映画「こいからっさ!」をクラウドファンディングで実現!

ここから世界へ、不器用な男たちの夢 映画「こいからっさ!」

  • Unstoppable Film
  • 映画
  • 東京都
Fbaca96c f40d 4bcd b70c 19d738f2c5df ▶ 再生
  • コレクター
    9人
  • 合計金額
    195,000円
  • 残り
    0日

目標金額は1,220,000円です。

FUNDED

このプロジェクトは、2014年3月16日00:00に終了しました。

このプロジェクトについて

始まりは小さな居酒屋での何気ない会話からだった。
変わり映えしない日常、鬱屈とした日々。
そんな日常を自分たちの力で塗り替える。猛る想いを拳に載せて。
UnstoppableFilm制作映画「こいからっさ!」

あらすじ

長崎県佐世保市を舞台に、過去の父による母への暴力から、
ただただ母を守るためだけに強くなろうとした青年が強さとは何か、優しさとは何かという
【強さへの矛盾、葛藤】を抱えながら、傷ついた家族の絆、崩壊した部活の仲間との絆を、
幼い頃、父に勧められ始めた大嫌いな【空手】を通して再生していこうとする物語。

テーマは「強さとは何か?」

守れるだけの強さがあればいいと思っていた青年が、空手を通して得た<強さ>は、
父が母にしていることと同じなのではないかと矛盾を感じる。
そんな矛盾から、【強さとは何か】というところに、着眼点を置く。
人は生きる上でたくさんのことに耐えている。耐えるにはそれなりに強さが必要になる。
傷つけられる、我慢する、諦めない、信じる。生きる上では苦しいことの方が多い。

「どんなに苦しくてもいつかきっとよくなる時がくる」

母がよく口にする、ありきたりでキレイごとかもしれない言葉。
しかし、それを信じてもう一つ我慢した先にある何か。
世の中にはその一歩手前で諦めたり、我慢できなかったり、
さいあく踏み込み過ぎて、取り返しのつかない事態を招くことが多々ある。
もう一歩我慢して得た何かをもって踏み出す一歩。その先にあるもの。
父の暴力と自身の空手の強さへの矛盾に葛藤する様から、
強さの意味を描く。

このプロジェクトについて

始まりは居酒屋での何気ない会話がきっかけでした。
活動の場を映像で広げていきたいのに、
実際は小劇場でしか活動できていないことに、悶々とし燻った不毛な会話をしていました。
そんな中、現メンバーの林田が過去に空手をやっていたという話から、
「そういえば、空手をアクションだけではなく本テーマとして扱った映画ってないよね?」
という話題になり、
空手を題材にうまく映画化できれば、自分たちの突破口になるのではと、
この企画を発足させました。

今回のプロジェクト、映画『こぃからっさ!』は
映像製作ユニットUnstoppableFilmの初制作映画になります。
Unstoppable Filmという映像製作ユニットを立ち上げた我々5人には
一つの強い想いがあります。
芝居を初めてそこそこの年月が経ちますが、活動場所は主に小劇場を中心としたものでした。
自ら、友人や同じ小劇場界で活動する俳優をお客様として呼び、
観てもらえる方はいつも同じ方々。
作り上げた芝居を楽しんで観てもらえる。
これはこれで俳優としての一つのあり方なのかもしれません。
ですが、そればかりでは自分達が描く俳優にはなれません。
星の数程いる俳優、アーティストの中で、映像製作に関して素人の男5人が、

「人から与えられるのではなく、現状を切り拓き、自分達の望む輝ける未来を自分達の力で掴みにいく!」 という想いで作りました。

構想から約1年、
物語のキーワードの一つとなる「空手」の稽古に励みつつ、右も左もわからない状態の中、
沢山の人を巻き込みながら、気合いと情熱を胸に走り続けてきました。

メンバーでの空手稽古に加え、それぞれが道場に通い、腕を磨き、一年間鍛錬に鍛錬を重ね、 それぞれ見違える程の実力をつけました。

はじめは開始30分で倒れていたり、ゲロ吐いたり、足が上がらず喧嘩キックみたいだったのが見事な上段蹴りを決めれるようになったり、華麗な突きを放ったり。

中には、 東京都の区大会で準優勝するまでに成長した者もいます。 もちろん初めは素人でした。 この映画のためにみんな、空手に正面からぶつかっていき、凄まじいまでの役者根性を魅せつけました。

肝心の芝居に関しても、
友情出演に、渡辺哲さん、阿部力さんを迎え、作品に奥行と深さを与えて頂きました。

一切の妥協を許さない監督のもと 数週間に及ぶリハーサルを重ね、 シーン1つ、セリフ1つ、まばたき1つ に至るまで魂を込めて 作り上げました。

文字通り、血と汗と涙を流しながら、徹底して追い込み、
妥協なく作り上げました。

ロケ地・佐世保について

2012年11月、空手経験者であるメンバーの林田の地元佐世保の学校に、
稽古の一環で伺った際、
現役高校生たちの空手に対するひたむきに強くなろうとする想いに触れ、
ただ取材するつもりだけだった僕らの心は深く揺さぶられました。

強さとは?という問いに彼らは真正面からぶつかっていました。

ここに自分たちのこの作品の【根っこ】がある気がし、
と同時に作品の背景に求めていた、時は経てども過去の傷が癒えずに停滞している家族、
高い建物もなく静かで辺りを一望できる景色と塞ぎ込んだ心とのギャップを描く上で、海に囲まれた佐世保の町にある「閉塞感」や「侘しさ」、「停滞感」といったものが
作品とピッタリと当てはまり、ここしかないと直感で決めました。

このように、まだまだ未熟で、右も左も分からない新参者の僕らですが、
偶然と必然と直感の中、たくさんの方の支えの中、
互いを信じ、自分たちが今だせる全てを出し切り注ぎ込んだ本作品を
一人でも多くの方に観ていただきたいと切に実感しています。

現状、作品を撮りきることはできたのですが、これから劇場公開するまでの資金が足りず、
是非ともこの作品と我々を世に出すべく出資をお願いしたく、
モーションギャラリーに参加することにしました。

希望額は、122万円。

これは
【技術的な編集及び上映館使用費、宣伝費、撮影時の仮払機材費など】が含まれた金額です

下記、内訳
  プレミアム上映料     20万
  本上映料         45万
  MA作業費        30万
  ロケ協力地における
  移動費          10万
  宣伝費          17万
              計122万円

【本プロジェクトは目標額の達成如何に関わらず必ず試写会及び本上映を行う事をお約束します!】

東京国際映画祭をはじめ、
カンヌ国際映画祭、ヴェネチア国際映画祭、釜山国際映画祭などの多くの海外映画祭への出品を視野に、第一弾から世界を狙って今後活動の幅を広げていく予定です。
もう1度言います。
僕たちはこの作品にすべてを注ぎ込み、熱い気持ちをこの作品に込めて作りました。
どうか皆様、お力添え、よろしくお願い致します。

団体からのメッセージ(支援協力のお願い)

現在2014年3月~5月に東京、佐世保で試写会を行い、その後、各映画祭への出品を予定しています。
正式な上映自体は、再来年2015年夏前後目標としていますが、
その際は、東京5~7日間、撮影場所であった佐世保と、出演者に出身が多い大阪では3日間ほどの上映予定です。
主にこの各3地域で舞台挨拶なども行い、沢山のお客様にご鑑賞頂ければと思っております。

自主制作映画ということで決して多くはない予算の中、
東京からロケ地佐世保までの移動を全て車で行ったり、
地元企業の方に掛け合い協賛をして頂いたりと、節約に励み、
周りの沢山の方のお力添えを頂いた上で、何とか撮影を終える事ができました。

ただまだ、本当の意味で映画を完成させるには予算が足りないというのが現実です。
映画はお客様の元にお届けして初めて完成といえるもの。
映画完成に向けての最後の一押しのお力添えを皆様にご協力頂ければと思っております。

映画『こぃからっさ!』は、
先にも述べた通り、プレミアム試写会後、国内外様々な映画祭へ出品予定となっております。
UnstoppableFilmとして初の自主制作映画第一弾。
僕たちはまだ駆け出しですが、今回の作品で本気で世界を目指しています。
第一弾でも何処に出しても恥ずかしくない映画を作った!
そう思えるだけの情熱を注いだ自負があります。
「あの映画に協力してやった」とご協力頂いた方に思って頂けるような結果を残す、自信と覚悟があります。
Unstoppable Film。
止まることなく僕らは進み続けます。
皆様のご支援、心よりお待ちしております。

今後の流れ(案)

[2013年]
9~12月 編集作業(MA、カラコレ)
MotionGalleryでのプロモーション活動。
試写会場の選定、フライヤー・チケット作成
プレス用プログラムの作成、…etc
[2014年]
1~2月    You Tubeなどでの宣伝活動。
3~4月    下旬プレミアム試写会
以降      国内外の映画祭へ出品。
[2015年]
一般上映(夏頃を予定)

スペシャルゲスト

渡辺哲 ワタナベテツ
1950年3月11日生まれ
今井事務所所属

【過去出演作品】
映画 冷たい熱帯魚
映画 ヒミズ
その他多数

阿部力 アベツヨシ
1982年2月13日生まれ
ホリプロ所属

【過去出演作品】
TBSドラマ 花より男子
映画 ワイルド7
その他多数

音楽

KOSEN
1984年4月29日生まれ
Point Blanc所属

ギタリスト、作詞家、作曲家。
2008年PeakySALTの一員としてバップよりメジャデビュー。
2012年ILMARI(RIP SLYME)、YAS、SOHONOSUKE(quasimode)と共にThe Beatmossを結成。

題字

憲真 1977年9月8日生まれ
書画家・筆跡詩仙流

右手で墨が持つ奥深さに色を宿し、左手で想いを込め国内外の各種イベントにパフォーマーとして精力的に活動中。
2014年サッカーワールドカップ日本公式フラッグをデザイン。

Unstoppable Film

Unstoppable Filmのメンバーについてはこちら
(http://desperadeap1.wix.com/unstoppable-film2)をご覧ください。

「こぃからっさ!」オリジナルTシャツ

チケット特典の1つとして、「こぃからっさ!」オリジナルTシャツを入れております!
サイズはS,M,L,XLの4種類、
色は白と青の2種類を取り揃えております。

監督プロフィール

鄭光誠(チョン・ガンソン)
http://desperadeap1.wix.com/unstoppable-film2#!/c24ml

朝鮮大学校経営学部卒。日本生まれの在日コリアン3世。
大学卒業後、就職するも1年4か月で退社し、芝居の道へ。
現在、映画「パッチギ!」「フラガール」で日本アカデミー優秀脚本賞を2年連続受賞し、平成26年度後期NHK朝ドラ「マッサン」の脚本家である羽原大介に弟子入りし、
役者の傍ら、(主に)舞台の脚本・演出を手掛ける。
自身の作品では、
在日問題、阪神大震災や自殺問題など史実をもとにした社会派の作品を手掛けている。
2011年9月に、出産をテーマに上演した「親孝行~こんにちは、母さん~」が、
第23回池袋演劇祭にて【としまテレビ賞】を受賞。
また、2011年末には、脚本・監督・編集を担当し、実験的な自主製作映画を作成。
舞台が主な活動場であったが、本作品をもとに結成した【Unstoppable Film】という映像チームを軸に、今後は映像の世界に飛び込んでいく準備を進めている。

【自主映画】
2011年「同窓会」(監督・脚本・編集)
【脚本・演出代表作(舞台)】
「ラストチャンス」、「ハイエナ」、「親孝行」、「東尋坊」、「HERO」「保育士の乱」、「パニ・パニ・パニック」、「人~サラン~」「地図から消された島」、「殴られ屋」など
【出演代表作】
舞台「パッチギ!」、「フラガール」、「Twelve」、「ハイエナ」(出演兼演出)、ドラマ30「お・ばんざい!」
映画「パッチギ!LOVE&PEACE」、ゲーム「龍が如く2」、など

キャスト&スタッフクレジット

【キャスト】
林田栄信新森大地森田兼史中山祐太
杉本凌士、中川絵美、才勝誠司、堤下裕也、吉田雄樹、原田可成夢、
今野祐輔、横内宗隆、森美月、坪内守、大塩ゴウ、仲田育史、
斎藤利花子、木下翼走、仲田光来、
安里廣之、安里より子、川中徹、島尻佳明、黒木みどり、松田浩幸、江頭大河、久貝進之介、林俊孝、松尾隆哉、大蔵紫乃

【友情出演】
渡辺哲、阿部力

【スタッフ】
助監督:北川帯寛、小鷹裕、島崎真人
撮影:田宮健彦
撮影助手:俵謙太、川口諒太郎
録音:近藤崇生
録音助手:西垣太郎
ヘアメイク:木村久美、JUNE
衣装:大蔵紫乃
メイキング:岡山貴亮
音楽:KOSEN
題字:憲真
制作:UnstoppableFilm
制作助手:大蔵紫乃、橋本深猫、川田友紀
WEB宣伝:林田栄信、森田兼史
空手指導:林田栄信、湯口瞳子、大久保華子
方言指導:林田栄信、湯口瞳子、大久保華子、清水洋子、平石舞
映画「こぃからっさ!」制作委員会: 鄭光誠林田栄信新森大地森田兼史中山祐太

もっと読む
コレクター
9人
現在までに集まった金額
195,000円
目標金額は1,220,000円です。
残り
0日

FUNDED

このプロジェクトは、2014年3月16日00:00に終了しました。

リターンを選んで応援する

  • 500円

    • コレクター限定記事を閲覧頂けます
    • 1人
  • 3,000円

    • コレクター限定記事を閲覧頂けます
    • 試写会招待券1枚プレゼント
    • 3人
  • 10,000円

    • コレクター限定記事を閲覧頂けます
    • 試写会招待券1枚プレゼント
    • 特製Tシャツ1枚プレゼント(青、白どちらかお好きな方をお選び下さい)
    • パンフレット1冊プレゼント
    • 本編End Creditに協賛としてお名前を掲載
    • 3人
  • 30,000円

    • コレクター限定記事を閲覧頂けます
    • 試写会招待券ペアチケットプレゼント
    • 特製Tシャツ1枚プレゼント(青、白どちらかお好きな方をお選び下さい)
    • パンフレット1冊プレゼント
    • 本編End Creditに協賛としてお名前を掲載
    • メイキングDVD1枚プレゼント
    • 本編DVD1枚プレゼント
    • 0人
  • 50,000円

    • コレクター限定記事を閲覧頂けます
    • 試写会招待券ペアチケットプレゼント
    • 特製Tシャツ青、白各1枚プレゼント
    • パンフレット1冊プレゼント
    • 本編End Creditにアソシエイトプロデューサーとしてお名前を掲載
    • メイキングDVD1枚プレゼント
    • 本編DVD1枚プレゼント
    • 幻の処女作「同窓会」DVD1枚プレゼント
    • 製本台本1部プレゼント
    • 1人
  • 100,000円

    • コレクター限定記事を閲覧頂けます
    • 試写会招待券ペアチケット×2(計4枚)プレゼント
    • 特製Tシャツ青、白各1枚プレゼント
    • パンフレット1冊プレゼント
    • 本編End Creditにアソシエイトプロデューサーとしてお名前を掲載
    • メイキングDVD1枚プレゼント
    • 本編DVD1枚プレゼント
    • 幻の処女作「同窓会」DVD1枚プレゼント
    • 製本台本1部プレゼント
    • スペシャルインタビューDVD1枚プレゼント
    • 1人
  • 300,000円 残り3枚

    • コレクター限定記事を閲覧頂けます
    • 試写会招待券ペアチケット×2(計4枚)プレゼント
    • 特製Tシャツ青、白各1枚プレゼント
    • パンフレット1冊プレゼント
    • 本編End Creditにアソシエイトプロデューサーとしてお名前を掲載
    • メイキングDVD1枚プレゼント
    • 本編DVD1枚プレゼント
    • 幻の処女作「同窓会」DVD1枚プレゼント
    • 製本台本1部プレゼント
    • スペシャルインタビューDVD1枚プレゼント
    • 絵コンテをプレゼント
    • 憲真直筆「こぃからっさ!」額入り特製題字パネルプレゼント(ポスター大)
    • 0人

プレゼンター

24e349dc bc25 4275 9bec f194adc9c619

Unstoppable Film

  • 東京都

映画の企画、制作を行う映画制作ユニット。 「人」をテーマに様々なアプローチで、その『心』を描き出し、 日本だけでなく、世界に発信していく。 そして、一人に留まるのではなく、多くの人の心にどんどん派生し、 駆け抜けていく作品を作るべく2013年8月に第一弾の作品を撮影。 現在上映に向けて、準備中。

質問や意見をメールする