facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

萬ムービーフェス開催! をクラウドファンディングで実現!

萬ムービーフェス開催!
コロナ禍で公演が中止になった劇団の映像作品にご支援をお願いします

コロナ禍で公演が中止になった劇団を募集し、劇場空間での映像作品の撮影に挑戦してもらいました。
各劇団の創意工夫をお楽しみください。
気に入った作品がありましたら、ご投票とご寄付をお願いします。

コレクター
53
現在までに集まった金額
286,700
残り日数
8
目標金額 1,000,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2020年8月12日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトを応援

目標金額 1,000,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2020年8月12日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

Presenter
萬劇場 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

PRESENTER
萬劇場

JR大塚駅北口より徒歩約4分。演劇・お笑いライブ・ダンス・講演会などあらゆる使い方のできる、約130席の多目的ホールです。 アクセスの良さと空間の広さ、リーズナブルな使用料で、多くの劇団に親しまれています。「萬部活動」・「夏の短編集」など、自主企画も定期的に行っています。

このプロジェクトについて

コロナ禍で公演が中止になった劇団を募集し、劇場空間での映像作品の撮影に挑戦してもらいました。
各劇団の創意工夫をお楽しみください。
気に入った作品がありましたら、ご投票とご寄付をお願いします。

プロジェクトの背景

新型コロナウイルスの影響で、3月から6月にかけて、多くの演劇公演が中止・延期になりました。

公演中止は劇団・劇場の双方にとって大きな打撃です。

7月から、客席数を間引く等の感染対策をしながらの公演が徐々に始まりましたが、従来のような公演が打てるようになるにはまだ長い時間がかかると考えられます。

多くの劇団・個人がオンラインでの表現方法を模索していますが、劇場からも表現の場を提供できないかと考え、この企画を立ち上げました。

プロジェクトの概要

劇場使用料無料!

コロナ禍で公演が中止になった劇団が対象の短編映画祭です。

①1日~2日で稽古から撮影まで完結

②カメラワークを活用

③キャストは数名に限定して三密の回避は徹底

をルールとし、6月頭から7月中旬にかけて、撮影・編集が行われました。

※参考:サンプル作品『萬劇場からの脱出』

エントリー作品はこちらのページに順次掲載されていきます。

http://yorozu-s.sub.jp/movie-fes/

7月15日(水)~8月12日(水)にご投票とご寄付を募り、

8月17日(月)に審査結果を発表します。

参加団体紹介

てあとるみのり

てあとるみのりは(福)豊芯会・ハートランドみのり内で2008年に結成された、精神・知的障がい者と一般の演劇人がひとつになって活動しているダイバーシティ劇団です。大塚を活動拠点にして豊島区を中心に20回以上の主催公演、数々の地域イベントに参加しながら、社会に存在する様々な見えない壁を乗り越えようとしています。舞台に立てばみんな平等。そんな劇団員のひた向きな思いをぜひご堪能ください。

ノーコンタクツ

(撮影:鏡田伸幸)

未来から目を背けた演劇好きが今を楽しく生きる為のエンタメユニット。正式メンバーは麻見拓斗ただ一人ですがサポートメンバー6人を加え7人で活動中。年1~2回舞台公演、毎週火曜日にYouTubeにてインターネット番組配信、年1回の旅行。舞台は「笑わす為には手段を選ばず」をモットーに演劇を初めて見る方でも安心して楽しめるエンタメ活劇を上演しています。

風凛華斬

東京都内で活動中。「騒いで、笑わせて、最後にホロリと泣かせる」をモットーに、ライトノベルのようなファンタジー、現代を舞台にしたしっとりした幽霊もの、殺陣のある活劇から会話劇まで、ジャンルを問わずエンターテイメント作品を創る。主宰・SINによる気軽に楽しめて後味さわやかな脚本が演劇ファンから、観劇初心者の方まで好評。

劇団ヨロタミ

2002年に旗揚げ。以後18年間、飽きずにほぼ同じメンバーで第28回公演を数える。その間、運良く「第27回池袋演劇祭 大賞」や「萬劇場夏の短編集2018 ベストショートストーリー賞」など8つの賞をいただき、現在に至る。

猿組

演劇制作体V-NET劇団員東野 裕が主宰する団体。心温まるファンタジー作品を中心に創作。皆さんの応援で明るく元気に邁進する努力型エンタメ演劇ユニット。2017年10月に『メデューサの夢』で旗揚げ。2019年にV-NETが主催したGK最強リーグ戦2019にて『腹ペコの魔法使い』で2位を獲得(大和企画と同率)。同年10月から2020年3月までの半年間、柴崎道場にて毎月アトリエ公演を実施。リトルGK2019で『キャロルの歌〜世界を歩こう』でチーム優勝。

演人の夜

2014年活動開始。
人間の根底に眠る闇を前面に押し出した作品を展開。
必ずしも先天的な悪だけでなく、闇が生まれるに至った悲しい過去を持つ者にスポットを当てていく。
実際に起こった事件や主宰・金子の実体験を基にストーリーを展開し、真綿で首を絞めるようにジワジワと瓦解していく世界を様々な手法で描く。

海賊のように飲む会

海賊のように飲む会とは作・演出のカワモト文明が主宰する、本気で遊ぶをコンセプトとした演劇集団です。
作風はコメディエンタメの4・5次元舞台である。
カワモトと酒を呑み交わし「出たい」と言えば出演できるって噂がある。
メンバーなど詳しくはホームページをチェックして下さい。

メリケンギョウル

演出家・兼子佳那子が中心となり旗揚げした、劇団とは名ばかりのユニット。ミステリ×コメディを軸に作品を展開する。

ThreeQuarter Vivace

社会人劇団ThreeQuarterの企画の一つ。
「生き生きと・・・」をテーマに普段の ThreeQuarter とはちょっと違った作品をお届け。
今回は、劇団として新たな試みとなる映像作品に挑戦!

レティクル座

2011年設立。阿部慎一郎を中心とした演劇団体。弱い人間を圧倒的ユーモアで過激に描くことで、生きるのに不器用な人たちに送るバラードのような作品を目指している。ギャグマンガのようなインパクトのある脚本と、愉快と不愉快の間を潜り抜けるような演出は観る者を圧倒的カオス空間へと放り込む。ちなみに今回が初の映像作品である。

劇団YAKAN

世の中を!世界を!強いては自分を!
沸騰させることによって、ちょっとだけ綺麗な世界を作りたい。
そんなそれっぽい理念を基に、藍田航平が立ち上げた劇団。
ハイテンション、ハイスピードな劇を繰り広げるのが特徴。

萬劇場について

オープンからまもなく30周年を迎える都内の貸し劇場です。

アクセスの良さと空間の広さ、リーズナブルな使用料で、多くの劇団に親しまれてきました。

豊島区の「池袋演劇祭」で大賞を受賞する劇団など、いくつもの実力派団体を輩出しています。

天井の高さと昇降バトンが魅力。

明るい楽屋も完備しています。

劇場空間全部をお祭り会場にした「夏の短編集」など、自主企画も定期的に行ってきました。

今回の「萬ムービーフェス」も自主企画の一環であり、新型コロナウイルスの影響で中止となった「夏の短編集2020」の代替イベントでもあります。

特典について

御礼メールや限定公開の特別映像をリターンとして用意しております。

・1000円:御礼メール

劇場&参加団体より、感謝のメールをお送りします。

・2000円:御礼メール+限定公開の特別映像

御礼メールに、特別に撮影・編集した限定動画のURLを添えさせていただきます。

・3000円:御礼メール+特別映像+「全団体均等に支援」or「指定の団体に1000円上乗せ」を選択可能

特に気に入った作品や応援したい団体がある場合、ぜひご指定ください。

4000円:御礼メール+特別映像+「全団体均等に支援」or「指定の団体に1500円上乗せ」を選択可能

3000円コースよりさらに手厚くご指定の団体を支援できます。

・5000円:御礼メール+特別映像+「全団体均等に支援」or「指定の団体に2000円上乗せ」を選択可能

4000円コースよりさらに手厚くご指定の団体を支援できます。

・10000円:御礼メール+特別映像+「全団体均等に支援」or「指定の団体に5000円上乗せ」を選択可能

5000円コースよりさらに手厚くご指定の団体を支援できます。

資金の使い道

「上乗せ」の支援金は各団体に直接お渡しします。

それ以外の総額から運営費用を引き、残りを全団体(萬劇場を1団体とカウント)で均等に分配させていただきます。

なお、萬劇場がキャンセル料減免によって受けた損失は2020年5月時点で10,535,500円です。

劇団が受けた金銭的損失は公演の規模や中止決定時の進展によって異なりますが、貴重な表現の機会を失ったことは全団体共通です。

萬劇場と、劇団が活動を再開するためのご支援をお願い致します。

想定されるリスクとチャレンジ

東京都で新規感染者数が100人を超える等、新型コロナウイルスに対しては油断できない状況が続いています。

再計画された公演が再び中止になる恐れや、今回ムービーフェスに参加した劇団がしばらく公演をできない可能性もあります。

しかし、演劇の火を絶やすわけにはいきません。

萬劇場は自由に公演が打てる場として今後も多くの劇団を迎えていきたいと思っています。

今回フェスに参加してくれた劇団は、慣れない撮影・編集の作業を通して、舞台にも適用できる何らかの気付きを得たかもしれません。

彼らがゆくゆくどんな舞台を見せてくれるのか、とても楽しみです。

最後に

このページをご覧いただきましてありがとうございました。

演劇という文化を守るために、どうかご支援をお願いします。

リターンを選ぶ

  • 1000

    1000円リターン

    • 御礼メール
    • 2020年08月 にお届け予定です。
    • 6人が応援しています。
  • 2000

    2000円リターン

    • 御礼メール
    • 特別映像(YouTube限定公開のURL)
    • 2020年08月 にお届け予定です。
    • 2人が応援しています。
  • 3000

    3000円リターン

    • 御礼メール
    • 特別映像(YouTube限定公開のURL)
    • 「全団体均等に支援」or「指定の団体に1000円上乗せ」を選択可能
    • 2020年08月 にお届け予定です。
    • 13人が応援しています。
  • 4000

    4000円リターン

    • 御礼メール
    • 特別映像(YouTube限定公開のURL)
    • 「全団体均等に支援」or「指定の団体に2000円上乗せ」を選択可能
    • 2020年08月 にお届け予定です。
    • 7人が応援しています。
  • 5000

    5000円リターン

    • 御礼メール
    • 特別映像(YouTube限定公開のURL)
    • 「全団体均等に支援」or「指定の団体に3000円上乗せ」を選択可能
    • 2020年08月 にお届け予定です。
    • 14人が応援しています。
  • 10000

    10000円リターン

    • 御礼メール
    • 特別映像(YouTube限定公開のURL)
    • 「全団体均等に支援」or「指定の団体に5000円上乗せ」を選択可能
    • 2020年08月 にお届け予定です。
    • 11人が応援しています。