Picture?type=large

金箱 淳一
長野県出身。
岩手県立大学で情報学を専攻した後、IAMASで楽器とインタフェースを中心としたメディアアートの研究制作を行う。
大学院1年次にオーストリア・リンツ美術工芸大学に交換留学生として派遣。
修了後は作品制作の経験を基に玩具の企画業に従事したのち、現在は女子美術大学に勤務する傍ら活動を行っている。