倉林 秀男

言語学と文学の狭間で生きる。フォローはご自由に。たまに妄想で授業のことや学校のことをつぶやきますが、それらはフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

  • 東京都