facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

劇団そとばこまち

1976年に京都大学の学内サークルとして「劇団卒塔婆小町」が発足、二代目座長辰巳琢朗のもと劇団名を「劇団そとばこまち」に改名。四代目座長生瀬勝久のもと京都を離れ拠点を大阪へ移動、東京進出やマスコミへの露出など活動の幅を広げ全国区の劇団となる。
2011年12月より七代目座長に坂田大地が就任し、来場者、演劇関係者からも好評のエンターテイメント時代劇を主軸に着実に動員を伸ばしている。近年ではよしもとクリエイティブ・エージェンシーとのコラボ公演を打つなど活躍の場を広げると共に、劇団員が大阪松竹座の公演へ出演するなど露出の場が広がっている。