facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

オリジナル長編映画『ドロステのはてで僕ら』をクラウドファンディングで実現!

ヨーロッパ企画×朝倉あき出演のオリジナル長編映画『ドロステのはてで僕ら』
支援プロジェクト

京都を拠点に活動を続ける人気劇団、ヨーロッパ企画が初めて挑むオリジナル長編映画『ドロステのはてで僕ら』。本作を、一つでも多くの劇場、そして海外に届けるため、サポーターを募集するプロジェクトです!

コレクター
252
現在までに集まった金額
4,581,777
残り日数
26
目標金額 1,000,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2020年4月24日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトを応援

目標金額 1,000,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2020年4月24日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

Presenter
「ドロステのはてで僕ら」 制作チーム プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

京都を拠点に活動を続ける人気劇団、ヨーロッパ企画が初めて挑むオリジナル長編映画『ドロステのはてで僕ら』。本作を、一つでも多くの劇場、そして海外に届けるため、サポーターを募集するプロジェクトです!

  • 東京都
  • 起案数 1
  • 応援数 0
  • Twitter (未設定)
  • フォロワー 0 人

このプロジェクトについて

京都を拠点に活動を続ける人気劇団、ヨーロッパ企画が初めて挑むオリジナル長編映画『ドロステのはてで僕ら』。本作を、一つでも多くの劇場、そして海外に届けるため、サポーターを募集するプロジェクトです!

はじめに

本作『ドロステのはてで僕ら』は、人気劇団・ヨーロッパ企画が、“演劇の街”下北沢の「映画館」+「映画祭」と手を組み制作する、初のオリジナル長編映画。劇団代表、上田誠さんが原案、脚本を、ヨーロッパ企画の映像ディレクター、山口淳太さんが監督を手がけ、出演はヨーロッパ企画メンバーと藤谷理子さん。そしてヒロイン役には、中川龍太郎監督作『四月の永い夢』主演などで知られ、ヨーロッパ企画とは初コラボとなる若手実力派、朝倉あきさんを抜擢!

本作のより良い形での完成、そして国内はもちろん、海外への映画祭出品、そして劇場公開を目指して応援してくださる方を募集いたします。

『ドロステのはてで僕ら』製作の経緯

■挑戦の始まりは、上田誠さんの革新的短編映画

本プロジェクトにご興味を持ってくださりありがとうございます。
下北沢映画祭の代表を務めております、平井と申します。
今回『ドロステのはてで僕ら』制作チームにおいて、宣伝を担当することになりました。
どうぞ宜しくお願いいたします。

ヨーロッパ企画は、毎年の本公演でおよそ1万5千人を動員する人気劇団です。


ヨーロッパ企画20周年ツアー第37回公演「サマータイムマシン・ブルース」/第38回公演「サマータイムマシン・ワンスモア」


ヨーロッパ企画第35回公演「来てけつかるべき新世界」(第61回岸田國士戯曲賞受賞作)


本公演以外にも、イベントやバラエティ番組制作、ラジオ、携帯アプリ開発など、演劇の枠に捉われず、多方面にわたってコンテンツ制作を展開。劇団でありながら、映画や映像作品にも注力しており、代表の上田誠さんは『夜は短し歩けよ乙女』『ペンギン・ハイウェイ』『前田建設ファンタジー営業部』、劇団員の角田貴志さんは『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』、酒井善史さんはドラマ『大江戸スチームパンク』、諏訪雅さん・石田剛太さんはドラマ『つばめ刑事』など外部作品の脚本なども精力的に手がけています。

また、ひとりひとりがショートフィルムの監督を手がけていることも特徴です。舞台でも2001年初演の『サマータイムマシン・ブルース』以降、たびたびSF、時間、タイムマシンをテーマにしてきた彼らですが、映像作品でもそのこだわりは炸裂。 上田さんは『ゴ』(’08)、『タイムマシン』(’11)、『ハウリング』(’13)、『恋の小フーガ』(’16)、『タイムブック』(’18)と、一貫して“時間映画”を手がけてきました。このCG全盛期の時代に、合成を一切使わず全てアナログ撮影、しかも長回しによってタイムトラベルを映像化する手法に話題が集中。ですがこの撮影方法は、短編映画だからこそ成し遂げられたことでもあると言えます。以後も、“時間映画”の模索は水面下で続けられていたものの、長編映画化への挑戦は無謀と思われていました。

2017、2018年には、下北沢映画祭とのコラボイベント「ヨーロッパ企画と下北沢映画祭のトリウッド大作戦」を開催。下北沢唯一の映画館トリウッドを舞台に、監督作上映とメンバーによるトーク、過去公演の上映、撮り下ろし短編のお披露目などを行ない、2週間の興行で連日多くの観客を集めました。トリウッド支配人の大槻貴宏さんは、笑いの絶えない場内を見ながら「 劇団による映画制作と上映」にチャレンジしたいと考え、2019年春にヨーロッパ企画と下北沢映画祭に提案。

劇団として取り組む初めてのオリジナル長編映画制作——その打診に対し、上田さんは満を辞して、 テレビとテレビが時間的ハウリングを起こす中、SFめいた現象に翻弄される男の姿を11分間の長回しでとらえた革新的短編映画『ハウリング』のリブートを決断します。

■ヨーロッパ企画のホームグラウンド、京都・二条で撮影

プロデュース公演「たけしの挑戦状」や本公演、その他ドラマの脚本執筆などが続々待機中の上田さんが多忙な合間を縫い、『ドロステのはてで僕ら』のオリジナル脚本を完成。そして2020年2月頭より、ヨーロッパハウスでの稽古、リハーサルを経て、彼らのホームである京都・二条にて撮影を敢行。およそ2ヶ月半後の4月25日には劇場公開というスピード感で本プロジェクトは進んでいきます。

このように、非常に限られた制作、宣伝期間の中で、 より良いポストプロダクション環境を整えること、海外展開にも挑戦したいという思いから英語版の制作も行うこと、そして一人でも多くの方にヨーロッパ企画の生み出すコメディを楽しんでいただきたいこと

広く本作を届けるべく、この度クラウドファンディングによる支援を募らせていただくこととなりました。

■劇団、映画館、映画祭がタッグを組む新たな映画づくり

本作の配給業務はトリウッド、宣伝業務を下北沢映画祭が担います。“映画製作のプロ”である映画会社や制作会社を介さない珍しい形態ですが、成功すれば新たな映画づくりの指標となり、近い将来、全国にたくさんある映画館や映画祭がタッグを組み、同様のプロジェクトを立ち上げる……というような状況になるかもしれません。演劇関係者にとっては表現領域が広がり、観客にとっては今まで以上に多彩な作品を楽しめる時代になると確信しています。


トリウッド大作戦の様子

また、「劇団」が作った「映画」を上映することにより、演劇ファン、映画ファン、双方が関心を寄せ映画館に足を運ぶことが可能になり、観客の活発な交流も生まれるのではないかと考えております。そして何より、英語版を作成することによって、言語の垣根を越えて、世界にヨーロッパ企画の魅力を知ってもらうきっかけにしたい!と思います。


【トリウッド代表 大槻貴宏さんコメント】
先日クランクイン前の通し稽古を拝見し、ちょっと感動しています。

「映画を一緒に作ろう」など、かなり図々しい提案だったのですが、勇気を出して話してみて良かったです。
ヨーロッパ企画さんには「我々と一緒にやったらこんなことまで出来た」と思って貰えるように、
下北沢映画祭さんの「トリウッドとヨーロッパ企画の組み合わせが面白くなる」というアイディアが確信になるように、
そして、ヨーロッパ企画のことを知らない方々や、日本だけじゃなく世界中の方々から「こんな面白いものを教えてくれてありがとう」と思って貰えるように頑張りたいと思います。


トリウッド外観


トリウッド内観


【下北沢映画祭代表 平井コメント】
今回オリジナル長編映画制作に挑戦してくださったこと、嬉しく思います。

現場でも、上田さんの頭の中をどうにかして形にしようとするヨーロッパ企画さんの
「熱」と「高揚」がビシビシ伝わってきました。

こうして一緒に組んでやるからには、見たことのない景色を見ていただきたい。 
国内はもちろんのこと、皆さんの面白さを世界に届けるということにも挑戦したい。
100年後にも届けたい。

『ドロステのはてで僕ら』公開を通して、ヨーロッパ企画さん、お客様、 
双方にとっての新しい出会いと発見の場がたくさん生まれることが今から楽しみです。 
一人でも多くの方に、この作品と出くわしていただきたいですし、
観た後に、映画に限らず「仲間と何かを作ってみたいな…」と思っていただけるような
きっかけになれば、こんなに嬉しいことはありません。どうぞよろしくお願い致します。


第11回下北沢映画祭での制作発表の様子(右から本多力さん、諏訪雅さん、山口淳太監督、上田誠さん、中川晴樹さん、角田貴志さん)


『ドロステのはてで僕ら』作品概要

雑居ビルのカフェを舞台に、2分先の未来が見える “タイムテレビ”を巡る騒動を描いた“エクストリーム時間SF”。原案、脚本は、上田誠(『サマータイムマシン・ブルース』『夜は短し歩けよ乙女』『前田建設ファンタジー営業部』)。監督は、ヨーロッパ企画の映像ディレクター、山口淳太(「警視庁捜査資料管理室」)。そして、出演は、ヨーロッパ企画メンバーと藤谷理子、そして『かぐや姫の物語』『四月の永い夢』などで知られる、若手実力派・朝倉あき。

とある雑居ビルの2階。カトウが部屋にいると、テレビの中から声がする。見ると、画面には自分の顔。しかもこちらに向かって話しかけている。「オレは、未来のオレ。2 分後のオレ」。どうやらカトウのいる2階の部屋と1階のカフェが、2分の時差で繋がっているらしい。“タイムテレビ”の存在を知り、もっと先の未来を知ろうと躍起になるカフェの常連たち。さらに隣人の理髪師メグミや5階のヤミ金業者、謎の客も巻き込み、「時間的ハウリング」は加速度的に事態をややこしくしていく……。襲いかかる未来、抗えない整合性。ドロステのはてで僕らは--。

※“ドロステ”とは
絵の中の人物が自分の描かれた絵を持ち、その絵の中の人物も自分が描かれた絵を持ち……という、無限に続く入れ子のような構図のこと。

原案・脚本:上田誠 監督・撮影・編集:山口淳太
出演:土佐和成 藤谷理子 石田剛太 諏訪雅 酒井善史中川晴樹 角田貴志 永野宗典 本多力/朝倉あき
主題歌:バレーボウイズ「タイトルコール」 音楽:滝本晃司
製作:ヨーロッパ企画 トリウッド 配給:トリウッド 宣伝:下北沢映画祭
日本/カラー/70分/ビスタ©ヨーロッパ企画/トリウッド2020


ヨーロッパ企画 プロフィール

98年、同志社大学演劇サークル「同志社小劇場」内においてユニット結成。00年、独立。本公演では、代表・上田誠の作・演出による、トリッキーな劇構造と非日常的な設定、TVゲームを思わせる独特の「地形」の中で、冴えないキャラクターたちがモソモソと群像会話を紡ぐ、といったスタイルのコメディを展開。
年1回の本公演では国内各地を巡演し1万5千人以上を動員。
創作のベースを京都に置きながらも、全国へと意欲的に舞台作品を発信し続けている。

05年夏にはヨーロッパ企画の過去の舞台作品「サマータイムマシン・ブルース」が、09年冬には「曲がれ!スプーン」が本広克行監督によって映画化。

17年に上田誠がヨーロッパ企画第35回公演の「来てけつけるべき新世界」で演劇界の芥川賞といわれる第61回岸田國士戯曲賞を受賞。

またテレビ番組・ラジオ番組・ショートムービーの企画制作や映画祭・フェスの企画運営も行いながら、メンバーそれぞれも舞台・映画・テレビ・ラジオ番組の出演、Webや雑誌連載等々を行い、活躍のフィールドを広げ続けている。

朝倉あきさん プロフィール


1991年9月23日、福岡県生まれ・神奈川県出身。2008年『歓喜の歌』(松岡錠司監督)でスクリーンデビュー。映画やドラマ、舞台、CMと幅広く活躍。主な出演作にNHK連続テレビ小説「てっぱん」、大河ドラマ「おんな城主 直虎」、ドラマ「下町ロケット」「グランメゾン東京」、映画『神様のカルテ』『横道世之介』『七つの会議』など多数。スタジオジブリのアニメ映画『かぐや姫の物語』では、かぐや姫の声を演じた。主演作『四月の永い夢』('18/中川龍太郎監督)は、第39回モスクワ国際映画祭では邦画史上初のW受賞を成し遂げた。


上田誠さん、山口淳太さん、土佐和成さん、朝倉あきさん コメント到着!


パズル的な構造をもつ時間映画であり、テレビ画面とからみ続ける映画であり、群像による長回しの映画。それを地元のカフェで撮るということ。京都の劇団である僕たちにできることはそれだしそれだけをする、と決めて、撮影に臨んだら時の牢獄が待っていました。OKテイクが出ない。ワンテイクを返すのに1時間かかる。今日が何日目か分からない。しかしながら底抜けに愉しかったし、ここ最近になく劇団の結束が瞬間的に高まったのもほんとうです。死に直面した時のそれでした。そしてゲストの朝倉あきさんがいなくては脱出は不可能だったでしょう。力を合わせてデスゲームから生還したような高揚のなかに今はいます。目が覚めるとまたあのカフェに戻っているかもと想像してゾッとします。しかし僕らは確かにクランクアップしました。もう一度書こう。僕らは確かにクランクアップしました。
上田誠さん(原案・脚本)   

劇映画を初めて監督します。
劇映画を作るのが夢でしたが、 一本目がまさかこんな映画になるなんて思っていませんでした。 映画監督を夢見ていた少年の自分に 「数年後、時間SF映画を撮ることになるから、時間に免疫つけとけよ、 さもないと現場でフリーズしてしまうぞ!」と伝え、過去を変えたい気持ちです。 そうです、撮影現場ではあまりの段取りの多さに胸やけし、フリーズしてしまいました。 朝倉あきさんと、ヨーロッパ企画メンバーに助けてもらい、 そしてなにより現場で脚本の上田さんに付きっきりで寄り添ってもらえたことで撮り切ることができました。 こんな映画は後にも先にも、この作品だけだと思います。 本当にクランクアップできてよかったです。
山口淳太さん(監督)


劇団でしか出来ない映画が撮れたと思います。
そもそも撮れるかどうかわからない。下手したら1カットも撮れないかもしれない。5時間押しは当たり前。焦る役者。待つ役者。混乱するスタッフ。待つスタッフ。目の前で繰り広げられる脚本家と監督の低温火傷のようなジリジリとしたケンカ。それを朝倉さんに解説する劇団員。苦笑いする朝倉さん。美味しいケータリングのごはん。
それらの状況を全て背負ったなか積み上げられていく1カット1カットは、もはや映画ではなくただの「泥んこ劇団ドキュメンタリー」だったかもしれません。
『ドロステのはてで僕ら』なんとか完成しそうです。どうぞよろしくお願いいたします。
土佐和成さん(カトウ役)


ヨーロッパ企画さんの存在を知ったのは、映画『曲がれ!スプーン』がきっかけでした。その後、舞台のDVDは面白く拝見していたので、こうしてご縁をいただけたことに、とても驚いています。出演にあたって、みなさんの輪の中に溶け込めるかどうかの不安はありましたが、私が演じるメグミは“巻き込まれ型”のキャラクターでしたので、そのまま身を委ねさせていただこうかと…。
そして、リハーサルが「こんなに楽しんじゃっていいのかな?」と思うほど、とにかく楽しいです。現場でみなさんのお芝居を拝見すると、掛け合いの面白さがダイレクトに伝わってきて、それをみなさんがナチュラルに受け止めていらっしゃることが奇跡のようにも感じます。 何気なく発せられたセリフが、相手役、そして周囲の人を通じて、面白さが連鎖し増幅していくのが分かるんです!ここ最近、「生きてる芝居を作るってどういうことだろう?」と考えるのですが、この現場でヒントをいただいたような気がしています。    
朝倉あきさん(メグミ役)

本プロジェクトの目的

完成に向けた仕上げ環境の向上、国内および海外映画祭での上映に向けての配給、宣伝資金を募るとともに、ご一緒に今後の活動を盛り上げていただける有志を募るべく本プロジェクトを立ち上げました。

<費目内訳>
英語字幕作成費、映画編集費、ホームページ制作費、チラシ・ポスターなどのデザイン、印刷費、海外映画祭・国内映画祭事務局向けのプレスリリース制作と送付代、国内配給会社へのプレスリリース送付代や営業活動にかかる費用、映画祭での宣伝用ポスター送料などの諸経費・手数料

尚、目標額に達成した場合のストレッチゴールとして、スタッフ・キャストへの還元、今後の国内外の上映活動に伴う諸経費に充填させていただきたいと考えております。

リターンについて

【お礼のポストカードの送付】
上田誠さんメッセージ入りのオリジナルポストカードを送らせていただきます。

【コレクター限定アップロード】
コレクターの方しか読めない限定記事を配信させていただきます。

【メイキング動画収録のDVDの進呈】
撮影風景を収めたメイキング動画のDVDをプレゼントいたします。

【上田誠さんメモ入り使用台本PDFの進呈】
上田誠さんの頭の中をのぞき見できる!? 撮影時の上田さんによるメモ入り使用台本をPDFでお届けします。

【関連作品DVDの進呈】
『ドロステのはてで僕ら』関連作品のDVD(非売品)をプレゼントいたします。

【限定Tシャツの進呈】
『ドロステのはてで僕ら』限定Tシャツを制作し、プレゼントいたします。イラストはヨーロッパ企画の角田貴志さんによるものです。サイズもご要望に合わせて用意させていただきます。

【エンドクレジット・パンフレットに”Special Thanks”としてお名前を掲載】
『ドロステのはてで僕ら』エンドクレジットおよびパンフレットにお名前を掲載させていただきます。劇場公開時の上映素材にて反映いたします。素材への反映は、4月1日(水)※締切とさせていただきます。4月2日以降に申し込まれた方のお名前は上映素材に反映できませんのでご注意ください。※初出時から締切日を変更いたしました。

【エンドクレジット・パンフレットに”特別協賛”として大きくお名前を掲載】
『ドロステのはてで僕ら』エンドクレジットおよびパンフレットに大きくお名前を掲載させていただきます。劇場公開時の上映素材にて反映いたします。素材への反映は、4月1日(水)※締切とさせていただきます。4月2日以降に申し込まれた方のお名前は上映素材に反映できませんのでご注意ください。※初出時から締切日を変更いたしました。

【サイン入り製本台本】
ヨーロッパ企画メンバー、朝倉あきさん、藤谷理子さんのサイン入り製本台本を送らせていただきます。

【「ドロステのはてで僕ら」劇場鑑賞券】


想定されるリスクとチャレンジ

すでに撮影は終了しているため、映画が完成しないリスクは相当低いと考えております。なお、目標金額未達に終わった場合も、引き続き可能な範囲で完成に向けて作業を進め、国内外の一人でも多くの方へ本作をお届け出来るよう邁進していく所存です。

最後に

本プロジェクトのページを最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。

今回の募集にあたり、ご応募いただいたみなさんと一体感を感じながら『ドロステのはてで僕ら』を制作することを大事にしたいと考えております。そして国内外の映画祭や劇場での上映を一緒になって楽しみ、再会できることをスタッフ・キャスト一同、心から楽しみにしております。

少しのお力添えでもいただけたら大変嬉しく思います。何卒よろしくお願い申し上げます。

『ドロステのはてで僕ら』公式Twitterアカウント:@droste_movie
『ドロステのはてで僕ら』公式サイト:http://europe-kikaku.com/droste/

リターンを選ぶ

  • 1000

    1000円リターン

    • ヨーロッパ企画代表・上田誠さんからのお礼のメッセージ入りポストカード
    • コレクター限定アップデート(3回配信)
    • 2020年06月 にお届け予定です。
    • 8人が応援しています。
  • 3000

    3000円リターン

    • ヨーロッパ企画代表・上田誠さんからのお礼のメッセージ入りポストカード
    • コレクター限定アップデート(3回配信)
    • メイキング動画「メイキング・オブ『ドロステのはてで僕ら』」(仮)
    • 2020年06月 にお届け予定です。
    • 17人が応援しています。
  • 5000

    5000円リターン

    • ヨーロッパ企画代表・上田誠さんからのお礼のメッセージ入りポストカード
    • コレクター限定アップデート(3回配信)
    • メイキング動画「メイキング・オブ『ドロステのはてで僕ら』」(仮)
    • 『ドロステのはてで僕ら』全国劇場鑑賞券1枚
    • 2020年06月 にお届け予定です。
    • 12人が応援しています。
  • 8000

    8000円リターン

    • ヨーロッパ企画代表・上田誠さんからのお礼のメッセージ入りポストカード
    • コレクター限定アップデート(3回配信)
    • メイキング動画「メイキング・オブ『ドロステのはてで僕ら』」(仮)
    • 角田貴志さん描き下ろし限定Tシャツ
    • 『ドロステのはてで僕ら』全国劇場鑑賞券1枚
    • 2020年06月 にお届け予定です。
    • 21人が応援しています。
  • 10000

    10000円リターン

    • ヨーロッパ企画代表・上田誠さんからのお礼のメッセージ入りポストカード
    • コレクター限定アップデート(3回配信)
    • メイキング動画「メイキング・オブ『ドロステのはてで僕ら』」(仮)
    • 角田貴志さん描き下ろし限定Tシャツ
    • 読んでから観るか?観てから読むか?撮影時の上田さんメモ入り決定稿台本PDF
    • 『ドロステのはてで僕ら』全国劇場鑑賞券1枚
    • 2020年06月 にお届け予定です。
    • 27人が応援しています。
  • 15000

    15000円リターン

    • ヨーロッパ企画代表・上田誠さんからのお礼のメッセージ入りポストカード
    • コレクター限定アップデート(3回配信)
    • メイキング動画「メイキング・オブ『ドロステのはてで僕ら』」(仮)
    • 角田貴志さん描き下ろし限定Tシャツ
    • 読んでから観るか?観てから読むか?撮影時の上田さんメモ入り決定稿台本PDF
    • 時間ファン必見!『ドロステのはてで僕ら』関連DVD
    • 『ドロステのはてで僕ら』全国劇場鑑賞券1枚
    • 2020年06月 にお届け予定です。
    • 30人が応援しています。
  • 20000

    20000円リターン

    • ヨーロッパ企画代表・上田誠さんからのお礼のメッセージ入りポストカード
    • コレクター限定アップデート(3回配信)
    • メイキング動画「メイキング・オブ『ドロステのはてで僕ら』」(仮)
    • 角田貴志さん描き下ろし限定Tシャツ
    • 読んでから観るか?観てから読むか?撮影時の上田さんメモ入り決定稿台本PDF
    • 時間ファン必見!『ドロステのはてで僕ら』関連DVD
    • エンドクレジット・パンフレットに”Special Thanks”としてお名前を掲載
    • 『ドロステのはてで僕ら』全国劇場鑑賞券1枚
    • 2020年06月 にお届け予定です。
    • 44人が応援しています。
  • 25000

    25000円リターン

    • ヨーロッパ企画代表・上田誠さんからのお礼のメッセージ入りポストカード
    • コレクター限定アップデート(3回配信)
    • メイキング動画「メイキング・オブ『ドロステのはてで僕ら』」(仮)
    • 角田貴志さん描き下ろし限定Tシャツ
    • 時間ファン必見!『ドロステのはてで僕ら』関連DVD
    • エンドクレジット・パンフレットに”Special Thanks”としてお名前を掲載
    • 『ドロステのはてで僕ら』全国劇場鑑賞券1枚
    • 永久保存版!キャスト全員サイン入り製本台本
    • 2020年06月 にお届け予定です。
    • 89人が応援しています。
  • 100000

    100000円リターン

    • ヨーロッパ企画代表・上田誠さんからのお礼のメッセージ入りポストカード
    • コレクター限定アップデート(3回配信)
    • メイキング動画「メイキング・オブ『ドロステのはてで僕ら』」(仮)
    • 角田貴志さん描き下ろし限定Tシャツ
    • 読んでから観るか?観てから読むか?撮影時の上田さんメモ入り決定稿台本PDF
    • 時間ファン必見!『ドロステのはてで僕ら』関連DVD
    • エンドクレジット・パンフレットに”特別協賛”として大きくお名前を掲載
    • 2020年06月 にお届け予定です。
    • 4人が応援しています。