者からのお礼のメール
    • 2017年07月 にお届け予定です。
    • 30人が応援しています。
  • 5000

    サポーター

    • 筆者からのお礼のメール
    • メール・ウエブサイトなどによる近況報告・アップデート
    • 2017年10月 にお届け予定です。
    • 36人が応援しています。
  • 10000

    スペシャル・サポーター

    • 筆者からのお礼のメール
    • メール・ウエブサイトなどによる近況報告・アップデート
    • デジタル写真集巻末にお名前を掲載(匿名可能)
    • 2017年12月 にお届け予定です。
    • 70人が応援しています。
  • 50000

    スペシャル・ドネイター

    • 筆者からのお礼のメール
    • メール・ウエブサイトなどによる近況報告・アップデート
    • 筆者との茶話会にご招待(都内で秋冬ごろを考えています。連絡を取り合い日程を決めていきます)
    • デジタル写真集巻末にスペシャル・ドネイタ‐としてお名前を掲載(匿名可能)
    • 2017年12月 にお届け予定です。
    • 3人が応援しています。
  • 100000

    エグゼクティブ・ドネイター

    • 筆者からのお礼のメール
    • メール・ウエブサイトなどによる近況報告・アップデート
    • 筆者との茶話会にご招待(都内で秋冬ごろを考えています。連絡を取り合い日程を決めていきます)
    • 写真集掲載の一枚を高級大型プリントして直筆サインしたうえ贈呈
    • デジタル写真集巻末にエグゼクティブ・ドネイタ‐としてお名前を掲載(匿名可能)
    • 2017年12月 にお届け予定です。
    • 3人が応援しています。
  • 300000

    VIPドネイター

    • 筆者からのお礼のメール
    • メール・ウエブサイトなどによる近況報告・アップデート
    • 筆者との茶話会にご招待(都内で秋冬ごろを考えています。連絡を取り合い日程を決めていきます)
    • 写真集掲載の一枚を高級大型プリントして直筆サインしたうえ贈呈
    • デジタル写真集巻末にVIPドネイタ‐としてお名前を掲載(匿名可能)
    • 2017年12月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。