facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

16ミリフィルム撮影映画『やまぶき』をクラウドファンディングで実現!

農業を続ける映画監督の
16ミリフィルム撮影映画『やまぶき』の製作支援プロジェクト!

都会から離れた深い山あいの地から社会を問い、独立製作ならではの何者にも縛られない表現で、このもやもやした生きづらさに一撃を!16ミリフィルム撮影敢行!!!国籍入り混じる出演者が山中を舞台に繰り広げる社会派群像劇!!!!!

コレクター
61
現在までに集まった金額
527,000
残り日数
27
目標金額 3,000,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2019年6月18日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトを応援

目標金額 3,000,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2019年6月18日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

Presenter
山崎 樹一郎 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

PRESENTER
山崎 樹一郎

1978年生まれ。学生時から映画祭の企画運営や自主映画製作を始める。2006年岡山県真庭市の山あいに移住し農業を続けながら映画を製作している。監督作として『ひかりのおと』(2011)は岡山県内51カ所で巡回上映を行う一方、東京国際映画祭やロッテルダム国際映画祭でも上映される。ドイツのニッポンコネクションにてニッポン・ヴィジョンズ・アワード、上映・製作グループ[cine/maniwa]で岡山芸術文化賞グランプリ、福武文化奨励賞を受賞。『新しき民』(2014)はニューヨーク・ジャパンカッツにてクロージング上映され、NYタイムス誌から黒澤明を彷彿とさせるなどと評価。高崎映画祭新進監督グランプリ受賞。

  • 岡山県
  • 起案数 1
  • 応援数 0
  • Twitter (未設定)
  • フォロワー 62 人

このプロジェクトについて

都会から離れた深い山あいの地から社会を問い、独立製作ならではの何者にも縛られない表現で、このもやもやした生きづらさに一撃を!16ミリフィルム撮影敢行!!!国籍入り混じる出演者が山中を舞台に繰り広げる社会派群像劇!!!!!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

映画「やまぶき」を気にかけていただきありがとうございます!クラウドファンディングの残り日数も短くなってきました。積極的に情報をアップロードしていきます!引き続き応援、ご支援よろしくお願いいたします。

映画『やまぶき』劇中写真

映画『やまぶき』撮影風景

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

16ミリフィルム撮影(はじめのはじめに)

4K、8Kとデジタルの進歩が人間の欲望を引っ張るなか、技術的、経済的に困難なフィルム撮影を選択した理由は、ノスタルジックな味わい、とか、今や贅沢な、とかの理由ではなく、かつて映画が持っていたであろう「映画の夢」みたいなものが引っ張る、人間の欲望の方をもう一度信じてみたいと思ったからです。完成形はデジタルにする予定ですが、、、。

はじめに

私たちは岡山で映画をつくってきました。地域の人たちの協力を得て、自分自身もそこに暮らしながら。製作を続けていると少しずつ地域での映画の広がりを感じます。映画の広がりとともに、文化、芸術を通じて、人との新たな繋がりが生まれています。

社会に目を向けてみると、想像できなかった様々な現象が、日々当たり前のように起こっています。それらに対し、映画は大きなことはできないかもしれません。しかし、そんな時代だからこそ世界を見る「窓」として、映画が生まれ、広がり、つながり、文化として定着する強みがとても重要になってくると思います。そんな思いで地域から社会を映し出す映画の企画です。

↓劇中写真(5月11日アップしました)

このもやもやとした生きづらさは何だろう?

もしかすると、「私」たちの気づきで変えられるかもしれない。

311以降、続けるべき過去と、見直すべき過去を見定め、誰もが何かしらを改め、生きてきて、ただそうした時代に近寄ってくる悪しき個人主義やナショナリズムをどうしても感じてしまいます。その先に見えるのは、弱いものは震えながら生きねばならぬ世の中。2020年に向け国威高揚の全体主義が席巻するであろう今、描くのは、目を背ける者たちと、目を背けてはならない者たち。それは私やあなたなのかもしれません。

作品内容

2012年福島−。「普通の生活に問題はない」とする政府の発表を信じる遠藤家。膨大な情報の中、それを信じられず不安な日々を送る嫁の美南。彼女は身重で母子避難を決める。

2019年岡山−。美南とその娘・卯月は韓国人の元乗馬選手・チャンスと共に新しい家族として生活をしていた。

チャンスは砕石場で働き、まもなく正社員に採用されようとしていたある日、ある事故により取り消される。働けないチャンスの生活は苦しくなる。そんな時……

一方、高校生の山吹は、戦場ジャーナリストであった母の死から立ち直ろうとしていた。サイレントスタンディングという静かな抗議行動に関心を持ち、刑事である父親・丈介に反対されながらも続けていた。

平成の時代が終わろうとするまさに今、この30年はどんな時代だったのか、何を失って、今後何を失い続けていくのか……。微かな希望すら描きにくい現在、それでも作らなければならない映画とは何か? 都会から遠く離れたここに生き、迷いながらもそれぞれの過去と向き合おうとするそれぞれの家族の社会派群像劇。

やまぶき 

山の桜が散る頃、山の斜面や、車道ののり面にあまり気づかれることなく静かに咲く花。半分日陰の場所を好む。中国から日本に分布。その昔、黄金色の小判に例えられ賄賂の隠語として使われた。本作では山吹という名の女子高校生が主人公の一人。監督が岡山県真庭市に移住して13年、移住当時からいつか題材にしたいと思っていた花。

今回集めた資金の用途

今回モーションギャラリーで集めさせていただく300万円は主にフィルム代、現像費、テレシネ費などに使用させていただきます。

蒜山ホースパーク

主人公は元乗馬選手の設定です。真庭市蒜山の現役乗馬選手・原田喜市さん(リオ五輪出場)の協力のもと、ダイナミックな乗馬撮影にチャレンジします!写真は原田選手。

スケジュール

2019年4月|撮影無事終了しました。

2019年5月から9月|編集・仕上げ

2019年11月|完成

2020年以降|公開

キャスト紹介 ※5月13日追加しました

姜 侖秀|かん ゆんす出演作品:舞台『白い体』(1997年・韓国)、ミュージカル『言5P説』(1998年・韓国)、演劇『If only』(2012年・英国)、演劇『オバケノガッコウヘキテクダサイ』(2014年・日本)

祷 キララ|いのり きらら出演映画:『堀川中立売』(2009年)、『Dressing Up』(2012年)、他

川瀬 陽太|かわせ ようた出演映画:『月夜釜合戦』(2018年)、『息衝く』(2018年)、『バンコクナイツ』(2017年)、『64ロクヨン』(2016年)、『シン・ゴジラ』(2016年)など多数。

和田 光沙|わだ みさ

出演映画:『夏の娘たち ひめごと』(2017年)、『菊とギロチン』(2018年)、『岬の兄妹』(2019年)、他

三浦 誠己|みうら まさき

出演作品:『空母いぶき』(5/24公開)、『ウィーアーリトルゾンビーズ』(6/14公開)、『凪待ち』(6/28公開)、WOWOW 連続ドラマW「悪党〜加害者追跡調査〜」(5/12より放送スタート)など多数。

青木 崇高|あおき むねたか

出演作品:『るろうに剣心』(2012年・2014年)、『かぞくいろ』(2018年)、『来る』(2018年)、『サムライマラソン』(2019年)、など多数

その他にも現在の日本映画を支える実力派が集まります!お楽しみに!

監督紹介

山崎 樹一郎|やまさき じゅいちろう

1978年大阪市生まれ。学生時から京都にて映画祭の企画運営や自主映画製作を始める。2006年岡山県真庭市の山あいに移住し農業を続けながら映画を製作している。監督作として『ひかりのおと』(2011)は岡山県内51カ所で巡回上映を行う一方、東京国際映画祭やロッテルダム国際映画祭でも上映される。ドイツのニッポンコネクションにてニッポン・ヴィジョンズ・アワード、上映・製作グループ[cine/maniwa]で岡山芸術文化賞グランプリ、福武文化奨励賞を受賞。『新しき民』(2014)はニューヨーク・ジャパンカッツにてクロージング上映され、NYタイムス誌から黒澤明を彷彿とさせるなどと評価。高崎映画祭新進監督グランプリ受賞。

『ひかりのおと』予告編(2011年製作)

『新しき民』予告編(2014年製作)

リターンについて

リターンは以下を用意しています。

特製オリジナルグッズ】
まだ内容は未定です。お楽しみに!

【御礼メール(クランクアップ記念写真付き)】
監督より心を込めたお礼メールをお送りします。写真は画像データになります。

【全国共通のご招待券】
全国の上映場所で映画をご覧になれます。劇場公開は2020年夏以降を予定。※上映場所は未定ですが、日本国内の本作公開場所でどこでもご使用になれます。どうしても都市部を中心とした公開になると思われます。劇場へは自費でお越しください。

【公式パンフレット(サイン入り)】
映画公開時に販売する公式パンフレットです。メインキャストと監督のサイン入りです。

【「農業と映画のせめぎあい」監督メルマガ(クラウド限定・全10回)】
渾身の試みです!農業と映画づくりを続ける想像を超える困難を生々しくお伝えします。

メインキャストの現場日誌
メインキャストたちからの現場日誌集をお届けします。

【メイキングスチール厳選集】
プロのスチールカメラマンによる映画現場の臨場感あふれる特別厳選写真集です。

【エンドロールお名前掲載】
本編エンドクレジットにお名前を掲載いたします。

【公開初日の打ち上げパーティーご招待】
公開初日の上映後に行う関係者の打ち上げです。キャスト、スタッフも参加します。日時は2020年の夏以降を予定しております。会場は岡山、大阪、東京からお選びいただけます。会場までは自費でお越しください。できない場合は全国共通のご招待券(2枚)に代えさせていただきます。

【製本台本(サイン入り)】
キャスト、スタッフの直筆サイン入り台本です。限定15冊です。

【試写会&完成披露パーティーご招待】
関係者同席の試写会&完成披露パーティーにご招待します。キャスト、スタッフも参加します。日時は2019年の秋以降を予定しております。会場は岡山県真庭市、東京都内からお選びいただけます。会場までは自費でお越しください。できない場合は全国共通のご招待券(2枚)に代えさせていただきます。

【協力プロデューサーとしてエンドロールにお名前掲載】
本編エンドクレジットに協力プロデューサーとしてお名前を掲載いたします。

想定されるリスクとチャレンジ

映画は4月撮影です。中止になることはありません。また、映画が完成しないということもありません。公開できないということもありません。これまでやってきた経験と知恵を駆使して、なんとかします。この映画に関わる全ての人の培ってきたものを熱に、多くの方々に映画を届けるまで、チャレンジします!

最後に

このプロジェクトをご覧いただきありがとうございました。私たちのつくる映画は、地域の人たちと、応援していただいた皆さまに支えられて、完成します。また、全国各地で映画を下支えするスタッフ・キャストが「思い」で集まり、一同全力で『やまぶき』を製作してまいります。この映画を育てていくように関わっていただければ嬉しいです。何卒ご支援のほど、よろしくお願いいたします。最後になりますが、私、山崎樹一郎は13年前に父親の実家があった真庭に来ました。当時の新規就農制度で先輩農家に手ほどきを受けトマトの栽培を始めました。今は1反ほどのビニールハウスで、4月中旬から、10月中旬ごろまで小農民です。毎年、天候の状況や自分自身の安定しない忍耐力、映画に関わるための膨大な時間により、農業経営は影響を受けるのですが、何とか続けてきました。映画が作りたい気持ち、これは一種の病かもしれないと思いながら、それでも、今まで信じてやってきたことと、信じてくれた仲間や、応援してくれた思いが、映画作りに向かわせます。怒ったり、怒られたり、信じたり、疑ったり、裏切ったり、裏切られたり、しながら。半端なやつですが、よろしくお願いいたします。

リターンを選ぶ

  • 1500

    特製オリジナルグッズほか

    • 御礼メール(クランクアップ記念写真付き)
    • 特製オリジナルグッズ
    • 2019年07月 にお届け予定です。
    • 20人が応援しています。
  • 5000

    映画にご招待ほか

    • 御礼メール(クランクアップ記念写真付き)
    • 特製オリジナルグッズ
    • 全国共通のご招待券(1枚)
    • 2020年02月 にお届け予定です。
    • 18人が応援しています。
  • 10000

    公式パンフレット(サイン入り)ほか

    • 御礼メール(クランクアップ記念写真付き)
    • 特製オリジナルグッズ
    • 全国共通のご招待券(1枚)
    • 公式パンフレット(サイン入り)
    • 2020年05月 にお届け予定です。
    • 19人が応援しています。
  • 30000

    「農業と映画のせめぎあい」監督メルマガ、メインキャスト現場日誌ほか

    • 御礼メール(クランクアップ記念写真付き)
    • 特製オリジナルグッズ
    • 全国共通のご招待券(1枚)
    • 公式パンフレット(サイン入り)
    • 「農業と映画のせめぎあい」監督メルマガ(クラウド限定・全10回)
    • メインキャストの現場日誌
    • 2020年05月 にお届け予定です。
    • 2人が応援しています。
  • 50000

    メイキングスチール厳選集・エンドロールお名前掲載ほか

    • 御礼メール(クランクアップ記念写真付き)
    • 特製オリジナルグッズ
    • 全国共通のご招待券(1枚)
    • 公式パンフレット(サイン入り)
    • 「農業と映画のせめぎあい」監督メルマガ(クラウド限定・全10回)
    • メインキャストの現場日誌
    • メイキングスチール厳選集
    • エンドロールお名前掲載
    • 2020年05月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 100000

    公開初日の打ち上げパーティーご招待・製本台本(サイン入り)ほか

    • 御礼メール(クランクアップ記念写真付き)
    • 特製オリジナルグッズ
    • 全国共通のご招待券(1枚)
    • 公式パンフレット(サイン入り)
    • メイキングスチール厳選集
    • エンドロールお名前掲載
    • 「農業と映画のせめぎあい」監督メルマガ(クラウド限定・全10回)
    • メインキャストの現場日誌
    • 公開初日の打ち上げパーティーご招待
    • 製本台本(サイン入り)
    • 2020年05月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 300000

    試写会&完成披露パーティーご招待・協力プロデューサーとしてお名前掲載ほか

    • 御礼メール(クランクアップ記念写真付き)
    • 特製オリジナルグッズ
    • 全国共通のご招待券(1枚)
    • 公式パンフレット(サイン入り)
    • メイキングスチール厳選集
    • 「農業と映画のせめぎあい」監督メルマガ(クラウド限定・全10回)
    • メインキャストの現場日誌
    • 公開初日の打ち上げパーティーご招待
    • 製本台本(サイン入り)
    • 試写会&完成披露パーティーご招待
    • 協力プロデューサーとしてエンドロールにお名前掲載
    • 2020年05月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。