和太鼓に、剣舞、三味線。 今和楽器が奏でる音楽の素晴らしさに世界が気づき始めているようです。 エディンバラ・フリンジでの2回目の公演に挑む佐藤 健作、世界基準のスタッフでアルバム&MVに挑む海外も注目のバンドKAO=S、津軽三味線世界大会で優勝した桃響futari。この3者の世界への歩みを是非応援してください!

和太鼓の響きは、言葉を超え、世界中の人々を一つにする

和太鼓は世界最高の「祈りの楽器」。その信念とともに、今年8月、ふたたびエディンバフェスティバル・フリンジ公演に挑戦します。「和太鼓の祈りは響くのだ」と実感を得た前回の渡航に続き、更にその和をひろげます!