芦見谷芸術の森をクラウドファンディングで実現!

京都・京北5000坪の杉林を、身体と心が生き返る ◆芦見谷芸術の森◆としてオープンさせたい!

  • まさこばあちゃん
  • コミュニティ
  • 京都府
298d6206 acd8 4846 9e9c bc803b4d3d27 ▶ 再生
  • コレクター
    13人
  • 合計金額
    122,000円
  • 残り
    72

目標金額は5,000,000円です。

このプロジェクトでは、目標到達に関わらず、2017年7月7日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

プロジェクトを応援する

このプロジェクトを応援する

このプロジェクトについて

大自然と繋がり五感を開く感動をあなたにも!
ネットも携帯も繋がらない京都市京北の秘境に、滞在創作が出来る、芸術の森をオープンさせます。

電気が無い場所はツカエナイ?

京都市右京区京北の森の中に、水道、電気、ガスなど、全てのライフラインから独立し、おまけに携帯も圏外の5000坪の杉林があります。超不便な場所ですが、私たちは不便だからツカエナイ場所と切り捨てるのは勿体ないと考えました。

何も無いってことは、自分たちで生み出すことが出来る可能性の宝庫だと発想を逆転しました。街の喧騒と情報の洪水を遮断した、この大自然がくれる特別なインスピレーション。この場に腰を据えて滞在創作された芸術に、観客も出会うスペシャルな森創りへの挑戦です。

アートと大自然のパワーで「生命が深呼吸する」◆芦見谷 芸術の森◆として育て、この場所を必要とするすべての人に開かれた空間として活用していきたい。

このプロジェクトのメンバーは、
芦見谷の住人しんいち・まさこ夫婦、実娘のまき、みか、みかが主宰する劇団「おででこ」の関係者、そして地元、京都・京北の協力者で構成されています。

ここで、この森のスペシャルさを、プレゼンターのまさこばあちゃんからご紹介させていただきます。

初めまして、芦見谷の住人まさこばあちゃんです。
齢(よわい)76歳になります。
私が夫のしんちゃんと、縁あってここに住み始めた15年前は、真っ暗な杉の林が鬱蒼としていました。林を切り開き山小屋を建て、薪ストーブで暖をとり、沢から水を引き、自家発電をし、五右衛門風呂も薪の竈も手作りして畑を耕し、山好きのお仲間の助けも借りて、一年毎に少しずつ暮らしの空間を広げてきました。

「都会には何もかも便利に揃った、安心で安全で快適な暮らしがあるのに、何を好き好んでそんな不便な場所で?」と、不思議に思われる方も多いでしょうね。それは、大自然の中に人間がお邪魔しているようなこの場所では厭きる事がないからでしょうか?(笑)

  • 鹿の親子や猪の親子によく出会う。
  • 初夏の乱舞する蛍は見事です。
  • 朝靄の深さにその日の天候を思う。
  • 雪深い冬を越えた早春の青葉がひと際鮮やか。
  • オオサンショウウオの棲む清流はマイナスイオンの発生が途切れない。
  • 鳥のさえずりも虫の声も録音なんかじゃない。
  • 四季折々に見せる自然の表情が本当に豊かで美しい。

薪を割ったり畑仕事をしたり、自然の中で体を使って、自分の暮らしは自分で創る。やることが沢山あって、くたくたに疲れるけれど、何故か私は大きな病気もせずとても元気です。

芦見谷ではネットも携帯も繋がりません。でも大自然と天空には繋がっている。空と芦見谷の間には人工的な障害物が一切無い。


宇宙からのエネルギーがそのまま届くパワースポットなのかも知れませんね。



201504_植樹後の芦見谷

二年前の春には、さらに杉の林を伐採して、しんちゃんと 250本の広葉樹の苗木を植えました。10年後20年後、この小さな苗木が育って、多様な命を育む色鮮やかな森に育つ。その姿を私としんちゃんが見ることは・・・難しいかも知れませんが、人生の晩年をこの大自然の中で過ごした時間は本当に贅沢だったなと思うんです。

だから私たちだけで終わらせたら勿体ないな~と、この森の恵みとパワーを必要としている人たちに味わって欲しいな~と・・・

そんな時、東京で演劇をしていた私の次女が、
「ここってもしかしたら凄い可能性がある場所かも・・・」と言いはじめたんです。

次女のみか(須川弥香)です。俳優業30年になります。2010年から私が主宰する「おででこ」というグループでは演出もしています。
ここ数年、創作現場で残念に思うのは、好きで演劇をやっているはずの人たちの、創作にたいするアイデアとパワーがとても小さいと言うことです。それから重力と、つまり地球とちゃんと繋がっていない人が多い。妙に縮こまった体は苦しそうで実際内臓を圧迫しているし、凄く力を入れて身体を支えている。だけどそれは都市で生活していれば仕方が無いのかも知れません。
全てが揃った都市では、人はただ完成品を消費するだけの存在で、自ら創造するアイデアもパワーも必要無い。発揮したくてもその場が無い。だらだらと流される情報の洪水の中にいると、自分で思考することさえ奪われてしまう。きれいに舗装された道路しか歩かないなら、力んで縮こまった体でも困らない。

無性に、芦見谷の剥き出しの自然の中にみんなを連れて来たくなりました。ここで滞在創作すればみんなのクリエイティブな感覚が開花するんじゃないか?そして公演もすれば、その時集った観客もこの森の中でのびの~び深呼吸して貰えるんじゃない?!と。

「ここを芸術発信基地にしてみない?」

こうして2015年夏から参加者のカンパで始まった「DIY野外ステージ造り」
草むしり、地ならし、製材、チェンソーと、みんな初めてやる作業ばかりで苦労しましたが、  この「場所育て」が「自分育て」にもなっていることを発見しました。集まった人が知恵を出し合って、協力して実際に体を動かして作業をする。指示待ちだと前に進まない。都会からの参加者は、自分が何も出来ない事に少しショックを受けたり・・・でもそのショックが自分育てのスイッチです。それに納期に追われてる訳じゃないし、上手に出来なくて当たり前。昨日出来なかった事が今日出来た!とか、やった事の無い事を初めてやった!とか、そんな些細な感動の場です。


201508_作業は草刈り、整地からスタート


森から調達した杉を使って


製材・くい打ち


斜面に段差をつけて、手作りの観客席も設置

201604_第三弾空間造りワークショップ

そしてステージ完成!

■2016年8月28日 野外シアター完成披露、こけら落し公演!



出演者:URARA・鈴木陽代・本庄由佳・京都魚山声明研究会代表須川實洽・ テノール歌手荒木俊雅・須川弥香

公演当日の様子はおででこサイト内➡野外シアターこけら落とし

資金の使いみち

目標金額は500万円です。

・ビジター小屋の建設資材費 30万、
しんちゃんがDIYで既に7割方建設完了。残る作業は外壁上板貼り、内壁・床板の化粧板貼り。この材料費の金額です。DIYで建設していますので人件費は含めていません。

・滞在者用のキャンプサイト整備費(炊事場やトイレなどの水回りの整備含む)70万
杉を間伐し、木々の間に自由にテントが張れるようにする土木工事費用。

・芸術の森に隣接するログハウスの購入費用 400万

この費用の項目には、クラウドファンディングでかかる手数料や、コレクターの皆さんへのリターン費用は含めていません。そこは自己資金を捻出することを覚悟しています。

キャンプサイトの整備費ですが、これは必要最低限の土木工事になります。今は日本中どこにでも有る、「便利すぎるキャンプ場」みたいにはしたくない。コンクリートで固めたり、ゴルフ場やスキー場のように芝生を綺麗にはったりではなく。落ち葉や土の匂いを胸いっぱいに感じて貰えるような、自然そのままのキャンプサイトにします。  

ログハウスについて
ここは京懐石を出すお料理屋さんでした。春から秋の完全予約制で一日一組限定。女将さん心づくしの手料理を、ご主人とお二人で丁寧に提供されていました。実はまさこばあちゃんもお手伝いしていた時期が有ります。女将さんからプロの教えを受け、まさこばあちゃんのお料理の腕もぐんとアップ。しかし今年1月、女将さんがご病気で急逝されお店も閉店。唯一のご近所さんと友人を同時に亡くし、まさこばあちゃんの悲しみも深く、大きなショックを受けていました。

内部も隅々にまで女将さんの気配りと愛情が行き渡った素敵な建物です。実は昨年、闘病中の女将さんから、このログハウス引継ぎについて打診を受けましたが、残念ながらわたしたちの自己資金が足りずに断念したという経緯があります。半年前から売りに出され、内見の方も訪れていますが未だ買い手が見つかっていません。芦見谷にライフラインが無いこと、ネットも繋がらず携帯も圏外という余りの不便さが最大のネックになっているようです。

やはりわたしたちが引き継ぐのが一番いい。
なぜなら芦見谷芸術の森プロジェクトは、情報の洪水から逃れ滞在創作できる空間造りにあります。普通に考えれば超マイナスなその特殊さを、一番の魅力として発想を逆転しています。このログハウスも芸術の森計画の中でなら生かすことが出来る。野外ステージが「動」のアートなら、このログハウスの中では「静」のアートが生まれる。それは木版画や絵や彫刻などかもしれない。~森の中の小さな美術館~そんな風に使うのも素敵です。

今回わたしたちがクラウドファンディングに挑戦した最大の理由はここにあります。わたしたちだけではどうしても手が届かないログハウス獲得へのチャレンジを応援して下さい。
このログハウスを女将さんの思いと共に、芸術の森の未来に引継がせてください。

特典について

体験に勝るものはないと思いますので、滞在型の特典を沢山用意しました。

【御礼メール
感謝の気持ちをお礼メールでお届けいたします。

【コレクター限定UPDATE】
支援していただいた方限定でプロジェクトの進捗を共有いたします。

【芦見谷芸術の森ベストショット10シーンをデータでお届け】
いつでもどこでも芦見Time~ 待ち受け、壁紙などにお使いください。

【ベストショットからさらに厳選した芦見谷特製ポストカード3枚セット 
ベストショットの中からさらに選りすぐりの芸術の森の風景をポストカードにしてお届け。

まさこばあちゃんお得意の山ごはんレシピPhotoカード5枚セット
まさこばあちゃんお得意の山ごはんレシピをPhotoカードに。猟師のしんちゃんが獲った新鮮な鹿肉を使ったジビエ料理や、鯖ずし、生地から作る竈焼きピザや、山椒入りパウンドケーキなど、人気の高いメニューを厳選!

【芦見谷日帰り撮影会参加】+ランチ付き
芸術の森の中をあなたの感性で自由に撮影していただけます。(送迎対応無し)

【芦見谷日帰りハイキング参加】+ランチ付き
もっと密着体験なら、車を降りて歩くのが一番!最寄りバス停「細野口」から芸術の森まで往復約10K。芸術の森5000坪の敷地内と周辺の野山を自由に散策して下さい。

特製鹿肉カレーランチ
猟師のしんちゃんが獲った新鮮な鹿肉で作った、まさこばあちゃん特製のカレーは驚きの美味しさです!まさこばあちゃんお得意の山ごはんレシピの中にも入っている人気No1メニュー。

【リオフェス in Kyoto 公演ご希望日へ1日ご招待】+ランチ付き
2017年6月7月に東京で開催される「第11回岸田理生アバンギャルドフェスティバル」の出演作品が、芦見谷野外シアターへやってくる!日程:7月29日(土)30日(日)(送迎対応有り)
【7月29日】→おででこ公演「宵待草」 【7月30日】→URARA、世田谷表現クラブ


第10回岸田理生アバンギャルドフェスティバル「火學お七」@こまばアゴラ劇場_201607

【日帰りワークショップ1回ご参加】+ランチ付き
芸術の森で開催する日帰りワークショップへ1回ご参加頂けます。
2017年8月の予定➡木工体験(小枝人形作り)芦見の森を自由に探検しながら杉林の宝物(小枝や枯れ葉や小石など)を拾い集め、自分なりに組み立ててオリジナル人形を作ろう!芦見谷の自然と貴方がコラボした、世界でたった一つの人形はさていかに…?(15歳未満のお子様お一人までご同伴頂けます。お二人目からはランチ代の実費を申し受けます。送迎対応有り)

【一泊二日の芦見谷異次元プチサバイバルキャンプ体験】
外界から遮断された芦見の森は現代人にとってはもはや「異空間」。今日本中どこでも便利なキャンプ場と違い、よりサバイバルなキャンプ体験を。オオサンショウウオの棲む清流で川遊びもOK!(車一台テント一張りまでOK、キャンプ用具食材はご持参ください、送迎対応無し)

【ビジター小屋をあなただけに解放】
ビジター小屋をあなただけに解放します現在外壁の仕上げと、内部の板張り、屋根ふき等の作業が進行中。完成はもうすぐです。この小屋での一泊二日の滞在を、あなただけに解放します。(グループ最大10名までOK。芸術の森のイベントがない時期に限ります。テント以外のキャンプ用具・寝袋・食材はお持ちください。送迎対応無し)

【京北山国の小谷口さんが合鴨農法で作った完全無農薬合鴨米と、京北の名産品詰め合わせプレゼント
京北山国地区で農薬を一切使わない合鴨農法でお米作りをしている小谷口さんの合鴨米と、京北山国さきがけセンターの名産品の詰め合わせをプレゼントいたします。

【二泊三日の宿泊ワークショップへ1回ご参加】
芸術の森で実施する様々な宿泊型のワークショップに1回ご参加頂けます。
2017年8月のプログラム→親子でサバイバルキャンプ&演劇体験も?!滞在は小屋若しくはテント。テント張り、火熾し、みんなで食事作り、キャンプファイヤー、野外ステージでおででこ須川の演劇ワークショップを体験!(15歳未満のお子様お一人までご同伴いただけます。お二人目以上からは食材費の実費とワークショップ参加料を別途申し受けます。送迎対応有り)

【公式サイトへ支援者一覧としてお名前を掲載します
芦見谷芸術の森公式サイトにあなたのお名前を掲載します(ご希望者のみ)

【野外ステージが一日使用できます】
芦見谷野外シアターを貴方の感性で自由にお使いください。その日1日は芸術の森の小屋や照明など付帯設備も無料でお使いいただけます。

【あなたの木を芦見谷芸術の森に植樹し末永く育てます
あなたの木を末永く芦見谷で育てます。いつでもその成長を見に来てください。

【おででこ演出 須川弥香による 出張演劇ワークショップ】
演出・俳優・おででこ主宰の須川が、出張演劇ワークショップを開催します。プロフェッショナルな演劇人向けのワークから、普通の日常生活が演劇的思考と手法でもっとワクワクする日常になるコツを伝授するワークまで、様々なグループやコンセプトに対応します。京都、若しくは東京から日帰りできる距離ならお伺い可能です。

三年間芸術の森で開催する全イベントに無料招待し、年間7日間まで滞在も無料ログハウス獲得応援スペシャルコース)
向こう3年間、2017年から2019年までの、芦見谷芸術の森で開催されるすべてのイベントに無料ご招待(お連れ様1名様まで無料、2名様以上から通常料金を申し受けます)
芦見谷芸術の森での滞在も、年間7日間は無料で滞在、何回かに分けて使用もOK。(グループでの滞在は10名様までOK!キャンプ道具・食材はお持ちください)但しイベントが無い時期に、ゆったりプライベートでお使い下さい。
リアルワイルドネーチャーを求めてオーストラアやニュージーランド、アラスカにまで行かなくても、京都駅からたった1時間で異次元空間に浸れる。ここを拠点に京都観光だって出来ますよ。 

❖モノやカタチではないリターンをあなたに❖

これまで40人以上の方が芸術の森造りワークショップに参加してくれていますが、参加したメンバーはこの場所で「閉じていたものが開いていく感覚」を味わっています。それは、人間にとって自然と繋がることの大切さを教えてくれているようです。

自然と繋がり、リアルに目の前にいる人と本当に語りたいことを語り、本当に大切にすべきことを共有する。

なんとなくのネットの「いいね」ではなく、今ここに生きている喜びを素直に「いいね」と分かち合える場所。

コレクターのみなさんにも、今後の森造りワークショップへ、時間が許す限り参加して欲しいと思っています。
この森の中では誰もがフラットな立場で、それぞれのスキルや感覚を純粋に、この空間と時間のために持ち寄る。足りないものは補い合う。そうして出来上がっていくものをみんなで受け取る。

そんな気持ちのいい時間をあなたの人生にも。

想定されるリスクとチャレンジ

資金の使い道でも書きましたが、今回の最大の挑戦はログハウス獲得です。ログハウスを今後の芸術の森計画に生かしていきたい。その思いから今回のファンディングへの挑戦が始まりました。残念ながら目標金額に届かなかった場合は、予定していた自己資金では足りなくなりますので、借り入れも視野に入れつつ、ログハウス引き継ぎを達成したいと思っています。

その際影響を受けるのはキャンプサイトの整備だと予想してます。今年の夏までに行う工事を一部縮小し、来年に持ち越すなどの工夫が必要になります。
元々芸術の森構想が始まった時から、いずれはやる予定でいたキャンプサイトの整備は、しんちゃんがこれまでも依頼したことのある地元の業者さんに相談し、こちらの予算の中で出来る工事の形態を柔軟に考えて対応してくれています。

IMG_20170402_194308_061

そしてビジター小屋建設は、しんちゃんのコツコツDIYと、これまでの芸術の森造りワークショップにより完成間近です!
今も現場ではしんちゃんと、ドイツ人宮大工のPeter Parsch さんの協力で作業が進んでいます。さらに5月のGWに行うDIY芸術の森づくりワークショップで、参加者のみなさんと共に一気に完成を目指します!

つまり、目標金額に到達しなくてもこのプロジェクトの歩みは止まらないことをお約束します。

2015年からDIYで始まったささやかな取り組みですが、今回のクラウドファンディング挑戦は、
その歩みをぐんと加速させてくれるはずです。


「森の中でみんながのびの~び気持ちよくなることが、地域の未来も支えている?」

芦見谷芸術の森がある京北という地域について
京北細野町は、かつてはしぼりの床柱生産地として栄えましたが、現在は京都市内でありながら、京北全体で人口4000人台という超過疎地で、細野町にあった学校も郵便局も閉鎖されてしまいました。街からの唯一の公共交通機関JRバスも、乗客の激減から廃止の声が聞かれています。そうなれば益々過疎化は広がり地域の崩壊に繋がってしまう。JRバスの乗車率を上げることは地域の課題の一つです。

芦見谷芸術の森で定期公演や展示会が行われるようになることは、この課題解決の一つになると期待されています。今年7月のリオフェス in Kyotoでは、「細野口バス停」から「芸術の森」まで、地元自治体のバスが観客の送迎を行ってくれることが決定しました。地元も芸術の森活動を暖かく応援していくれています。

さらに文化芸術によるまちづくりは、京都市右京区がすすめている重点テーマの一つであり、2016年度の芦見谷芸術の森での活動は、京都市右京区のまちづくり支援事業に採択され、芸術の森造りの資材費など一部ご支援頂きました。2017年度も引き続き支援制度に応募します。



京都駅からたった1時間で浸れる美しい秘境京北。市街地だけではない歴史都市京都が持つもう一つの魅力を、この芸術の森での活動を通して世界に発信して行きます。

とても長い文章になってしまいました。ここまで読んで頂き本当にありがとうございました。
最後にこのクラウドファンディングを立ち上げたチームメンバーからご挨拶です。

宮村:この場所の魅力を文章化しようと頑張りましたが…筆舌に尽くしがたいとはこのこと。ぜひとも多くの方に、ご自身で体験していただきたい…気持ちよくお迎えできるよう、最善を尽くしていきます!



知野:思えばもう何十年も「携帯電話を一度もチェックしなかった日」は無かったように思います。そんなことをしたら大変だ、不便で困ると思っていたからなのですが…外界から一切遮断された芦見谷の美しい自然の中に身を置いてみると、それは困るどころか、「本来の自分」に立ち返ることのできる清々しい経験でありました! この何と言いますか、カラダ中の一つ一つの細胞が元気になっちゃうような「芦見谷の不思議パワー」を是非ご一緒に体感してみませんか〜!


まき:都会では自然を遠ざけ、人間以外の生き物を排除し、夜も昼も無くなってしまいました。参加型のリターンも多く用意いたしました。便利さと引き換えに縮こまってしまった私達の五感を開放できる場所、芦見谷芸術の森を体験しにきてください!

みか:科学技術の進歩は止らないし世の中は益々便利になる。ネットの普及は些細な情報も一瞬にして地球の裏側に届け、地球は小さくなったようだけど、私たちの心の距離は・・・?便利さと引き換えに手放した物があまりに大きくて、未だ311のショックから抜け出せない。だからせめて、地球と繋がるこの場所にあなたも繋がりませんか?


【カンパ制の空間造りへの参加者募集中】

現地を見たいという方は是非この機会にお越しください。参加者の宿泊は女将さんのログハウスをお借りします。テント持参も歓迎!

2017年5月3日(水)から7日(日)GW期間中。
全日程参加の方のみ最寄りバス停「細野口」から送迎します。
自力で往復できる方は日帰り・日短の参加も歓迎。 定員20名

問合せ・申し込みは→ 「おででこ公式サイト」 その他詳細は申し込み時にお知らせします。

5/6野外ステージ公演有り「ピースリーディング」13時開演、
11:30開場、
参加費フリーカンパ制

特に以下の症状に思い当たる方にはお勧め!
物創りしたい!
みんなで何かしたい!
消費することにあきた!
自然欠乏症!

あなたのご参加お待ちしています。

芦見谷芸術の森:京都市右京区京北細野町芦見奥13-1

芦見谷芸術の森の会 代表:須川昌子(まさこばあちゃん)
芸術の森NPO法人化準備委員会

もっと読む

このプロジェクトを応援する

コレクター
13人
現在までに集まった金額
122,000円
目標金額は5,000,000円です。
残り
72

このプロジェクトでは、目標到達に関わらず、2017年7月7日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

プロジェクトを応援する

リターンを選んで応援する

  • 1,000円

    • 御礼メール
    • コレクター限定UPDATE
    • 1人
    • お届け予定:2017年07月
  • 2,000円

    「芦見谷芸術の森ベストショット10シーン」をデータでお届け

    • 御礼メール
    • コレクター限定UPDATE
    • 芦見谷芸術の森ベストショット10シーンをデータでお届け
    • 2人
    • お届け予定:2017年07月
  • 3,000円

    芦見谷特製ポストカードプレゼント

    • 御礼メール
    • コレクター限定UPDATE
    • 芦見谷芸術の森ベストショット10シーンをデータでお届け
    • ベストショットからさらに厳選した芦見谷特製ポストカード3枚セット
    • 0人
    • お届け予定:2017年07月
  • 3,000円

    まさこばあちゃんの山ごはんレシピPhotoカードプレゼント

    • 御礼メール
    • コレクター限定UPDATE
    • 芦見谷芸術の森ベストショット10シーンをデータでお届け
    • まさこばあちゃんお得意の山ごはんレシピPhotoカード5枚セット
    • 1人
    • お届け予定:2017年07月
  • 5,000円

    芦見谷特製ポストカードセット+まさこばあちゃんの山ごはんレシピPhotoカードセット コース

    • 御礼メール
    • コレクター限定UPDATE
    • 芦見谷芸術の森ベストショット10シーンをデータでお届け
    • ベストショットからさらに厳選した芦見谷特製ポストカード3枚セット
    • まさこばあちゃんお得意の山ごはんレシピPhotoカード5枚セット
    • 5人
    • お届け予定:2017年07月
  • 6,000円

    芦見谷日帰り撮影会参加コース+ランチ付き

    • 御礼メール
    • コレクター限定UPDATE
    • 芦見谷芸術の森ベストショット10シーンをデータでお届け
    • 芦見谷撮影会参加 あなたの感性のままに芦見谷芸術の森を自由に撮影。
    • ランチ(芦見谷特製鹿肉カレー)
    • 0人
    • お届け予定:2017年07月
  • 6,000円

    芦見谷日帰りハイキング参加コース+ランチ付き

    • 御礼メール
    • コレクター限定UPDATE
    • 芦見谷芸術の森ベストショット10シーンをデータでお届け
    • 芦見谷ハイキング参加 最寄りバス停から芸術の森まで往復約10Kと、周辺を自由に散策
    • ランチ(芦見谷特製鹿肉カレー)
    • 0人
    • お届け予定:2017年07月
  • 10,000円 残り38枚

    リオフェス in Kyoto 公演一日ご招待コース+ランチ付き

    • 御礼メール
    • コレクター限定UPDATE
    • 芦見谷芸術の森ベストショット10シーンをデータでお届け
    • ランチ(芦見谷特製鹿肉カレー)
    • リオフェス in Kyoto ご希望日へご招待(29日か30日どちらか一日お選びください)
    • 2人
    • お届け予定:2017年07月
  • 10,000円 残り29枚

    日帰りワークショップ参加コース(8月は小枝人形作り)+ランチ付き

    • 御礼メール
    • コレクター限定UPDATE
    • 芦見谷芸術の森ベストショット10シーンをデータでお届け
    • ランチ(芦見谷特製鹿肉カレー)
    • 日帰りワークショップへ1回ご参加。(8月は小枝人形作り)
    • 1人
    • お届け予定:2017年08月
  • 20,000円

    一泊二日芦見谷異次元プチサバイバルキャンプコース

    • 御礼メール
    • コレクター限定UPDATE
    • 芦見谷芸術の森ベストショット10シーンをデータでお届け
    • 芦見谷で一泊二日のキャンプ (キャンプ道具・食材はお持ちください。車一台とテント一張りまでOK)
    • 0人
    • お届け予定:2017年07月
  • 30,000円

    ビジター小屋建設応援コース(ビジター小屋を一泊二日であなただけに解放)

    • 御礼メール
    • コレクター限定UPDATE
    • 芦見谷芸術の森ベストショット10シーンをデータでお届け
    • ビジター小屋をあなただけに解放(イベントが無い時限定、10名までOK、食材キャンプ道具持参)
    • 0人
    • お届け予定:2017年08月
  • 30,000円

    京北の名産品プレゼントコース

    • 御礼メール
    • コレクター限定UPDATE
    • 芦見谷芸術の森ベストショット10シーンをデータでお届け
    • ベストショットからさらに厳選した芦見谷特製ポストカード3枚セット
    • まさこばあちゃんお得意の山ごはんレシピPhotoカード5枚セット
    • 京北山国の小谷口さんが合鴨農法で作った完全無農薬合鴨米と、京北の名産品詰め合わせプレゼント
    • 0人
    • お届け予定:2017年08月
  • 35,000円 残り19枚

    二泊三日の滞在ワークショップ参加コース(8月は親子でキャンプ&演劇体験も?!)

    • 御礼メール
    • コレクター限定UPDATE
    • 芦見谷芸術の森ベストショット10シーンをデータでお届け
    • 二泊三日のワークショップへ1回ご参加。【8月は親子でキャンプ&演劇体験も?!】
    • 1人
    • お届け予定:2017年08月
  • 50,000円

    京北の名産品プレゼント+支援者一覧にお名前を入れます(希望者のみ)

    • 御礼メール
    • コレクター限定UPDATE
    • 芦見谷芸術の森ベストショット10シーンをデータでお届け
    • ベストショットからさらに厳選した芦見谷特製ポストカード3枚セット
    • まさこばあちゃんお得意の山ごはんレシピPhotoカード5枚セット
    • 京北山国の小谷口さんが合鴨農法で作った完全無農薬合鴨米と、京北の名産品詰め合わせプレゼント
    • 公式サイトへ支援者一覧としてお名前を掲載します(希望者のみ)
    • 0人
    • お届け予定:2017年08月
  • 100,000円 残り10枚

    あなたに野外ステージお渡しします+支援者一覧にお名前を入れます(希望者のみ) コース

    • 御礼メール
    • コレクター限定UPDATE
    • 芦見谷芸術の森ベストショット10シーンをデータでお届け
    • 野外ステージが一日使用できます。
    • 照明など付帯設備、小屋などの施設が一日使用できます。
    • 公式サイトへ支援者一覧としてお名前を掲載します(希望者のみ)
    • 0人
    • お届け予定:2017年08月
  • 100,000円 残り5枚

    あなたの木を植樹します+京北の名産品プレゼント+支援者一覧にお名前を入れます(希望者のみ)コース

    • 御礼メール
    • コレクター限定UPDATE
    • 芦見谷芸術の森ベストショット10シーンをデータでお届け
    • ベストショットからさらに厳選した芦見谷特製ポストカード3枚セット
    • まさこばあちゃんお得意の山ごはんレシピPhotoカード5枚セット
    • 京北山国の小谷口さんが合鴨農法で作った完全無農薬合鴨米と、京北の名産品詰め合わせプレゼント
    • あなたの木を芦見谷芸術の森に植樹し末永く育てます。いつでも木の成長を見に来てください。
    • 公式サイトへ支援者一覧としてお名前を掲載します(希望者のみ)
    • 0人
    • お届け予定:2017年08月
  • 200,000円

    おででこ代表 須川弥香による 出張演劇ワークショップ+リオフェス in Kyoto 二日間ご招待コース

    • 御礼メール
    • コレクター限定UPDATE
    • 芦見谷芸術の森ベストショット10シーンをデータでお届け
    • ベストショットからさらに厳選した芦見谷特製ポストカード3枚セット
    • まさこばあちゃんお得意の山ごはんレシピPhotoカード5枚セット
    • ランチ(芦見谷特製鹿肉カレー)
    • リオフェス in Kyoto 二日間ご招待
    • 京北山国の小谷口さんが合鴨農法で作った完全無農薬合鴨米と、京北の名産品詰め合わせプレゼント
    • おででこ主宰・演出、須川弥香による出張ワークショップ(京都・東京から日帰り可能な地域)
    • 公式サイトへ支援者一覧としてお名前を掲載します(希望者のみ)
    • 0人
    • お届け予定:2017年09月
  • 500,000円 残り5枚

    ログハウス獲得応援スペシャルコース

    • 御礼メール
    • コレクター限定UPDATE
    • 芦見谷芸術の森ベストショット10シーンをデータでお届け
    • ベストショットからさらに厳選した芦見谷特製ポストカード3枚セット
    • まさこばあちゃんお得意の山ごはんレシピPhotoカード5枚セット
    • ランチ(芦見谷特製鹿肉カレー)
    • リオフェス in Kyoto 二日間ご招待
    • 京北山国の小谷口さんが合鴨農法で作った完全無農薬合鴨米と、京北の名産品詰め合わせプレゼント
    • 三年間芸術の森の全イベント無料招待+年間7日間まで滞在無料(グループ10名までOK、回数はお任せ)
    • 公式サイトへ支援者一覧としてお名前を掲載します(希望者のみ)
    • 0人
    • お届け予定:2017年08月

プレゼンター

Middle 1489736719

まさこばあちゃん

  • 東京都

76歳のまさこばあちゃんです。夫のしんちゃんと京都市右京区京北細野町に住んで15年。何も無かった5000坪の杉林に小屋を建て、沢から水を引き、薪ストーブで暖をとり、五右衛門風呂も竈も手作りして、電気はソーラーパネルで自家発電。2009年しんちゃんに癌が見つかり、しんちゃんのしんどい治療は継続中です。2015年の春、暗い杉林を伐採し、250本の広葉樹の苗木を一本一本植樹。10年後20年後、この森が沢山の多様な命を育む色鮮やかな森に育つ。その姿を私たちは見ることは・・・難しいかな? もしあなたが便利な都会の生活で息苦しい思いをしてるなら、この森に深呼吸しに来てみて。体中の細胞が生き返るから。

質問や意見をメールする