三井 優

私は脚本家として20代から映画、ドキュメンタリーなどに関わりアニメやコミック作品、教育映画、一般映画、成人映画、小説作品まで書いて来ました。事実と虚構を混ぜた現実を超えるその先を魅せるのが書き手・創り手であるはずが、現実の方が先を行っています。そんなことを思いながら映画祭を始めました。