facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

ヴィクトリア・ソロチンスキーチャリティ展の開催をクラウドファンディングで実現!

ウクライナの子供たちをアートで支援しよう
ヴィクトリア・ソロチンスキーチャリティ展「生命を夢見て:ウクライナと共に」開催

ウクライナを代表する現代美術家ヴィクトリア・ソロチンスキーのチャリティ展覧会を日本で開催します。(2022年5月12日㈭〜29日㈰)展示入場料や作品販売を通じて募った支援金を日本ユニセフのウクライナ緊急募金へと送ります。

コレクター
59
現在までに集まった金額
1,938,177
残り日数
13
目標金額 2,500,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2022年5月30日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトを応援

目標金額 2,500,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2022年5月30日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

Presenter
アートエイド実行委員会 代表: 渡辺真也 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

1980年静岡県沼津市生まれのインディペンデント・キュレーター/映画監督。ニューヨーク大学大学院シュタイナート教育学部修士課程修了後、アートキュレーターとして国民国家に焦点を当てた国際美術展をアメリカ、スイス、ドイツ、日本等で開催。東京都歴史文化財団東京文化発信プロジェクト室を経て文化庁新進芸術家海外研修員(2011-2013)。ベルリン技術経済大学造形文化学部で4年間教鞭を執る傍ら、『ユーラシアを探して―ヨーゼフ・ボイスとナムジュン・パイク』(三元社)にてベルリン芸術大学造形学部博士課程修了。美術史博士。テンプル大学講師。近著に『ポニョCODE 「崖の上のポニョに隠された宮崎駿の暗号」』。

このプロジェクトについて

ウクライナを代表する現代美術家ヴィクトリア・ソロチンスキーのチャリティ展覧会を日本で開催します。(2022年5月12日㈭〜29日㈰)展示入場料や作品販売を通じて募った支援金を日本ユニセフのウクライナ緊急募金へと送ります。

*** Please scroll down for English text ***

<プロジェクトの背景>

2022年2月24日、ロシアによるウクライナ侵攻のニュースを目にしました。

凄惨な状況を前に、彼らのために私ができることは何なのだろう?かつて3.11の発生直後、東北支援を目的としてスイスで企画したアートチャリティイベント「アートエイド」の知見を活用できないだろうか。

そのようなことを考えていた折、友人のヴィクトリア・ソロチンスキー(ウクライナ出身のアーティスト・写真家)によるFacebook投稿を目にしました。

彼女の祖国を想う気持ちと、私たちの思いが一つになる、美術を通じてウクライナを支援するチャリティ展を企画できないか。そう考えて、すぐに彼女に連絡をしたところ、快諾をもらいました。

「今もまだウクライナに残る家族、特にマリウポリに住んでいて生存が確認できない家族のことを思うと、眠れない夜が続いています。」
「私はアーティストです。だからこそ私は、自分の作品を通じて、困難に直面しているウクライナを支援したいのです。」

ウクライナを代表する現代美術家ヴィクトリア・ソロチンスキーの三つの写真シリーズを日本でチャリティ展示し、支援金を募ります。特に「Lands of No-Return(帰らざる国)」(2009-2018)は今こそ見られるべき作品です。

この長期プロジェクトは、ウクライナの限界集落に住む高齢者たちを撮影したものです。しかし戦争が始まって以降、ここに映されたものたちは、文字通り「帰らざる国」へと姿を変えてしまったのです。

<プロジェクトの概要>

●プロジェクト名:アートエイド:ヴィクトリア・ソロチンスキー個展「生命を夢見て:ウクライナと共に」
●主催:アートエイド実行委員会 代表:渡辺真也 (インディペンデント・キュレーター/テンプル大学ジャパン講師)
●会期:2022年5月12日(木)〜5月29日(日)12:00 – 18:00(月曜休館)
●場所:ギャラリーTOM (〒150-0046 東京都渋谷区松濤2丁目11−1) 
●内容:ヴィクトリア・ソロチンスキーの個展を開催する。「Lands of No-Return(帰らざる国)」を中心に、ウクライナでの幼少期をテーマとした作品「The Space Between(あいだの空間)」と「Far & Familiar(遠くて近いもの)」、さらにウクライナの未来を思い描く新作インスタレーションを発表予定。
●協賛:フレームマン、セルリアンタワー東急ホテル、FLAT LABO
●協力:ギャラリーTOM、宝仙学園中学校・高等学校、ゲーテ・インスティトゥート東京

・アートエイド公式サイト URL: https://www.artaid.jp/ukraine/
・アートエイドInstagram URL: https://www.instagram.com/artaid_2022
・アートエイドTwitter URL: https://twitter.com/artaid_2022

〈ギャラリーTOM〉
ギャラリーTOMは、前衛芸術グループ「マヴォ(MAVO)」を結成した、日本初のダダイストとして知られる村山知義を父にもつ村山亜土と、その妻治江が、視覚障害者だった息子の言葉に突き動かされ、1984年に「視覚障害者のための手で見るギャラリー」として開設した私設美術館です。

<ヴィクトリア・ソロチンスキー・プロフィール>

ヴィクトリア・ソロチンスキー: Viktoria Sorochinski 

ウクライナのマリウポリ生まれ。1990年に家族と共にソ連を離れる。多文化的背景を持つ、国際的に高い評価を受けるアーティスト/写真家であり、現在はドイツのベルリンを拠点に活動している。2008年にニューヨーク大学で美術修士号を取得して以来、ヨーロッパ、北南米、アジアの23カ国で75以上の展覧会を開催。作品は2013年にはドイツ、ペペロニブックスより出版した作品集「Anna & Eve」をはじめ、85以上の国際的なメディアに取り上げられている。また、アーノルド・ニューマン・プライズ、ライカ・オスカー・バルナックアワード、ルーシー・アワード、レンズカルチャー・エマージング・タレント・アワード、クリティックス・チョイス・アワードなど、45以上のコンペやフェローシップ、アワードにて受賞及びファイナリストとなる。( www.viktoria-sorochinski.com)

ヴィクトリア・ソロチンスキーのショートドキュメンタリー(ドイツ国営放送)

渡辺真也によるキュレーション展「When Empty Self Becomes Form(我空が形になるとき)」(2014)

@TS art projects(ベルリン)でのソロチンスキーの作品展示と解説動画

TS art projects - Viktoria Sorochinski from Galerie Tore Suessbier on Vimeo.

<募集するお金の使い道について>

この企画では、

  1. 作品販売以外の特典
  2. 展示作品の販売
  3. 展覧会の入場料

を通じて、支援金を募ります。

1. 作品販売以外の特典

今回の展示開催には、約100万円が必要です。

アーティストの滞在費 11万円
作品の制作費 18万円
額装費 56万円
輸送費 7万円
印刷費 4万円
ギャラリーでの事務経費 4万円
合計 100万円
(なお今回の企画では、アーティストの交通費は本人が負担し、滞在費は実行委員会が負担します。)

ここで集めた資金が開催費を上回った場合は、差額を全額支援金へと回し、下回った場合は、その差額をソロチンスキーへの還元予定額から補い、さらなる不足がある場合は、アートエイド実行委員会代表の渡辺真也が個人負担します。

2. 展示作品の販売

通常、ギャラリーにて作品販売が成立した場合、販売価格の40-50%がギャラリーに、50%-60%がアーティストに支払われます。しかし今回は、作品販売の売上の50%を支援金とし、30%をアーティストに還元し、20%を展示のオペレーションに当てます。

3. 展覧会の入場料

この展覧会の入場料を全額支援金とします。

※支援先は日本ユニセフ協会の「ウクライナ緊急募金」です。

https://www.unicef.or.jp/kinkyu/ukraine/

今回、支援先をUNICEF(国連児童基金)へと決めた理由の一つに、ソロチンスキーが見た夢が影響を与えています。

「ウクライナでのロシアの侵攻が始まる2~3ヶ月前、私は何度か似たような夢を見て、後にそれが予知夢だったことに気付きました。夢の中で私は戦争の真っ只中にいるのですが、その光景はとても鮮明で、本当に起こっているかのようでした。爆弾によって家が燃え上がり、兵士が狙撃しているのを見ました。自分がその場所に個人的に関係していることを知っていましたが、私自身は物理的に安全で、攻撃されることはないのだと分かっていました。同時に、私には子どもたちを守る使命があることを知っていました。

ある夢の中で、私は様々な年齢、家族、出身地の子どもたちのいるアパートにいました。彼らは皆、とても弱々しく無防備で、周りで銃撃や爆撃がある中バルコニーに座っている者もいました。私は彼らを隠し、できる限りの方法で守ろうとしていました。それが私の使命だとわかっていたのです。

しばらくその夢を忘れていたのですが、戦争が始まって、初めてその夢が蘇ってきました。そしてそれは現実のものとなったのです。

ですから今回の支援先を考えたとき、この恐ろしい戦争によって被害を受けた子どもたちを支援する団体でなければならないことは、私にとってはっきりしていました。このような状況において、子どもたちは最も傷つきやすく、守られるべき存在なのですから。」

そして前回のアートエイド同様、今回のプロジェクトで集めた金額、展示にかかった費用、そして支援金の総額を、クラウドファンディング協力者全員に報告します。 (以下は前回のアートエイドの最終報告書です) http://www.artaid.jp/project/debriefingsession

<想定されるリスクとチャレンジ>

チャレンジ:少しでも多くの支援金を集めることです。
合計140万円を、ウクライナへの支援金として集めることを目指します。

●入場料(支援金)の目標金額:40万円
私たちが掲げる入場料(支援金)の目標金額は、16日間の展示期間 x 1日50人の来場者 x 一人当たり500円の入場料 = 40万円です。

●作品販売からの支援金:100万円
作品販売の目標金額を200万円とし、その半分に当たる100万円を支援金とします。

●作品販売以外の特典からの支援金:0円
作品販売以外の特典で集める目標金額は110万円です。うち100万円を展示実行資金、10万円をクラファン手数料に当てます。もしも目標金額が実際にかかった展示実行資金を上回った場合、その全額を支援金とします。

このプロジェクトはAll in方式で行います。目標金額を下回った場合は、その差額をソロチンスキーへの還元予定額から補い、さらなる不足がある場合は、アートエイド実行委員会代表の渡辺真也が個人負担し、個展を開催します。リターンのお届けもいたしますのでご安心ください。

【作品販売以外の特典】

●アーティストからのメッセージ動画(日本語字幕付き)
アーティストのヴィクトリア・ソロチンスキーのメッセージ動画をお届けします。アーティストの来日前と来日後の2回の配信を予定しています。

●展覧会デジタルパスポート
会期中何度でも入場可能な展覧会デジタルパスポートをお送りします。ご来場の際に、携帯電話にてご掲示ください。

●ART-AIDオリジナルステッカー

H 70 x W 70
ミラーコート PPマット

●展覧会ポストカード(大判・特別仕様)

H 110 x W 178
Paper: ハイブリットバガスFS ラフホワイト 265kg

●展覧会オリジナルエコバッグ

H 370 x W 360 x D110
素材:コットン(11〜13オンス)

●WEBサイト内にお名前(小・中・大)を掲載
金額に応じて、個人もしくは企業のお名前を、アートエイド公式WEBサイトに掲載します。

●ポートフォリオレビュー (6人限定)
世界的なアワードを受賞してきたヴィクトリア・ソロチンスキーが、あなたのポートフォリオレビューを行います。(5月15日 午後3時から6時まで、一人30分程度)写真作品を見てもらい、フィードバックを得るチャンスです。

【展示作品の販売】

<Far & Familiar(遠くて近いもの)(ウクライナ、2016)>

[ Viburnum Berries ]

幼少期の思い出の中でウクライナを考えるとき、ウクライナの首都キーウの近くにある小さな村で、曾祖母が作っていた物や料理をよく思い浮かべます。祖母の畑で採れた野菜や果物は、とてもリアルで香り豊かでした。エナメルのマグカップからラズベリーを食べたり、新聞紙に包まれたひまわりの種をかじったりしていたのを覚えています。そんな瞬間の写真を見ると、心の奥底で大切にしているさまざまな感情や思い出が浮かんできます。

「遠くて近いもの」は、このような子供時代の思い出と、現在のウクライナの村での生活の様子の観察に基づいた静物画のシリーズです。驚いたことに、移住して何年も経ってからその場所を訪れた時、この30年間で彼らの生活様式が何も変わっていないことに気づいたのです。

もう一つの長期プロジェクト 「帰らざる国」(ウクライナ、 2009-2018)で古き良きウクライナの村とその高齢者の居住地の最後の残存を撮影しているとき、私は曾祖母と祖父が送っていた暮らしに再び没頭する機会がありました。現代の不穏な現実を描きつつも、一歩引いたところから、私の心の中に温かく光に満ちた空間をもたらす物や生活を象徴的に記念するような作品を作りたかったのです。

<Far & Familiar(遠くて近いもの)(ウクライナ、2016)>
料金:79,200円
サイズ:200 × 200(フレームサイズ: 230 x 230 mm)
エディション(Edition) 16 + 2 A.P.
高解像度写真はこちらから確認ください→ 「Far & Familiar」

<The Space Between(あいだの空間)(2007-2008)>

"The Space Between" 2007-2008[ Room1 ]

どの場所に住んでもつきまとう場違い感や疎外感(何度かの移住のため)が、私自身のアイデンティティを見つけようとする試みを表す、一連の抑圧された空間を作る、主なインスピレーションでした。

ジャック・ラカンが、生涯に通ずる全体性の感覚を満たすことは不可能であると主張したように、この探求には確かに解決の見込みがないのです。すべての子供が母親との連続性と全体性を失うのと同じように、私は祖国との全体性の感覚を失いました。私と祖国のすべてのつながりは、想像上だけのものなのです。現実では、私が何らかの帰属意識を得ようとする試みは、望ましいことではあっても、不可能なことのように見えます。「空間のあいだ」シリーズでは、私の心の中の空間を比喩的に表現したいくつかの部屋を作りました。これらは心理的、象徴的な空間であり、空想という形で私のアイデンティティの色々な側面に触れています。同じ部屋(私のスタジオ)を何度も変えていくことで、私はさまざまな精神状態を経験します。

このシリーズの主題のひとつは自然です。なぜならそれは世界のあらゆる場所を一様にする唯一共通するものだからです。私は人生の全てを都会で過ごしてきたので、自然との関係は決して現実的にはありえませんでした。唯一の自然とのつながりを、私は祖父母が住んでいた森や湖、野原に囲まれたウクライナの小さな村の記憶のなかで見出したのです。そこではすべてが魔法のように美しく、近くて遠い存在のように見えます。この偽物であり、同時に本物でもあるぎこちないつながりは、「空間のあいだ」シリーズで私が探求している主な側面のひとつです。私は、内部空間と外部空間の間の境界線を溶け込ませることにしました。自然の中に行く代わりに、私の構築された世界の中に、自然を取り込んだのです。

<The Space Between(あいだの空間)(2007-2008)>
料金:195,800円
作品サイズ: 400 x 400 mm (フレームサイズ: 430 x 430 mm)
エディション(Edition) 7 + 2 A.P.
高解像度写真はこちらからご確認ください→ 「The Space Between」

<Lands of No-Return(帰らざる国)(ウクライナ、2009–2018)>

Lands of No-Return(帰らざる国)

「帰らざる国」(2009-2018)は、残存する古き良きウクライナの村と、そこに住む高齢者を描く長期プロジェクトです。

私はウクライナで生まれ、祖父母はキーウ近郊の小さな村に住んでいました。子供の頃、その場所を訪れたことを覚えています。その記憶は、光と幸福に満ちています。

しかし、何年にも渡る移住を経てからこの村を訪れたとき、その活気のない惨めな様子に愕然としました。そこに残っているのは、ほとんどお年寄りばかりでした。彼らは皆に見放され、伝統や朽ちていく家庭とともに、徐々に消えてゆく最期の日々を過ごしていたのです。

現在のロシア、ウクライナ間の軍事衝突は、これらの人々にさらなる影響を与えるでしょう。なぜなら、彼らは戦争が始まる前でさえ政府に見放され、まともな医療や食料の供給も受けられず、極めて劣悪な環境で暮らしていたからです。この人々や場所は、これからどうなってしまうのでしょうか?

私は10年近くウクライナに通い続け、首都キーウ周辺の様々な村を撮影してきました。私にとって、このシリーズは過去への賛辞です。このプロジェクトは、これらの村のひとつで生まれ、埋葬された私の祖父と曾祖母に直接関係しており、私の作品の中で最も個人的なものです。

個人的な旅として始まったこのプロジェクトですが、取り組んでいくほどに、これらの人々や場所を撮影し、記念することにはより大きな価値があることに気づきました。それらは、かつて魔法のように活気に満ちていた、やがて歴史書の中でのみ知られるようになるであろう文化の、最後の証拠なのです。

<Lands of No-Return(帰らざる国)(2009-2018)>

料金:195,800円 作品サイズ: 400 x 400 mm (フレームサイズ: 430 x 430 mm) エディション(Edition) 10 + 2 A.P.
料金:209,000 円 作品サイズ: 400 x 560 mm (フレームサイズ: 430 x 590 mm) エディション(Edition) 12 + 2 A.P.
料金:401,500 円 作品サイズ: 700 x 700 mm (フレームサイズ: 730 x 730 mm) エディション(Edition) 5 + 2 A.P.
料金:770,000 円 作品サイズ: 1000 x 1500 mm (フレームサイズ: 1030 x 1530 mm) エディション(Edition) 5 + 2 A.P.
高解像度写真はこちらから確認ください→ 「Lands of No-Return」

*ここで販売されている作品は、5月12日から29日まで会場で展示されるフレーム済みの作品です。

フレーム仕様:作品アルポリック(3mm)全面機械貼り加工及び木製Box制作・塗装、浮かせ額装仕立一式(アクリルなし)かぶせ箱付き

フレームの色:焦げ茶色

*今回の作品展示で使用するフレームは、(株)フレームマンからの協賛を得て特別価格で提供して頂いています。
*写真作品は全て経年劣化に強いアーカイバル・インクジェットペーパーを使用したミュージアムプリント。
*このチャリティ展示が国内巡回した場合、作品のお届けが9月にずれ込む可能性があることをご了承下さい。

代理支援について(インターネットでのご支援が難しい方へ)

<アートエイド実行委員会 代表:渡辺真也のプロフィール>

渡辺真也 (ワタナベシンヤ)

1980年静岡県沼津市生まれのインディペンデント・キュレーター/映画監督。ニューヨーク大学大学院シュタイナート教育学部修士課程修了後、イーサン・コーヘン・ファインアートにてギャラリー・マネージャーを2年務め、アートキュレーターとして国民国家に焦点を当てた国際美術展をアメリカ、スイス、ドイツ、日本等で開催。東京都歴史文化財団東京文化発信プロジェクト室を経て文化庁新進芸術家海外研修員(2011-2013)。ベルリン技術経済大学造形文化学部で4年間教鞭を執る傍ら、『ユーラシアを探して―ヨーゼフ・ボイスとナムジュン・パイク』(三元社)にてベルリン芸術大学造形学部博士課程修了。美術史博士。初監督映画『Soul Odyssey―ユーラシアを探して』(2016)でインドネシア世界人権映画祭優秀作品賞、ストーリー賞を受賞。主な美術展に「アトミックサンシャインの中へ―日本国平和憲法第九条下における戦後美術」(2008-2009)、「ナムジュン・パイク 2020年 笑っているのは誰 ?+?=??」(2016-2017)、「はじまりの線刻画―アイルランド・スカンジナビアから奄美群島へ」(2018)等。近著に「ポニョCODE:『崖の上のポニョ』に隠された宮崎駿の暗号」。テンプル大学講師。(  http://www.shinyawatanabe.net )

2011年アートエイド Basel Project for Japanの様子

<あいさつ>

ウクライナ支援のチャリティ展示にご興味を持って下さり、ありがとうございます! 皆様の気持ちをひとつにして、ウクライナの子供たちに届けたい一心で活動しております。 是非このキャンペーンをSNSでシェアしたり、お友達とぜひ展示会場にご来場いただけると嬉しいです!

----

Support Ukrainian children with art!
Viktoria Sorochinski Charity Exhibition
“Dreaming of Life: With Ukraine" will be held.

A charity exhibition of Viktoria Sorochinski, one of Ukraine's leading contemporary artists, is to be held in Japan (from May 12 to 29, 2022). The money raised from the exhibition admission fees and sales of artworks will be sent to Japan UNICEF's Ukraine Emergency Fund.

<Background of the Project>

On February 24, 2022, I, Shinya Watanabe, saw the news of the invasion of Ukraine by Russia.

In the face of the horrific situation, I wondered what I could do for them. I started to think if I could utilize the knowledge of "ART-AID," which is an art charity event I organized in Switzerland to support the Tohoku region immediately after the 2011 Tōhoku earthquake and tsunami.

While I was thinking about this, I came across a Facebook post by my friend Viktoria Sorochinski (an artist and photographer from Ukraine).

I wondered if we could organize a charity exhibition to support Ukraine that would unite our feelings for her homeland through art. Then I immediately contacted her and she readily agreed.

Viktoria Sorochinski says, “I still cannot sleep at night thinking about my family members who are still in Ukraine, especially those who live in Mariupol and whose survival cannot be confirmed.” “I am an artist. That's why I want to support Ukraine in the face of hardship through my artworks.”

Three photo series by Viktoria Sorochinski, one of Ukraine's leading contemporary artists, will be exhibited for charity in Japan to raise funds. In particular, "Lands of No-Return" (2009-2018) is a work that needs to be seen now more than ever.

This long-term project photographed elderlies living in marginalized communities in Ukraine. Since the outbreak of war, those shown in the photos have literally been transformed into “Lands of No-Return.”

<Outline of the Project>

●Project Title: ART-AID: Viktoria Sorochinski’s Solo Exhibition “Dreaming of Life: With Ukraine”
●Organizer: Art-Aid Executive Committee
●Representative: Shinya Watanabe (Independent Curator / Adjunct Professor at Temple University Japan)
●Dates: Thursday, May 12 - Sunday, May 29, 2022. 12:00 - 18:00 (closed on Mondays)
●Location: Gallery TOM (2-11-1, Shoto, Shibuya district, Tokyo, 150-0046) 
●Contents:Solo exhibition of Viktoria Sorochinski will be held. The exhibition will feature "Lands of No-Return," and two works based on her childhood in Ukraine "The Space Between" and "Far & Familiar," as well as a new installation that envisions the future of Ukraine.
●Support: Frameman, Cerulean Tower Tokyu Hotel, FLAT LABO
●Cooperation: Gallery TOM, Hosen Gakuen Junior & Senior High School, Goethe-Institut Tokyo

・Art-Aid official website URL: https://www.artaid.jp/ukraine/
・Art-Aid Instagram URL: https://www.instagram.com/artaid_2022
・Art Aid Twitter URL: https://twitter.com/artaid_2022

<Gallery TOM>
Gallery TOM is a private art museum established in 1984 by Ado Murayama, whose father is Tomoyoshi Murayama, Japan's first dadaist and the founder of the avant-garde art group "MAVO," and his wife Harue. They were motivated by the words of their son who was visually impaired and created a private art museum as a "gallery for the visually impaired to see things with their hands.”

<Viktoria Sorochinski’s Profile>

Viktoria Sorochinski, was born in Mariupol, Ukraine in 1979 and left the Soviet Union with her family in 1990. She is an internationally acclaimed artist/photographer with a multicultural background, currently based in Berlin, Germany. After acquiring her MFA from the New York University in 2008, she has had over 75 exhibitions in 23 countries in Europe, North and South America, and Asia. Her work has been featured in over 85 international publications, including her first book featuring her longterm project "Anna & Eve" published in Germany by Pepperoni Books, in 2013. She is also a winner and a finalist of more than 45 competitions, fellowships, and awards, including the Arnold Newman Prize, the Leica Oskar Barnack Award, the Lucy Award (Discovery of the Year), the LensCulture Emerging Talent Award, and the Critics' Choice Award among many others. In addition to Sorochinski’s pursuit of artistic career she is also curating international exhibitions, giving lectures, workshops and talks in various institutions worldwide, as well as private coaching/consulting.
www.viktoria-sorochinski.com

The exhibition “When Empty Self Becomes Form” (2014) curated by Shinya Watanabe.

TS art projects - Viktoria Sorochinski from Galerie Tore Suessbier on Vimeo.

<How the donations will be used

In this project, we will collect donations through the following methods:

1. Items other than sales of artworks

2. Sale of exhibited works

3. Admission fees to the exhibition

1. Items other than sales of artworks

Approximately 1 million yen is needed to hold the exhibition.

110,000 yen for the artist's stay
180,000 yen for the production of artwork
560,000 yen for framing costs
70,000 yen for transportation expenses
40,000 yen for printing costs
40,000 yen for administrative expenses at the gallery

Total: 1 million yen

(In this project, the artist will pay for her own transportation costs, and the Executive Committee will cover the cost of her stay.)

If the funds raised exceed the exhibition costs, the entire difference will be transferred to UNICEF, but if the funds raised are less than the exhibition costs, the difference will be made up from the amount scheduled to be returned to Sorochinski. If there is a further shortfall, Shinya Watanabe, the ART-AID Executive Committee representative, will personally bear the cost.

2. Sale of exhibited works

Normally, when an artwork is sold at a gallery, 40-50% of the sales price goes to the gallery and 50-60% goes to the artist. However, this time, 50% of the sales of artwork will be donated, 30% will go to the artist, and 20% will be used for the operation of the exhibition.

3. Admission fees to the exhibition

All the exhibition’s admission fees will be donated.

*We will donate the money to UNICEF Japan's "Ukraine Emergency Fund.”

https://www.unicef.or.jp/kinkyu/ukraine/

One of the reasons why we decided to donate money to UNICEF (United Nations Children's Fund) was influenced by dreams that Sorochinski had.

“Around 2-3 months before the Russian invasion started in Ukraine, I had a few times dreams, which later turned out to be prophetic dreams. I saw myself in the middle of a war, and the vision was so clear, like it was happening for real. I saw bombs heating houses; I saw the soldiers shooting. And I knew that I was related personally to this place, but at the same time I knew that I am somehow physically safe, and they can’t hit me. But at the same time, I knew in these dreams that I had a mission to protect children.

In one of these dreams, I was in an apartment that was full of children from different families and different places and of various ages, and they were all very vulnerable and unprotected, some were sitting directly at the balcony, while there was shooting and bombing all around. And I was trying to hide them and protect them in every way I could. I knew this was my mission.

For some time, I forgot about these dreams, and they came back to me only when the conflict started, and those dreams became reality.

Therefore, when I was choosing to which organization, I would like to donate funds in Ukraine, it was clear to me, that it must be an organization that helps children to cope with the consequences of this horrible war. As children are the most vulnerable and the most unprotected of all in this situation."

As with the previous ART-AID, we will report to all of our crowdfunding partners on the amount of money raised for this project, the cost of the exhibition, and the total amount of support funds. (Below is the final report of the previous ART-AID.) http://www.artaid.jp/project/debriefingsession

<Possible Risks and Challenges>

Challenge: To collect donations as much as possible.

We aim to raise a total of 1.4 million yen in aid for Ukraine.

●The target amount for the admission fees (donations): 400,000 yen.

Our target for admission fees (donations) is 16 days exhibition period x 50 visitors per day x admission fee of 500 yen per person = 400,000 yen.

●Donations from the sales of artworks: 1 million yen

The target amount for artwork sales is 2 million yen, and half of this amount, 1 million yen, will be donated.

●Support from benefits other than the sale of artworks: 0 yen

The target amount of support to be collected from benefits other than the sales of artworks is 660,000 yen. Of this amount, 600,000 yen will be used for the exhibition and 60,000 yen will be used for the crowdfunding fee. If the target amount exceeds the actual cost of the exhibition, the entire amount will be donated.

This project will be conducted on an all-in basis. If the amount falls short of the target, the difference will be made up from the amount scheduled to be returned to Sorochinski, and if there is a further shortfall, Shinya Watanabe, the representative of the ART-AID Executive Committee, will personally bear the cost of the exhibition. Please be assured that all returns will be delivered.

Items Other Than the Sale of Artworks

●Video Messages from the artist (with Japanese subtitles)

We will deliver video messages from the artist, Viktoria Sorochinski. We plan to deliver them twice, before and after the artist's arrival in Japan.

●Exhibition Digital Passport

We will send an exhibition digital passport that allows entry into the exhibition as many times as desired during the exhibition period. Please show it on your cell phone when you visit the exhibition.

●ART-AID original sticker

H 70 x W 70
Mirror-coated PP matte

●Exhibition postcard (large size, special edition)

H 110 x W 178
Paper: Hybrid Bagasse FS Rough White 265kg

●Exhibition original eco-bag

H 370 x W 360 x D110
Material: Cotton (11-13 oz.)

● Name Listing (small, medium, or large) on the website

Depending on the amount of money, the name of individuals or companies will be posted on the official Art-Aid website.

●Portfolio review (limited to 6 people)

Victoria Sorochinski, a world-renowned award-winning artist, will conduct a portfolio review of six individuals. (May 15, from 3:00 p.m. to 6:00 p.m., about 30 minutes per person) This is a chance to have your photographic work reviewed and get feedback from the artist.

【Sale of the Exhibited Works】

<Far & Familiar (Ukraine, 2016)>

[ Viburnum Berries ]

Price: 79,200 yen
Size of the work: 200 x 200 (frame size: 230 x 230 mm)
Editions: 16 + 2 A.P.
Click here to see the high-resolution photo → "Far & Familiar"

<The Space Between (2007-2008) >

"The Space Between" 2007-2008[ Room1 ]

Price: 195,800 yen
Size of the work: 400 x 400 mm (Frame size: 430 x 430 mm)
Edition: 7 + 2 A.P.
Click here for the high-resolution photo → "The Space Between"

<Lands of No-Return (Ukraine, 2009-2018)>

Lands of No-Return(帰らざる国)

Price: ¥195,800 Work size: 400 x 400 mm (Frame size: 430 x 430 mm) Editions: 10 + 2 A.P.
Price: ¥209,000 Work size: 400 x 560 mm (Frame size: 430 x 590 mm) Edition: 12 + 2 A.P.
Price: ¥401,500 Work size: 700 x 700 mm (Frame size: 730 x 730 mm) Editions: 5 + 2 A.P.
Price: ¥770,000 Work size: 1000 x 1500 mm (Frame size: 1030 x 1530 mm) Edition 5 + 2 A.P.
For high-resolution photos, please click here → "Lands of No-Return"

*The works sold here are framed works that will be exhibited at the exhibition from May 12 to 29.

Frame specifications: Opus Alpolic (3mm), full surface machine lamination process, wooden box production, painting, and framed in a floating frame (no acrylic) with a box over the frame

Color of frame: dark brown

*The frames used in this exhibition are provided at a special price with the sponsorship of Frameman Co.

*All photographs are museum prints made with archival inkjet paper, which is resistant to deterioration over time.

*Please note that if this charity exhibition travels to the other cities in Japan, delivery of the works may be delayed to September.

<Profile of Shinya Watanabe
(Chair of ART-AID Exhibition Committee) >

Independent curator/filmmaker born in Numazu, Shizuoka, Japan in 1980. After receiving his M.A. from the Steinert School of Education at New York University, he worked as a gallery manager at Ethan Cohen Fine Art for two years. As an art curator, he organized international art exhibitions focusing on nation-states in the United States, Switzerland, Germany, Japan, and other countries. After working at the Tokyo Culture Creation Project Office of the Tokyo Metropolitan Foundation for History and Culture, he was an overseas trainee for emerging artists at the Agency for Cultural Affairs (2011-2013).

While teaching for four years at the University of Applied Sciences Berlin, he completed his doctoral studies from the University of the Arts Berlin with "In Search of Eurasia: Joseph Beuys and Nam June Paik" (Sangensha). His first film "Soul Odyssey - Searching for Eurasia" (2016), won the International Award of Excellence, Story Award at International Film Festivals for Peace, Inspiration, and Equality (IFFPIE). His major art exhibitions include "Into the Atomic Sunshine: Postwar Art under Article 9 of the Japanese Peace Constitution" (2008-2009), "Nam June Paik 2020: Who's Laughing ? +? =?" (2016-2017), "Stone/Rock Carvings as Beginnings - From Ireland to Amami Islands" (2018), etc. His most recent book is "Ponyo CODE: Hayao Miyazaki's Codes Hidden in 'Ponyo on the Cliff by the Sea'." Watanabe is an Adjunct Professor at Temple University Japan.
http://www.shinyawatanabe.net

A scene from the 2011 ART-AID Basel Project for Japan

<Greeting>

Thank you for your interest in our charity exhibition in support of Ukraine! We are working to unite all of your feelings and deliver the donations to the children in Ukraine. We would appreciate it if you could share this campaign on your SNS and visit the exhibition with your friends!

リターンを選ぶ

  • 2000

    アーティストからのメッセージ動画(日本語字幕付き)

    • アーティストからのメッセージ動画(日本語字幕付き)
    • 2022年05月 にお届け予定です。
    • 6人が応援しています。
  • 3000

    展覧会デジタルパスポート

    • アーティストからのメッセージ動画(日本語字幕付き)
    • 展覧会デジタルパスポート(会期中何度でも入場可能 5月28日購入締切)
    • 2022年05月 にお届け予定です。
    • 24人が応援しています。
  • 5000

    ステッカーとポストカードで応援!

    • アーティストからのメッセージ動画(日本語字幕付き)
    • 展覧会デジタルパスポート(会期中何度でも入場可能 5月28日購入締切)
    • ART-AIDオリジナルステッカー
    • 展覧会ポストカード(大判・特別仕様)
    • 2022年06月 にお届け予定です。
    • 7人が応援しています。
  • 10000

    個人スポンサー(小)

    • アーティストからのメッセージ動画(日本語字幕付き)
    • 展覧会デジタルパスポート(会期中何度でも入場可能 5月28日購入締切)
    • ART-AIDオリジナルステッカー
    • 展覧会ポストカード(大判・特別仕様)
    • 展覧会オリジナルエコバッグ
    • WEBサイト内にお名前(小)を掲載
    • 2022年06月 にお届け予定です。
    • 8人が応援しています。
  • 20000

    個人スポンサー(中)

    • アーティストからのメッセージ動画(日本語字幕付き)
    • 展覧会デジタルパスポート(会期中何度でも入場可能 5月28日購入締切)
    • ART-AIDオリジナルステッカー
    • 展覧会ポストカード(大判・特別仕様)
    • 展覧会オリジナルエコバッグ
    • WEBサイト内にお名前(中)を掲載
    • 2022年06月 にお届け予定です。
    • 3人が応援しています。
  • 30000

    個人スポンサー(大)

    • アーティストからのメッセージ動画(日本語字幕付き)
    • 展覧会デジタルパスポート(会期中何度でも入場可能 5月28日購入締切)
    • ART-AIDオリジナルステッカー
    • 展覧会ポストカード(大判・特別仕様)
    • 展覧会オリジナルエコバッグ
    • WEBサイト内にお名前(大)を掲載
    • 2022年06月 にお届け予定です。
    • 4人が応援しています。
  • 残り6枚

    30000

    ポートフォリオレビュー 5月15日(日)15:00 - 18:00

    • 世界的なアワードを受賞してきたソロチンスキーによるポートフォリオレビュー(5月14日締切)
    • アーティストからのメッセージ動画(日本語字幕付き)
    • 展覧会デジタルパスポート(会期中何度でも入場可能 5月28日購入締切)
    • ART-AIDオリジナルステッカー
    • 展覧会オリジナルエコバッグ
    • WEBサイト内にお名前(大)を掲載
    • 2022年06月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 50000

    企業スポンサー(小)

    • アーティストからのメッセージ動画(日本語字幕付き)
    • 展覧会デジタルパスポート(会期中何度でも入場可能 5月28日購入締切)
    • ART-AIDオリジナルステッカー
    • 展覧会ポストカード(大判・特別仕様)
    • 展覧会オリジナルエコバッグ
    • WEBサイト内に企業名(小)を掲載
    • 2022年06月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • SOLDOUT

    79200

    作品販売「Far & Familiar(遠くて近いもの)」[ Viburnum Berries ]フレーム付き(限定1点)

    • 作品販売「Far & Familiar(遠くて近いもの)」[ Viburnum Berries ]
    • アーティストからのメッセージ動画(日本語字幕付き)
    • 展覧会デジタルパスポート(会期中何度でも入場可能 5月28日購入締切)
    • ART-AIDオリジナルステッカー
    • 展覧会ポストカード(大判・特別仕様)
    • 展覧会オリジナルエコバッグ
    • WEBサイト内にお名前(大)を掲載
    • 2022年09月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 残り1枚

    79200

    作品販売「Far & Familiar(遠くて近いもの)」[ Bread & Knife ]フレーム付き(限定1点)

    • 作品販売「Far & Familiar(遠くて近いもの)」[ Bread & Knife ]
    • アーティストからのメッセージ動画(日本語字幕付き)
    • 展覧会デジタルパスポート(会期中何度でも入場可能 5月28日購入締切)
    • ART-AIDオリジナルステッカー
    • 展覧会ポストカード(大判・特別仕様)
    • 展覧会オリジナルエコバッグ
    • WEBサイト内にお名前(大)を掲載
    • 2022年09月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り1枚

    79200

    作品販売「Far & Familiar(遠くて近いもの)」[ Vodka, green onion & salt ]フレーム付き(限定1点)

    • 作品販売「Far & Familiar」[ Vodka, green onion & salt ]
    • アーティストからのメッセージ動画(日本語字幕付き)
    • 展覧会デジタルパスポート(会期中何度でも入場可能 5月28日購入締切)
    • ART-AIDオリジナルステッカー
    • 展覧会ポストカード(大判・特別仕様)
    • 展覧会オリジナルエコバッグ
    • WEBサイト内にお名前(大)を掲載
    • 2022年09月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り1枚

    79200

    作品販売「Far & Familiar(遠くて近いもの)」[ Potatos & Onion ]フレーム付き(限定1点)

    • 作品販売「Far & Familiar(遠くて近いもの)」[ Potatos & Onion ]
    • アーティストからのメッセージ動画(日本語字幕付き)
    • 展覧会デジタルパスポート(会期中何度でも入場可能 5月28日購入締切)
    • ART-AIDオリジナルステッカー
    • 展覧会ポストカード(大判・特別仕様)
    • 展覧会オリジナルエコバッグ
    • WEBサイト内にお名前(大)を掲載
    • 2022年09月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り1枚

    79200

    作品販売「Far & Familiar(遠くて近いもの)」[ Milk & Eggs ]フレーム付き(限定1点)

    • 作品販売「Far & Familiar(遠くて近いもの)」[ Milk & Eggs ]
    • アーティストからのメッセージ動画(日本語字幕付き)
    • 展覧会デジタルパスポート(会期中何度でも入場可能 5月28日購入締切)
    • ART-AIDオリジナルステッカー
    • 展覧会ポストカード(大判・特別仕様)
    • 展覧会オリジナルエコバッグ
    • WEBサイト内にお名前(大)を掲載
    • 2022年09月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り1枚

    79200

    作品販売「Far & Familiar(遠くて近いもの)」[ Grapes & Wine ]フレーム付き(限定1点)

    • 作品販売「Far & Familiar(遠くて近いもの)」[ Grapes & Wine ]
    • アーティストからのメッセージ動画(日本語字幕付き)
    • 展覧会デジタルパスポート(会期中何度でも入場可能 5月28日購入締切)
    • ART-AIDオリジナルステッカー
    • 展覧会ポストカード(大判・特別仕様)
    • 展覧会オリジナルエコバッグ
    • WEBサイト内にお名前(大)を掲載
    • 2022年09月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • SOLDOUT

    79200

    作品販売「Far & Familiar(遠くて近いもの)」[ Raspberries ]フレーム付き(限定1点)

    • 作品販売「Far & Familiar(遠くて近いもの)」[ Raspberries ]
    • アーティストからのメッセージ動画(日本語字幕付き)
    • 展覧会デジタルパスポート(会期中何度でも入場可能 5月28日購入締切)
    • ART-AIDオリジナルステッカー
    • 展覧会ポストカード(大判・特別仕様)
    • 展覧会オリジナルエコバッグ
    • WEBサイト内にお名前(大)を掲載
    • 2022年09月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • SOLDOUT

    79200

    作品販売「Far & Familiar(遠くて近いもの)」[ Sunflower Seeds & Newspaper ]フレーム付き(限定1点)

    • 作品販売「Far & Familiar」[Sunflower Seeds & Newspaper]
    • アーティストからのメッセージ動画(日本語字幕付き)
    • 展覧会デジタルパスポート(会期中何度でも入場可能 5月28日購入締切)
    • ART-AIDオリジナルステッカー
    • 展覧会ポストカード(大判・特別仕様)
    • 展覧会オリジナルエコバッグ
    • WEBサイト内にお名前(大)を掲載
    • 2022年09月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 残り1枚

    79200

    作品販売「Far & Familiar(遠くて近いもの)」[ Cider & Apples ]フレーム付き(限定1点)

    • 作品販売「Far & Familiar(遠くて近いもの)」[ Cider & Apples ]
    • アーティストからのメッセージ動画(日本語字幕付き)
    • 展覧会デジタルパスポート(会期中何度でも入場可能 5月28日購入締切)
    • ART-AIDオリジナルステッカー
    • 展覧会ポストカード(大判・特別仕様)
    • 展覧会オリジナルエコバッグ
    • WEBサイト内にお名前(大)を掲載
    • 2022年09月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • SOLDOUT

    79200

    作品販売「Far & Familiar(遠くて近いもの)」[ Fish & Onions ]フレーム付き(限定1点)

    • 作品販売「Far & Familiar(遠くて近いもの)」[ Fish & Onions ]
    • アーティストからのメッセージ動画(日本語字幕付き)
    • 展覧会デジタルパスポート(会期中何度でも入場可能 5月28日購入締切)
    • ART-AIDオリジナルステッカー
    • 展覧会ポストカード(大判・特別仕様)
    • 展覧会オリジナルエコバッグ
    • WEBサイト内にお名前(大)を掲載
    • 2022年09月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 残り1枚

    79200

    【追加エディション】作品販売「Far & Familiar(遠くて近いもの)」[ Raspberries ]フレーム付き(限定1点)

    • 作品販売「Far & Familiar(遠くて近いもの)」[ Raspberries ]
    • アーティストからのメッセージ動画(日本語字幕付き)
    • 展覧会デジタルパスポート(会期中何度でも入場可能 5月28日購入締切)
    • ART-AIDオリジナルステッカー
    • 展覧会ポストカード(大判・特別仕様)
    • 展覧会オリジナルエコバッグ
    • WEBサイト内にお名前(大)を掲載
    • 2022年09月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り1枚

    79200

    【追加エディション】作品販売「Far & Familiar(遠くて近いもの)」[ Fish & Onions ]フレーム付き(限定1点)

    • 作品販売「Far & Familiar(遠くて近いもの)」[ Fish & Onions ]
    • アーティストからのメッセージ動画(日本語字幕付き)
    • 展覧会デジタルパスポート(会期中何度でも入場可能 5月28日購入締切)
    • ART-AIDオリジナルステッカー
    • 展覧会ポストカード(大判・特別仕様)
    • 展覧会オリジナルエコバッグ
    • WEBサイト内にお名前(大)を掲載
    • 2022年09月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り1枚

    79200

    【追加エディション】作品販売「Far & Familiar(遠くて近いもの)」[ Sunflower Seeds & Newspaper ]フレーム付き(限定1点)

    • 作品販売「Far & Familiar」[Sunflower Seeds & Newspaper]
    • アーティストからのメッセージ動画(日本語字幕付き)
    • 展覧会デジタルパスポート(会期中何度でも入場可能 5月28日購入締切)
    • ART-AIDオリジナルステッカー
    • 展覧会ポストカード(大判・特別仕様)
    • 展覧会オリジナルエコバッグ
    • WEBサイト内にお名前(大)を掲載
    • 2022年09月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り1枚

    79200

    【追加エディション】作品販売「Far & Familiar(遠くて近いもの)」[ Viburnum Berries ]フレーム付き(限定1点)

    • 作品販売「Far & Familiar(遠くて近いもの)」[ Viburnum Berries ]
    • アーティストからのメッセージ動画(日本語字幕付き)
    • 展覧会デジタルパスポート(会期中何度でも入場可能 5月28日購入締切)
    • ART-AIDオリジナルステッカー
    • 展覧会ポストカード(大判・特別仕様)
    • 展覧会オリジナルエコバッグ
    • WEBサイト内にお名前(大)を掲載
    • 2022年09月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 100000

    企業スポンサー(中)

    • アーティストからのメッセージ動画(日本語字幕付き)
    • 展覧会デジタルパスポート(会期中何度でも入場可能 5月28日購入締切)
    • ART-AIDオリジナルステッカー
    • 展覧会ポストカード(大判・特別仕様)
    • 展覧会オリジナルエコバッグ
    • WEBサイト内に企業名(中)を掲載
    • 2022年06月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • SOLDOUT

    195800

    作品販売「The Space Between(あいだの空間)」[ Room1 ]フレーム付き(限定1点)

    • 作品販売「The Space Between(あいだの空間)」[ Room1 ]
    • アーティストからのメッセージ動画(日本語字幕付き)
    • 展覧会デジタルパスポート(会期中何度でも入場可能 5月28日購入締切)
    • ART-AIDオリジナルステッカー
    • 展覧会ポストカード(大判・特別仕様)
    • 展覧会オリジナルエコバッグ
    • WEBサイト内にお名前(大)を掲載
    • 2022年09月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 残り1枚

    195800

    作品販売「Lands of No-Return(帰らざる国)」[ Untitled # 002 ]フレーム付き(限定1点) 作品サイズ: 400 x 400 mm (フレームサイズ: 430 x 430 mm)

    • 作品販売「Lands of No-Return(帰らざる国)」[ Untitled # 002 ]
    • アーティストからのメッセージ動画(日本語字幕付き)
    • 展覧会デジタルパスポート(会期中何度でも入場可能 5月28日購入締切)
    • ART-AIDオリジナルステッカー
    • 展覧会ポストカード(大判・特別仕様)
    • 展覧会オリジナルエコバッグ
    • WEBサイト内にお名前(大)を掲載
    • 2022年09月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り1枚

    195800

    作品販売「Lands of No-Return(帰らざる国)」[ Untitled # 016 ]フレーム付き(限定1点) 作品サイズ: 400 x 400 mm (フレームサイズ: 430 x 430 mm)

    • 作品販売「Lands of No-Return(帰らざる国)」[ Untitled # 016 ]
    • アーティストからのメッセージ動画(日本語字幕付き)
    • 展覧会デジタルパスポート(会期中何度でも入場可能 5月28日購入締切)
    • ART-AIDオリジナルステッカー
    • 展覧会ポストカード(大判・特別仕様)
    • 展覧会オリジナルエコバッグ
    • WEBサイト内にお名前(大)を掲載
    • 2022年09月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り1枚

    195800

    作品販売「Lands of No-Return(帰らざる国)」[ Untitled # 0198 ]フレーム付き(限定1点) 作品サイズ: 400 x 400 mm (フレームサイズ: 430 x 430 mm)

    • 作品販売「Lands of No-Return(帰らざる国)」[ Untitled # 0198 ]
    • アーティストからのメッセージ動画(日本語字幕付き)
    • 展覧会デジタルパスポート(会期中何度でも入場可能 5月28日購入締切)
    • ART-AIDオリジナルステッカー
    • 展覧会ポストカード(大判・特別仕様)
    • 展覧会オリジナルエコバッグ
    • WEBサイト内にお名前(大)を掲載
    • 2022年09月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り1枚

    195800

    作品販売「Lands of No-Return(帰らざる国)」[ Untitled # 0370 ]フレーム付き(限定1点) 作品サイズ: 400 x 400 mm (フレームサイズ: 430 x 430 mm)

    • 作品販売「Lands of No-Return(帰らざる国)」[ Untitled # 0370 ]
    • アーティストからのメッセージ動画(日本語字幕付き)
    • 展覧会デジタルパスポート(会期中何度でも入場可能 5月28日購入締切)
    • ART-AIDオリジナルステッカー
    • 展覧会ポストカード(大判・特別仕様)
    • 展覧会オリジナルエコバッグ
    • WEBサイト内にお名前(大)を掲載
    • 2022年09月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り1枚

    195800

    作品販売「Lands of No-Return(帰らざる国)」[ Untitled # 4777 ]フレーム付き(限定1点) 作品サイズ: 400 x 400 mm (フレームサイズ: 430 x 430 mm)

    • 作品販売「Lands of No-Return(帰らざる国)」[ Untitled # 4777 ]
    • アーティストからのメッセージ動画(日本語字幕付き)
    • 展覧会デジタルパスポート(会期中何度でも入場可能 5月28日購入締切)
    • ART-AIDオリジナルステッカー
    • 展覧会ポストカード(大判・特別仕様)
    • 展覧会オリジナルエコバッグ
    • WEBサイト内にお名前(大)を掲載
    • 2022年09月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り1枚

    195800

    作品販売「Lands of No-Return(帰らざる国)」[ Untitled # 5819 ]フレーム付き(限定1点) 作品サイズ: 400 x 400 mm (フレームサイズ: 430 x 430 mm)

    • 作品販売「Lands of No-Return(帰らざる国)」[ Untitled # 5819 ]
    • アーティストからのメッセージ動画(日本語字幕付き)
    • 展覧会デジタルパスポート(会期中何度でも入場可能 5月28日購入締切)
    • ART-AIDオリジナルステッカー
    • 展覧会ポストカード(大判・特別仕様)
    • 展覧会オリジナルエコバッグ
    • WEBサイト内にお名前(大)を掲載
    • 2022年09月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り1枚

    195800

    作品販売「Lands of No-Return(帰らざる国)」[ Untitled # 5855]フレーム付き(限定1点) 作品サイズ: 400 x 400 mm (フレームサイズ: 430 x 430 mm)

    • 作品販売「Lands of No-Return(帰らざる国)」[ Untitled # 5855]
    • アーティストからのメッセージ動画(日本語字幕付き)
    • 展覧会デジタルパスポート(会期中何度でも入場可能 5月28日購入締切)
    • ART-AIDオリジナルステッカー
    • 展覧会ポストカード(大判・特別仕様)
    • 展覧会オリジナルエコバッグ
    • WEBサイト内にお名前(大)を掲載
    • 2022年09月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り1枚

    195800

    作品販売「Lands of No-Return(帰らざる国)」[ Untitled # 7923]フレーム付き(限定1点) 作品サイズ: 400 x 400 mm (フレームサイズ: 430 x 430 mm)

    • 作品販売「Lands of No-Return(帰らざる国)」[ Untitled # 7923 ]
    • アーティストからのメッセージ動画(日本語字幕付き)
    • 展覧会デジタルパスポート(会期中何度でも入場可能 5月28日購入締切)
    • ART-AIDオリジナルステッカー
    • 展覧会ポストカード(大判・特別仕様)
    • 展覧会オリジナルエコバッグ
    • WEBサイト内にお名前(大)を掲載
    • 2022年09月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り1枚

    195800

    作品販売「Lands of No-Return(帰らざる国)」[ Untitled # 5866]フレーム付き(限定1点) 作品サイズ: 400 x 400 mm (フレームサイズ: 430 x 430 mm)

    • 作品販売「Lands of No-Return(帰らざる国)」[ Untitled # 5866 ]
    • アーティストからのメッセージ動画(日本語字幕付き)
    • 展覧会デジタルパスポート(会期中何度でも入場可能 5月28日購入締切)
    • ART-AIDオリジナルステッカー
    • 展覧会ポストカード(大判・特別仕様)
    • 展覧会オリジナルエコバッグ
    • WEBサイト内にお名前(大)を掲載
    • 2022年09月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り1枚

    195800

    作品販売「The Space Between(あいだの空間)」[ Room2 ]フレーム付き(限定1点)

    • 作品販売「The Space Between(あいだの空間)」[ Room2 ]
    • アーティストからのメッセージ動画(日本語字幕付き)
    • 展覧会デジタルパスポート(会期中何度でも入場可能 5月28日購入締切)
    • ART-AIDオリジナルステッカー
    • 展覧会ポストカード(大判・特別仕様)
    • 展覧会オリジナルエコバッグ
    • WEBサイト内にお名前(大)を掲載
    • 2022年09月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り1枚

    195800

    作品販売「The Space Between(あいだの空間)」[ Room 3 ]フレーム付き(限定1点)

    • 作品販売「The Space Between(あいだの空間)」[ Room 3 ]
    • アーティストからのメッセージ動画(日本語字幕付き)
    • 展覧会デジタルパスポート(会期中何度でも入場可能 5月28日購入締切)
    • ART-AIDオリジナルステッカー
    • 展覧会ポストカード(大判・特別仕様)
    • 展覧会オリジナルエコバッグ
    • WEBサイト内にお名前(大)を掲載
    • 2022年09月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り1枚

    195800

    作品販売「The Space Between(あいだの空間)」[ Room 6 ]フレーム付き(限定1点)

    • 作品販売「The Space Between(あいだの空間)」[ Room 6 ]
    • アーティストからのメッセージ動画(日本語字幕付き)
    • 展覧会デジタルパスポート(会期中何度でも入場可能 5月28日購入締切)
    • ART-AIDオリジナルステッカー
    • 展覧会ポストカード(大判・特別仕様)
    • 展覧会オリジナルエコバッグ
    • WEBサイト内にお名前(大)を掲載
    • 2022年09月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り1枚

    195800

    作品販売「The Space Between(あいだの空間)」[ Room 7 ]フレーム付き(限定1点)

    • 作品販売「The Space Between(あいだの空間)」[ Room 7 ]
    • アーティストからのメッセージ動画(日本語字幕付き)
    • 展覧会デジタルパスポート(会期中何度でも入場可能 5月28日購入締切)
    • ART-AIDオリジナルステッカー
    • 展覧会ポストカード(大判・特別仕様)
    • 展覧会オリジナルエコバッグ
    • WEBサイト内にお名前(大)を掲載
    • 2022年09月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り1枚

    195800

    作品販売「Lands of No-Return(帰らざる国)」[ Untitled # 5246 ]フレーム付き(限定1点) 作品サイズ: 400 x 400 mm (フレームサイズ: 430 x 430 mm)

    • 作品販売「Lands of No-Return(帰らざる国)」[ Untitled # 5246 ]
    • アーティストからのメッセージ動画(日本語字幕付き)
    • 展覧会デジタルパスポート(会期中何度でも入場可能 5月28日購入締切)
    • ART-AIDオリジナルステッカー
    • 展覧会ポストカード(大判・特別仕様)
    • 展覧会オリジナルエコバッグ
    • WEBサイト内にお名前(大)を掲載
    • 2022年09月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り1枚

    195800

    作品販売「Lands of No-Return(帰らざる国)」[ Untitled # 5466 ]フレーム付き(限定1点) 作品サイズ: 400 x 400 mm (フレームサイズ: 430 x 430 mm)

    • 作品販売「Lands of No-Return(帰らざる国)」[ Untitled # 5466 ]
    • アーティストからのメッセージ動画(日本語字幕付き)
    • 展覧会ポストカード(大判・特別仕様)
    • 展覧会オリジナルエコバッグ
    • ART-AIDオリジナルステッカー
    • 展覧会デジタルパスポート(会期中何度でも入場可能 5月28日購入締切)
    • WEBサイト内にお名前(大)を掲載
    • 2022年09月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 200000

    企業スポンサー(大)

    • アーティストからのメッセージ動画(日本語字幕付き)
    • 展覧会デジタルパスポート(会期中何度でも入場可能 5月28日購入締切)
    • ART-AIDオリジナルステッカー
    • 展覧会ポストカード(大判・特別仕様)
    • 展覧会オリジナルエコバッグ
    • WEBサイト内に企業名(大)を掲載
    • 2022年06月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り1枚

    209000

    作品販売「Lands of No-Return(帰らざる国)」[ Untitled # 8346 ]フレーム付き(限定1点) 作品サイズ: 400 x 560 mm (フレームサイズ: 430 x 590 mm)

    • 作品販売「Lands of No-Return(帰らざる国)」[ Untitled # 8346 ]
    • アーティストからのメッセージ動画(日本語字幕付き)
    • 展覧会デジタルパスポート(会期中何度でも入場可能 5月28日購入締切)
    • ART-AIDオリジナルステッカー
    • 展覧会ポストカード(大判・特別仕様)
    • 展覧会オリジナルエコバッグ
    • WEBサイト内にお名前(大)を掲載
    • 2022年09月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り1枚

    209000

    作品販売「Lands of No-Return(帰らざる国)」[ Untitled # 8503 ]フレーム付き(限定1点) 作品サイズ: 400 x 560 mm (フレームサイズ: 430 x 590 mm)

    • 作品販売「Lands of No-Return(帰らざる国)」[ Untitled # 8503 ]
    • アーティストからのメッセージ動画(日本語字幕付き)
    • 展覧会デジタルパスポート(会期中何度でも入場可能 5月28日購入締切)
    • ART-AIDオリジナルステッカー
    • 展覧会ポストカード(大判・特別仕様)
    • 展覧会オリジナルエコバッグ
    • WEBサイト内にお名前(大)を掲載
    • 2022年09月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り1枚

    401500

    作品販売「Lands of No-Return(帰らざる国)」[ Untitled # 4812 ]フレーム付き(限定1点) 作品サイズ: 700 x 700 mm (フレームサイズ: 730 x 730 mm)

    • 作品販売「Lands of No-Return(帰らざる国)」[ Untitled # 4812 ]
    • アーティストからのメッセージ動画(日本語字幕付き)
    • 展覧会デジタルパスポート(会期中何度でも入場可能 5月28日購入締切)
    • ART-AIDオリジナルステッカー
    • 展覧会ポストカード(大判・特別仕様)
    • 展覧会オリジナルエコバッグ
    • WEBサイト内にお名前(大)を掲載
    • 2022年09月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り1枚

    401500

    作品販売「Lands of No-Return(帰らざる国)」[ Untitled # 5017 ]フレーム付き(限定1点) 作品サイズ: 700 x 700 mm (フレームサイズ: 730 x 730 mm)

    • 作品販売「Lands of No-Return(帰らざる国)」[ Untitled # 5017 ]
    • アーティストからのメッセージ動画(日本語字幕付き)
    • 展覧会デジタルパスポート(会期中何度でも入場可能 5月28日購入締切)
    • ART-AIDオリジナルステッカー
    • 展覧会ポストカード(大判・特別仕様)
    • 展覧会オリジナルエコバッグ
    • WEBサイト内にお名前(大)を掲載
    • 2022年09月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • SOLDOUT

    770000

    作品販売「Lands of No-Return(帰らざる国)」[ Untitled # 8026 ]フレーム付き(限定1点) 作品サイズ: 1000 x 1500 mm (フレームサイズ: 1030 x 1530 mm)

    • 「Lands of No-Return(帰らざる国)」[ Untitled # 8026 ]
    • アーティストからのメッセージ動画(日本語字幕付き)
    • 展覧会デジタルパスポート(会期中何度でも入場可能 5月28日購入締切)
    • ART-AIDオリジナルステッカー
    • 展覧会ポストカード(大判・特別仕様)
    • 展覧会オリジナルエコバッグ
    • WEBサイト内にお名前(大)を掲載
    • 2022年09月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。