をクラウドファンディングで実現!

障がいのある人たちがカナダの風を持ち帰る
「ぷかぷかさん カナダをゆく」という映画を作ります。

  • 神奈川県
  • 映画

カナダバンクーバーで開かれるANCA世界自閉症フェスティバルでぷかぷかのプロモーションビデオ上映決定。障がいのある人達が世界の人々と出会う様子を映像に撮り、「ぷかぷかさん カナダをゆく」という映画を作ります。

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、2017年10月31日23:59に終了しました。

コレクター
44
現在までに集まった金額
470,000
残り日数
0

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、2017年10月31日23:59に終了しました。

Middle 1504688102

Presenter
ぷかぷか プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

Middle 1504688102

PRESENTER
ぷかぷか

養護学校教員をやっている間に、障がいのある子ども達に惚れ込み、彼らとずっと一緒に生きていきたいと、教員を定年退職するとき、退職金をはたいて彼らと一緒に働く「ぷかぷか」を立ち上げました。障がいのある人たちと一緒に生きていった方がいいよ、一緒に生きていくと私たちが豊かになるよ、社会が豊かになるよ、というメッセージを日々フェイスブックなどで発信しています。お店では彼らのそのままの魅力で勝負し、たくさんの「ぷかぷかのファン」を作り出しました。事業所の仕事以外に、地域の人たちといっしょに芝居作りをしています。彼らと一緒に作る芝居は障がいのある人たちを排除しない新しい文化だと思います。

一本のムービーが世の中を大きく変える、かも。

vol. 11 2017-10-12 0

pvプロボノのホームページに、こんな言葉があります。

   映像のチカラで

   世界を幸せに

  1本のムービーが、世の中を大きく動かす。

  1本のムービーが、悲しみを笑顔に変える。

  映像にはそんなとてつもないチカラがあると信じています。

pvプロボノの作った5分のプロモーションビデオが、世界自閉症フェスティバルの主催者レオノーラさんの心を動かしました。日本語版であったにもかかわらず、レオノーラさんは、

「すばらしい!」

と感じ、フェスティバルでの上映を決めました。夫のチャーリーさんは、

「むつかしい言葉をひとことも使わず、障がいのある人たちと一緒に生きることの意味、素晴らしさを語っている」

とおっしゃっていました。

「ぷかぷかの創業者は、自分たちと同じ哲学を持っていると感じた」

とも。

 昨年pvプロボノにつくっていただいたプロモーションビデオは、ぷかぷかの日々発信しているメッセージ「障がいのある人たちとはいっしょに生きていった方がいいよ」を映像化して欲しい、というリクエストに応じて作られたものでした。そのメッセージが映像を通して見事に伝わったと思います。見る人が日本人なら、映像の中の言葉によるメッセージも一緒に伝わります。でも言葉のわからない外国の方なら、映像で伝わるものだけで勝負することになります。

 レオノーラとチャーリーの反応を見て、映像の持つチカラをまざまざと感じました。今回、カナダに行くきっかけは、この映像の持つチカラが作ってくれたのです。

 レオノーラさんには重い障がいを持った息子さんがいます。フェスティバルの会場にいたのですが、車イスに乗り、時々「う〜」と声を出していました。意思の疎通がかなりむつかしい方のようでした。

 フェスティバル三日目の朝、アンソニー(息子さんの名前)を軸にしたレオノーラさんの家族の短いビデオの上映がありました。英語なので詳しい内容はわかりませんでしたが、アンソニーを中心にしたレオノーラ・チャーリー一家の幸福感に溢れたビデオでした。幸せな家族なんだなぁ、と思いました。

 障がいのある人たちとは一緒に生きていった方がいい、というメッセージが、ストレートに届いたのは、レオノーラ・チャーリー夫妻のこの幸福感があったからだとビデオを見ながら思いました。

 家族に障害者がいるわけでもないのに「一緒に生きていった方がいい」と言い切る姿勢に、レオノーラさんが共感し、ここまで「ぷかぷか」に注目するようになったのだと思います。家族に障害者がいて「障がいのある人たちとは一緒に生きていった方がいい」というのと、家族に障害者がいなくて「障がいのある人たちとは一緒に生きていった方がいい」というのとでは、メッセージの意味、伝わり方が全くちがいます。

 フェスティバルで上映した2本の映像をYouTubeにアップし、フェスティバルに参加した世界各国の人たちと共有して欲しい、レオノーラさんにメールを送りました。

 昨日の夜12時過ぎにレオノーラさんから来たメールです。

 My honor to support your work! Let's reach the world Time is of essence

 前半は「喜んでお仕事お手伝いします」という感じでしょうか。後半の意味がよくわからなくて、プロモーションビデオの英訳をした辻さんに聞いたところ、

 おそらくworldのあとのピリオドがぬけていて、世界に届けましょう。時間が大事(早く行動しよう)! と言う意味では、

という返事がありました。

まとめると、

 ぷかぷかのメッセージを世界の人々と共有する仕事、喜んでお手伝いします。早く世界に届けましょう。

 という感じになるのでしょうか。

  《 1本のムービーが、世の中を大きく動かす。》

 ひょっとしたら、このことかも知れないと思いました。

アップデート一覧に戻る

リターンを選ぶ

  • 3000

    ぷかぷかさんが気になる!コース

    • ぷかぷかさんの手によるお礼のメッセージをお届けします。
    • アート屋わんど小物商品 ぷかぷかさんの作ったかわいいアクセサリーです。
    • 上映会招待券 会場はみどりアートパーク(横浜市緑区長津田二丁目1番3号)。
    • 2018年04月 にお届け予定です。
    • 11人が応援しています。
  • 5000

    ぷかぷかさんに会ってみたい!コース

    • ぷかぷかさんの手によるお礼のメッセージをお届けします。
    • アート屋わんど小物商品 ぷかぷかさんの作ったかわいいアクセサリーです。
    • 上映会招待券 会場はみどりアートパーク(横浜市緑区長津田二丁目1番3号)。
    • 「ぷかぷかさんのおひるごはん」ペア招待券 おいしいお昼ごはんです。
    • 2018年04月 にお届け予定です。
    • 12人が応援しています。
  • 10000

    ぷかぷかさんと、友達になりたい!コース

    • ぷかぷかさんの手によるお礼のメッセージをお届けします。
    • アート屋わんど小物商品 ぷかぷかさんの作ったかわいいアクセサリーです。
    • 上映会招待券 会場はみどりアートパーク(横浜市緑区長津田二丁目1番3号)。
    • 「ぷかぷかさんのおひるごはん」ペア招待券 おいしいお昼ごはんです。
    • 映画のエンドロールにスペシャルサポーターとしてお名前記載。
    • 2018年04月 にお届け予定です。
    • 10人が応援しています。
  • 20000

    ぷかぷかさんと、もっと友達になりたい!コース

    • ぷかぷかさんの手によるお礼のメッセージをお届けします。
    • アート屋わんど小物商品 ぷかぷかさんの作ったかわいいアクセサリーです。
    • 上映会招待券 会場はみどりアートパーク(横浜市緑区長津田二丁目1番3号)。
    • 「ぷかぷかさんのおひるごはん」ペア招待券 おいしいお昼ごはんです。
    • 映画のエンドロールにスペシャルサポーターとしてお名前記載。
    • 映画のDVD進呈
    • 2018年04月 にお届け予定です。
    • 6人が応援しています。
  • 30000

    ぷかぷかさんと、もっともっと友達になりたい!コース

    • ぷかぷかさんの手によるお礼のメッセージをお届けします。
    • アート屋わんど小物商品 ぷかぷかさんの作ったかわいいアクセサリーです。
    • 上映会招待券 会場はみどりアートパーク(横浜市緑区長津田二丁目1番3号)。
    • 「ぷかぷかさんのおひるごはん」ペア招待券 おいしいお昼ごはんです。
    • 映画のエンドロールにスペシャルサポーターとしてお名前記載。
    • 映画のDVD進呈
    • あなたの地域でぷかぷか理事長高崎の講演付き上映会をプレゼント(2018年5月1日以降)
    • 2018年05月 にお届け予定です。
    • 5人が応援しています。