シネマノヴェチェント

一昨年クローズしたシネマバーザ・グリソムギャングですが、20​15年2月シネマノヴェチェントとして装いも新たに再稼働!フィルム上映に拘るスタンスはそのままです。昨年は「SAS人質奪還指令/ファイナル・オプション」(82)、「インターネサイン・プロジェクト/恐るべき相互殺人」(74)の日本劇場初公開の2作品を配給・上映。6/4から和泉聖治監督一般映画デビュー作「オン・ザ・ロード」(82)を35ミリニュープリントで独占ロングランリバイバル決定。そして洋画の配給第3弾はアーネスト・ボーグナイン主演「カントリー・サンデー/恐怖の日曜日」(75)を目指しています。もちろん、35ミリニュープリント上映!