ちば映画祭

2008年、「私たちが面白いと思う映画を、千葉の人にも観てほしい」という思いから立ち上げた映画祭です。「初期衝動」をテーマに据え、千葉で観ることの出来ない若手監督の作品や現在活動中の監督の初期作品を中心にセレクトしました。
その後も「初期衝動」を旗印に約1年に1回開催しています。新進気鋭の若手監督の特集上映や監督をお迎えしたトークの実施、更に遊び心いっぱいの映画祭の雰囲気等が徐々に好評を得て、また多くの方々に支えられ、2015年3月に7回目の開催を迎えます。