facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

「第5回萩ibasho映画祭」の応援をクラウドファンディングで実現!

山口県萩ツインシネマで開催する「第5回萩ibasho映画祭」に
たくさんのお客様にきてほしい

1980年創業の萩ツインシネマで開催する映画祭を多くの方に知ってもらい、映画祭を盛り上げようと立ち上げたプロジェクトです。インディーズ映画の監督たちが来ツイし映画をPRする、映画監督と身近で交流できる映画祭です。

コレクター
19
現在までに集まった金額
128,500
残り日数
26
目標金額 1,500,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2024年8月16日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトを応援

目標金額 1,500,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2024年8月16日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

Presenter
特定非営利活動法人萩コミュニティシネマ 代表理事 柴田寿美子 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

特定非営利活動法人萩コミュニティシネマは2004年、前身の地元有志の民間会社の活動を引き継ぎ映画館「萩ツインシネマ」の運営をしている団体である。館長、柴田は、1971年島根県松江市生まれ。映画館のない町に生まれ、映画館の非日常感にとてもあこがれをもっていた。 映画館のボランティアに登録したことがきっかけで、2015年より萩ツインシネマの二代目支配人となる。 2023年、法人代表の急逝により、萩ツインシネマの代表となり「館長」を名乗り、映画館の灯を守り続けている。

このプロジェクトについて

1980年創業の萩ツインシネマで開催する映画祭を多くの方に知ってもらい、映画祭を盛り上げようと立ち上げたプロジェクトです。インディーズ映画の監督たちが来ツイし映画をPRする、映画監督と身近で交流できる映画祭です。

萩ibasho映画祭をはじめたきっかけ

はじめまして。萩ツインシネマ館長、柴田寿美子です。
萩ibasho映画祭がスタートして、今年が第5回の映画祭開催となります。

2019年、デジタル映写機が故障し、映画館の閉館も考えたとき、全国からの寄付により映写機を購入でき、映画館を再開することができた、大きな出来事がありました。
翌2020年、新型コロナウイルス感染症の脅威、緊急事態宣言が発令され、人々が孤立し、悲しいニュースが溢れていました。そんな中、萩ツインシネマは、全国で唯一営業を続ける映画館となり、我々は、萩ツインシネマを人々の居場所にしたいと、シンポジウムを中心とした、映画祭を開催したのです。

第2回目の萩ibasho映画祭は、次のステップとして、コロナ禍で上映機会を失った映画を支援するため、コンペティション部門を新設し、映画監督とお客様が直接交流できる映画祭として再スタートをしました。
映画祭の象徴となるトロフィーは、萩焼の大家13代三輪休雪氏の作品です。三輪先生の陶芸家としての原点となった作品群のひとつで「少年の日に、口にくわえたぬれた指で、障子に穴をあけた遊び心を忘れない」なんだそうです。
このようにして準備を整えた映画祭ではありましたが、都市から離れた過疎の街での映画祭に、集客はふるわず、せっかく来てくださった映画関係者方々に申し訳ない思いでいっぱいでした。

「土手と夫婦と幽霊」渡邉高章監督とibashoトロフィー第2回映画祭グランプリ「土手と夫婦と幽霊」渡邉高章監督と萩ibashoトロフィと館長柴田

萩ツインシネマが制作した映画を特別上映

また、萩ツインシネマでは、文化庁支援事業、AFFとAFF2の採択をいただき、
「ハッピーバースディ~みんなみんな生まれてきてくれてありがとう~」
「さよなら萩ツインシネマ」
の2作品を制作しました。両方に共通する「家族の形」。我々萩ツインシネマの仲間は「血のつながらない家族」であり、これから先も、映画館を通して、全国の方と家族のように心の交流をしていくことを希望しています。

第5回萩ibasho映画祭では、この二作品も特別上映いたします。

映画監督さんや出演俳優さんとの交流ができる、
会場を満席に、たくさんお客様にきていただける第5回目の萩ibasho映画祭を目指します。

過去4回映画祭を実施しましたが、集客には本当に苦労しています。このままではいけないと、第3回より参加してくださっている加藤悦生(かとうよしお)さんが、お仲間の映画監督さんにお声かけいただき、萩ツインシネマを支援する輪を広げてくださいました。
 映画祭のスケジュールの検討、ホームページの作成、映画祭PR映像 の編集、東京の専門学校学生さん支援のチラシの製作など、ボランティアでの支援を次々と実行にうつしてくださっています。

加藤悦生監督と女優辻しのぶさん。「三尺魂」が日本映画初インドネシアでリメイクインドネシアにて「Kembang Api](三尺魂)の上映会場で加藤悦生監督と女優辻しのぶさん

映画監督:加藤悦生(かとうよしお)フリーランス 映像ディレクター
千代田工科専門学校映画科で鈴木清順監督に師事する。卒業後、映像ディレクターとしてテレビ番組や、CM、PVなどの制作に従事する傍ら2013年よりに自主制作で長編映画の製作を開始、数々の映画祭で上映、受賞。東洋美術専門学校にて映像演出の講師を務める。
2023年に監督・脚本作『三尺魂』がインドネシア初の日本映画リメイク『𝐊𝐞𝐦𝐛𝐚𝐧𝐠 𝐀𝐩𝐢』というタイトルにてインドネシア全国公開。(第5回萩ibasho映画祭出品作品「78:22」)

第5回萩ibasho映画祭内容
・コンペティション映画上映期間 7月27日(土)~8月23日(金)
・「第5回 萩ibasho映画祭」8月2日(金)~4日(日)
・特別企画 女優 高樹沙耶さん トークショー 8月3日(土)
・萩ツインシネマ制作映画「ハッピーバースディ」「さよなら萩ツインシネマ」上映 8月2日(金)

第5回萩ibasho映画祭コンペテション作品
より詳しい内容はこちら⇒萩ibasho映画祭/萩ツインシネマ

「78:22」加藤悦生監督作品

「家族・する」渡邉高章監督作品


「レターパック裁判~勇者の証~」髙梨由美監督作品

君はなぜ戦うのか?仮面ファイター2 初代タイガーマスク最後の弟子」 小楠建志監督作品


愛とか、恋とか」中屋充史監督作品


「憧れ doll 」みやび監督作品


「生きない」蓮田キト監督作品

映画祭へ参加表明をしてくださっている方々

「78:22」加藤悦生(監督)。
「家族・する」渡邉高章(監督)、坂巻佑(出演)、愛川りな(出演)。
「レターパック裁判~勇者の証~」髙梨由美(監督・脚本)、高樹沙耶(主演)、田中昌之(特別出演・元クリスタルキング)。
「君はなぜ戦うのか~初代タイガーマスク最後の弟子~」小楠健志(監督)。
「愛とか、恋とか」高橋佑奈(プロデューサー・主演)、岩松あきら(撮影・録音)、古川良則(照明)。
「憧れ doll」みやび(監督・主演)。
「生きない」蓮田キト(監督)、都志見久美子(出演・萩出身)

募集するお金の使い道

支援していただいたお金はお客様が萩ツインシネマで実際に映画を観ていただく料金と考えると同時に、ご支援の半分は萩ibasho映画祭の開催費用と萩ツインシネマの運営資金に、残りの半分は映画祭にご参加いただく映画製作者の皆様へのギャランティとしてお届けし、活用します。

リターンについて

リターンの商品は、一部をのぞき「萩ツインシネマ」受付窓口で受け取っていただきます。
「ライブ配信URL」につきましては、指定の期日になりましたら、専用のアドレスをメールにてお送りします。

【お礼のメッセージ】
館長柴田より、お礼のメッセージをメールにて送らせていただきます。

【第5回ibasho映画祭コンペティション結果をハガキでお知らせ】
館長柴田が直筆にて、コンペ結果をハガキにて報告します。

期間中(7月27日~8月23日)コンペティション映画鑑賞券(1枚)】
※萩ツインシネマ受付にて受け渡し
コミュニティシネマ制作の二作品を含む、コンペテション映画鑑賞のためのチケットです。映画祭先行上映、映画祭グランプリ投票権、グランプリ発表後の上映、期間中何度でも映画を観ていただけるチケットです。

【萩ibasho映画祭3日間ライブ配信URL(視聴期間:8/2〜8/4)×1 (8月1日受付締切)】
萩ツインシネマの映画祭の様子、映画上映、遠くにいてもライブ中継で同時にお楽しみいただけき投票までしていただける、配信URLをお届けします。

【8/4(日)萩ibasho映画祭ランチ交流会参加券(1名)(8月3日受付締切)】
※萩ツインシネマ受付にて受け渡し
8月4日(日)のランチタイム。グランプリ発表前のひととき、ツインシネマ特製カレーとデザート、映画監督と一緒にすごす昼食会参加チケットです。


8/3(土)萩ibasho映画祭ウェルカムパーティー参加券(1名)(8月2日受付締切)】
※萩ツインシネマ受付にて受け渡し
8月3日(土)の夕食交流会。映画監督、関係者とともに、萩の海の幸、山の幸てんこもり。お刺身、地酒などで、映画談義ができるひとときを過ごせるチケットです。

第4回萩ibasho映画祭に参加いただいた「犬ころたちの唄」前田多美監督

【8/5(月)映画監督・小楠建志が案内するお弁当付き萩観光参加券(1名)(8月4日受付締切)】
※萩ツインシネマ受付にて受け渡し
映画館のちょっと先には海が広がっています。明治維新の史跡だけではない、萩のとっておきの場所を映画監督・小楠建志が観光案内する、スペシャルコースのチケットです。

カメラマン・映画監督 小楠建志さん
1971年浜松市生まれ。福岡在住。元総合格闘技修斗世界2位からドキュメンタリー映画監督に転身。発表映画「自転車で地球を6周して分かったこと」「仮面ファイター 総合格闘技は日本から生まれた1985」「君はなぜ戦うのか?仮面ファイター2 初代タイガーマスク最後の弟子」「Fight of the ring 10周年記念大会」

映画監督・小楠建志さん

萩自慢の風景、菊が浜と指月(しづき)山に沈む夕日

想定されるリスクとチャレンジ

今回はプロダクションファンディング(All in)での挑戦になるため、もし目標金額未達となった場合でも、不足する資金は自費で補填し、萩ibasho映画祭を実現します。リターンも必ずお届けしますので、ご安心ください。
また、萩ibasho映画祭に参加表明していただいている映画監督さん、キャストさんたちは、クラウドファンディングの状況にかかわらず、萩ツインシネマに来場することを約束いただいています。プロジェクトが変更になることはありません。
クラウドファンディングを通じて、山口県萩市の魅力を発信していける機会になれば幸いです。

最後に、、

最後までお読みくださって、ありがとうございます。

萩ツインシネマ二代目支配人で、昨年代表の急逝により二代目の法人代表理事となった柴田寿美子です。私は、1971年島根県松江市の山間の村に生まれ、映画館のない町でずっと生活をしていました。大学生のころ「映画なんかみない」と言っていた私に、つまんないヤツだと知人に言われまして、それが転機となり、映画館に興味を持つようになりました。まだ世の中に郊外型の映画館が誕生する前です。

1980年に建設された萩ツインシネマは、何代にもわたって、厳しい経営状況の中、必死でバトンをつなぎ、守り抜いてきた本当に素敵な映画館です。
萩ツインシネマを運営する、特定非営利活動法人萩コミュニティシネマは2004年の設立以来、本年で20周年となります。現在は、ボランティアで映画館を支える体制が整い、なんとか営業を続けられています。しかしながら、次の時代にバトンをつなぐには、もう少し頑張って、お客様をお招きし、経営体力の強い、映画館にしなければなりません。まずは、わたしたち、萩ツインシネマの存在を知っていただくこと、そして、ぜひツインシネマで、私たちと映画と出会ってくださいますよう、お会いできることを楽しみにしています。

リターンを選ぶ

  • 1000

    上乗せ応援歓迎!全力応援プラン

    • 萩ibasho映画祭グランプリ結果通知葉書(1通)
    • お礼のメール(1通)
    • 2024年08月 にお届け予定です。
    • 5人が応援しています。
  • 3000

    期間中(7月27日~8月23日)コンペティション映画鑑賞券(1枚)

    • 期間中(7月27日~8月23日)コンペティション映画鑑賞券(1枚)※萩ツインシネマ受付にて受け渡し
    • お礼のメール(1通)
    • 2024年08月 にお届け予定です。
    • 6人が応援しています。
  • 5000

    【8月1日受付締切】萩ibasho映画祭3日間ライブ配信URL(視聴期間:8/2〜8/4)×1

    • 萩ibasho映画祭3日間ライブ配信URL(視聴期間:8/2〜8/4)×1
    • お礼のメール(1通)
    • 2024年08月 にお届け予定です。
    • 3人が応援しています。
  • 残り9枚

    5000

    【8月3日受付締切】8/4(日)萩ibasho映画祭ランチ交流会参加券(1名)

    • 8/4(日)萩ibasho映画祭ランチ交流会参加券(1名)※萩ツインシネマ受付にて受け渡し
    • 期間中(7月27日~8月23日)コンペティション映画鑑賞券(1枚)※萩ツインシネマ受付にて受け渡し
    • お礼のメール(1通)
    • 2024年08月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 残り7枚

    8000

    【8月2日受付締切】8/3(土)萩ibasho映画祭ウェルカムパーティー参加券(1名)

    • 8/3(土)萩ibasho映画祭ウェルカムパーティー参加券(1名)※萩ツインシネマ受付にて受け渡し
    • 期間中(7月27日~8月23日)コンペティション映画鑑賞券(1枚)※萩ツインシネマ受付にて受け渡し
    • お礼のメール(1通)
    • 2024年08月 にお届け予定です。
    • 3人が応援しています。
  • 残り8枚

    10000

    【8月4日受付締切】8/5(月)映画監督・小楠建志が案内するお弁当付き萩観光参加券(1名)

    • 8/5(月)映画監督・小楠建志が案内するお弁当付き萩観光参加券(1名)※劇場受付にて受け渡し
    • 期間中(7月27日~8月23日)コンペティション映画鑑賞券(1枚)※萩ツインシネマ受付にて受け渡し
    • お礼のメール(1通)
    • 2024年08月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。