facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

コロナ禍のなかで日常を届けてくれた世界中のInstagramのともだちに、本を届けたい!をクラウドファンディングで実現!

コロナ禍のなかで日常を届けてくれた世界中のInstagramのともだちに、
本を届けたい!

『7WEEKS』と名づけたこの本は、日本に緊急事態宣言がでていた期間に世界中で撮影された日常写真をあつめて完成しました。その写真を送ってくれた海外にいるともだちに、データではなく実物の「本」を届けるプロジェクトです。

コレクター
7
現在までに集まった金額
38,000
残り日数
27
目標金額 250,000 円
このプロジェクトでは、目標達成した場合のみ、
2020年8月31日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトを応援

目標金額 250,000 円
このプロジェクトでは、目標達成した場合のみ、
2020年8月31日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

Presenter
小西秀和/日常採集標本家 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

日本に、いや世界に1人しかいない日常採集標本家。 なぜなら、わたしが勝手につくった職業だから。 日常の暮らしのなかでの発見を採集(写真撮影)し、標本(ワークショップの実施、標本集やグッズの制作、インスタレーションの展示等)にする活動をつづけています。 自慢は世界中のInstagramのフォロー/フォロワーさんたち。わたしのよりも、そっちを見てほしい!! https://www.instagram.com/hdkzkony/ 世界中には、尊い日常を愛するひとたちであふれています。

このプロジェクトについて

『7WEEKS』と名づけたこの本は、日本に緊急事態宣言がでていた期間に世界中で撮影された日常写真をあつめて完成しました。その写真を送ってくれた海外にいるともだちに、データではなく実物の「本」を届けるプロジェクトです。

COVID-19が世界に蔓延するなかで

新型コロナウイルスの影響で、日本だけでなく世界中で、さまざまな社会活動が制限されました。会いたい人に会えない、自由に外出できない、深々と深呼吸できない、そんな不自由な世界に一変しました。
そんななかでも、ささやかな日常のよろこびを感じながら暮らしたいと、思いながら誰もが日々生活していたと思います。

わたしにとっては、Instagramから流れてくる世界の人たちの日常写真を見ることが、心の支えでした。気軽にフォローしたりされたりしながら、コロナ禍の世界である種の連帯感を持ってつながっていたように思います。

実際に会うことも、移動することも、触れることもできないけれど、コロナ禍のなかではいつも以上にインターネットやSNSのありがたみを感じました。

ちょっと自己紹介

わたしはコロナ以前から「日常採集標本家」と名乗って、日常の暮らしのなかでみつけたものを採集して標本にするという活動をつづけています。

採集は写真撮影、標本はワークショップやインスタレーション、本やグッズの制作などさまざまな方法でおこなっています。

インスタレーション@日常採集標本箱

日常を「おもしろく、なかよく、ごきげんに」暮らしたい! という気持ちは、コロナ前もコロナ禍でも変わりありませんでした。


コロナ禍の日常採集標本

いつものようにInstagramを見ていたある日、あることに気がつきました。

Instagramで、世界中の日常採集標本ができるんじゃないか!?


コロナ禍で荒んだ心が癒されていたのは、Instagramで日常採集標本活動ができていたからなんだと考えるようになりました。自由に人と会えない、自由に外出できない世界のなかで、Instagramは自由に日常採集標本活動ができる場所だったんです。

それが分かったのが、ちょうど緊急事態宣言が終わった5月末のことでした。
そして6月になると、コロナ禍の世界中の日常を採集した「本」をつくる決心が固まっていました。

すぐに、Instagramのともだちに、拙い英語でDMを送りまくりました。
毎日何十件もDMを送りつづけました。

日本語に訳すと、こんな感じです。

こんにちは。突然のDMすみません。お願いがあって、送らせていただきました。
いつも投稿されているような日常のすばらしい写真を私に送ってくれませんか?

私は、「日常採集標本家」と名乗って、日常生活のなかでみつける心躍るものを採集(撮影)し、展示活動などをしています。

COVID-19の影響で、日本では7週間の非常事態宣言が出ていました。私はこの7週間、つつましい生活を送っていました。でも、皆さんの投稿に救われて、私の心は幸せでした。

一人一人の日常生活が何よりも素敵だということに気づくことができました。この7週間を忘れないように、世界中から日常の写真を集めています。集めた写真をアートブックにして、ブックフェアでひろく紹介したいと思っています。

あなたの日常で発見して撮影した写真を送ってください!!

・撮影日が4月7日~5月25日(日本の緊急事態宣言期間)の写真を選んでください。

・写真はお一人様1枚限定でお願いします。

・下記内容をコメントしてください。アートブックに掲載します。
  (1)撮影した日時 (例)5月5日18:35
  (2) 写真の場所(地名と国名) (例)京都日本
  (3)写真の被写体またはタイトル (例)コーヒーカップ、道の草、壁の模様とか
  (4)撮影者の名前(ニックネーム)

写真募集の締め切り日は6月30日です。このメッセージに写真とコメントをつけてご返信いただければ嬉しいです。とつぜんのお願いにもかかわらず、さいごまで読んでくださりありがとうございます。

こんなDMをいきなりもらったら、あなたはどうしますか?


はじめのゴールは、「本」づくりだった

そうなんです。
実はこの頃、クラウドファンディングのことなんて、これっぽっちも考えていませんでした。

とにかく、Instagramのともだちから写真をあつめて本をつくることを目標にしていました。本の出展先はBOOK ART EXHIBITION(THE LIBRARY 2020 Tokyo)と決めていました。

InstagramのDMは、数百件以上送ったと思います。実際にあったこともない異国の人から突然DMが送られてきたにもかかわらず、何人かの人から少しずつお返事をいただくようになりました。

特にうれしかったのが、わたしの本づくりを応援してくれるメッセージでした。

まだ雪が残るノルウェーからの写真も印象的でした。

オーストラリアからは、秋の海が届きました。

ロックダウン中の便りも届きました。

出会ったこともないInstagramでつながっている人たちと、DMのやりとりを通じて「ともだち」になりました。

日常採集標本集『7WEEKS 』

気がつけば、32の国と地域から71人もの人たちが協力してくれました。

本をつくれたらいいなくらいの気持ちではじめた呼びかけでしたが、正直驚くしかありませんでした。COVID-19という世界的なパンデミックの状況が、わたしたちをつなぎあわせて、連帯感をうんでくれたのかもしれません。

DMのやりとりを何度も繰り返しながら、ついに1冊の本にまとめることができました。

 ■タイトル:『7WEEKS - Daily Life Collection Book 』

 ■サイズ :文庫本サイズ(縦148mm×横105mm×厚11mm)

 ■ページ数:143ページ

目次から1ページすすむと‥‥

こたえは132ページへ!!

右側のページには写真を。

左側のページには、写真が撮影された日付、時間、場所(地名、国名)、撮影者、撮影者のInstagramIDを掲載しています。

Lockdownならぬ、リアルRockdownの写真も届いたり、

こんな自宅からの写真も数多く届きました。

何語かわからなくて、びっくりしたことも!

こんな本を、少しでもはやくともだちに見てもらいたくて、「できたよ!」と伝えたくて、完成イメージ動画に音楽をつけて、届けることにしました。

(よければ、再生して音楽を聴きながら下のページもご覧いただければうれしいです)

そして、あとは当初の予定どおり完成した本を出展するだけ! と、なったんですが‥‥

「THE LIBRARY 2020」

  2020年8月5日(水) ~8月15日(土)
  12:00~19:00
  *会期中無休、最終日は~17:00


  TOKI Art Space(東京都渋谷区神宮前3-42-5-1F
  (東京メトロ銀座線外苑前駅より5分)
   http://homepage2.nifty.com/tokiart/

  会場へのアクセスは以下もご参照ください。the-library.org/document.access.html

 1994年にはじまり27年目を迎えるブックアート・手づくり本の公募展です。「本」のかたちをもとにした美術作品、絵やイラスト、写真、文章・ことばなどによる手づくりの本や個人制作の印刷物、造本・装丁の作品も出品できます。毎年さまざまなジャンル、年齢、居住地の150名ほどが参加。会期中に行われるイヴェントや、参加者同士の交流も楽しみの一つです。

出展できることがうれしいはずなのに‥‥全然うれしいきもちが湧いてこなかったんです。

ようやく本題です! データじゃなくてリアルな「本」を届けたい!!

じぶんのゴールと思っていた本が完成したのに、なぜかモヤモヤしていました。

出展がゴールじゃない!
本のビデオをともだちに見てもらえたらOKなんかじゃない!

と、いう想いが、ドンドンおおきくなってきました。

モヤモヤの正体は、この本に協力してくれた世界中にできたともだちに、実物のリアルな本を届けられないということでした。

まだまだコロナウイルスが世界中に蔓延しているときだからこそ、オンラインやデータじゃなくって、実際に手に触れられて重みのある実物の「本」を届けたい! と、本気で思うようになりました。

ともだちも、わたしも、あなたも、うれしくなれたら。

はじめは、じぶんのためだけに本をつくってアートブックフェアに出展する予定でした。

つぎには、ともだちに「本」を届けたいと思うようになりました。

だけど、これだけの数の本をつくって海外届けるだけの資金がわたしにはありませんでした。
そもそもはじめから、海外のともだちに本を送ることをあきらめていた自分がいたことに気がつきました。

でも、諦められない。届けたい!!

だから、これを読んでくださっているあなたにも、協力をお願いしたいと思うようになりました。
人生初のクラウドファンディングです。

奇しくもオリンピックが開催する予定だった2020年にCOVED-19が蔓延し、この夏にこの本が完成しました。海外から日本に集まれなくても、世界の日常が日本に届いて本になり、その本が日本の皆さんと世界中のともだちの元へ届けられたら! それこそが、コロナ禍でみつけたわたしのゴールだったんだと気づきました。

ぜひ、皆さんの力を貸してください!!
そして、みんなでいっしょにうれしくなれたらステキだなぁと思っています。

プロジェクトのスケジュール

すこしでもはやく、ともだちのもとへ、このプロジェクトにご協力くださった方のもとへこの「本」をお届けしたいと思っています。

なので、タイトなスケジュールですが、次のように考えています。

2020年  8月 クラウドファンディング開始

2020年8月5日(水) ~8月15日(土) 「THE LIBRARY 2020」TOKI Art Space(東京/神宮前)に出展

2020年  9月 本の最終編集と印刷、リターンの準備

2020年10月 リターンをお送りします。
       そして‥‥このプロジェクトのゴールである世界中のともだちへ本を届けます!

目標資金額の内訳について

皆さんにご協力いただいた全額をこのプロジェクトに使わせていただきます!

達成目標資金額・・・25万円

 本の制作費用・・・約13万円(@1,000円×130冊)
 海外への送料・・・約  7万円(@1,000円×70冊)
 国内の郵送代・・・約1.5万円(@   250円×60冊)
 手数料、雑費・・・約3.5万円(クラファン成立手数料は約2.5万円です)

特典! みんなに「本」をお届けします!

ご協力くださった方への特典について、説明させていただきます。


●感謝のお手紙をお届けします!

●感謝のお手紙とオリジナル日常採集標本バッジをお届けします!


●今回制作した「本」をお届けします!


●よければ、ご協力くださったあなたの名前を本に掲載させてください!
    海外のともだちに、あなたの名前がクレジットされた本をお届けしたいんです!
 もちろん、ご協力くださったあなたのお手元にも!
  *名前はローマ字(ニックネーム可)かInstagramのアカウントか選んでいただけます。

  *本の奥付にお名前を掲載させていただく予定です。

●日常採集標本箱パッケージ版(オリジナル日常採集標本バッジ付)も!
 日常採集標本箱イメージ写真

  こんな標本箱に本を梱包させていただきます。

  そして、今回のためだけに制作したオリジナル日常採集標本バッジ3個を同梱します!

想定されるリスクとチャレンジ

このプロジェクトは、目標額に達成しなければ実施しないことに決めました。
少しでも多くの人に本を届けたいきもちは確かにあります。だけど、海外のともだち全員に本を送り届けることが前提で、誰か一部の人にだけに届けるということはしたくなかったからです。

そんなわたしのワガママにご協力いただけたら、ほんとうにうれしいです。

*新型コロナウイルスの影響により郵送できない一部の国と地域がありますが、解除され次第郵送させていただきます。

さいごに

緊急事態宣言中、いつ、どこで、なにをしていましたか?

この「本」のタイトル『7WEEKS』は、日本に緊急事態宣言が出ていた期間がちょうど7週間だったことに由来しています。

この7週間のあいだ、わたしたちはおなじ境遇にいました。そして、ちょっと視野をひろげると、世界中にたような状況のなか2020年春を過ごしていたことになります。

つらいことやかなしいことはたくさんあったけど、
世界中のみんながちいさなよろこびをみつけながら過ごした期間
だったと思っています。

そんな、ちいさいけど困難に負けない尊い日常の「記憶」が、この本にはつまっています。
あなたの、わたしの、あのひとの、かけがえのない『7WEEKS』です。

本を愛する皆さんの手で、この『7WEEKS』を世界中にはばたかせてください。
皆さんのかけがえのない記憶とともに、みんなでシェアしたいと思います。
わたしの人生初のクラウドファンディングです。
こころから、よろしくお願いもうしあげます。

さいごまで読んでいただき、ありがとうございました。

リターンを選ぶ

  • 残り10枚

    1000

    お礼のお手紙をお届け

    • お礼のお手紙をお届け
    • 2020年09月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り10枚

    2000

    お礼のお手紙とオリジナル日常採集標本バッチをお届け(送料込み)

    • お礼のお手紙をお届け
    • オリジナル日常採集標本バッジをお届け
    • 2020年10月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り19枚

    3000

    『7WEEKS』1冊お届け(送料込み)

    • 『7WEEKS』を1冊お届け
    • 2020年10月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 残り45枚

    5000

    お名前のクレジット入り『7WEEKS』1冊お届け(送料込み)

    • お名前を掲載した『7WEEKS』を1冊お届け
    • 2020年10月 にお届け予定です。
    • 5人が応援しています。
  • 残り9枚

    10000

    日常採集標本箱パッケージ版お名前のクレジット入り『7WEEKS』2冊お届け(送料込み)

    • 大切なあの人にも! お名前を掲載した『7WEEKS』を2冊お届け
    • オリジナル日常採集標本バッジをお届け
    • 2020年10月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。