「瀬戸際世界芸術祭」実行委員会

「瀬戸際世界芸術祭」というタイトルは、洒落で思いついたことは否定しません。
しかし、今こそこの“際”に潜む人びと、“際”に立たされている地域の、力を明らかにしていかなければなりません。
今回、皆様にご紹介したい2団体は、その瀬戸際にある障がい福祉の世界から、音楽・演劇というアートの力で、様々なボーダーライン (誤解や偏見、福祉を取り巻く固定概念)を飛び超え、新しい“世界”を作り出している方々です。“際”にある人びとの営みや世界観を、マチのど真ん中で芸術文化によって繋げ、持続可能な地域コミュニティづくりのきっかけとしたいのです。