facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

京都人形劇センター会員のプロ人形劇団、存続危機による緊急支援をクラウドファンディングで実現!

京都人形劇センター会員のプロ人形劇団、存続危機による緊急支援のお願い。
プロの人形劇団を救いたい!

 コロナ感染拡大の影響により人形劇公演が次々と中止となり、プロ劇団運営の先が見えない状況です。
そこで今回、私たち京都人形劇センターは会員であるプロの人形劇団を救うべく、このプロジェクトを立ち上げました。

コレクター
68
現在までに集まった金額
573,000
残り日数
45
目標金額 4,000,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2020年7月21日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトを応援

目標金額 4,000,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2020年7月21日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

Presenter
京都人形劇センター プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

「みせる 伝える ひろめる」 「人が集まり 笑い 語る」 京都人形劇センターは、人形劇を愛する団体・サークル個人などのよこの繋がりをひろめ、人形劇の発展を目指して1986年に結成しました。 人形劇の可能性を広げるために活動しています。

  • 京都府
  • 起案数 1
  • 応援数 0
  • Twitter (未設定)
  • フォロワー 5 人

このプロジェクトについて

 コロナ感染拡大の影響により人形劇公演が次々と中止となり、プロ劇団運営の先が見えない状況です。
そこで今回、私たち京都人形劇センターは会員であるプロの人形劇団を救うべく、このプロジェクトを立ち上げました。

京都人形劇センターとは

 1986年より、京都の地で人形劇の普及と人形劇関係者同志の交流を深める活動をしています。

メンバーは全国を周るプロの人形劇団とアマチュア、そして人形劇を愛する人々。京都だけでなく東京、大阪、岡山と各地から加盟しています。その活動はメンバーの会費で支えられています。

 機関紙「よろしゅうに」や「パペット情報」の発行。人形劇舞台グッズの販売、ワークショップ、人形劇の主催公演、各演劇イベントでのサポートなど行なっています。

プロ劇団の存在が不可欠!

 コロナ自粛により、人形劇団の収入源である幼稚園、保育園などの依頼公演や地域でのイベントなど全てキャンセルとなり困窮しています。
このことをなんとかしたい!なんとかしなければ!

文化・芸術は人間が生きていくうえで、とても大切なものです。失ってからでは遅いのです!
赤ちゃんがはじめて出会う人形劇から、夏まつり、クリスマス会、そして自治会のお楽しみ会など、いつもたくさんの町の人々に愛されている人形劇。子どもたちは、人形劇を通して生きる力を学びます。

命をふきこまれた人形たちの動きのひとつひとつに、子どもたちの心の「ドキドキ・ワクワク」が動き出します。その子どもたちの声援と笑い声に人形劇人たちは、この上ない喜びを感じるのです。

私たちは一日も早く子どもたちに生の舞台を観てもらいたい!
その為には、プロ劇団の存在が不可欠なのです。

人形劇の未来のために!

 クラウドファンディングで募った資金の使い道は、80%を現在経営困難な状況にあるプロの人形劇団への支援金に、また期日は未定ですがコロナ感染収束の折に「やりまひょか京都人形劇まつり(通称やりまつ)」の開催を考えております。その為の準備金として15%を充てさせていただき、残り5%はクラウドファンディング側への手数料と致します。

子どものための大切な人形劇文化の灯を消さないでください。
いつでも子どもたちのそばに寄り添い続けるプロの人形劇団にご支援をお願いいたします。

 「やりまつ」とは2010年~2018年まで京都市内で開催していた人形劇まつりです。プロ・アマが一堂に会し人形劇人みずから実行委員会を立ちあげ大盛況だったおまつりです。アマチュアの人形劇人にとってもプロを間近に目にすることで、たくさんの刺激をもらっていました。また子どもたちも目を輝かせ笑い声が溢れていました。

 今は子どもも大人も、コロナウイルスの為のストレスで苦しい日々が続いています。
一日でも早く家族揃って人形劇を楽しんでいただける日が来ますよう願っております。

子どもたちに人形劇を届けるため京都人形劇センターは動き出したいと考えています。

支援金リターンについて

お礼状
感謝をこめてお礼状をお送りいたします。

やりまつくん手拭い
「やりまひょか京都人形劇まつり」のイメージキャラクター、やりまつくんの手拭いをプレゼントいたします。

手作り布マスク
手作りの布マスクをプレゼントいたします。

やりまつくんTシャツ
「やりまひょか京都人形劇まつり」のイメージキャラクター、やりまつくんのTシャツをプレゼントいたします。

手作り指人形
手作り指人形をプレゼントいたします。
アマビエ指人形とネズミ指人形のどちらかをお選びください。

おたのしみ感謝祭
10,000円以上ご支援いただいた方には、「おたのしみ感謝祭」にご招待させていただきます。人形劇とともに楽しいひとときをお過ごしください。

ただし、会場・日時が未定となっておりますが、決まり次第お知らせさせていただきます。
なお、招待券は開催当日まで大切に保管願います。

《感謝祭の内容》
 ・劇団の人形たちの展示でお出迎え
 ・人形劇上演、記念撮影、パフォーマンスなどで楽しんでいただきます。
 ・質問コーナーでは、プロの人たちに何でも聞いてください。
 ・プロ、アマの人形劇人たちが皆様のお越しをお待ちしています。

想定されるリスクとチャレンジ

 目標はプロ劇団の生き残りと、再び京都で家族そろって観劇をしていただく「やりまひょか人形劇まつり」の開催です。
 ただ会場の確保にあたっては、他の団体との競合もあり確保が難しいため、しばらくお待ちください。また、リターンでご用意させていただく「おたのしみ感謝祭」のご招待につきましては、応募いただいた方の人数にあわせて、日時・会場等を企画させていただきます。

 コロナ禍の収束後も「人形劇まつり」を継続して開催できるよう努力を惜しみません。

最後に

 ここまでご覧いただき、本当にありがとうございます。

 コロナ禍のなか、演者の息づかいが直接伝わるライブの醍醐味と、演者と観客とがひとつになって作ってきた空間が、今失われています。

 みなさんも思い出してください!子どもの頃、人形遊びや、ごっこ遊びをされたことがあるのではないでしょうか?あの幼き頃の遊びは人間にとって必至のもの、本能なのです。

どうか、人形劇文化の継続、そしてプロ人形劇団を守るためお力をお貸しください。

リターンを選ぶ

  • 3000

    パターン①

    • お礼状
    • 2020年08月 にお届け予定です。
    • 14人が応援しています。
  • 5000

    パターン②

    • やりまつくん手拭い
    • お礼状
    • 2020年08月 にお届け予定です。
    • 21人が応援しています。
  • 8000

    パターン③

    • 手作り布マスク
    • やりまつくん手拭い
    • お礼状
    • 2020年08月 にお届け予定です。
    • 7人が応援しています。
  • 10000

    パターン④

    • 「おたのしみ感謝祭」ご招待
    • やりまつくんTシャツ
    • お礼状
    • 2020年08月 にお届け予定です。
    • 13人が応援しています。
  • 15000

    パターン⑤

    • 「おたのしみ感謝祭」ご招待
    • 手作り指人形
    • 手作り布マスク
    • やりまつくん手拭い
    • やりまつくんTシャツ
    • お礼状
    • 2020年08月 にお届け予定です。
    • 13人が応援しています。