亀山ののこ

東京生まれ。18歳から写真を撮り始め、2000年よりフリーフォトグラファーとしてポートレイトを軸に、雑誌、広告、写真集などで活動。
数多くの芸能人、ミュージシャン、スポーツ選手のポートレイトを撮影。
2007年フォトエッセイ集「The Springtime of Life―ひとりの少女の18歳からの5年間の記録」上梓。銀座コダックフォトサロンにて同タイトル個展。
2010年、双子を出産。2011年夏、福岡県へ移住。
3.11以後、原発のない世界を願い、いのちを守りたい意志を表した母と子のポートレイト撮影を始め、2012年秋、写真集「100人の母たち」を南方新社より上梓。同タイトルにて全国で写真