waqu:iraz

2014年、舞台を中心に活動する小林真梨恵のソロプロジェクトとして始動。
作風は演劇をベースに、ダンスや身体表現、音楽も多く取り込まれることが特徴。
全公演において、主宰の小林が中心となって企画・創作し、他スタッフ・キャストは公演ごとにその趣旨に沿った人材を集める。「様々なジャンルの枠を越え、多様性をもった芸術作品を創作・上演する」というコンセプトのもと、メンバーの特色をさらに活かし、様々な表現の力を掛け合わせた総合芸術作品を作ることを目的としている。
4月に4回目の本公演「わたくしごと2本立て」を横浜で上演予定。