大島渚『青春残酷物語』デジタル修復版上映をクラウドファンディングで実現!

聴覚障がい者向け日本語字幕付で大島渚『青春残酷物語』のデジタル修復版を上映したい

  • 東京都
  • 映画

昨年1月、映画史に偉大な足跡を残した大島渚監督が亡くなりました。この企画は、大島監督が残した傑作『青春残酷物語』(1960年)を一人でも多くの方と共に観たい、という想いから企画しました。

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、2014年11月27日23:59に終了しました。

コレクター
6
現在までに集まった金額
25,000
残り日数
0

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、2014年11月27日23:59に終了しました。

Middle 1474454065

Presenter
TOKYO FILMeX プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

Middle 1474454065

PRESENTER
TOKYO FILMeX

毎年11月後半に有楽町で開催している国際映画祭「東京フィルメックス」。今年は11月19日(土)から27日(日)まで有楽町朝日ホールをメイン会場に第17回を開催いたします。

上映まで残り3週間!

vol. 2 2014-11-07 0

プロジェクトの情報をお知らせします。

今回のプロジェクトでは、バリアフリー上映を推進するメディア・アクセス・サポートセンター(MASC)さんに、ご協力いただけることになりました。
MASCさんは、バリアフリー上映における様々な展開をされていて、実績もお有りなので、一人でも多くの方に関心をお寄せいただければと思っています。
MASCさんによると、最近映画会社でのバリアフリーへの関心は高まっていて、立川のシネマ・シティという映画館などは力を入れているそうです。

ただ、商業映画館ではどうしても公開中の映画になるので、現在のヒット作には手が届く機会があるものの、本プロジェクトのような過去の名作が日本語字幕付きで上映される機会は少ないようです。
MASCさんからのお話を聴いて、このプロジェクトがどのように受止められるのか、ワクワクしてきました。

http://npo-masc.org/

こちら(↓)は「青春残酷物語」の製作会社、松竹による特集の公式Twitterアカウントです。

4Kという高精細の解像度での修復作業がされたこの作品は今年の5月、フランスのカンヌ映画祭にてお披露目上映されました。

写真はそのときの証明書です。

https://twitter.com/1960shochiku/status/5280779486...

引続き、応援何卒よろしくお願いいたします。

東京フィルメックス
(担当:金谷)

アップデート一覧に戻る

リターンを選ぶ

  • 3000

    サポーター

    • ご支援へのお礼メールをお送りします。
    • 終了後にご報告メールをお送りします。
    • 5人が応援しています。
  • 7000

    スポンサー

    • ご支援へのお礼メールをお送りします。
    • 終了後にご報告メールをお送りします。
    • 支援者一覧のクレジットとして、ご支援いただいた方々のお名前を上映時にのスライドで上映します(締切:11月25日申込分有効)。
    • 0人が応援しています。
  • 残り99枚

    10000

    プレゼンター

    • ご支援へのお礼メールをお送りします。
    • 終了後にご報告メールをお送りします。
    • 支援者一覧のクレジットとして、ご支援いただいた方々のお名前を上映時にのスライドで上映します(締切:11月25日申込分有効)。
    • ご支援いいただいた1名様(1口につき)を11月28日夜の上映会にご招待いたします(締切:11月25日申込分有効)。
    • 特製ポストカードを1枚記念に差し上げます。
    • 1人が応援しています。