SpringLove春風

『SpringLove春風』は、1998年の「温暖化防止京都会議」を契機に、野外イベント等の制作をしていた有志を中心に行われてきたフリー・フェスティバルです。
1998年にスタートした春風は、2002年より数年のブランクを経て、2009年、反戦/平和を主軸に置いたフリーギャザリング『〜Spring Love〜 春風』として再開。以降、『春風-未来のためにできること-』と題し、過去を祈り未来を展望する場、また、フェスティバルシーズンの到来と桜の芽吹きの祝いの場として、作り続けられました。東日本大震災以降は震災被災者への支援を主な目的として開催。集まった義援金は慈善団体に寄付しています。