ドキュメンタリー映画『波伝谷に生きる人びと』をクラウドファンディングで実現!

震災前の人の営みを伝えるドキュメンタリー映画『波伝谷に生きる人びと』の劇場公開にご協力下さい!!

  • 宮城県
  • 映画

3.11までの3年間、南三陸の小さな漁村の日常を追ったドキュメンタリー映画『波伝谷(はでんや)に生きる人びと』。そこに描かれている地方の漁業者の生き方と地域のつながりを全国の観客に届けるため、みなさんの力をお貸し下さい!!

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、2015年3月31日23:59に終了しました。

コレクター
76
現在までに集まった金額
669,000
残り日数
0

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、2015年3月31日23:59に終了しました。

Middle?1419990617

Presenter
我妻和樹(ピーストゥリー・プロダクツ) プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

 震災前の南三陸を舞台にしたドキュメンタリー映画『波伝谷(はでんや)に生きる人びと』(PFFアワード2014 日本映画ペンクラブ賞)監督。  1985年宮城県生まれ。2004年4月に東北学院大学文学部史学科に入学。翌2005年3月より、同大学の民俗学研究室と東北歴史博物館の共同による、宮城県本吉郡南三陸町戸倉地区波伝谷での民俗調査に参加。2008年の報告書完成と同時に大学を卒業し、その後個人で波伝谷でのドキュメンタリー映画製作を開始する。  現在はピーストゥリー・プロダクツとして上映会を主宰。2014年の夏には『波伝谷に生きる人びと』宮城県沿岸部縦断上映会(11市町)も開催している。

『波伝谷に生きる人びと』を見る前に~推薦文②山内宏泰さん~

vol. 8 2015-02-01 0

 みなさまこんばんは。プロジェクトマネージャーの野村です。

 昨日は、小川直人さんによる推薦文をご紹介しました。今日は、同じくPR資料に掲載されている宮城県気仙沼市のリアス・アーク美術館学芸係長である山内宏泰さんによる推薦文をご紹介します。ぜひご一読ください。

『波伝谷に生きる人びと』という映画の意味 山内宏泰

 この作品の監督・我妻和樹は、2005年から民俗学を学ぶ大学生として南三陸町戸倉地区波伝谷の調査に参加し、在学中は3年間、波伝谷に通い詰め「春祈祷」という同地域にとって非常に重要な行事を取材、記録し、卒業論文もこのテーマで書き上げた。
 大学卒業後も波伝谷に通い、さらに3年間その日常を記録し続けた我妻は、膨大な映像を編集しドキュメンタリー作品としてまとめ上げようとしていた。そしてあの日、試写会の日取りを決めるべく訪れた波伝谷で震災に遭遇する。その瞬間から、ポジフィルムとして波伝谷の日常を記録したはずの映像は、「震災被災の本質」を語るネガフィルムとなった。
 デジタルカメラが普及した現在、フィルムというものを知らない世代も多くなってきているが、フィルムにはポジフィルムとネガフィルムの2種類がある。ポジフィルムは見たままの色彩と明暗をそのまま焼き付け、一方のネガフィルムは色彩と明暗が現実世界とは反転した状態で焼き付けられる。映画の場合、フィルムはポジであり、その連続したコマが一定速度で連続投影されることで動画となる。
 大津波によって三陸地方沿岸部の多くの町が壊滅した。過去最悪とも言えるこの大災害はありとあらゆるメディアによって記録された。しかしそれらは全て「非日常」と化した被災後の記録である。「どう壊れたのか」を記録したそれらをポジとするならば、『波伝谷に生きる人びと』という作品はネガと言える。この作品には「どう壊れたのか」ということは何も記録されていない。そこには「何が壊れたのか」ということだけが映し出されている。
 若いころの苦労話をする老人の姿。祭りに向けて結束を強めていく地域の姿。酒を飲み、とめどなくはしゃぐ男たちの姿。そして翌日には何事もなかったかのように養殖業に精を出す寡黙な人の姿。一方で、現代の若者には共有しがたい契約講という地域の伝統的な制度の存続に苦慮する大人たちの姿など、若者の減少と廃れゆく未来への不安が顔をのぞかせる。喜びと苦悩が繰り返す堂々巡りの日々。そこに映し出されるのは、伝統文化とかけ離れていく現実の中で視界不良となり、先行きに不安を抱えながらも淡々と暮らす人々の姿であり、無縁の者が見れば「退屈」と感じるかもしれないほどの何気ない日常である。
 「被災する」ということの本当の意味を知りたければこの作品を見てほしい。日々淡々と繰り返す日常が突然終わる。この作品に映し出された全ての事象を反転した姿、それが東日本大震災の本当の姿である。一被災者として、同じように被災地の前後を見てきた人間として、私はこの作品を一人でも多くの人に見てほしいと感じる。今、この作品が存在し、目にすることができる奇跡を共有してほしい。そして自分が失うことになるかもしれない「退屈な日常」の価値と幸福の意味を再認識してほしい。

山内宏泰(やまうち・ひろやす)
1971年、宮城県石巻市生まれ。気仙沼市在住。1994年よりリアス・アーク美術館学芸員(現在学
芸係長)。2011~2012年、気仙沼市・南三陸町震災被害調査記録担当。同館常設展示「東日本
大震災の記録と津波の災害史」編集/2012~2014年度国立歴史民俗博物館共同研究員。著書に「砂の城」:近代文芸社。

気仙沼市とリアス・アーク美術館
 宮城県気仙沼市は、岩手県との県境に位置し、まぐろなどの遠洋漁業の基地として賑わいをみせていました。震災では、津波とともに流出した重油による火災によって甚大な被害を受け、1300人以上の死者行方不明者がいます。地域の芸術文化の拠点であったリアス・アーク美術館は、高台に位置していたため被害を免れ、現在では震災に関する常設展示を持つ施設としても有名です。

アップデート一覧に戻る

リターンを選ぶ

  • 1000

    個人特典①

    • 監督よりお礼のメッセージ
    • コレクター限定アップデートの共有
    • 2015年03月 にお届け予定です。
    • 9人が応援しています。
  • 3000

    個人特典②

    • 監督よりお礼のメッセージ
    • コレクター限定アップデートの共有
    • 「協賛」として公式サイトにお名前掲載
    • 2015年04月 にお届け予定です。
    • 12人が応援しています。
  • 5000

    個人特典③

    • 監督よりお礼のメッセージ
    • コレクター限定アップデートの共有
    • 「協賛」として公式サイトにお名前掲載
    • 劇場招待券1枚進呈(但し東京公開限定となる場合があります)
    • パンフレット1部進呈
    • ポストカード2種進呈
    • 2015年07月 にお届け予定です。
    • 26人が応援しています。
  • 10000

    個人特典④

    • 監督よりお礼のメッセージ
    • コレクター限定アップデートの共有
    • 「協賛」として公式サイトにお名前掲載
    • 「協賛」としてエンドクレジットにお名前掲載
    • 劇場招待券1枚進呈(但し東京公開限定となる場合があります)
    • パンフレット1部進呈
    • ポストカード2種進呈
    • 2015年07月 にお届け予定です。
    • 19人が応援しています。
  • 10000

    企業・団体特典A

    • 監督よりお礼のメッセージ
    • コレクター限定アップデートの共有
    • 「協賛」として公式サイトにお名前掲載(HPリンク付き)
    • 作品フェイスブックでの紹介(投稿の時期と紹介の仕方はこちらの任意になります)
    • 2015年05月 にお届け予定です。
    • 3人が応援しています。
  • 20000

    個人特典⑤

    • 監督よりお礼のメッセージ
    • コレクター限定アップデートの共有
    • 「協賛」として公式サイトにお名前掲載
    • 「協賛」としてエンドクレジットにお名前掲載
    • 劇場招待券1枚進呈(但し東京公開限定となる場合があります)
    • パンフレット1部進呈
    • ポストカード2種進呈
    • 東京公開終了後にサポーター限定作品ブルーレイ(監督サイン入り)を1枚進呈
    • 2015年11月 にお届け予定です。
    • 3人が応援しています。
  • 30000

    個人特典⑥

    • 監督よりお礼のメッセージ
    • コレクター限定アップデートの共有
    • 「協賛」として公式サイトにお名前掲載
    • 「協賛」としてエンドクレジットにお名前掲載
    • 劇場招待券2枚進呈(但し東京公開限定となる場合があります)
    • パンフレット2部進呈
    • ポストカード2種×2セット進呈
    • 作品のパイロット版DVD2種(30分バージョン・56分バージョン)進呈
    • 東京公開終了後にサポーター限定作品ブルーレイ(監督サイン入り)を1枚進呈
    • 2015年11月 にお届け予定です。
    • 3人が応援しています。
  • 30000

    企業・団体特典B

    • 監督よりお礼のメッセージ
    • コレクター限定アップデートの共有
    • 「協賛」として公式サイトにお名前掲載(HPリンク付き)
    • 「協賛」としてエンドクレジットにお名前掲載
    • 作品フェイスブックでの紹介(投稿の時期と紹介の仕方はこちらの任意になります)
    • 劇場招待券1枚進呈(但し東京公開限定となる場合があります)
    • パンフレット1部進呈
    • ポストカード2種×2セット進呈
    • 東京公開終了後にサポーター限定作品ブルーレイ(監督サイン入り)を1枚進呈
    • 2015年11月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 50000

    個人特典⑦

    • 監督よりお礼のメッセージ
    • コレクター限定アップデートの共有
    • 「協賛」として公式サイトにお名前掲載
    • 「協賛」としてエンドクレジットにお名前掲載
    • 劇場招待券4枚進呈(但し東京公開限定となる場合があります)
    • パンフレット4部進呈
    • ポストカード2種×4セット進呈
    • 劇場用ポスター1部進呈
    • 作品のパイロット版DVD2種(30分バージョン・56分バージョン)進呈
    • 東京公開終了後にサポーター限定作品ブルーレイ(監督サイン入り)を1枚進呈
    • 東京公開終了後にフレーム入り波伝谷風景写真(監督サイン入り)2種進呈
    • 2015年11月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 50000

    企業・団体特典C

    • 監督よりお礼のメッセージ
    • コレクター限定アップデートの共有
    • 「協賛」として公式サイトにお名前掲載(HPリンク付き)
    • 「協賛」としてエンドクレジットにお名前掲載
    • 作品フェイスブックでの紹介(投稿の時期と紹介の仕方はこちらの任意になります)
    • パンフレットに名刺大の広告掲載
    • 劇場招待券2枚進呈(但し東京公開限定となる場合があります)
    • パンフレット2部進呈
    • ポストカード2種×2セット進呈
    • 東京公開終了後にサポーター限定作品ブルーレイ(監督サイン入り)を1枚進呈
    • 2015年11月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り7枚

    100000

    個人特典⑧

    • 監督よりお礼のメッセージ
    • コレクター限定アップデートの共有
    • 「協賛」として公式サイトにお名前掲載
    • 「協賛」としてエンドクレジットにお名前掲載
    • パンフレットでの作品へのコメント掲載(字数指定)
    • 劇場招待券8枚進呈(但し東京公開限定となる場合があります)
    • パンフレット8部進呈
    • ポストカード2種×8セット進呈
    • 劇場用ポスター2部進呈
    • 作品のパイロット版DVD2種(30分バージョン・56分バージョン)進呈
    • 東京公開終了後にサポーター限定作品ブルーレイ(監督サイン入り)を1枚進呈
    • 東京公開終了後にフレーム入り波伝谷風景写真(監督サイン入り)2種進呈
    • 2015年11月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 残り4枚

    100000

    企業・団体特典D

    • 監督よりお礼のメッセージ
    • コレクター限定アップデートの共有
    • 「協賛」として公式サイトにお名前掲載(HPリンク付き)
    • 「協賛」としてエンドクレジットにお名前掲載
    • 作品フェイスブックでの紹介(投稿の時期と紹介の仕方はこちらの任意になります)
    • パンフレットに4分の1ページほどの広告掲載
    • 劇場でのリーフレット配布(東京公開限定)
    • 劇場招待券4枚進呈(但し東京公開限定となる場合があります)
    • パンフレット4部進呈
    • ポストカード2種×4セット進呈
    • 劇場用ポスター1部進呈
    • 東京公開終了後にサポーター限定作品ブルーレイ(監督サイン入り)を1枚進呈
    • 2015年11月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り3枚

    150000

    企業・団体特典E

    • 監督よりお礼のメッセージ
    • コレクター限定アップデートの共有
    • 「協賛」として公式サイトにお名前掲載(HPリンク付き)
    • 「協賛」としてエンドクレジットにお名前掲載
    • 作品フェイスブックでの紹介(投稿の時期と紹介の仕方はこちらの任意になります)
    • チラシ・ポスターにお名前掲載
    • パンフレットに4分の1ページほどの広告掲載
    • 劇場でのリーフレット配布(東京公開限定)
    • 劇場招待券8枚進呈(但し東京公開限定となる場合があります)
    • パンフレット8部進呈
    • ポストカード2種×8セット進呈
    • 劇場用ポスター2部進呈
    • 東京公開終了後にサポーター限定作品ブルーレイ(監督サイン入り)を1枚進呈
    • 2015年11月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り2枚

    300000

    企業・団体特典F

    • 監督よりお礼のメッセージ
    • コレクター限定アップデートの共有
    • 「協賛」として公式サイトにお名前掲載(HPリンク付き)
    • 「協賛」としてエンドクレジットにお名前掲載
    • 作品フェイスブックでの紹介(投稿の時期と紹介の仕方はこちらの任意になります)
    • チラシ・ポスターにお名前掲載
    • パンフレットに2分の1ページほどの広告掲載
    • 劇場でのリーフレット配布(東京公開限定)
    • 劇場招待券20枚進呈(但し東京公開限定となる場合があります)
    • パンフレット20部進呈
    • ポストカード2種×20セット進呈
    • 劇場用ポスター4部進呈
    • 東京公開終了後にサポーター限定作品ブルーレイ(監督サイン入り)を1枚進呈
    • 東京公開終了後にフレーム入り波伝谷風景写真(監督サイン入り)2種進呈
    • 東京公開終了後に自主上映会開催権1回分進呈(但し、監督の旅費と運営にかかる経費はご負担下さい)
    • 2015年11月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り1枚

    500000

    企業・団体特典G

    • 監督よりお礼のメッセージ
    • コレクター限定アップデートの共有
    • 「協賛」として公式サイトにお名前掲載(HPリンク付き)
    • 「協賛」としてエンドクレジットにお名前掲載
    • 作品フェイスブックでの紹介(投稿の時期と紹介の仕方はこちらの任意になります)
    • チラシ・ポスターにお名前掲載
    • パンフレットに2分の1ページほどの広告掲載
    • 劇場でのリーフレット配布(東京公開限定)
    • 劇場招待券40枚進呈(但し東京公開限定となる場合があります)
    • パンフレット40部進呈
    • ポストカード2種×40セット進呈
    • 劇場用ポスター10部進呈
    • 東京公開終了後にサポーター限定作品ブルーレイ(監督サイン入り)を1枚進呈
    • 東京公開終了後にフレーム入り波伝谷風景写真(監督サイン入り)2種×2セット進呈
    • 東京公開終了後の自主上映会開催権2回分進呈(但し、監督の旅費と運営にかかる経費はご負担下さい)
    • 2015年11月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。