Rie

パリ在住のアコーディオニストのRieです。デザイン学校を卒業し、商業施設の販売促進などの仕事をするうち、30歳で電撃的にアコーディオンと出会い、2002年、フランスのボタン式アコーディオンを習得するために、35歳にしてパリに渡りました。2003年の秋に、パリの地下鉄ミュージシャンの資格を取得、その後、日本人として初めて、マルヌ川沿いのダンスが楽しめる野外レストランのガンゲットで定期的に演奏し、現在は日本とフランスでシャンソンやミュゼットなどの演奏活動のかたわら、ドイツ人音楽学校などで生徒の指導も行っています。