稲塚 秀孝

株式会社タキオンジャパン代表取締役 1950年北海道生
1973年中央大学卒業、株式会社テレビマンユニオン参加
ドキュメンタリー、ドラマ、音楽番組、紀行番組など、約500本の制作・演出に関わる。
1985年株式会社タキオン設立 10年前から記録映画制作を行う。
「二重被爆」(2006年)「二重被爆~語り部・山口彊の遺言」(2011年)
「フクシマ2011~被曝に晒された人々の記録」(2012年)
「書くことの重さ~作家 佐藤泰志」(2013年)「仲代達矢”役者”を生きる」(2015年)
劇映画「NORIN TEN~稲塚権次郎物語」(2015年)の脚本・監督・プロデュースを担当