facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group

Spring Love 春風 2018をクラウドファンディングで実現!

Spring Love 春風
2018

Spling Love 春風2018へ参加しよう! 春風に参加することで、被災地の支援につながる企画です。
Spring Love 春風と繋がることで、地元での活動を続けるグループを応援しよう。
ぜひご参加ください。

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、目標金額300,000円を達成し、2018年4月6日23:59に終了しました。

コレクター
77
現在までに集まった金額
317,055
残り日数
0

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、目標金額300,000円を達成し、2018年4月6日23:59に終了しました。

Middle 1517133077

Presenter
SpringLove春風 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

Middle 1517133077

PRESENTER
SpringLove春風

『SpringLove春風』は、1998年の「温暖化防止京都会議」を契機に、野外イベント等の制作をしていた有志を中心に行われてきたフリー・フェスティバルです。 1998年にスタートした春風は、2002年より数年のブランクを経て、2009年、反戦/平和を主軸に置いたフリーギャザリング『〜Spring Love〜 春風』として再開。以降、『春風-未来のためにできること-』と題し、過去を祈り未来を展望する場、また、フェスティバルシーズンの到来と桜の芽吹きの祝いの場として、作り続けられました。東日本大震災以降は震災被災者への支援を主な目的として開催。集まった義援金は慈善団体に寄付しています。

  • 東京都
  • 起案数 5
  • 応援数 0
  • Facebook (未設定)
  • Twitter (未設定)
  • http://harukaze.asia/
  • フォロワー 13 人
    • Middle 1496125485
    • Picture?type=large
    • Picture?type=large
    • Picture?type=large
    • Picture?type=large
    • Picture?type=large
    • Picture?type=large
    • Picture?type=large
    • Picture?type=large

このプロジェクトについて

Spling Love 春風2018へ参加しよう! 春風に参加することで、被災地の支援につながる企画です。
Spring Love 春風と繋がることで、地元での活動を続けるグループを応援しよう。
ぜひご参加ください。

プロジェクトについて

 毎年お花見の時期に代々木公園にて開催している『 Spring Love春風(以降春風)』。ここ数年、開催資金としてのクラウドファンディングにご協力いただき、誠にありがとうございました。おかげさまで昨年度も無事開催することができました。本年度も引き続き、クラウドファンディングにて春風へのご支援をお願いできれば幸いです。今回は、春風の支援が直接、福島・熊本の支援につながる春風応援企画です。

 震災から7回目の3月11日を迎えました。2011年当時は、春風開催を目前にして会場で使用する予定であったジェネレーターの全てが被災地に向かいました。予定していたプログラムは一旦白紙、全国的にお祭りは自粛モードで、開催自体の是非が問われていました。しかし、その当時の実行委員長であった故・ 亀渕友香の「こんな時だからこそ開催しましょう」との鶴の一声により、フェスティバルを0から作り直し、祈りの気持ちを込めた『Spring Love春風』を開催。集めた義援金はその日のうちに繋がりのある個人を通じて、被災地へと届けられました。


祈りのキャンドルホルダーワークショップ@春風2011

 それ以降春風として、毎年できる限りの被災地支援を行ってはいますが、東京と東北の距離感、現地の状況を的確に知ることの難しさにより、実際の復興支援は何がベストなのか、毎年手探りの状態が続いています。そうしている間にも2016年の熊本地震を始め、火山噴火など自然災害が続き、今や日本のどこもが被災地になり得る可能性があります。

 「震災は忘れた頃にやってくる」と言います。それでは、忘れなければ起こらないのではないか?そんな言葉のあやを利用して、春風は震災を忘れないための復興支援を考えました。春風として直接何かをすることはできないけれど、春風と直接つながりがある復興支援団体を応援することで、被災地の支援をしたい。またその団体の代表者を春風に招聘し、今の現状や取り組みを生の声で届けて貰いたい。さらに、物販や野菜販売を春風の会場で行うことで、被災地にお金を落としたい。首都圏に住む私たちでもできること、それをこのクラウドファンディングで形にしたいと考えています。

インタビューから読み解く、福島・熊本の「今」

2011年3月の東日本大震災、2016年4月の熊本地震直後は、多くのメディアが被災地の状況をこぞって報道しました。2018年現在、被災地の現状をメディアによって目にする機会は3月11日を頭に数日程度。特に首都圏に住む私たちが現地の様子を知る機会はほぼないと言っても過言ではありません。いいも悪いも忘れっぽい我々日本人全員の震災の記憶が「風化」しつつある今だからこそ、肝に銘じておかなければいけないことがあるはずです。この未曾有の事態から私たちが学ぶ事は何なのか、これからそれをどう生かしていけるのか。そして、今現在両被災地の様子はどうなっているのか。福島・熊本の地元にて活動を続ける両グループにお話を聞いてみました。

ー春風が開催される首都東京を始め、都内近郊ではメディア報道で被災地の現状を知る機会がほとんどなく、震災の記憶が風化している感が否めません。実際のところ、被災地は未だ被災地のままなのでしょうか。現状はどうなっているのか、改善点や問題点を含めて教えてください。

A:福島で活動を続けるでんでらキャラバン

「東日本大震災の被災地」は、ひとくくりに出来ないほど広範囲で、地震のあった地域、地震と津波にあった沿岸部、加えて原発事故の影響を受けた地域など、二重三重に被害を受けています。津波にあった沿岸部は、高台移転や仮設から新居、新商店街への転居・移動が進んでいますが、町や風景が元通りになるわけではありません。交通・旅行関係の大手企業によるメインの観光地への誘致活動も盛んで一見復興が明るく進んでいるようでも、「でんでらキャラバン」が訪問していた山村では、いまだに語り部が語り継ぐなどの活動はあるものの、訪れる人も減り、寂しい気持ちを抱えている方も少なくないように思います。だからこそ、東京で「東日本大震災」のことを語り継ぐ機会はとても大事だと感じます。一方、原発事故は、避難区域や帰宅困難区域の方たちだけでなく、福島のすべてといっていい方たちに様々な問題を投げかけていて、とても一言で語ってお伝えすることはできません。ただ、訪問して感じることは、瓦礫は撤去されて、除染も進めていると言われて一見復興しているようでありながら、それぞれの人や家族が抱える問題は一切解決できていない、ということです。

A:熊本で活動する:OJAK

被災地は、全壊、半壊の建物の解体は終わりましたが、まだまだ仮設住宅、みなし仮設*に住む方も沢山います。
家を建て直す事が出来ない方や、心に深い傷を負った方、各自にそれぞれ問題はあると思いますが、少しづつ前を向いて復興しつつあるように感じます。
地震の影響で1年間は田畑が出来ない所が沢山あり、今では耕作放棄地となり、高齢農家さんは厳しい状況にあり、後継者がいない農家さんが沢山いるのも問題になってます。

*みなし仮設
震災などで住居を失った被災者が、民間事業者の賃貸住宅を仮の住まいとして入居した場合に、その賃貸住宅を国や自治体が提供する「仮設住宅」(応急仮設住宅)に準じるものと見なすこと。また、そうした賃貸住宅や関連する制度。

ー現地でどのような活動を行っていますか?

A:福島で活動を続けるでんでらキャラバン

2011年の大地震直後から、子ども、子どもを守る保護者や、保育園、幼稚園、小学校に勤める方々に、「音楽」「書を通じてアート」「体のケア」を届けてきました。最初は、宮城県の津波の被害が大きかった沿岸部に、この4年ほどは原発事故の影響が色濃い福島を県の北東部を中心に活動しています。

福島では、一緒に演奏する地元のミュージシャンや、ツアーの食事作りに協力してくださる方、車で移動をサポートくださる方など、たくさんの仲間が助けてくれます。東京、福島の垣根なく、皆一緒に歌って、話して、伝えあう活動になってきているのが嬉しいです。
それから、私たちの資金集めという意味合いもありますが、東京で一年か二年に一回、活動報告も兼ねたイベントを開いています。そこには毎回、宮城や福島からゲストを呼んで、ご自身の体験を話していただいています。

A:熊本で活動する:OJAK

現在は地震の影響を多く受けた御船町(みふねまち)にて、コミュニティカフェとお米を使った加工品や、ミカンを使ったオーガニックソースなどの加工場を作り、そこを拠点に、地元の方々の声を聞く活動、仕事作り、空家の調査、加工品試作、耕作放棄地での畑仕事などを行っています。


ー今後はどのような活動を行っていきたいですか?

A:福島で活動を続けるでんでらキャラバン

福島では帰村も始まり、仮設住宅や毎年楽しみにしてくれていた訪問先も無くなったりしています。これからも先方に負担がかからない形を考慮しながら、ツアーは続けて行きたいです。また、東京での報告の機会を作ることは、さらに大切になってくると思います。今回の「春風」への参加のような、今まで私たちが出会えなかった人たちに、私たちの活動を伝える機会も増やしていきたいと思っています。

A:熊本で活動する:OJAK

引き続き上記活動を続けつつ、マーケットやフェスを開催していきます。 一番の目的は、地元の人、外からの移住者と共に、モデルタウンを創っていく事です。食料、電力の自給100%を目指し、サスティナブルなモデルタウンを構築していきたいと本気で考えています。


ー活動を続ける中で大変なことは何ですか?

A:福島で活動を続けるでんでらキャラバン

私たちの活動資金は、賛同してくださった方からの寄付と東京での報告イベントの収益でまかなっています。交通費、食費、宿泊費などの実費以外は、全てメンバーの手弁当。全員が本業以外のオフの時間を無理やり調整して、活動しています。
実際のツアーは6日間位で、保育園や小学校など1日に2−3ヶ所、多い時には夜もコンサートをします。あらかじめの準備も含めて、体力的にも時間的にもハードですが、聴いてくださった方の笑顔が見られてお話をすることがメンバー全員の励みになりますので、これは苦労とは言えません。
一番気を使うのは、事前の準備でしょうか。どこで、誰に受け入れてもらうか、喜んでもらえるか。時間によって、場所によって、人によって、状況も受け止め方も刻々と変わりますので、現地で協力してくれる仲間と話し合って、慎重に決めるようにしています。

A:熊本で活動する:OJAK

行政と町民の考え方にズレが生じるところです。ですので、お互いの意見をよく聞き、バランスを取るなど、人間関係を潤滑にしていく活動もしています。 また、移住したいという方は多くいるのですが、地震被害による空家の解体などで、入居できる家が少なく、または有っても手直ししないと使えないので、需要と供給のバランスが取れていません。今後はさらに受け入れ体制を強化していきたいと考えています。


ー被災地を知らない人たちに伝えたいことやお願いがあれば教えてください。

A:福島で活動を続けるでんでらキャラバン

被災地に行って見て、現地の方とお話してくださるのが一番いいとは思いますが、行けなくても、私たちだけではなくても、他の現地で活動している人たちの支援をすることで、知ることのできることが沢山あります。「春風」もそうですし、他に東京で開かれるイベントに参加したり、たくさん質問して、関心を持ち続けていただきたいです。「でんでらキャラバン」も7月15日に報告会+コンサートイベントを下北沢でやりますので、ぜひお越しください。

A:熊本で活動する:OJAK

時間がある時は、熊本に遊びに来て頂けると嬉しいです。 来て見て空気を感じて、話を聞きに来て下さい。人が来てくれるだけで心の復興に繋がります。

春風で被災地の今を知る

本年度の春風では、上記の2団体「でんでらキャラバン」と「一般社団法人 OJAK」にご協力いただき、福島・熊本物産ブースを展開、東京にいながらできる復興支援を企画しています。「でんでらキャラバン」は活動報告と福島物産販売ブース、「O-JAK」は熊本の有機野菜販売(定期購入者も同時に募集)と、地震被害が大きかった酒蔵の日本酒販売(未定)での参加を予定しています。
また、このクラウドファンディングからも直接復興支援ができるリターンを作成しました。

さらに、「でんでらキャラバン」からご紹介いただいた、福島・飯舘村の特別養護老人ホーム「いいたてホーム」施設長・三瓶正美さんと、熊本「O-JAK」代表:園田みつよしさんをトークステージ(ピーステント)にお呼びして、お話を伺う機会を設けます。震災当時の話から、今現在の活動まで、余す事なく語っていただきます。クラウドファンディングでの支援はもちろん、春風に参加する事自体が被災地の支援につながる企画です。ぜひご参加ください。

公園でのカンパが禁止!

春風は代々木公園野外ステージ周辺で開催する入場料無料のフリーフェスティバルですが、もちろん無料では開催できません。公園貸出料、テント等の設備費、水道・電気などのインフラ費、音響費や車両費、出演者スタッフの交通費などの必要経費を、出店料と一部の利益、企業様からの協賛金、そして当日のカンパで集めていました。それが一昨年から、公園側からの通達により、公園内で当日のカンパを集める事ができなくなってしまいました。開催資金力となっていた当日のカンパが集めれなくなった事は、春風にとって大きな痛手となっています。またその事が、彼らのような地元で地道に活動を続けるグループを招聘したり実際に支援したりする事が難しくなる理由にもなっています。そこで、このクラウドファンディングが非常に重要な役割を占めています。みなさまのご支援と応援を、クラウドファンディングを通じて「持ち寄って」いただければ幸いです。

*尚、義援金BOXについては申請中です。申請の許可がおりた場合には設置予定です

大切な支援金の使い道

みなさまがクラウドファンディングにて支援してくれた大切な支援金は、下記の目的のために使用させていただきます。

  • 福島・熊本からの交通費往復 10万
  • 東京での滞在費 5万
  • 福島・熊本春風ブース設備・運営費 3万
  • クラウドファンディングリターン費用・映像制作費 10万
  • 送料など雑費 2万

*目標金額以上のファンディングが集まった場合は、春風、でんでらキャラバン、OJACの活動運営資金として使用させていただきます

想定されるリスクとチャレンジ

このクラウドファンディングで目標金額に達しなかった場合でも、春風としては、上記に予定している春風でのコンテンツ(野菜販売・物販・トーク)は行う予定でおります。ただ、今までお伝えしてきたように、春風のほとんどの制作費を、飲食や物販で出店しているお店の出店料と利益の一部、企業様からの協賛金、そしてこのクラウドファンディングでの「ご支援」を資金とし運営しています。開催日が荒天、悪天だとお客さんは集まりません。すると主な資金源であるお店の売り上げが上がらず収入が激減します。このように、春風は常に大きな赤字が出るリスクを背負っています。そして赤字が出た場合は、実行委員がその赤字を分配して補填することになっています。
しかし、相当の悪天でない限りフェスティバルは開催します。今後も、参加するすべての人々の持ち寄りで、この大きな花見の宴を続けていき、音楽やアート、LIVEやフェステイバルなどに牽引される日本のユースカルチャー(若者文化)を広く世界に提示していきたいと考えています。


Spring Love 春風とは

『SpringLove春風』は「私たちが今、何ができるか」を、フェスティバルを通して提案、実践している、フリー花見ギャザリングです。今年度も3/31(sat)、4/1(sun)に満開の桜の下(多分)、代々木公園で多くのアーティスト、ボランティアスタッフの協力を得て、開催いたします。
春風は、フェスティバルなどのステージの裏方さんたちの花見からスタートしました。その後、1997年の「温暖化防止京都会議」を契機に、 1998年から東京渋谷の代々木公園でフリー・フェスティバルとしてスタート。2002年より数年のブランクを経て2009年、『Spring Love 春風』として再開。2011年の東日本大震災以降は、震災被災者への支援にも取り組み、つながりのある団体を通して支援金の寄付などを行ってきました。
本年度は、テーマを『LIVE、ART、DANCE、LIFE and love…』として開催。さらに、「選択肢豊かなライフスタイルのために」、ユニークなライフスタイルや様々な取り組みを紹介します。

春風からみなさまへ

今年度の春風で今一度震災を振り返り、「今」の現状を知ることで、いつ起きてもおかしくない自然災害への対策と心構えを改めて懐に収めておきたい。日本に住む以上、自然災害とは切っても切れない関係にあります。その上で、日々を楽しみ、音楽やアートやものづくりを通じて、自分自身の表現を春風にて発表できるような、そんな参加型のフェスティバルを目指していきたい。また、クラウドファンディングでの支援を生かしたフェスティバルとしても成長していきたいと考えています。ぜひ皆さまからのご支援を、クラウドファンディングを通してご協力いただければ幸いです。

春風からのリターンについて

みなさまからのご支援に対して、下記特典をご用意いたしました。

【公式HPサイト上にお名前(個人/団体名)及びリンクを掲載】
全プラン共通 *希望者のみ(ご希望の方はお知らせ願います)

【オリジナルバッチ】

全6種類 *絵柄の指定はできません

【オリジナルステッカー】

夜春風チケット】
3/31(sat)にUNIT@代官山で開催される夜春風のチケット

*会場の春風本部にてお受け取りいただくか、UNITエントランスにてお渡しする予定となります

【オリジナル手ぬぐい】

【オリジナルTシャツ】
デザイン全3種類 *下記3種類からお選びください

A

B

 

*A,B(Gray)写真はメンズボディ、レディスのボディはB(Yellow)となります

・メンズサイズ:S〜XL
・メンズカラー(単色ボディカラー)Gray、Black、Navy、White 
                          (インクカラー) ピンク、白、黒、緑、紫、赤、青

・レディスサイズ:XS〜XL
・レディスカラー(単色ボディカラー) Gray、Black、Yellow、White 
                            (インクカラー)ピンク、白、黒、緑、紫、赤、青 

*プリント位置は、Aは男女共に前後となります。Bについては前or後ろをご指定ください。お好みのデザインとボディのカラーをご指定願います。

*当日お越しの方は、ワークショップ制作にて承ります。お好きなデザインとTシャツの色をお選び頂けます。お好みの色で好きな位置にプリント可能です。デザインのインクカラーは色を混ぜてマーブルカラーにすることも可能です!

C

*メンズ、レディスともにサイズに限りがございます。
*メンズサイズ:M・ L  レディスサイズ: M ・ L 

【ドリンクチケット】
春風オフィシャルバーにて使用できます*来年も使えます

【アート作品】
春風会場にてライブペイントしたアートピース作品

制作アーティスト:
AyanicocoAruto watanabeKensuke Takahashi日下部泰生
KanakoRusowSTONE63外側絵師
 *アーティストの指定可能 
 *アートピース作品については、後日郵送となります

【オープンマイクの権利】
10分間(演奏可)*マイク2本+LR2(計2ch)
 *ステージはピースステージとアートステージです(ドラム不可) 
 *内容によってはお受けできない場合もございます 
  事前にHPの「問い合わせ」よりご相談ください

【オフィシャル花見スペースのご提供】
3m×3m *テント付き( 開催時間内に限ります)

福島からのリターンについて

【 CD シングル「東北」】
演奏:おおたか静流 vo,梅津和時 sax,久米大作 pf - 1曲のみ収録

【ステッカー】
福島バッジプロジェクトのステッカー

【ピンバッジ】
ライフク実行委員会のピンバッジ

【パイルコンビ靴下】
コットンプロジェクト福島のパイルコンビ靴下(1足又は2足ペア)*サイズ:22~24cmと25~27cm 

 *ご希望のサイズをお知らせください

【チャリティーイベントへご招待】
7/15(日)に下北沢で行うチャリティーイベント(活動報告&ミニコンサー ト)に2名様をご招待 
又は、2名様をリハーサルからご招待します 
*リハーサルご招待については、飲食フリーとなります

熊本からのリターンについて

【干し椎茸】
*発送は熊本から直送します

【お米・梅干し・干し椎茸のセット】
*発送は熊本から直送します

【田植え&収穫体験と収穫米プレゼント(10kg)】
*参加が難しい方にはお米を直送!

田植え体験日程: 2018年6月1日(金)〜6月9日(金)までの間を予定 
収穫体験日程:10月頃を予定  
 *日程は確定次第お伝えします

場所:熊本県上益城郡御船町の吉無田水源近く(空港から車で45分程度)、ご支援をいただいた方には詳しい場所をお知らせします。

*熊本空港まで送迎あり・宿泊はご紹介します
*飛行機代・食事(石窯ピッツアを予定)・宿泊費は自費でお願いします
*収穫後、春風米を10kg直送します

【自然栽培の梅を収穫して、梅酒・梅干し・梅肉エキスなどを作る体験】
*参加が難しい方へはお米&梅干しを直送!

体験日程:2018年6月1日(金)〜6月9日(土)までの間を予定
*日程は確定次第お伝えします
*宿泊・送迎・食事込み(飛行機代は自費でお願いします)
*宿泊:シェアハウス(写真参照) 送迎:熊本空港〜畑

*収穫(完成)後、春風米10kg・梅干し2kgを直送します

 

開催概要

開催概要については、以下の公式サイトをご覧ください。

公式WebサイトFacebook

Twitter  https://twitter.com/harukaze_2016
Instagram https://www.instagram.com/p/BfLXjHwnrYp/

リターンを選ぶ

  • 残り78枚

    1000

    春風応援し隊

    • 春風オリジナルバッチ
    • 春風オリジナルステッカー
    • ドリンク券2枚(春風オフィシャルバー限定)*来年も使えます
    • 2018年04月 にお届け予定です。
    • 22人が応援しています。
  • 残り6枚

    2000

    夜春風プラン★

    • 春風オリジナルバッチ
    • 春風オリジナルステッカー
    • 夜春風@UNITチケット1枚
    • 会場内春風本部にてお受け取りいただくか、UNITのエントランスにてのお渡しとなります。
    • 2018年04月 にお届け予定です。
    • 14人が応援しています。
  • 残り24枚

    3000

    春風飲んべえセット

    • 春風オリジナルバッチ
    • 春風オリジナルステッカー
    • ドリンク券4枚(春風オフィシャルバー限定)*来年も使えます
    • おつまみ(豆腐の味噌漬け・きゅうり)
    • 2018年04月 にお届け予定です。
    • 6人が応援しています。
  • 残り22枚

    3000

    春風手ぬぐいセット

    • 春風オリジナルバッチ
    • 春風オリジナルステッカー
    • ドリンク券2枚(春風オフィシャルバー限定)*来年も使えます
    • 春風オリジナル手ぬぐい
    • 2018年04月 にお届け予定です。
    • 8人が応援しています。
  • 残り27枚

    3000

    福島/熊本プチ支援セット

    • 春風オリジナルバッチ
    • 春風オリジナルステッカー
    • 福島)CDシングル「東北」(演奏:おおたか静流vo,梅津和時sax,久米大作pf,1曲のみ収録)
    • 福島)福島バッジプロジェクトのステッカー
    • 熊本)干し椎茸80g
    • 2018年05月 にお届け予定です。
    • 3人が応援しています。
  • 残り45枚

    5000

    春風Tシャツセット

    • 春風オリジナルバッチ×2
    • 春風オリジナルステッカー×2
    • ドリンク券2枚(春風オフィシャルバー限定)*来年も使えます
    • 春風オリジナル手ぬぐい
    • 春風オリジナルTシャツ
    • 2018年04月 にお届け予定です。
    • 5人が応援しています。
  • 残り39枚

    5000

    福島/熊本応援セット

    • 春風オリジナルバッチ
    • 春風オリジナルステッカー
    • 福島)CDシングル「東北」(演奏:おおたか静流vo,梅津和時sax,久米大作pf,1曲のみ収録)
    • 福島)ライフク実行委員会のピンバッジ
    • 熊本)お米・梅干し・干し椎茸のセット
    • 2018年05月 にお届け予定です。
    • 11人が応援しています。
  • 残り16枚

    10000

    春風お楽しみセット

    • 春風オリジナルバッチ×2
    • 春風オリジナルステッカー×2
    • ドリンク券4枚(春風オフィシャルバー限定)*来年も使えます
    • 春風オリジナル手ぬぐい
    • 春風オリジナルTシャツ
    • 春風セレクトコーヒー豆150g
    • 2018年04月 にお届け予定です。
    • 4人が応援しています。
  • 残り5枚

    10000

    福島支援コース

    • 春風オリジナルバッチ
    • 春風オリジナルステッカー
    • CDシングル「東北」(演奏:おおたか静流vo,梅津和時sax,久米大作pf,1曲のみ収録)
    • コットンプロジェクト福島のパイルコンビ靴下1足(サイズは:22〜24cm又は25〜27cm)
    • 7月15日(日)に下北沢で行うチャリティーイベントへ2名様をご招待
    • 2018年06月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り8枚

    10000

    熊本で春風米を一緒に育てよう!

    • 春風オリジナルバッチ
    • 春風オリジナルステッカー
    • 熊本での田植え&収穫体験と収穫米のプレゼント(10kg)
    • 参加が難しい方へは直送します
    • 2018年10月 にお届け予定です。
    • 2人が応援しています。
  • 残り3枚

    20000

    春風マイクパフォーマンスセット 限定4本!

    • 春風オリジナルバッチ×2
    • 春風オリジナルステッカー×2
    • 春風オリジナル手ぬぐい×2
    • ドリンク券4枚(春風オフィシャルバー限定)*来年も使えます
    • 春風オリジナルTシャツ
    • 春風セレクトコーヒー豆150g
    • 春風出演アーティストによるアートピース作品(サイズ:Lサイズ)
    • 春風ステージオープンマイクの権利(10分間)
    • 2018年05月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 残り1枚

    30000

    福島応援コース

    • 春風オリジナルバッチ
    • 春風オリジナルステッカー
    • CDシングル「東北」(演奏:おおたか静流vo,梅津和時sax,久米大作pf,1曲のみ収録)
    • 福島バッジプロジェクトのステッカー
    • ライフク実行委員会のピンバッジ
    • コットンプロジェクト福島のパイルコンビ靴下2足ペア(サイズ:22〜24cm又は25〜27cm)
    • 7月15日(日)に下北沢で行うチャリティイベントに2名様をリハーサルよりご招待(飲食フリー)
    • 2018年06月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 残り5枚

    30000

    熊本梅づくしコース

    • 春風オリジナルバッチ
    • 春風オリジナルステッカー
    • 熊本の自然栽培の梅を収穫し、梅干し・梅酒・梅肉エキスなどを作る体験コース
    • 収穫(完成)後、春風米10kg、梅干し2kgを直送します
    • 参加が難しい方へは直送します
    • 2018年10月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り2枚

    50000

    春風満喫セット♪

    • 春風オリジナルバッチ×5
    • 春風オリジナルステッカー×5
    • 春風オリジナル手ぬぐい×5
    • ドリンク券5枚(春風オフィシャルバー限定)*来年も使えます
    • 春風オリジナルTシャツ
    • 春風出演アーティストによるアートピース作品(サイズ:2Lサイズ)
    • 春風オフィシャル花見スペース(3m×3m)のご提供(開催時間に限る・テント付き)
    • 2018年05月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り1枚

    100000

    春風VIPコース☆

    • 春風オリジナルバッチ×10
    • 春風オリジナルステッカー×10
    • 春風オリジナル手ぬぐい×10
    • ドリンク券20枚(春風オフィシャルバー限定)*来年も使えます
    • 春風オリジナルTシャツ×2
    • 春風出演アーティストによるアートピース作品(サイズ:A3サイズ)
    • 春風オフィシャル花見スペース(3m×3m 2つ)のご提供(開催時間に限る・テント付き)
    • 春風野外アートステージのトイレパス*野外ステージは17時閉門のため使用時間も17時までとなります
    • 2018年05月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。