大瀧 千輝

釜ヶ崎狂言会実行委員会の代表。大阪大学大学院言語文化研究科、同大学のリーディング大学院未来共生共生イノベーター博士課程プログラムに在籍。2012年末より、大阪市西成区(通称釜ヶ崎)における「文化芸術と社会的排除」をキーワードに研究・活動を開始。同時に、英国のストリートワイズ・オペラ、イタリアのフラテルナル劇団など、路上生活者とオペラや仮面喜劇を創作する劇団との交流を深めてきた。現在、最貧国と称されるハイチに滞在し、教育現場に務めるかたわら、多種多様な芸術家、工芸組合との交流を深めている。