Lacroix Despheres

「日本が世界に誇るヴィジュアル系バンドは、総合芸術になり得る」をテーマとし、男女ツインボーカル、フルート、オーボエなどのメンバーが登場人物を演じながら演奏し、物語が進行する舞台作品を創作しています。
舞台と映像の融合や、ダンサー、舞台俳優を客演として迎えた演出などバンドの枠を超えたライブ表現を行うことで、ヴィジュアル系バンドの更なる可能性を追求してきました。
音楽性としては、男女ツインボーカルを擁するバンドサウンドと、フルート、オーボエの専任メンバーを含めたフルオーケストラ+混声合唱という、大編成のシンフォニックサウンドが特徴です。