facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

デリヘル嬢を襲う恐怖を描くサスペンス映画『デリバリーヘルス』をクラウドファンディングで実現!

なぜデリヘル嬢は暴行されるのか?職業差別か、女性蔑視か?
デリヘル嬢を襲う恐怖を描くサスペンス映画『デリバリーヘルス』

なぜデリヘル嬢は暴行されるのか?職業差別か、女性蔑視か?
デリヘル嬢を襲う恐怖を描くサスペンス映画『デリバリーヘルス』

コレクター
1
現在までに集まった金額
3,000
残り日数
92
目標金額 300,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2020年5月29日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトを応援

目標金額 300,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2020年5月29日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

Presenter
ULTRAMARINE PRODUCTIONS プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

インディーズで映画製作をしております。 少人数スタッフでのアットホームな製作現場です。

このプロジェクトについて

なぜデリヘル嬢は暴行されるのか?職業差別か、女性蔑視か?
デリヘル嬢を襲う恐怖を描くサスペンス映画『デリバリーヘルス』

企画意図

昨年、俳優の新井浩文氏が派遣型マッサージ店の女性に性的暴行を行なった罪で有罪判決を受けました。
当該事件の被害者が勤務していたのは健全なマッサージ店ですが、性的サービスを提供するいわゆるデリバリーヘルスでも同様の性的暴行被害は頻発しています。

ホテルなどの密室で男性客と1対1の状況になるため、暴力行為に対してデリヘル嬢は抵抗するすべもなく、法律によって禁止されている本番行為の強要・脅迫、あるいは殴る蹴るといった直接的な暴力行為や、最悪の場合には殺害されてしまう事件さえ起きています。
そうした職業の女性たちが理不尽な暴力に曝される背景には、当該職業に対する差別意識があります。業務の内容から彼女たちへの性的接触のハードルは低く見積もられ、簡単に性交渉ができると勘違いされてしまっています。それゆえに強要や脅迫が横行し、それを拒まれると暴行するなどということが起きてしまうのです。
しかも、被害者たちは自分の職業が明るみに出ることを恐れて、被害を訴えることが困難であり、多くの場合泣き寝入りしてしまっているのです。
本作の主人公は、そんなデリヘル嬢の女性たちです。彼女たちが日常的に曝されている暴力や恐怖を、一種のサスペンス映画として描き出します。

しかし、この映画は必ずしもデリヘル嬢についてのみ語るものではありません。理不尽な暴力や恐怖に脅かされている女性たちは、職業を問わず数えきれないほど多く存在します。
残念ながら、女性に対する差別はじつに根深いものがあり、女性活躍が叫ばれる昨今であっても#MeToo運動などで明らかになったように、女性に対するセクハラやパワハラは決して無くなることがありません。
また、それは性差別に苦しむすべての女性たちだけではなく、加害者である男性にとっても当事者の問題なのです。
願わくばこの作品を観たすべての人が、職業や男女の別なく、性犯罪被害について他人事とせずに自分自身の問題だと考えていただけたら幸いです。

あらすじ

デリヘル嬢のアリスは、彼氏のマコトにデリヘルで働いていることを隠している。
マコトからお金をせびられると、断れずになけなしのお金を渡してしまうアリス。
昼職はカフェで働くアリスだが、そこでは失敗ばかりで客から怒られる始末。
さらに、気弱なアリスに付け込んで、客の男・タカシから嫌がらせを受けてしまう。
カフェのバイトを終えると、デリヘルの事務所へ向かうアリス。
待機部屋には同僚のココアが待機しており、「デリヘル嬢殺人事件」のニュースを見ている。
ニュースを見て不安になるアリスだが、指名が入ってラブホテルに向かうことに。
ホテルの部屋に着くと、中からドアを開けたのは、カフェの客・タカシだった。
アリスは気味悪く思いながらも、仕方なくサービスを行うが、タカシは禁止されている本番行為を強要してくる。
事務所に電話をして助けを求めると、スタッフのトオルが駆けつけ、アリスを救い出す。
事務所に戻ると、今度は先輩のエリカが待機していた。
エリカはアリスを心配して、アリスに入った指名にエリカが代わって行くことに。
しかし、ほど経て再びアリスに指名が入り、やむを得ずホテルへと向かう。
アリスは客の待つ部屋に入ると、そこにいたのは意外な人物だった…。

製作スケジュール

2月 出演者オーディション
3月 リハーサル、撮影準備
4月 本番撮影
5月 編集作業
6月 作品完成、完成披露試写会
7月 劇場公開、DVD 販売、ネット配信など順次展開

製作予算

撮影予算…約 300000 円
(内訳)
スタジオ代(ラブホテル、デリヘル待機所、主人公自宅など)…200000 円
衣装代(私服衣装、コスプレ衣装など)…30000 円
美術代(部屋内装、小道具など)…30000 円
食事代…30000 円
雑費…10000 円

リターン特典

お礼のメール
監督、出演者からのお礼のメッセージ

スタッフクレジット
エンドロールにお名前をクレジット

完成版台本デジタルデータ
完成版台本のデジタルデータ(PDF)をプレゼント

完成披露試写会ご招待
完成後に都内で開催する完成披露試写会にご招待

完成版DVD(Blu-ray)
完成版DVD(ご希望の方にはBlu-ray)をプレゼント

衣装・小道具プレゼント
撮影で使用した衣装または小道具をプレゼント

プロモーション動画制作(企業さま向け)
企業コマーシャルなどのプロモーション動画を制作
(動画制作にかかる制作費用は別途かかります)

スタッフ

監督…松嵜真一
東放学園映画専門学校・デジタル映画科卒業。映像製作会社でキャリアを積み、現在はフリーで
映像作品の製作・販売を手掛ける。
映画業界の労働環境について問題提起したブログ記事『映画は人を殺してもいいのか?』は、映
画関係者らを中心に 8000 人以上にシェアされ、業界のタブーに触れた内容は物議を醸した。

協賛…一般社団法人 映像制作者ネットワーク協会
広く映像の制作に携わる人々や流通関係者が集まり、法令の遵守と人権の尊重の基、最大限の表
現方法を駆使し、あらゆるメディアを通して視聴者が安心して視聴できる作品やコンテンツの供
給の実現を目指す団体。

過去のクラウドファンディング実績

#MeToo時代に問う衝撃の問題作!!もし男性が性犯罪被害に遭ったら!?
映画『犯された少年』(仮)制作支援プロジェクト
https://motion-gallery.net/projects/TheBoyWhoWasRa...

こちらのプロジェクトは皆さまのお力添えをいただき、達成率59%のファンディングを賜りました。

想定されるリスクとチャレンジ

本作は、映像制作者ネットワーク協会にご協賛いただき、製作の準備を進めています。もし目標金額 が達成されなかった場合でも作品の製作じたいは行われますので、クラウドファンディングにご参加くださった皆さまのお力添えは、いかなる場合も無駄にはなりません。
本作にご興味を抱いてくださった多くの皆さまと、一緒に映画製作をできたらと思います。たく さんの方のご参加をお待ちしております。

リターンを選ぶ

  • 1000

    お礼のメール

    • お礼のメール
    • 2020年05月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 3000

    スタッフクレジット

    • お礼のメール
    • スタッフクレジット
    • 2020年05月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 5000

    完成版台本デジタルデータ

    • お礼のメール
    • スタッフクレジット
    • 完成版台本デジタルデータ
    • 2020年05月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り30枚

    10000

    完成披露試写会ご招待

    • お礼のメール
    • スタッフクレジット
    • 完成版台本デジタルデータ
    • 完成披露試写会ご招待
    • 2020年05月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り10枚

    30000

    完成版 DVD(Blu-ray)

    • お礼のメール
    • スタッフクレジット
    • 完成版台本デジタルデータ
    • 完成披露試写会ご招待
    • 完成版 DVD(Blu-ray)
    • 2020年05月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り5枚

    50000

    衣装、小道具プレゼント

    • お礼のメール
    • スタッフクレジット
    • 完成版台本デジタルデータ
    • 完成披露試写会ご招待
    • 完成版 DVD(Blu-ray)
    • 衣装、小道具プレゼント
    • 2020年05月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り3枚

    100000

    プロモーション動画制作(企業さま向け)

    • お礼のメール
    • スタッフクレジット
    • 完成版台本デジタルデータ
    • 完成披露試写会ご招待
    • 完成版 DVD(Blu-ray)
    • 衣装、小道具プレゼント
    • プロモーション動画制作(企業さま向け)
    • 2020年05月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。