12

12歳でバレエに興味を持ちチャイコフスキー記念東京バレエ付属バレエ学校に入学を最年少で許可され森田雅順師に師事しバレエを本格的に学ぶ。2004年、14歳でオーストラリアのTanya Pearson Classical Coaching Academyの校長のタニア・ピアソン師に認められ同学校への留学を決意する。同時にそれをきっかけに日本の文化を見直すようになり特に日本古来の仏教美術に見せられ、いつかその美しさを、身体を通して表現することを目指し、日本に帰るたびに社寺を訪れ研鑽を深める。オーストラリアを代表するコンクールで数々優勝、2位、3位受賞。オーストラリア留学中は、帰国するたびに多摩バレエスクールの高井由恵師に師事。2006年Tanya Pe...