日本・チリ初の合作ファンタジー映画『グリーングラス』をクラウドファンディングで実現!

地震で死んだ後の世界を南米・チリの監督が描く日本・チリ初の合作ファンタジー映画『グリーングラス』

  • VICENTE
  • 映画
  • その他・海外
5743dd41 d90b 4641 b579 ccb5b55ea9af ▶ 再生
  • コレクター
    4人
  • 合計金額
    23,000円
  • 残り
    95

目標金額は3,000,000円です。

このプロジェクトでは、目標到達に関わらず、2017年10月26日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

プロジェクトを応援する

このプロジェクトを応援する

このプロジェクトについて

日本・チリ修好120周年記念となる2017年、チリ人監督による壮大な映像美豊かなファンタジー映画を制作します。世界中が物質主義に向かっていく世の中に向けて一つのメッセージを日本とチリから発信します。

消費される映画ではなく、残っていくアート映画の完成を目指してチリ人監督を筆頭に日本・チリの映画制作チームが全力を尽くします。あと少しで完成まで来ています!! 映画は台詞ではなく、絵で魅せるもの!映画を愛し、絵と絵の行間を楽しみ、映画の力を信じている方々に、この若きチリ人監督の才能、そして日本とコラボレーションする今映画完成させ、たくさんの映画祭へ出品する為に応援よろしくお願いします。

【地球の反対側同士、南米・チリとの“初”の国際共同製作映画。二つ国のフィルメーカーたちがタッグを組み、苦節7年をかけてでも伝えたい事。】

【映画のテーマ】

国と言葉を越えた、

「人間」としての大切な経験

そして美しい風景と美しい生き方についての映画です。

【企画の経緯】

この企画は約7年前、無名の俳優・石崎チャベ太郎が第63回カンヌ国際映画祭に参加し、チリの映画監督イグナシオ・ルイス・アルバレスと出逢った事からすべてが始まりました。様々な国々からフィルメーカーたちが集うカンヌ映画祭。その中でも特にお互いが共鳴し合い、映画祭後に企画がスタートしました。地理も地球の反対側同士に位置する国同士。そして考え方も生活習慣も違うお互いが一番に、映画の題材として一致した答えが『 人生で本当に大切なことは何か?』というメッセージとなりました。そしてお互いの国は地震、火山の国でもあることから『死者への想い』というお互いが共感できるテーマへと辿り着きました。そして物語は登場人物が誰もが経験できない特別な出来事により、成長していく過程に重点を置きました。

【私たちのメッセージ】

今、インターネットはどこでも利用でき、様々なサービスやテクノロジーも一様になりつつあり、生活水準も徐々に一様になりつつある現在。昔と比べ、物質的に困ることはなくなってきている昨今では、色々な国の経済指標、物価指数、GDP、などあらゆる分野の国別ランキングなどの比較情報だけで物事・その国の人、自国の人を評価したりしている傾向に私たちは違和感を抱いています。本当に正しい情報は現場を見ないとわからないと気づいているのにも関わらず、「ここはこういう人たち」と表面的な情報でイメージができてしまっていたり、同じように、テレビのニュースで加工された情報に人々が加工されたまま鵜呑みにしてしまうと本当の事が見えなくなってくる事にも懸念をしています。ブランド物や高級品も、ずっと所有していたとしてもなぜこの品が良いのかについて知ることは少ないのではないでしょうか。それは人間関係においても同様で、チリでも、日本でもこの「表面的な付加価値」からくる人間関係を中心に時間を費やし、色々な事情によってお金を稼ぐ事に重きを置いた生活スタイルを営まなくてはいけない構造にあるのではないでしょうか。そこで私たちはこの情報化社会に対して”時間をじっくりと費やし、そこから見えてくる物事は何か"についての内容に盛り込みました。そしてこの脚本を読んで、チリと日本の国民的な俳優さんたちが参加してくれました!

ここで一つ、皆さんに感じてほしい事がこの私たちの映画にはあります。それは、 生きていく中で培ってきた「常識」、そして「生きる意味」とは皆さんにとって一体何でしょうか皆さんが忙しい毎日を過ごす中で、ついつい見失いがちな「人間的なこと」「相手の立場に立つ」。言葉は曖昧ですが、この映画は、現代社会に生きているとつい忘れてしまいがちな「大切なこと」、「本当にするべきこと」、この素朴な問いかけについてチリ人監督のイグナシオ・ルイスが一つのメッセージを発信します。

【皆さんはチリをご存知ですか?】

【チリの監督が繰り広げる壮大な映像美豊かなファンタジー映画】

私たちは上記のテーマを表現するために、徹底したロケーションハンティングを行いました。チリと言えば、ラテンでワインなどの食品関係、モアイ、そして津波等でイメージがありますが、そういったイメージを一切排除した場所で、昨年7月~8月、南米・チリで【チリパート】の撮影を行いました!撮影場所は、チリの首都サンティアゴから約400Km離れたコンセプシオンとサン・ニコラスを選びました。

【劇中のカット(チリ撮影にて)】
このような雰囲気で映画が構成されます!!

【チリチームのスタッフ集合写真】
チリのコンセプシオン県ですべて撮影が終了した時に撮った集合写真です。

【撮影時の様子が取り上げられました!!】

【作品概要】

■ストーリー

近藤誠(30)は、全く知らない海岸で目を覚すと、震災で流れ着いたかのようなたくさんの瓦礫が散乱しているのを発見する。そしてそこには、謎の女性が立っていた。近藤は彼女に近づくと、彼女は突然消えてしまう。近藤は完全に困惑し、腕時計を見ると時刻は14時46分で止まっている。自分が知っている場所に戻ろうと歩き、手がかりを探している最中、近藤は、ロベルト(75)とニコラス(33)がちょうどトラックを発車させようとしているのを発見。近藤は車に乗ってしまうがここから信じられない体験が始まっていく・・・。

■キャスト

≪日本キャスト≫

石崎チャベ太郎、エイジ・レオン・リー、大久保運、大澤あけみ、斉藤一平、杉山拓也、本多章一、南優、森本のぶ、山口みよ子、他(五十音順)他

※近藤清役、福永佑介役は現在非公開ですが、ご期待下さい! 

≪チリキャスト≫

ダニエル・カンディア、ヒメナ・リバス、ニコラス・トロ、ニコル・ロメロ、他

■同映画企画の受賞歴・トレーニング

2012年 Corfo Film Award , Project Development.【(チリ政府助成ファンド)映画企画開発賞】
2014年 Talent Project Buenos Aires【ベルリン映画祭タレンツ・ブエノスアイレスのワークショップ参加】
2014年 Vina del Mar International Film Festival 【ビンャ・デル・マール映画祭主催ワークショップ参加】
2015年 Consejo Nacional de la Cultura y las Artes【 (チリ政府助成ファンド) から制作予算の一部助成】
2017年 Berlinale Talents -Project Announcement【ベルリン映画祭主催のワークショップ参加】

■スケジュール

2016年8月:チリでの撮影終了
2017年4月下旬~5月初旬:日本での撮影(現在、4月末の1週間以内のうち3日間を予定)
2018年1月以降:完成披露試写会 or 日本チリ120周年記念イベント上映(日本)/ 在チリ日本大使館主催イベントでの上映(予定)
2018年:メイン映画祭出品プレミア上映(予定)、他国際映画祭出品、国内外映画祭にて順次上映を行っていく。
映画際上映後、日本・チリ、両国にて劇場上映展開を予定

■想定する映画の長さ

100分~120分

■映画のジャンル

ファンタジードラマ

■後援

在日チリ大使館/協力:日本チリー協会、一般社団法人ラテンアメリカ協会、在チリ日本大使館、メルシャン株式会社、タレンツブエノスアイレス/撮影協力:西武鉄道株式会社/作品協力:カールツァイス株式会社

日本・チリ修好120周年記念について
史上初の国際共同製作映画

ワインや食品関係でスーパーなどに並ぶ商品の産地表記に「産地:チリ」と記載がたくさんありますよね。でもチリってどんな国だろう、、、という方も少なくありません。私たちはこの映画を通して皆さんがチリを知り、もっとチリと身近になってもらうことを期待しています。私たちもこの映画の企画開発の中で徐々にチリを知っていった過程がありました。そして私たちは今では遠くて近い国、それがチリとなりました。実はチリは南米、ラテンの中でも日本と結びつきが強い国の一つなんです。歴史を辿りますと、チリとの友好関係は、1897年の開始前後の頃、日本が日露戦争の為に、チリ巡洋艦「エスメラルダ」という船をチリから買い、そしてそれが日本海海戦で成果を挙げた事などのきっかけにより1897年の9月25日に日本チリ修好通商航海条約を締結したことから始まったとされています。2017年の今年は日・チリ外交 関係樹立120周年にあたり、今現在もチリと日本は非常に友好な関係を築き続けています。そして、私たちのこの映画は、チリと日本の史上初の共同製作映画となります。

日本とチリ共和国との協力年表
(外務省の資料へのリンク)

【制作費の一部をクラウドでカバーする】

今回の壮大な世界感を表現するべくチリでの撮影準備・撮影分(撮影日込みで約80日間程度)、現実世界を表現するために日本での撮影準備・撮影(撮影日込みで約20日間程度)をおこなってきました。そして今回のクラウドファンディングでは残り最後の完成させる為に必要な作業・費用は以下の内容になります。この最後の段階に是非、皆様のご支援をお願いします!

{必要な制作費用内訳}
・ポストプロダクション作業
主な作業の内訳:編集、タイトル、カラーコレクション、エフェクト、アニメーション、MA、オーサリング作業、映画祭出品形態への準備作業、映像字幕制作費等含む
合計:300万円

【プロフィール紹介】

- ベルリン国際映画祭主催ワークショップ卒業者たち -
タレンツ・ベルリン、タレンツ・トーキョー、タレンツ・ブエノスアイレス
タレンツ(TALENTS INTERNATIONAL)とは?


監督
イグナシオ・ルイス・アルバレス

映画監督、アニメーション監督。チリ南部に位置するプエルト・モント出身。 バル・パライソ大学(Universidad de Val-paraiso)映画学科卒業。 その他、ブラザーアドバテイズメント(Brother Advertisement)にて、イラストを学ぶ。卒業後は主に映画での造形美術などを担当。 2011年には監督作品「Humanoide no Robot」でペドロ・シエナ賞にて、最優秀短編アニメ賞を受賞。 主な作品として、映画『Manzanas Amarillas』、『DESCANSAR』、『RAMON』などがある。 タレンツ・ブエノスアイレス修了生
Official Site

<過去作品:予告編>

タイトル:Manzanas Amarillas [ Yellow Apples(訳:黄色のリンゴ) ]

タイトル:DESCANSAR [ Rest(訳:休息)]

タイトル:PEÓN [ PAWN(歩兵)] 

プロデューサー 

ジェニファー・ファッシアーニ

北チリ・イキケ出身。パルパライソ大学在学中にプロダクション・ポストプロダクションを専攻し、カトリック大学ではエグゼクティブプロデュースを専攻し、いくつかの短編映画(フィクション・アニメーション)企画にプロデューサーとして参加。現在、今企画以外では映画『Perros Sin Cola』、映画『Morir Tres Veces』をプロデュースしている。また、チリのボクサー“マーティン・バルガス”をテーマにしたテレビドラマシリーズ『Pega Martín Pega』(Fond CNTV)ではプロダクションチームに参加。ファンド申請を軸にして映画企画から配給までの分野を得意としている。 タレンツ・ベルリン修了生

プロデューサー
曽我 満寿美

埼玉県出身。日本の映像制作会社(エクセレントフィルム、ウィル・ドゥ)で6年勤め上げ、その後、退社し独立映画のプロデューサーになるべく、 タレンツ・トーキョーのワークショップに参加する。 日本だけでなく世界の観客にも届くような面白い映画を手がける事を目標にして、いくつかの映画企画開発を開始する。初プロデュース映画『Tanaka's Happy Farm』(イアン・ワン監督)、共同プロデューサーとして参加した映画『Oh Lucy!』(平柳敦子監督)などがある。映画『Oh Lucy!』では2014年のカンヌ国際映画祭シネフォンダシオン部門で銀賞を受賞。

【キャスト紹介】

近藤 誠役
石崎 チャベ太郎

近年の出演作として映画『獣道』(内田英治監督)、映画『Sea Opening』(堀内博志監督)、ドラマ『撃墜~3人のパイロット』、NHK-Eテレ「ジャッジ〜閉まる自動ドア」、またその他、映画『男たちの大和』、映画『堀川中立売』、映画『体温』、NHK朝の連続テレビ小説『芋たこなんきん』、『仮面ライダーガイム』、『天下騒乱』、など。 また、主演作の『体温』(緒方貴臣監督)や『barrier』(箱守恵輔監督)などでは数々の映画祭で受賞・入選される。
Official Site

近藤 清役
近藤誠の父親。会社の社長。
乞うご期待下さい!

福永 佑介役
近藤誠の父親。長年連れ添っている清の秘書。
乞うご期待下さい!

ロベルト役
ダニエル・カンディア

チリ・チジャン出身の俳優。テレビ・映画で活躍。 代表作としてアレハンドロ・フェルナンデス監督作品『Matar a un Hombre』主演。 また他の主な出演作として『Sentados Frente al Fuego(2011)』、『En las afueras de la ciudad(2012)』、『Matar a un hombre』などがある。 また、今年の連続ドラマ『Bala loca』にも出演。映画『Matar a un hombre』ではサンダンス映画祭にてワールドシネマ審査員賞を受賞。

ロサ役
ヒメナ・リバス

チリ・サンティアゴ出身の女優。 チリ・カトリック大学で、キューバの映画学校で演技・演出 を専攻。チリの詩人ガブリエラ・ミストラル原作TVドラマ『La Gabriela』で脚光を浴び、 チリの国民的な女優の一人として地位を確立する。主な出演作としてパブロ・ラライン監督の『Neruda(2016)』、そして 『El arbol magnetico (2013)』、『Bombal (2011)』、『Kiltro(2006)』、 『El chacotero sentimental(1999) 』など。

ニコラス役
ニコラス・トロ

チリ・サンティアゴ出身の俳優。 大手ブランドのテレビCMの出演者としてキャリアをスタートさせる。 現在は俳優業と平行して、子供たちの為に絵本の読み聞かせや人形劇の活動を行っている。 主な出演作として『un largometraje sin guión(2011)』、『Canción sin letra(2013)』、 『Descansar(2015)』。また有名なチリの人形劇番組にも出演している。

ラロ役
トーマス・シューラー

チリ・サンティアゴ出身のビジュアルアーティスト、アニメーター。チリ・カトリック大学で芸術 を専攻。普段は絵画制作やアニメーション作品を監督として手がけている。 俳優としての出演作は映画『Ramon(2015)』。 今作『グリーングラス』は初の長編参加作品となる。

カミラ役
ニコル・ロメロ

チリ・コンセプシオン出身の女優・ヨガインストラクター。女優としては、アルゼンチンで演技学校を卒業し、国連ウィメン協会(UN WOMAN)が主催する同性愛について舞台で、レズビアン団体「Rompiendo el silencio(沈黙を破るの意)」から参加した。インストラクターとしては2013年にタイのヨガカレッジにてビクラムヨガのライセンスを取得している。今作『グリーングラス』は初の長編参加作品となる。

エンディング曲

日本のアーティストが決定しました!

乞うご期待下さい!

企画・製作

Niebla Producciones【チリ】
インディペンデントの監督たちが2010年に映画団体として結成、後に法人化。映画の企画、製作、配給を行うチリのプロダクションカンパニー。芸術性を重視し、特異な世界感、登場人物を中心にして絵で語る映画に挑戦し続けています。

<公式サイト>
http://www.nieblaproducciones.cl/

VICENTE【日本】
ウェブサイト制作、ポスター制作、映像字幕制作を中心としたデザインカンパニー。 企業サイト、映画公式サイトの制作はもちろん、俳優向けの独自のサービス【 THE ACTOR'S CAFE】を管理・運営。 長編映画企画としてはこの『グリーングラス』が最初のプロジェクトとなる。

<公式サイト>
http://vicentee.com/

想定されるリスクとチャレンジ

リスク・困難な部分としては、この映画は通常の出資などによって作られる商業映画ではなく、ファンドや寄付によって製作されるアートインディペンデント映画ですので、資金が十分集まらなければ、完成が遅れたり、公開が遅れたり、再び撮影の機会を待つなど様々なリスクが考えられます。映画の完成のためには、今回のクラウドファンディングの目標金額の資金が必要不可欠です。

そしてチリで行った撮影と同一の機材・人材で日本撮影や完成作業を行う事やベルリン国際映画祭を目指すべく完成期日を迅速に行うこと、などの時間の制約を解決することと、さらにクリエイティブレベルをより高めることを重要視しています。資金が集まらないと完成が遅れて出品すらできなくなり、さらには7年も費やした企画が作品がしっかり完成自体しない可能性があります。また、テーマやメッセージは変わることはありませんが、映画は現在、制作中ですのでの、内容が多少変わる可能性はあります。この映画を通じて、日本・チリの架け橋にもなる映画に全力を尽くして頑張りますので皆さん応援よろしくお願いします!

私たちの目標は2017年10月までに作品を完成させてを終えて、映画祭出品、2018年の国際映画祭での上映を目指します。そして2018年秋頃に日本で劇場公開を目指し、チリでの公開も期間はまだ未定ですが目指しています。

また、日本では主要都市での上映を想定していますが、映画が未完成の現時点では、上映場所、日程などを特定できないことをご了承下さい。

以上の事情をご理解頂ければ幸いです。支援者のみなさまに一日でも早くご報告ができるよう頑張ります!

各リターンについての詳細

【コレクター限定の情報を共有】

映画の状況をリアルタイムでお伝えします。チリでの撮影から報告をしたいと思います。日本とは反対側に位置するチリの国の人達が何を考え、何を話し合いながら、この映画に向きあっているのかについてお伝えします。日本の撮影ではみられにくいチリ特有の明るい雰囲気が現場でも反映されていました。

【映画公式HPにサポーターとしてお名前を掲載(希望者のみ)】

お名前を映画公式サイトに掲載致します。公式サイトは、日本映画公開用のサイトとなります。

【映画特製ワイン用エコバック】

チリと言えば、皆さんご存知の「チリワイン」!そのワインを入れる専用エコバックになります。ボートの上に立った青年のイラストはラロ役 のトーマス・シューラーが描きました!このエコバックには映画『グリーングラス』のロゴも入って特別感満載です★

【チリ人監督による映画絵コンテ本】 

アニメーターでもあるイグナシオ監督による、インクなどによる材料でワンカットワンカット手書きをしたものを一冊のブックにして皆さんにプレゼントします!

【チリの撮影風景と撮影地の紹介冊子】

今回、チリの撮影地で選ばれた「サン・ニコラス」、「コンセプシオン」での撮影風景や見所を紹介した冊子をプレゼントします!一度、チリへご旅行を検討してみてはいかがでしょうか!?

【パンフレットにお名前掲載(希望者のみ)】

ぜひ本作を応援してくださる方のお名前をパンフレットに掲載させていただきます。

【アルパカクリップ】 

チリと言えばアルパカ!そのアルパカをクリップにした商品をプレゼントします! アルパカの主な生息地はアンデス山脈の北部といわれていまして、 チリの北部に数多く生息しています。またペルー北部やボリビア北部にも生息します。 とっても可愛く、ビジネスにも使えます!書類をまとめるのに大活躍!このアルパカクリップは日本では那須アルパカ牧場、北海道ビバアルパカ牧場、長野の八ヶ岳アルパカ牧場の牧場で売られているものです。

ちなみにアルパカはこんな動物です。似てますね~!

写真元 アルパカ(wikipedia)

【台本(製本されたもの)】 

実際に製作される際に使用した台本を本にしてお渡しします!台本のデザインは変更の可能性があります。また、編集意図の関係で、実際に完成した映画と一致しない可能性があります。

【舞台挨拶つき完成披露試写会1名ご招待】 

誰よりも早く作品をご覧いただける、完成披露試写会にご招待します! 監督来日(予定)、主要キャストの舞台挨拶付き。 2018年上旬、都内にて実施予定。

【日本公開劇場版エンドロールにお名前掲載】 

日本での劇場公開での映画の最後にみなさまの個人、企業、団体名をクレジットとして掲載します。

【チリ・海外公開劇場版エンドロールにお名前掲載】 

日本での公開時だけでなくチリでの劇場公開の場合にも個人、企業、団体名をクレジットとして掲載します。

【エンドロールに「アソシエイトプロデューサー」としてお名前掲載】 

本作のスペシャルサポート、ありがとうございます!エンドロールに「アソシエイトプロデューサー」としてお名前を掲載させていただきます! ※決済時にご希望の表記名をご記入ください。ご記入のない場合はコレクター名を記載させていただきますので、あらかじめご了承ください。

もっと読む

このプロジェクトを応援する

コレクター
4人
現在までに集まった金額
23,000円
目標金額は3,000,000円です。
残り
95

このプロジェクトでは、目標到達に関わらず、2017年10月26日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

プロジェクトを応援する

リターンを選んで応援する

  • 3,000円

    <サポーター>

    • コレクター限定の制作レポートを共有
    • 映画公式HPにサポーターとしてお名前を掲載(希望者のみ)
    • 1人
    • お届け予定:2017年12月
  • 5,000円

    <映画特製ワイン用エコバック>

    • コレクター限定の制作レポートを共有
    • 映画公式HPにサポーターとしてお名前を掲載(希望者のみ)
    • 映画特製ワイン用エコバック
    • 2人
    • お届け予定:2018年01月
  • 10,000円

    <完成披露試写会ご招待>

    • コレクター限定の制作レポートを共有
    • 映画公式HPにサポーターとしてお名前を掲載(希望者のみ)
    • 映画特製ワイン用エコバック
    • 舞台挨拶つき完成披露試写会1名ご招待
    • 1人
    • お届け予定:2018年04月
  • 15,000円

    <チリ人監督による映画絵コンテ、パンフレットにお名前掲載>

    • コレクター限定の制作レポートを共有
    • 映画公式HPにサポーターとしてお名前を掲載(希望者のみ)
    • 映画特製ワイン用エコバック
    • 舞台挨拶つき完成披露試写会1名ご招待
    • チリ人監督による映画絵コンテ本
    • パンフレットにお名前掲載(希望者のみ)
    • 0人
    • お届け予定:2018年04月
  • 30,000円

    <チリの撮影風景と撮影地の紹介冊子、アルパカクリップ>

    • コレクター限定の制作レポートを共有
    • 映画公式HPにサポーターとしてお名前を掲載(希望者のみ)
    • 映画特製ワイン用エコバック
    • 舞台挨拶つき完成披露試写会1名ご招待
    • チリ人監督による映画絵コンテ本
    • パンフレットにお名前掲載(希望者のみ)
    • チリの撮影風景と撮影地の紹介冊子
    • 大人気!アルパカクリップ15PICS
    • 0人
    • お届け予定:2018年04月
  • 50,000円

    <日本公開劇場版エンドロールにお名前掲載>

    • コレクター限定の制作レポートを共有
    • 映画公式HPにサポーターとしてお名前を掲載(希望者のみ)
    • 映画特製ワイン用エコバック
    • 舞台挨拶つき完成披露試写会1名ご招待
    • チリ人監督による映画絵コンテ本
    • パンフレットにお名前掲載(希望者のみ)
    • チリの撮影風景と撮影地の紹介冊子
    • 大人気!アルパカクリップ15PICS
    • 日本公開劇場版エンドロールにお名前掲載
    • 0人
    • お届け予定:2019年02月
  • 100,000円

    <チリ・海外劇場公開にもエンドクレジットされる>

    • コレクター限定の制作レポートを共有
    • 映画公式HPにサポーターとしてお名前を掲載(希望者のみ)
    • 映画特製ワイン用エコバック
    • 舞台挨拶つき完成披露試写会1名ご招待
    • チリ人監督による映画絵コンテ本
    • パンフレットにお名前掲載(希望者のみ)
    • チリの撮影風景と撮影地の紹介冊子
    • 大人気!アルパカクリップ15PICS
    • 日本公開劇場版エンドロールにお名前掲載
    • チリ・海外公開劇場版エンドロールにお名前掲載
    • 0人
    • お届け予定:2019年02月
  • 300,000円

    <アソシエイトプロデューサーとしてお名前掲載>

    • コレクター限定の制作レポートを共有
    • 映画公式HPにサポーターとしてお名前を掲載(希望者のみ)
    • 映画特製ワイン用エコバック
    • 舞台挨拶つき完成披露試写会1名ご招待
    • チリ人監督による映画絵コンテ本
    • パンフレットにお名前掲載(希望者のみ)
    • チリの撮影風景と撮影地の紹介冊子
    • 大人気!アルパカクリップ15PICS
    • 日本公開劇場版エンドロールにお名前掲載
    • チリ・海外公開劇場版エンドロールにお名前掲載
    • エンドロールに「アソシエイトプロデューサー」としてお名前掲載
    • 0人
    • お届け予定:2019年02月

プレゼンター

Middle 1487142296

VICENTE

  • 東京都

『未来の表現を共に創る』をテーマに映像企画やウェブ制作、ポスター制作、映像字幕翻訳、字幕制作を行っているクリエイティブチームです。

質問や意見をメールする