Icon

BLUE FOR TOHOKUは、震災遺児を含む被災地の児童養護施設への支援を行っている特定非営利活動法人です。被災地以外の街で暮らす人々が食事や買い物をすることにより、自動的に被災地支援が行えるような経済システムを構築したいとの思いからスタートしました。
プロジェクトの理念に賛同したIT、開発、マスコミ、金融等々のバックグラウンドを持った有志が集まり、自分たちの持つスキルを活かして支援活動を行っています。